愛すること

愛すること
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神112
  • 萌×211
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

8

レビュー数
26
得点
611
評価数
128
平均
4.8 / 5
神率
87.5%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
蒼竜社
発売日
付いてきた作品(特典の場合)

あらすじ

『美しいこと』小冊子。
その後の松岡と寛末。

*2010/9/15以降、PC・携帯配信各社から電子配信されています
詳細は辰巳出版HP内の以下のURLを参照して下さい
http://www.tg-net.co.jp/nyujo/new/news100914.html


*2021/10/16以降電子書籍として販売されています。詳細は以下のURL(のはらの星HP)をご参照ください。
https://www.noharanohoshi.com/bml

表題作愛すること

寛末基文
松岡洋介

レビュー投稿数26

これを読まずして…

美しいこと、この「愛すること」を読まずして語れません。

これが読みたくて、通常はeBookで読んでいる電子書籍なのですが、楽天koboをインストールしました。
(だからアプリにはこれしか入ってない)

木原音瀬さんの作品は、いつも思うんですが、本編の後に続く同人誌や小冊子で救われたりするんですよね。痛い、と敬遠されがちですが、読者にそれぞれの読後感を味わわせながら、主人公達のその後や顛末を用意されているというか。
書き下ろしに入れりゃいいじゃん、と言う意見もあると思いますが、読み終わって修了してから、あらためて手に取るところに意味があるのかなと思ってます。

そのわかりやすいのが、リベットと天野さんの書かれたコミックスのその後。天野さんの解釈で書かれた物語になっています。
私には表現力が無いから書けないけど、それぞれが思う続きの物語があると思ってます。

でもって、この二人(松岡と廣末)がこのようなその後を迎えられたのはほんとに良かったと思うし、きっと廣末も一度こうなったら後は大丈夫かな、と思ったり。この後も松岡が泣かずにしあわせになったら良いな。

0

神以外の何者でもないです

この本を読むためにここまできたんだ…
そうかそうだったんだ…

という気持ちにさせてくれた本…

沢山BL小説読んできた木原音瀬先生大好き人間ですが。

No. 1です…♡

最初はプレミア価格で手が出ませんでしたが
今は読めるようになって

いい時代だ…

0

電子書籍化ありがとう!

小冊子が電子書籍化したのに、レーベルがなくなって読めなくなり…からの電子書籍で復活!
ありがとうございます!

愛しいことで完結にした木原先生すごい。たしかに愛しいことで完結にする方が綺麗なのはわかるのですが、あまりにも甘さが足りないよ!!!(笑)せめて愛しいことの巻末に愛することをつけてくれ…
先生にはこの2人はもう揺らがないだろうという自信があったのでしょうか。それともどうなるかわからないという想像の余地を残しておきたかったんでしょうか。

個人的に愛しいことで結ばれてもなお不安が残っていた松岡にとってはここからだと思うんです。
ここから廣末を信用できるようになってからが本当に2人が結ばれるんじゃないかなと。だから愛することを読んでこそ、私は美しいことシリーズは完結するのではないかと思ってます。

今作は二人の恋人としての甘さだけではなく、松岡が廣末を信じられるようになるまでの過程も書かれています。
不安に思う受けが大好きな私、美しいこと愛しいことはつらくて読み返せないのですが、本作はめちゃめちゃ読み返しています(笑)

とにかく、美しいことシリーズを読了された方にはぜひ読んでいただきたい作品です。

0

読めて良かった

単純に読むことができてよかったです。

美しいこと、愛しいことの松岡君と寛末(呼び捨て)の後日談。

やっと甘々な日々か〜と読み始めたのですが、最後まで寛末の事を信じきれなくてハラハラしました。
気持ちは松岡君とリンクし過ぎか。

普通のBLならずっと前にハッピーエンドだよなぁと、思いながらドキドキですよ。
後日談なのに、合間に挟まる2人のラブラブなやりとりも信用できなくて、疑心暗鬼になってしまった自分を嫌になりそうに。
この2人もう大丈夫だと信じたいです。

寛末さんを信じながら、もう一回読み返せば苦手を払拭できるかな?

