どうしようもないけれど【BLCD】

どうしようもないけれど
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神13
  • 萌×26
  • 萌8
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

247

レビュー数
11
得点
114
評価数
28
平均
4.1 / 5
神率
46.4%
著者
媒体
BLCD
作品演出・監督
蜂谷幸
音楽
渡辺いさき
脚本
佐々美沙
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
新書館〈CD〉
シリーズ
どうしようもないけれど
収録時間
78 分
枚数
1 枚
ふろく
プチコミックス
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

容姿・頭脳・家柄―三拍子揃ったお坊ちゃま、島野の唯一思い通りにならない相手、それが上司の黒川だ。ムカつきつつも共に仕事をするうちに、島野は黒川の素顔にふれ、次第に彼に惹かれてゆく。黒川も島野を憎からず想っているようで、やがて二人は身体を重ねる関係になるが…?(原作カバーより転記)

表題作 どうしようもないけれど

黒川彰浩 → 楠大典

島野隼 → 武内健

その他キャラ
山森[福島潤]/ 冴子[平松晶子]/ 社長(島野の父)[星野充昭]

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数11

黒川の低音voiceに星5つ★★★★★

原作未読で聞きました。

黒川が、カッコいい!
楠大典さんの低音voiceにやられました…

先輩後輩の関係だったのが、
終電を逃した島野を、自分の家に泊めさせ、
まくら代わりとして島野を無理矢理抱きついたりしてましたが、だんだんと島野本人も黒川の事が好きになっていく…プロセスが良かったです。
オフィスラブっていいですよね。

島野が、黒川の元嫁にやきもちを焼いたり、
黒川が、島野の仕事相手にやきもちを焼いたり、
二人して、焼きあうとか、
なんだよぉーもぉ~。
ごちそーさまーーー。

1

キャストがピッタリでした

原作既読です。
今回の主人公のお2人の声優の方々が、原作を読んだ時のイメージとピッタリ(いや、それ以上かも?w)でした。
特にバツいちで仕事は凄く出来るのに、会社を離れると結構だらしない生活をしている黒川がとても渋くてカッコいいお声でした。
島野の方はお坊ちゃんでプライドが高くて、意地っ張りなんだけど、好きになると結構尽くすタイプで、そういうツンなところがある感じを武内さんが好演されていたと思います。
島野は最初は表裏あるキャラだと思うのですが、表の態度と心の中の声のギャップ具合がなかなか面白かった。
脇役の福島さん、平松さんもいい感じでした^^。

2

攻めの声にヤラレタァ

黒川(楠さん)の声にズッキュウウウウウン!!
心臓が突きぬける感覚がわかりました。
なんという 良い声なのだ!
正に 攻め声ですよ。キング オブ セメゴエ!!
(また 気分によってコロコロ変動します)
私が うまいなあって思ったのが
元妻役の平松さんです。女性です。
冴子のイメージピッタリだった。
デキル女そのものな感じがしました。
脇役がいいとCDが本当に素晴らしい仕上がりになります。
原作のコミックも もちろん面白いです。
これも お勧めCDです。

2

黒川サイコーv

こういうお話は、本当よくあるけど、
自分の中では、詰めの甘さと、ダサい印象が強い。
しかし、この作品には全く感じなかった。

黒川彰浩(攻:楠大典さん)×島野隼(受:武内健さん)
このお二人のCDは、初めてですが、とても良かった。
個人的には、楠大典さんの黒川彰浩がめちゃくちゃカッコイイ。
惚れます(笑)

原作を読んでいないので、言い切れないが、
作家さんのセンスも抜群なのかもしれない。

キャラクターに、強い個性はないけど、
魅力的でかっこいいから、王道的ストーリーも別物として楽しめた。

2

音声化した方が面白い!

原作既読ですが、原作があまり性にあわなかった人なので(←)音声化した方が萌えるだろ!と常々思っていました。
…んで聴いてみて、やっぱりこの方が萌えるじゃん!という結論に至りました。笑
イサク先生、原作好きな方、スミマセンm(__)m

楠大典さん攻めは初めて聴いたのですが、こいつカッコよすぎだろ!ってなことでして。
なんだろう…飄々としていて、いそうですよね、こんな上司。
いきなり抱き枕にはされないだろうケド。笑

また武内さんの受けがツンツンデレなヤツで、そのツン具合が絶妙でした♪
かわいいな、こんのお坊ちゃま!><


内容は原作通りといえる内容だったのではないでしょうか。
黒川の奥さんもサバサバしたいい人なので、BLらしいイイ女の人なんじゃないかなと思います。
これは聴く価値ありだと思います><

3

初回得点に惹かれたってのはまた別の話

コミックスの2巻読んでないな~と想いながら本日ようやく聞くことができましたwww
こんな話だっけな~と想うのと反面、「くぁっ!!」とかわいさに萌えた頃を思い出しましたよ 人´∀`).☆.。.:*
ああもぅかわいいなコノヤロウwww
何でもできる俺様な受が、マイペースでゴリラな攻に落とされていくさまがかわいかった。
嫁さんとの対面にいらいらし、ヤキモキしているんですが、
逆に攻もこれまたいらいらムラムラしててっていうね。見ててなんだかウズウズする気持ちっていうかね。
エチシーンも良かったです。
最近わすれかけてる、イサク作品の魅力全快なお話でした。
コミックス2巻未読ですが、さっそくひっぱりだしてこようと思います

3

武内さんだぁ!!

