• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作蛇とワルツ

竜巳杏二,完全会員制クラブ「PetLovers」の蛇,24歳
仁摩遥英,完全会員制クラブ「PetLovers」のオーナー,34歳

同時収録作品蛇とワルツ

竜巳杏二,完全会員制クラブ「PetLovers」の蛇,24歳
倫也,完全会員制クラブ「PetLovers」の猫/仁摩遥英,完全会員制クラブ「PetLovers」のオーナー,34歳

その他の収録作品

  • あとがき

あらすじ

俺はあんたを甘やかす、優しいペットだ。まるで恋人のような」
「Pet Lovers」のオーナーである仁摩遥英は、仕事が恋人というワーカホリックだ。そんな仁摩は、問題児のペットを躾け直すため自宅マンションで預かることに!カテゴリー爬虫類の蛇、竜巳杏二だ。命令しても働かず、呼んでも振り向かない扱いづらい彼に、仁摩はうんざりする。だが、不遜なばかりではない杏二を知るうちに、まるで恋人のように惹かれ初めていくのだが、ある裏切りを知り・・・Pet Lovers至上の恋、登場!(本誌あらすじより)

作品情報

作品名
蛇とワルツ
著者
榎田尤利 
イラスト
志水ゆき 
媒体
小説
出版社
大洋図書
レーベル
SHYノベルス
シリーズ
犬ほど素敵な商売はない
発売日
ISBN
9784813012047
4.1

(117)

(56)

萌々

(28)

(29)

中立

(2)

趣味じゃない

(2)

レビュー数
25
得点
481
評価数
117
平均
4.1 / 5
神率
47.9%

レビュー投稿数25

最終巻らしいおいしい1冊

読み返してきたPetLoversも最終巻。
他の巻はどこから読んでも大丈夫かと思いますが、こちらだけは最後に読まれた方がにやりと出来る部分が多いかなと。
本当にどの組み合わせもカラーが違う良さがあって、もっと続いてほしいほど好きなシリーズでした。

物語の締めとなる今作は謎めいていた完全会員制クラブ「Pet Lovers」のオーナーの1人・仁摩。
他作品でも一瞬登場してはミステリアスな雰囲気たっぷりの彼が主役とのことで、一体どんな人なのかと思っていると…これがなんとも複雑な過去を持ちつつ、食えないところもかわいらしいところもある魅力的な人でですね。
彼が躾のし直しをすることになった、蛇キャストの杏二との一風変わった同居生活を楽しく追いかけました。
最悪な印象から少しずつ変化する2人の関係性も良かったですし、仁摩の本来の姿も杏二の変わりようがまたずるい。

そして、なかなか予想がつかないストーリー展開が本当に面白くって!
果たして杏二は信頼出来る人間なのか?どれが本当の彼なのか?人を騙す蛇なのか?と、仁摩と共に疑問を頭に浮かべながら読めない展開を楽しみました。
欲を言えばその後がもっと読んでみたかったなあと思いつつ…仁摩の過去も昇華しながらまとめ上げ、過去作品のキャラクターもさり気なく登場したりと、最終巻に相応しいおいしい作品になっていたかなと思います。
シリーズを通して読み返してみて、1番好みだったのはやはり1作目の犬編かな。
彼らのその後も見られて嬉しい1冊でした。

1

完結巻

Pet loversですが、これが最終巻です。最後はオーナと蛇。
ペットに蛇をってのは、自分じゃ考えられないけど、猫よりも主人関係なく気ままに過ごすって意味なら良いのかも知れないですね。
でも、本作の蛇は色んな意味で働き者です(笑)

蛇とオーナは最後の最後まで結ばれないんですが、そこに至るまでのストーリが良くできていて、早いとこ蛇君とラブラブになって欲しかった私としてはヤキモキしましたです。途中、田所が怪しいんじゃ?!とか思っちゃったりしたし。

オーナも孤独だったからこそこの会員制クラブを作ったぽいし、孤独をどうやってうめるのか、乗り越えるのかって難しいよなって思いました。
「犬ほど素敵な〜」に出てきた轡田さんも友人として出てきます。彼はユキと出会えて幸せそう。雨の中、家の外に人がいるなんて、さすが元犬のユキだわ…

このシリーズは読んで損のない4冊です。

1

当て馬が残念

四作のうち犬のみ既読です
犬は神だったんですが今回は期待し過ぎました
年下イケメン家事上手エスコート上手でハッキング技術と体術に長け
おまけに世話焼き上手の床上手な攻めが
受けにべた惚れになった理由にいまいち納得できませんでした
あと受けの元カレが地雷です
自分が受けをこっぴどく捨てた癖に寄りを戻そうとやってきて、
新しい男に『最初の男は自分だ』と言い出すような元カレ最悪過ぎるでしょう
もし気持ちが残っていたとしても一瞬で冷める…
こんな男に初心だった頃の受けがあんなことやこんなことをされたのかと思うと辛くて仕方なかったです

