美しいこと【BLCD】

utsukushii koto

美しいこと
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神67
  • 萌×23
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
23
得点
363
評価数
80
平均
4.6 / 5
神率
83.8%
著者
イラスト
媒体
BLCD
作品演出・監督
菊田浩巳
音楽
斎木隆
脚本
椎沙莉央
原画・イラスト
日高ショーコ
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
インターコミュニケーションズ
収録時間
198 分
枚数
2 枚
ふろく
なし
フリートーク
別ディスクであり
発売日
JANコード
4523513925265
価格
¥4,500(税抜)  ¥4,860(税込)

あらすじ

【 あらすじ 】
松岡洋介は週に一度、美しく女装をして街に出かけ楽しんでいた。ある日、女の姿でナンパされ散々な目に遭った松岡は同じ会社で働く寛末に助けられた。女と誤解されたまま寛末と会ううちに、松岡の心は次第に変化していく…。

【 キャスト 】
鈴木達央(松岡洋介)/杉田智和(寛末基文)
岸尾だいすけ(福田健史)/早水リサ(葉山玲子)/飛田展男(部長)/高本めぐみ(藤本眞子)/大西健晴(営業課長)/山口享佑子(女将)/疋田高志(ギャルソン)/四宮豪(同僚)/加藤将之(男)/宮川美保(女子)/又吉愛(女子)

表題作 美しいこと

寛末基文 → 杉田智和

松岡洋介 → 鈴木達央

その他キャラ
福田健史[岸尾だいすけ]/ 葉山玲子[早水リサ]/ 藤本眞子[高本めぐみ]/ 高嶋物産部長[飛田展男]/ 営業課長[大西健晴]/ 同僚[四宮豪]/ 女子社員[宮川美保]/ 女子社員[又吉愛]/ 女将[山口享佑子]/ ギャルソン[疋田高志]/ ウエイター・男[加藤将之]

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数23

BLの最高傑作

なんてすごいものに触れてしまったんだろうという気分になりました。
白黒の作品に命が吹き込まれているみたいでした。
BLの最高傑作だと思います。
お気に入りのシーンを何度も、何度も聞いていますが、音楽、せりふ、声優……どれも文句のつけようがありません。
私は、媒体だと小説が一番好きで、CDにはあまり興味がないというスタンスでしたが、これは聞くことができて本当によかったと思います。
そして、美しいことのラストシーンに魂がしびれました。
このキャストでアニメ映画化してほしいと心のそこから思います。どうか誰かお願いしますと叫びたいです。
誰かを愛する気持ち、愛されたいと思う気持ちが痛いほど伝わってきます。

2

このサイトにアクセスされているかたは

きっと耳の肥えたかたばかりなので
自分なんかがレビュー書いても、と尻ごみしつつも

聞いてよかった、BLってすごいんだ感がとまらなく

聞き終えてから日は経っているのですが、やっと自分なりに
感想を言葉にできそうなので
拙い文章ながらここに吐かせていただけたらと思いました。

人生で初めて聞いたドラマCD、もとより触れたBL作品です。
しつこいですが人生初BL作品にたいしてのその感想です
さぞ温度差があるかと思われますが
見過ごしていただければ幸いです。