武内さんは、淫乱受のイメージが強かったけど、普通(?)の受けだったので、萌えた☆
というか武内さんの島野の声が、すっごい好きなので、キュンキュンしたよ~。
大典さんの攻は初めて聴いたけど、いいねぇ「男」じゃなくて「漢」って感じで好きだなぁ。
山森役の福島潤さんも、結構私好みの声だったので、もっとしゃべってほしかったです。
ただ福山潤さんと見間違ったのは私だけではないはずだ・・・。
フリートークは、もうちょっと長くてもよかったかなぁと思う。

4

武内くん買いッ!

今回の武内くんはツンデレです。
わーい、ツンデレ♪
私が今まで聞いた中では一番男らしい武内くんの声。
わりと太めというか…。
でも、可愛い武内くんよりもこっちの方が好み。
大典さんは久しぶりに声聞きました。
あんまりBL出てらっしゃらないしね。
以前、聞いたのがかなり前だったのではっきり言ってあんま覚えてなかったり(爆)
それより後に何かで写真を見て「わーイカツイ」と思った記憶だけは(笑)
いや、声はそんなイカツくないんだけどね。
フツーになんだろ、部下の面倒見のいい感じの上司でした。

お話はとにかく島野がかわいいv
いや、ブリッ子的かわいいではなくて、ツンツンしてるんだけど内心じゃいろいろ黒川に振り回されてる感じのね。
好きで好きで好きで。
それでも、どうしたらいいかわからなくて。
どう言ったらいいのかわからない感じで「酔った勢いってのはナシか?」って訴えるシーンがスゴク好きー。
そんで、その後、泣いちゃうのがね。
もう、ツボ!
それまでに島野は黒川にいたずらのようにキスされたり1回イカされちゃったりしてスキンシップ?的なことはされてて。
それでも互いに気持ちを伝えあったわけでもなんでもなくて。
黒川は元嫁の写真を持ってたりするし。
いろんなものがたまっての↑の行動なのですが、もう、それ、可愛すぎですッッ!!
その後も結局、お互いにはっきりと言葉にはしなくて。
それでも付き合ってるというような形になってて。
元嫁と仕事することになったりで、島野は揺れたりするわけですが。
結局は黒川を信じるしかないんだなってことに落ち着くと。
今回はコミック1巻分のCD化ってことで、また続きが出るといいな~と。
武内くんの男前だけどかわいいとことかいっぱい聞けてよかったですv

4

面白い~♪d(⌒〇⌒)b♪

一度も使ったことのない、ビミョーな顔文字を使ってみました。
面白かったー。
原作もかなり面白いんだけど、CD化されても面白かった。
先にレビューされた方々がおっしゃってる通り、主役ふたりとも超ハマり役でした。
とくに受け役の武内さんの、ツンデレヴォイスがめっちゃ可愛い。
攻めの楠さんとの相性も抜群で、掛け合い漫才みたいな会話を聴いてるだけでほくほくした気分になります。
世界に入りこんじゃって、吹き出しつつキュンとなりつつ萌えつつ聴きました。

私が感じたのは、声優さんがホントにノリノリでやっていたということ。
まあ実際のところは分からないけどw、役柄に入りこんでやる気まんまんな波動をキャッチしちゃったんですよ。そう思うと違う意味でも嬉しくて、さらに萌えました。
腐れ女の妄想でしょうか。妄想ですね。でもいいや、キャッチしたものはしたんだよぅ~。

耳が幸せ。

3

私もはまり役だと思いました。

先日コミックス2巻を読んで、1巻はもっと面白かったはずだって思いながら、ストーリーを思い出せずにいたのですが、そうそうこんな感じ、CDになっても面白いじゃないですか。

社長の息子・島野が営業の黒川の部下になってからのお話でした。

なまじっか自分に自信があるものだから、どうしても上から目線になってしまいがちな島野は、お決まりのようにツンですが、そのツンぶりを武内くんが“バッサリ”切るような口調で演じてくれています。
黒川にすっかりほれ込んでしまった後の、元妻に対する嫉妬をはじめとするややうしろ向きな心理とツンツンからツンデレへの変身具合もまたよし。

営業の顔と素顔の差がはっきり出ているのが大典・黒川。
やるときはやるけどオフはゆるむ。その感じがなかなか良いと思いました。

で、ふと気付いたのですが、大典さんが声をあてている場合、大典さんのあの印象的な顔は登場しないのです。ちゃんと黒川なら黒川になっている。例えばネオアンジェリークのマティアス(穏やかで高貴、暗い面あり)とこの黒川(庶民的でオヤジ、けっこう前向き)は全く違うタイプなのですが、どちらもはまり役だと思うし違和感がありません。(時々、どうしても役者さんのお顔が浮かんじゃう人がいるので・・・)

それから、山森君役の福島潤くんも弾けててよかったです。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