どうしようもないけれど(1)

doushiyoumo naikeredo

无所适从的情衷

どうしようもないけれど(1)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神86
  • 萌×241
  • 萌26
  • 中立4
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
31
得点
676
評価数
160
平均
4.3 / 5
神率
53.8%
著者
夏目イサク 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
シリーズ
どうしようもないけれど
発売日
価格
¥552(税抜)  
ISBN
9784403661655

あらすじ

容姿・頭脳・家柄ーー三拍子揃ったお坊っちゃま、島野の唯一思い通りにならない相手、それが上司の黒川だ。ムカつきつつも共に仕事をするうちに、島野は黒川の素顔にふれ、次第に彼に惹かれてゆく。黒川も島野を憎からず想っているようで、やがてふたりは身体を重ねる関係になるが……?
大人気リーマンシリーズ、待望の第一弾!!

表題作どうしようもないけれど(1)

黒川彰浩(32),上司でバツイチ
島野隼(26),部下で社長子息

同時収録作品だから今もこれからも

黒川彰浩,大学生,居酒屋バイト
島野隼,高校生,常連客の息子

その他の収録作品

  • ホントのことはわからない
  • たりないものはひとつだけ
  • フラワーフライデー①
  • フラワーフライデー②

レビュー投稿数31

何でも出来るひとにも悩みとかあるんだよね

頭も良い。顔もいい。仕事も出来て社長の息子。
望めばなんでも思い通りだった・・・・コイツに会うまでは。
っていう話ですな。あらすじのとおりです。
物語を始める抒情詩的な回ですね。

そもそも、島野クンは黒川がアンマリよくおもってなかったんですね。
ジェラシーというかww
あんななのにモテルし。しごともバリバリ出来るし。
そんなある日、一緒に行った営業の帰り。
終電も終わりタクシーで帰るという島野クンに「若いうちからそんな贅沢するもんじゃない」と家に誘います。
というか、無理矢理拉致(笑
そして、別れた奥さんの話。
1人は寂しいと良いながら一人酒を飲む姿。
そんな素の黒川をみた野島クンの心はなぜかキュン☆なわけで・・・。


面白いです。
キャラクターがとにかくいい。
攻はカッコよく、受は可愛く。
バランスもよいので読んでいて思わず顔が緩みます。
2巻も発売されたのにまだ読めてません(>n<)。
これは読んで間違いないかとおもいますよb

4

前巻で晴れてラブラブになった上司黒川と所長の息子で部下の島野。そんな二人に見合い話が持ち上がり、黒川の反応を見るが・・・。島野のお見合い相手で学生時代の後輩まゆはなかなかイイキャラしてます。
他島野の誕生日エピソード、「ノーカラー」とのコラボ漫画、偶然再開した同級生カップルのお話「春なので」シリーズが収録されています。
描きおろしは「どうしようもなくて」も「春なので」シリーズ両方たっぷりあります。
夏目イサクは全体的にとてもさっぱりしているのですが、どこか
キュンくる要素あります。
リーマンとかヒゲエロおやじ好きにはオススメです。

2

よかったぁvv

やっぱり夏目先生の話はおもしろい!!
そして受けがやっぱり可愛いvv
島野も可愛くてよかったけど、キャラ的には、黒川好きかもvv
あの「我が道をいく!」って感じがたまらなく好きだvv
絶対浮気とかできなそうな人だな!
黒川にはまってく島野がなかなか素直になれないとこが可愛くてvv
どこで黒川が島野を好きになったのかよくわからなかったのですが、10年前に出会っていたんですね。
今回もたくさんきゅんきゅんしましたvv
2巻も早く読みたいなぁ!