0

面白さヘビー級 d(>_・ )ヘビナダケニ…

今作は、PetLoversシリーズ4作品あるうちのラスト。とうとう読み終えましたー。最初1作目を読了後、シリーズものだと知った時には大いに慌てました。何せ金欠病でしたし、心の準備が出来ていなかったもので。けれどもシリーズものであると知った以上、やはり全巻読みたいと思うのが人間心理。

3作目のレビューでもコメントした通り、今作の主人公の一人は3作目の脇役にしてPetLoversのオーナー仁摩です。しかも!仁摩が受け?!って。「えーっ、そうきたかー!」と思わず叫び声。絶対攻めだと思っていました。「あー、なーる。だから3作目の受けとはCPにならなかったのか」と妙に納得しました。それだとフツーすぎますもんね(´ー`)

ですがこの叫び、決してがっかりの叫びではありませんよ。むしろその反対。楽しそう♪ワクワク期待で胸が膨らむ思い。もしかして年下攻めって、私のツボだったのかもしれません。普段あまり意識したことはなかったのですが、そういえば、私の大好きな丸木文華先生の作品では「罪の蜜」がかなり好きでして、これも年下攻めでした。

それはそうと、2作目のレビューで私、一つ一つの作品が独立しているため、どこから読んでも大丈夫!と断言してしまいました。3作目を読み終えるまではホント、そんな感じだったのです。

ところが今回この4作目を読み始めると、3作目のスピンオフであることが分かり、しかも驚いたことにのっけから1作目の主役の登場。轡田です。今作の受けと轡田は親友の間柄だった事が判明。ユキは最初の方では名前だけ出てきます。でも中盤かなり良いタイミングで登場、ユキがとても良い働きをしております。終盤、祝いの会にも出演。二人のラブラブぶりを拝むことが出来、ホントご馳走様な4作目でした。

2作目の主人公たちは直接オーナーと関わらなかったこともあり、本当にホンの少しお印に登場する程度でした。暴力シーン満載なため、苦手な方は2作目を抜かして読んでも何の支障もないでしょう。その為1作目を読まれた方、あるいは3作目を読まれた方は、今作もご覧になると楽しさが倍増すること請け合いです。もちろん、今作のみでも十分楽しめますがね。

さて、今作の攻めは蛇です。最初は「蛇かー、爬虫類は苦手だなー」と引き気味でした。でも、攻めが「さみしいヘビのニョロリ」という絵本を受けのために読んでくれるシーンがあり、その内容に触れたとき、ヘビ良い!と思うようになりました。

その絵本、ホントにあるのかな?と検索してみましたがヒットしませんでした。榎田先生の創作によるものです。とっても心に響く可愛い物語でしたので、榎田先生、BLだけじゃなく、児童書いけるじゃないですか、と思ってしまいました。

途中、受けが攻めを疑うシーンがあり、私は心の中で「えー、止めて、止めて。疑ったりしたらダメだよー」と悲しくなりました。でも攻めは本当に二重スパイだったのですね。疑ったりしたため、受けが攻めから愛想をつかされるシーンは見たくない、と思っていただけに、この展開は自分的にはグッドでした(σゝω・)b

それに攻めが、どんどん受けを好きになっていく様子が見てとれたので、二重スパイと知った後も、私は攻めを責める気にはなれませんでした。ちゃんと二重スパイを止めていますしね。

最後はお決まりのハッピーエンド♪とっても良かった&楽しかった&どの作品も皆好き。それぞれ甲乙つけがたく、それぞれの作品ごとに良いところが沢山あって♪シリーズものアッパレですね♪☆.。.*・゚☆長々と有難うございました☆゚・*.。.☆

6

ペットは孤独を癒すもの

ペットシリーズ、猫以外読みましたが今作が一番好きです!

今回はペット属性が蛇の杏二とオーナーの仁摩さんのお話。
蛇属性ということで、ペット候補である杏二は主人の言うことを聞かなかったり、かなり扱いに困る子でどんな話の展開になるのか最初は予想がつきませんでした。
どっちが受け攻め…?というのも笑

仁摩さんの体調不調がきっかけで、杏二が思いっきり方向転換するところでは、こうきたかーとにやにやしてしまいました。
このまま絆されるのかと思いきや、どんでん返しが待っていたり…

恋や裏切り、色んな要素が詰まっていて面白かったです!

最後に二人が愛し合うシーンで、人間は自我を手に入れた代償として孤独を得た~の辺りの文章が好きです。このペットシリーズのテーマと繋がり、沁み入りました。
みんな幸せになってよかったです。

2

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(小説)一覧を見る>>

PAGE TOP