0

ブレない寛末

この小冊子の存在を知った時にはもう一生読めないものと思っていたので、こうして電子書籍化してくださり関わった方全てにお礼を言いたくなります。

「美しいこと」ではビター気味なラストだった二人、「愛しいこと」では漸く漸く恋心になり、そしてこの「愛すること」はさぞ甘々なのだろうと思って読みました。それが変わらず松岡は寛末を信用できず、乙女の様にクヨクヨ(言い方が悪くなってごめんなさい。可愛いんです)。
寛末に嫌われる要素は排除したいと禁煙し、よくじゃれつかれるあご髭を誤って剃り落とせば落ち込む。また田舎に帰られるんじゃないか(妻かよ!)と下手に転職先を切り出せなかったり、
鈍感で空気の読めない口下手な癖にプライドの高い寛末に気を使う。

男同士でノンケ同士だということを、出会いが女装から始まる松岡は更に自身の性に引け目を感じるところが可愛く映ります。
寛末はBLの外に生まれた男だと思って読んでいましたが、どんどん松岡が不憫に思うほど融通の効かない人間。でもだからこそ話が読めないしやきもきしながら読むのが面白いし、甘々になるとカタルシスまで感じます。
寛末が、松岡に我儘を言って欲しいと「例えば(ネタバレ)とか…」という言葉にスッと冷める松岡に笑いました。
二人の頭の働き方や気が利く利かないの差が話に活きる作品ってなかなか無くて面白い。

六嶋の事務所での寛末のブレないお堅い仕事っぷりにも笑いました。

0

これを読んでこその完結

長いこと色々な方が電子になるのを待ち望んでいた作品だと思います。
木原音瀬先生のツイートで情報が流れて来た時は狂喜乱舞しました。

そして漸く読み終わりました。結末を知っていたので安心感はありましたが、松岡の寛末を信じる事が出来ない辛さがこれでもかと刺さって来ました。

寛末が好きすぎてで彼以外は考えられないからこそ、臆病になってしまうのがとても良く理解出来ました。
寛末は彼なりに良かれと思って行動してるんですが、何にせよ気が利かないし想像力が欠如してるんですよね。でも松岡をこんなにしてしまったのも寛末なんです。
「愛すること」を再び松岡視点にする木原音瀬先生の絶妙さ。脱帽です。

「愛しいこと」で寛末の決意を受けてのこの結末だと思っています。

そして松岡に我が儘を言って欲しいと言った、寛末の例えを聞いた時の松岡の心の内を知りクスッとしました。
松岡の幸せそうなシーンを読めて感無量でした。

まだ未読の方がいたら、休日に電子版を「愛すること」まで一気読みする事をお勧めします。

2

「美しいこと」後日談

「美しいこと」が神評価の方には絶対に読んでいただきたい後日談です。

非常にラブラブな2人が見られた事は本当に良かった!「美しいこと」では足りなかったイチャラブを充分にしてくれています。
ただ全編甘々とはいかず、やはり松岡を不安にする寛末。相変わらず松岡が寛末にハマりきっていて甲斐甲斐しいのですが、ヒモにはならないぞという寛末のギリギリのプライドに、安心するやらやきもきするやら。

皆さんのレビューを拝見していると、松岡もそうですが読者も寛末を信用していない笑
私もです。松岡を泣かせるんじゃない!ただ寛末に「信用されていない」自覚があった事だけは良かった。

0

続編として100万点!の大ハッピーエンド

以前この「愛すること」を読むためにebjに登録しました。本当はあまりあちこちに本棚作りたくないのですがこれはどうしても外せないし!

木原音瀬さんは筆力がべらぼうにある方なので、痛いのは吐き気を催し寝込むぐらいに容赦なく痛い。
でも…ということは

甘いのもこの上なく極上に甘いのです!!

どんなにツライお話でも合間や最後にあるそのご褒美が楽しみで読んでる所あるかもしれない。
今作はそのご褒美が詰め合わされたような極甘の続編です。

時系列は「美しいこと」のすぐ後からです。
寛末さんと結ばれてもまだまだ半信半疑な松岡さん(そりゃそうだ)。
けれども言葉や態度から徐々に寛末さんもちゃんと自分が好きらしいと思い始めます。
しかしそうなると今度は「幸せ過ぎて怖い」が生み出す疑心暗鬼に陥るんですね。
それもこれも寛末さんが宇宙人なのが悪いんだけど笑。

といっても小さなすれ違いだけです。
基本はもーずーーっとイチャイチャイチャイチャ笑
隙あらば松岡さんに触りたい寛末さんと「身体つらいんだよな」と思いながらも求められて喜びいっぱいの松岡さんが見られます。

最後の寛末さんの、松岡さんの気持ちを慮った優しく頼もしい言葉に読み返しても泣いてしまいました。
宇宙人寛末さんの変化が何より嬉しかったです。
ずっと仲良く暮らしてね!