「きら星ダイヤル」で夏目先生にはまったんですが、これはリーマンてだけで避けてたんだけど…読んでよかった!!
やっぱり夏目先生の作品好きだなぁvv

2

リーマン超萌える☆

ひげ親父リーマン×次期社長リーマン
島野の次期社長というポジションもその上ツンデレとか、悶絶するくらい萌えました☆ヤバすぎっ!!
しまいには「今まで手に入らなかったものはない。失敗したことも弱気になったこともない、だからどうしていいかがわからない」とか・・・なんて萌えるんだ
ツンデレが酔ったら素直になるというのは、お決まりだとわかってても、萌えます☆萌え萌えです。素晴らしいです(笑)
しかも10年前に会っているというオマケ付き☆しかも一人では、どうしたらいいか、わからないから黒川を連れまわすなんてww
もう・・・ツンデレ受、大好きです。いや大好物ですww

2

これが恋だ…

どうしようもないけれど。
読んだあとにタイトルを見て、
あーほんとどうしようもないよなー!恋ってそういうもんだよなー!
と、一人でうんうんと頷いてしまいました。

会社の敏腕営業マンな上司・黒川とその部下で社長子息の島野のお話です。

容姿もよくて、社長の息子なのに仕事も出来ちゃう、島野。
2万ぐらい払えばタクシーで帰れるでしょ。
とか言っちゃうセレブ育ちな人なんですが、
そんな彼が、唯一会社でいいようにこき使われているのが上司の黒川です。
こいつ嫌いだーとか思ってるんですが、嫌いだと余計気になるもんなんでしょうか、
ひょんなことから黒川の会社では見られなかった一面を見てしまいます。

きゃー、イサク先生の「あ、こいつこんな顔するんだな…」
個人的に大好物なんですけどーーーー!(興奮)

で、そっから島野くんは黒川さんにベタぼれで。
思い通りにならないかもしれない恋に必死になります。

で、先に手を出したのは黒川の方なのにこっちは男前。
もちろんやきもちやいたりするんですが、
あんまりそういうことを話さないので
ますます島野くん必死。元嫁も出てきてまた必死。
読んでる私、ニヤニヤ。

何か読んでるだけで幸せーな気持ちになります。
いい作品に出会えたなーとほくほくします。

しかし、10年前の黒川…かっこよすぎる…
髪型って結構大事だなぁーとか感心してしまいました!

2

展開がリアル

夏目イサク先生の作品を作家買いし始めるきっかけとなった作品です。今でも夏目イサク先生の作品の中で一番好きです♪

ちょこちょこ障害やすれ違いはありますが、劇的な展開があるわけでもありません。
しかし、展開がリアルで「有りそう」なお話だったため、印象深い作品になりました。

夏目イサク先生の作品に多いのですが、相手に対していい感情を持っていないとか、必要以上に構ってしまうとかいうのは、「相手への興味」の裏返しなのですよね。
それが「好意」に変わっていく過程を表現するのがお上手な作家さんだと思います。

2

おもしろかった

普通ですが「おもしろい」に尽きるような気がします。

なんか とにかく気軽に楽しい作品を読みたいなー と思って
評判の良かったこちらの作家さんのものを選んでみました。

ところが!

なんかキュン度が高いではありませんか!

2巻もソッコーゲットですよ。

本当にまったく・・・予想外でした。

リーマンにしては眼鏡も細身スーツもありませんが
島野くんのツンデレと黒川さんの男くささに良い気持ちになりました。

2

リーマン! オヤジ×ツンデレ! もう萌させられます♡

このシリーズを読んで、更に夏目作品に魅せられました。
もう何回も読み返すくらい、好きどころがたくさん詰まった作品です。

ストーリーはリーマンものと王道なんですけど、凄くリアリティがあって、なんと言ってもキャラが魅力的‼
テンポよくお話が展開していくので、どんどん引き込まれていきます。

内容は、営業部のやり手&上司 • 黒川 × イケメン部下&社長の息子 • 島野の年の差もの

島野はひたすら可愛すぎる受様でした♡
最初は、仕事も出来て度胸もあって、面倒見も良くて、周囲や社長からの信頼も厚い、黒川の事が面白くなかったのに…
彼の意外な一面を見てから、見方が少しずつ変わっていきます。
そして気がつく初めての恋する気持ち‼
落ち込んだり、喜んだり、嫉妬したり、恥ずかしいくらい振り回されて、一喜一憂する様は胸キュンものです。