BLってボーイズラブの略ですよね。
この作品は重厚で細部にわたり丁寧で現実的すぎて、どうにもそのカタカナに違和感を感じてしまいます。

性別の前に1個の人間が何億もいる中のたった一人をただ求めるっていう
シンプルなんだけど唯一絶対さがまず広がって。

貴方がいい、貴方じゃないとだめだ、他にはなにもいらないからっていう
相手をただひたすら求める

ヒリヒリ焼き焦げるような必死さと・・・、

同性だとわかった後の見事な手の平返しの完膚なきまでの冷たさ。

聞きながら沸点と氷点を体感しました。
灼熱も零下も、どちらも突き刺さり揺さぶられました。

なんだろう恋って・・・性ってそれほどのものか・・・など
自分の性別や嗜好はそっちのけで作品の中に深く深く沈みこみました。

頭はたかれて心ぐっしゃぐしゃ踏まれました。

最初、ヘッドホンしたときは
「一体、音だけで聴覚のみでどれほどのことができるっていうんだ?」
軽い物見高さで・・・今、振り返るとすごく恥ずかしい。

制作陣・キャストさんに謝罪と感謝で頭さげます。

臨場感がすごいです。
情感がすごいです。
声優ってすごいんですね。

完全にオチました。

最初、姉に勧められ、その前置きは
「銀魂の銀さんと、7つの大罪のヴァンの中の人が出ているよ」のみでした。
聞き終えた今、
「確かにそうだけど・・・そうだけれどもっ・・・っっっ!」と姉に
感謝だか興奮だか、プルプル震えのわけわからんが肩パンチ食らわしたい気分です。

初めてのBL、自分はどハマりしましたが
一般的にはとっかかりに聞くには重厚すぎ・・・たぶん向いていない作品でしょうか。
でも、声優ってすっげーんだぜ、と思い知らしめるには十分すぎる。

ボーイズラブってなんだなんだ?と首かしげていた人が一人でも多く親しんでくれたらと願います。

6

二度は聴けない…!!

原作は、未読状態で聴きました。
こんな人、なかなかいないですよね(苦笑)

でも、CDと小説は丸1日つぶして、夢中でのめり込みました。

CD「美しいこと」→CD「愛しいこと」→小説「美しいこと上・下」

の順番で、ぶっ続けでこなし、あまりの衝撃に呆然自失となり、
私は、魂の抜けた廃人となり果てました…。

ほとぼりが覚めるまで、CDをもう一度聞くことは出来ません。
あの衝撃に再び襲われるのかと思うと、恐ろしいものがあります……!
それほどのもの恐ろしいまでの力を秘めた作品だと思っています。

-------------------

人間は、何故恋をするのか。
こんなにも苦しいのに…。

そんな恋の狂おしさを存分に詰め込んだ作品でした。

とにかくCDの素晴らしさを出来るだけ語り尽くしたいです。
どれだけ自分の心にこの作品が響き、
そして刻まれたかを書き記したいと感じました。

ストーリーは、ふとした偶然から、松岡(受け)は、
美しく女装した「江藤葉子」の姿で廣末(攻め)と出逢い、
いけないと分かっていながら、女装状態で廣末と逢瀬を重ねます。
そして、真の男性の姿でも廣末は自分を愛してくれると確信を得て、
松岡は全てを廣末に告白しますが、
「まさか、男だったなんて……」と、激しく拒絶されてしまいます。
女装時の松岡のモノローグの声は、
廣末に惹かれていく切ない声に心打たれました。

ドラマCD「美しいこと」は、松岡視点で
物語が展開するわけですが、松岡役の鈴木さんの心の声が
聴いていて、あまりに心が苦しい。

「江藤葉子」に扮して廣末と連絡を取り合い、逢瀬を重ねる場面では、
「これが最後」「これで最後だから」と本心を隠しながら
それでも、転がり落ちていく恋の淵にもがく姿を演じる鈴木さんの声は、
迫真の妙技でした。

そして物語の後半、雪崩がおきるように物語が急降下していく場面。
「江藤葉子は、俺なんだよ!」
と、廣末に告白した後の松岡役の鈴木さんの声。
聴いているこちらが切ない……。
あまりにも松岡に同調していく自分の心に、
声優さんの凄さをみせつけられた気がしました。

受け入れてくれると信じていた廣末の拒絶。
この時、私は廣末を恨み、憎んでしまいました。
なんて自分勝手なヤツだ…!
「おばあちゃんでも子供でも君を愛する」という
あのときの松岡への言葉や眼差しや態度は全て嘘だったのか!
と、言いたくなります。
聴いていた人は皆、同じくそう思ったのではないでしょうか…?
そして、この情けなく、不器用で野暮ったい廣末を演じる杉田さんの声が、
また素晴らしい!!
健気な松岡に対し、どうしても憎んでしまう
情けないヒール役の廣末役である杉田さんの演技に魅了されます!