2

愛することは、きっと信じることから始まる

全サ小冊子だった本作品。後から木原さんの作品にはまった私には本当にありがたい電子書籍での配信です。電子書籍なのに、プリントアウトして小冊子みたいに綴じて、本編2冊と共に手元に置いているという…。思い出したときサッと手にとるには、やはり紙がよくて。何度読んだことか。もう好きすぎて…すみません(笑)。

やっと結ばれた寛末と松岡。物語は、二人が新幹線の駅で別れた後、松岡が職場に遅刻するところから始まります。
寛末と松岡の甘い描写にキュンキュンします。寛末が男同士の営みについて事前にネットで調べたり、東京に引っ越してきたりと、松岡への真剣な想いが伝わってきます。

でも、松岡は嬉しいのに、寛末の些細な振る舞に不安になったり、気をつかって言いたいことが言えなかったり。原因は、寛末を心から信用できないでいること。結ばれた直後に「信用できない」と言った松岡に、寛末は「不安にさせたりしないよう、これから頑張るから」と返し、有言実行している最中なのですが。

恋が成就しても、そこから関係を深めていくにはクリアしないといけないことが沢山あるなあと思わされます。信じること、お互いの考えを尊重すること、体の相性、一緒に暮らす上での役割分担、金銭感覚、等々。そういう現実的なことが盛り込まれていることで、二人の物語がより味わいを増している気がします。信じること以外は、二人の相性は既にいいみたいですね。

寛末の再就職をめぐって、松岡と寛末が心を開いて向かい合うラストがとてもいいです。信じるという課題をやっとクリアして、二人の関係はさらに深まっていくのでしょう。恋から愛へ。愛することは、きっと信じることから始まる、そんなメッセージを感じました。

「松岡さんはもっと僕に我儘を言っていい」これで、私の中で寛末の評価がグンと上がりました。松岡が我儘を言わない気遣いの人と分かっているからこそのセリフですから。寛末、人間的にずいぶん成長しました。
考えてみれば、これまでの二人の関係を大きく動かしてきたのは、寛末だったような気がします。最初の出会い、葉子への情熱、男の松岡への拒絶、付き合って後の別れ、再会。どれも寛末の気持ちに左右されてきました。不器用で頑固で優しい男は、これ以上はないほど成長したと思います。だとしたら、やはり二人の物語はここで終わりなのでしょうね。寂しいですが納得してしまいます。

ドラマ化されないかしら。今なら可能な気がします。未練がましくてすみません(笑)。

11

想像力って怖い

遠距離恋愛を始めた寛末と松岡の話
続きよめて幸せでした

漫画と違って、ノベルって想像だから。。。
寛末が怒ってると思って泣いちゃう松岡や
寛末の鎖骨に鼻を乗せて「一緒に住んで」とお願いする松岡とか
想像して、やばいめっちゃ可愛いって悶えました。

そして、篠崎に惚気ている松岡もたまらん好きでした
可愛い可愛い
寛末じゃなくても、思いますよね。
可愛すぎです。。。

でも、寛末優しすぎじゃなかろうか?
完全に人格が変わっている。。。
あーでも、葉子の時と比べたら変わらないんでしょうか?
葉子の時の優しさは、どちらかというと
”好きになってほしい”という盲目的願望が強かった気がするのですが
今回は、”相手を思いやる”ことと、”受け止める”こと
そして、”好きだ”っていう感情が溢れすぎてて
ちょっと戸惑いました。
甘すぎて、違和感が拭えない。
松岡が信用できないのもわかります。
あまりにも、変わりすぎて、こんなに人っていきなり変わるもの?って疑問

あとがきを読んだのですが、どうも担当者さんに言われて書き換えたのだとか?
書き換える前の寛末を読んでみたかったですな

でもまぁ、松岡が可愛かったし、それを見つめる寛末の目が
あったかくて(想像です)、ほかほかしたので
いいっか。

あとは、もうちょい、篠崎出してもよかったんじゃないでしょうか

何故か、篠崎が気になってしょうがない私。

3

この作品が収納されている本棚

  • 買う