本気で惚れた相手が上司で、しかも人をみれば、抱き枕だ〜犬みたいで可愛いからとキスを仕掛けてくる、セクハラエロオヤジだから…もう大変(笑)

思いどうりにならなくて…どうにもならなくて…でも好きなんだからどうしよえもない…
その必死さが可愛くて仕方ありません。

ツンデレ受に、誘い受けに、健気受け!
島野が見せてくれる、色んな表情や行動に心を掴まれてしまいます。
お坊っちゃんだけど、料理や洗濯も出来て、仕事では若手ホープ‼
酔っ払うと、可愛さ&色気倍増、泣き顏なんかは胸がキュンキュンものです(笑)
黒川が抑えられなかった気持ちが分かります…可愛過ぎて堪りませんでした。

黒川も好きな攻めキャラでした。
一見、男らしいいい男。
プライベートでは、酒飲み、部屋がきたなくて、大雑把なバツイチの寂しいおっさん。
でも、オヤジスキーにはトータルで見ても堪らない、素敵な攻めキャラでした‼
人間味溢れていてときめきます(笑)

でもまさか、10年越しの片思いだったとは…本人は気がついてませんけど、なんて純情で健気なオヤジ様なんでしょうか…と、またまた心を掴まれてしまいます(笑)

はっきりとした告白シーンとかはないんですけど、お互いを想いやって、お互いに悩んで…喜んで…言葉に出さなくても、たくさんの好きな気持ちや、愛が2人を見てたら伝わってくるからグッときます。

社長や元嫁もいい脇キャラで楽しませてくれています。

夏目先生の作品には毎回魅せられ通しです。
恋っていいないと思える作品でした。
ぜひオススメしたいです‼

2

これでブレイクしたよねイサクさん

もはや誰もが知ってる夏目イサクさんの出世作。
黒川がほんとイイ男ですよね~
会社にこんな上司いたら絶対惚れます!
島野も萌の集大成だと思います。
何この可愛いツンデレ坊やは~!!
もーお互いが好き好きでうらやましい…
私もこんな会社入って二人の進展具合に萌え萌えしたいですよー

初Hを見てみたかったんですけど、ドラマCDでは実演?してくださるそうで!
うはーーーーっ今からが楽しみvv

1

豪快!出来るオッサン×クールビューティーおぼっちゃま

豪快でゴリラっぽいけど、なかなかどーして、
出来るオッサン(でも、32歳)の黒川(攻)と
社長の息子で才色兼備の島野(受)は上司×部下の関係。
島野は、おぼっちゃんなだけあって、ちょっと世間知らずで生意気なツンツン系。
そんな島野が黒川に振り回されて、少しずつ可愛くなっていく様子が、萌える。
これぞ、ツンデレw
黒川は、嫁に逃げられたバツ1。ふと見せる寂しげな横顔に、
島野、「きゅーーんv」それを境に、どんどん可愛くなる島野に、
黒川も「どぎゅーんw」てか、「うがー!こいつ、かわいーなー!」

さて、元嫁の存在も気になるところですが、
作中の3話目「たりないものはひとつだけ」に元嫁が出てきます。
元嫁にジェラっちゃう島野が、また可愛い。
元嫁もいい人だし、どろどろすることもなく、まさに当て馬的存在です。
途中、島野が元嫁のあまりの出来るいい女っぷりに自信喪失しますが、
読む側からみれば、ヒヤヒヤハラハラすることはなく、
「もんもんとしてる島野かわいーw」と、気楽なもんです。
しかも、元嫁の部下と島野のやりとりに、いちいちむかむかしてる黒川も、
珍しく余裕ない感じでよかった。

「だからこれからも」は、黒川と島野の出会いについて。
22歳の黒川と15歳の島野。え!?黒川と島野って7歳差!?(今更)

「フラワーフライデー①②」
おまけの話。お酒の話。
「酒は飲んでも飲まれるな」だけど、島野に限っては、むしろ「飲んで!」
酔っぱらった島野が可愛すぎる!黒川の気持ちがわかる!

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う