杉田さんは、強気な人や横柄な人を演じることが多いと(勝手)に
感じているのですが、この頼りなく自分勝手な廣末役もドンピシャリで、
合ってました!
杉田さん独特のあの声はどこに行ったんだ!と思わせる程の演技。
素晴らしいです。

その後、物語の中では廣末からの松岡へのレイプじみた仕打ち…。
あれにも腹がたちました。そして松岡が憐れでならなくて…。
そして、それを思わせる鈴木さんの演技もまた凄くて…。
廣末への苛立ちが最高潮に達した場面でもありました。
勿論、いらだちを募らせる場面は、幾度と無く出てくるのですが。

松岡が気になってしかたがないのに、手を伸ばせない…
そんな廣末の心の葛藤。そして目の前で次々と見せられる
松岡の純情な態度。

キャンプでの夜中のシーンも良かったです。
廣末が松岡が気になるけれど、その感情が何かわからない…でも気になる。
そんなもどかしさが手に取るように分かるシーンで、
廣末役の杉田さんの声の情けなさも一段と増していたような気がします。

そして、最後の踏切のシーン。
もっとしっかり、廣末に松岡の手をとって欲しかった。
もう二度と離さないという意志を込めて、しっかりと。
祈るような気持ちで聴いていました……。
しかし、それができたのかできなかったのか……あやふやなまま
「美しいこと」は終わりました。

-------------------

声優さんの熱のある演技だけではなく、
背景音楽、効果音、間合い、全てをとっても
制作スタッフの全力がそこに見える気がしてなりませんでした。

あまりの素晴しい出来にいてもたってもいられず、
新幹線に飛び乗るように、そのまま
続きのドラマCD「愛しいこと」を手に取り、聴き始めました。

まるで、台風の暴風雨の中にいるかのような
凄まじい勢いで、自分の心をかき乱していった……
そんな衝撃的なCDでした。

素晴しいかったです。

また、この恐ろしい衝撃と迸るような熱が一旦下がったら、
もう一度冷静になって聞こうと思います。

大事なことなのでもう一度言います。
素晴らしかったです……!!

5

名作はどんな媒体でも名作

原作既読。
Holly版、文庫版、舞台版と、色んな媒体で発表されてきた作品ですが、どれもとても良かったです。
そんなわけで最近BLCDにも手を出したことだし……と入手しないわけにはまいりません。
諭吉つぁん数枚犠牲にして漸く聴くことが出来たわけですが、結論としては聴いて良かった!

とても丁寧に作られているのがよく分かります。
役者さんは勿論のこと、脚本からBGMやSEに至るまで、こんぐらいでいいかという手抜き感がまったくないです。
2枚組ですが全然中だるみもなく飽きさせません。

松岡役の鈴木さんは、本当に松岡だったし、寛末役の杉田さんは、あの最低男になりきってくれてました。
もうね、兎に角この煮え切らない男に対し、鈴木さんのイライラ演技が際立ってます。
松岡がイライラするように、もちろん聴いてるこっちもイライラするんですが、脇役も含めて本当に無駄のないキャスティング。
女装松岡の発声ですが、このオカマっぽさが逆にリアルで私は好感が持てました。

前半であるこの作品は寛末→松岡→寛末という構図なのですが、女と思って好きになった人が実は男でした、という設定。
普通は【男だとか女だとか関係ない、キミだから好きになったんだ】というのが定石なんですが、その価値観を根本から否定する話です。
よくよく考えずとも寛末の反応が普通なんですよね。
松岡の行動はBL的にはいじらしく感じるかもしれないけど、価値観の押しつけや一歩間違えばストーカー並み。
最初は余裕で構えていた松岡が、だんだんと寛末に惹かれてゆき、罪悪感や焦りが生まれてゆく心の変化を、鈴木さんが凄く巧みに演じていらっしゃいました。
そして松岡を受け入れられない寛末の、優柔不断の裏に見え隠れする変に頑固で無神経で狡い部分を杉田さんが少しこもった声音で表現されるのに震えが来ます。

2枚目最後の踏切でのシーンは、この作品の見せ場のひとつでドキドキしていたんですが、すっごく良かった!
切なくって、痛々しくって、松岡の苦しいよ、苦しいよ、という心の悲鳴があのセリフとなって迸ってます。
このあたりにくると、松岡の異常で滑稽な必死の行動っぷりが逆に愛しくなってる不思議。

2

急降下する恋愛模様

原作未読です。鈴木さんが大好きなので聞いてみました。

女装していて、姿を明かさない時と ばらした後の対応の差が酷くて泣きました。 さすがの演技力でしたね! 攻めと受けの演者さんだけではなく、 嫌味な同僚の役をしている岸尾さんにも むかつかせてくれてありがとう!と思いました。 ここまで苛立つ演技はなかなかできないです。さすが過ぎました。

気持ちが切り替わっていく様がとてつもなく鮮やかで 徐々に軟化していく受けの心の模様がたまりませんでした。 声も優しさが滲んでいて萌えました! 攻めも反対にきつくなって冷たくなっていく演技に震え上がりました。 無理矢理行為に及ぶシーンなど、酷すぎて泣きました。 あんなにも優しかったのに、男だと知ると急に態度を変えたのは ノーマルだからこそなんでしょうが、そこまで嫌悪することないのに、 なんてやつだ!としっかり糾弾させてもらいました。

前半から後半まで、一気に変わるめまぐるしい展開にくらくらしました。 この先どうなるのか、全然予想がつかない 絶望感あふれる終わりかたで、もやもやしっぱなしでした。 続きが気になって仕方ありませんでした。

0

人間臭さ

やっと中古を買えたので今更ですが…
うん、あちらこちらで絶賛されているのが分かりました。これはいいCDだ。
寛末は優柔不断な優しい男、松岡は自分の考えを持った気の強い男、それがどちらも長所であり短所でもあるのが妙に人間臭いんです。
岸尾さんの演じる同僚の福田が良い感じに「嫌な奴」でしたが、実際に私に寛末のような年上の部下がいたら、同じようにイラっとすると思う。
原作の良さももちろんですが、声優の演技が光る作品でした。
杉田さん、鈴木さんが好きな方ならプレミアがついて高くても買うべき。

3

あまりに演技がよくて・・・

いまから4年前の作品なのですね。
鈴木達央氏が25歳頃でしょうか。
出だしで声も演技も若い!と思いましたが、演技に関してはまったくの杞憂に終わりました。
巧い、特に泣き演技が絶品。
Disc2の演技には身震いします。
今回は松岡@鈴木達央氏のターンでありますが、彼の長いモノローグも耳に優しく、何故かうっかりしていたけれどもいい声してるなぁと感じ入ってしまいました。
ほんの少しの声の揺らし方がまた、うま過ぎるよ・・・。

杉田さんはいかにもイケメンなキャラも似合うけど、こういったうだつのあがらないタイプもお手のモノなのですね!
不器用なりに一生懸命に気を引こうとしている姿、そこから一転して相手が男だったと知ったときの動揺とその後の葛藤など、とても真に迫っていたと思います。
後半のどーしょうもない無神経ぶりや消え入りそうな弱気なしゃべりも、ほんと巧かった!


小説2冊分でCD4枚。
内容からすれば妥当な長さでしょうね。
しかしかなりのボリュームであるのは確かで、且つ幸せムードな話ではない為聴くにはちょっと気合が必要かと思います。
原作を先に読んでおいたほうが聞きとおしやすいでしょうか。

1点いうなら、無理やりHシーンはもう少しだけ長めだったらより印象深くなったかもしれません。
十分に心が痛くなるものでしたが、このシーンだけはほぼ原作どおりの脚本でいって欲しかったと思ってしまいました。


原作の素晴らしさに引けをとらない完成度を誇るドラマCDだと思います。
原作に忠実に、丁寧に作ってあるからこその良さがあります。
そして演技が非常に良いからこそ、胸が苦しくなって困る・・・!!
だからこそ少しリピ率は低くなってしまうかな…と思ったのですが、やっぱり演技の素晴らしさにこの評価にさせていただきます!

2

何回も聴いてます


原作は読んでおいたほうが世界に浸れると思います。
なにより、日高ショーコさんの絵にもピッタリの作品に仕上がっているので
ぜひ、あらかじめ原作をお読みください^^

原作を読み終えた後、どうしても聞いてみたくなり
高かったけれど買ってしまいました。
今は、市場にあまり出回ってないのでしょうかね?高価です。

でも、聴いて欲しいです。ほんとに素晴らしいクオリティーで、
声も登場人物とマッチしていて感動ものです。
CD化は、当たりハズレというか、
「もう少しこうしてほしかった。」なんて感想を抱くことも
少なくないんですが。
個人的にこの作品は完璧でした。
木原音瀬さんの作品の雰囲気を壊さず引き立ててる感が
とても印象深く聞きほれてしまいました。

あと、鈴木達央さんファンはぜひ聴いてください。笑

ぜひ、「愛すること」小冊子も音源化していただきたいです~。

2

文句なしの神作品

鈴木たっつんと、杉田さん。
この作品のキャストはこの2人以外考えられないんじゃないかと思えてしまうほどの
ハマりっぷり。もう言うことなしです!
CDの時間上、原作のカットしている部分も当然ありましたが、それを抜いても
大満足の内容です。BGMもいいんですよ、これがまた!
本当に本当に、この作品に出会えてよかった!苦労して手に入れた甲斐がありました。

鈴木さんの演技は本当に素晴らしい!
普段の気丈な姿から、一途に寛末を想う姿、簡単にはいかない恋に泣き苦しむ姿…
どこをとっても良かったです。
聴いているこっちも一緒に苦しくて、ぎゅーっと締めつけられるような切なさ…
松岡はこんなにこんなにいい男なのに、どうしてこんなにも苦しまなきゃならんのか…
聴いていて何度思ったことか。でも、それが恋なんですよね。

そして杉田さんの寛末っぷりも半端なかったです。違和感なしです。素晴らしい。
優しい人だけど、ずるくて、臆病で…。
おどおどした感じとか、もうその姿が目に見えるようでした。

松岡と寛末が、頭の中で自然すぎて、すーっとこの作品の世界に入り込め、
もうそのままなのです。CD2枚組なのに、あっという間。
通勤中に聴いていたのですが、気づいたら会社の前!というぐらいの没頭ぶりでした(笑)

『江藤葉子』として寛末と過ごすシーンは『葉子は喋れない』という設定上、どう表現
するのかと思ってたのですが、さすが、うまいこと違和感なく表現されていて、
寛末の葉子さん好き好きっぷり、松岡=葉子の葛藤が胸にズシンときました。
ドキドキするんだけれども、でもこれからの彼ら、そして松岡の苦しみを思うと
切なさMAXなのです~!

『君のことを、好きだと思うんだ』『だけど自信が持てない』『君にも協力してもらえたら』そんな自分勝手でずるい寛末の言葉に、『お願いだから…俺が寛末さんを好きだってことを、逆手にとらないで…』ここの泣き演技、もう神です。じわじわきました。
心えぐられるってこういうことでしょうか…!

そして、ここのシーンで『美しいこと』2枚目は終了します。
ここで切るなんて、憎い、憎いよ!(笑)
もう切なくてもどかしくて、即『愛しいこと』へ飛びました。

今では手に入れるのが困難なCDですが、木原先生ファン以外の方にもぜひ
聴いていただきたい作品です。

2

悲しくも卑猥なセックスシーンが印象的

木原音瀬先生の作品て、どうしてもこうもズレている人たちが愛おしく切ないのか。
これも最初からひょんなきっかけで女装趣味に走っちゃった会社員(ズレてる人その1)が冴えない会社員に惚れられる(ちょっとズレてる人その2)という、奇想天外なオープニングから始まりますが、
そこからの展開がゾクゾクするほどリアリティに満ちています。

そのリアリティを十二分に体現しているのがこのドラマCD。
嘔吐していたり、小汚く喘いでいるのがおそろしいまでに切ない。
寛末が松岡を無理やり抱くシーンでは、濡れ場のはずが涙出てきたわ~。
こんな悲しいベッドシーンがあるだろか…。

一方で、男・女という「記号」とその下に潜む「恋愛感情」とはなんだろうかと考えさせられる。


3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