ラブリートーク

lovely talk

ラブリートーク
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神8
  • 萌×25
  • 萌14
  • 中立9
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
17
得点
111
評価数
39
平均
3.2 / 5
神率
20.5%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

作画
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
一迅社
レーベル
gateauコミックス
発売日
価格
¥657(税抜)  
ISBN
9784758071048

あらすじ

経験がないことに焦るはじめは、幼馴染の和宏にキスの練習台をお願いする。にべもなく断る和宏だったが、その理由は――。「無理だね。だって俺、お前のこと好きだもん」
思春期男子のラブリーな恋が詰まったセンチメンタル短編集。

表題作ラブリートーク

ハジメ・高校生
カズ・高校生

同時収録作品スターダスト

昼寝大好き高校3年生 米田
米田の通う高校の新入生 柊

同時収録作品恋のエントランス

木村喜一 高2
原田 央 高2

同時収録作品バタフライ

羽柴

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数17

性急ですね

恋っていいなあと思える短編集でした。

しかし短編だからこそかエッチまでが早い!

ほのぼの系の絵と雰囲気なのに好きだとわかったらすぐ体を求めて、受けもそれを拒まず。すんなりエッチしちゃってちょっとびっくり。しかも学校とか公園でとか。

恋をすると相手が可愛くて仕方なく気になって目で追ってキレイに見えて不安で。そういう気持ちがたくさん読めて若さのキラキラを感じました。

最後のバタフライがたまたま隣人で淫乱さんに捕まって好きになってたというちょっと他の話とは違って大人のお話でした。
ひとつの所にいられない淫乱さん。残された攻めはなんだか晴れ晴れとしてて。それでいいの?
と思っちゃいました。

0

可愛い話たち。(でもHもある)

短編集。可愛らしい男の子達がいっぱい。

「ラブリートーク」
幼馴染で高校生同士。
優等生の和からいきなりアッサリと告白されて、ずっと和の気持ちを知らなかった事に動揺するはじめ。和は最初クールだったけど、はじめの方からもキスしたいって言われた途端にヘナヘナ〜。
で、速攻一緒に手コキ…キスだけでも良かったのにぃ。

「ラブリーウェイ」
付き合い始めたはじめと和。
恋の最初の頃の盛り上がり。学校ではH禁止ですよ!
やることはやってるけど、会話はほのぼのの可愛らしい2人です。

「スターダスト」
高校に入ったばかりの1年生が屋上で優しい3年生に出会う。
先輩が女の子と仲良いのを見て心がチクチク…戸惑ってたら先輩が『すきだよ』って。
はー、青林檎の香りが漂ってきちゃう〜!キスまでのところもgood。

「恋のエントランス」
高校のクラス替え。喜一は後ろの席の央(なかば)が可愛くって仲良くしたい。でも央はグループが苦手と言っていつも1人。
央にしつこくしてケンカになって、好きだから一緒にいれないのは嫌だ、と言ってしまう。すると央も…
で、速攻外なのにコトに及ぶ。おーい、ヤメナサイ!キスまでの話じゃダメなの〜?

「バタフライ」
これは良かった!これだけ大人の話。
マンションのお隣さんはちょっとエロい美人。ベランダで誘われて…
なんとなくセフレのような関係を続けてる。
ある日、突然「引っ越し。会えなくなっちゃうね ありがと」と言われて、自分は彼の事どう思ってたんだろう?と思い返す。
そしてベランダ越しのお別れ。
蝶みたいなひと 君にとまってもらえて俺はうれしかった。
………いいなぁ。言ってみればビッチをこんな風に詩にした一篇。

あとがきで、4コママンガが6点。
ナニを描くのがNGなのか、に噴きました。

1

まだまだ荒削り

 『まったく君ってばもう』を読んでから新刊が出たら買おうと思っていた雲之助先生ですが、赤ちゃんを出産されたそうで育児などで忙しいのかな。新刊予定などが無いようで寂しく思っていたところ、Kindle unlimitedに沢山登録されているのを見つけたのて出版順に読んでみようと思います。

こちらの短編集はデビューコミックスのようです。

・『ラブリートーク』『ラブリーウェイ』
 二人の関係性が「そりゃあ長い付き合いですけど」という攻めの台詞でしか語られていないので、幼馴染かな?と想像する程度だし、好きな子が出来たとか告白されたとか具体的な理由もなく、経験がなくて下手とか言われたくないから「キスの練習しない?」と言うのもかなり唐突です。
 攻めが女々しい性格の分、受けがとても男前なのですが、実は攻めに対してとてもメロメロで可愛くって、雲之助先生の甘くてふんわりした持ち味はこの頃から健在ですね!

・『スターダスト』
 昼食を食べようと行った屋上で偶然知り合った先輩は風変りな人で…。この話、男女、もしくはどちらかがゲイということで進んでいたら、もう少し受け入れられたかもしれません。先輩が不思議ちゃん過ぎて、ンなわけねーだろとちょっと突っ込みつつ読みました。H無しのお話ですが、これで即Hだったら更にあり得ねーっと盛大にツッコミ入れてしまったでしょう。キス止まりなのはよかったと思います。

・『恋のエントランス』
 すれ違う心情が丁寧に綴られていい感じなのに、気持ちが通じ合って即Hです。しかもお外で…Σ(゚д゚;) 。なんか、色々と残念です。

・『バタフライ』
 ↑の3カップルと比べてかなり大人なカップルで、ちょっと耽美な香りすら漂っています…がっ!この結末は!?ひとときの恋?蝶のように花から花へ?解りづらい耽美は好きな方だけど、これは色々と放置し過ぎだなと思いました。

 絵柄もストーリーも荒削りだったり、ストーリーとエロがちぐはぐだったり、拙いところが沢山あります。やっぱり先生の柔らかな作風には、長編でじっくりと読ませてくれたほうが合っていますね。ここからどんな風に進化していくのか順番に読んでいくのが楽しみです。

1

つられてニヤけてしまうような笑顔の描写に注目!

■感想
絵のタッチに若干の拙さが感じられますが、キャラクターの表情や心情の描き方は素晴らしいです。
特に「笑顔」の描写がとても癒やしで、読み終わったあと「ほわわ」と暖かな気分にさせてくれます。
個人的には、高校生同士なシチュエーションやR-18な展開が割りと多い点が好みなのですが、
「読みもの」という視点で見た時に、もう少しストーリー性が凝っていれば…と感じたため評価を「中立」とさせて頂きます。

1

表紙が意外と危険度高し!

■ラブリートーク/ラブリーウェイ■
はじめ(高校生)×和博(高校生)

経験が無いことに焦るはじめは、幼なじみの和博にキスの練習台をお願いする。
にべもなく断る和博だったが、その理由は「だって俺お前好きだもん」…Σ(´Д`*)マヂィ?!

受けの子が結構さっぱりとした性格してます。
なのでたまに見せる可愛い反応に萌ゆる。
『ラブリーウェイ』の方で攻めが、「(受けが)可愛すぎて脳内がカズくんばっかで大変だ」と訴えたら「ざまぁ」…www
でも「懐かしい」って言えるようになるまで…切なかったろうにね。
だって、受けの場合片思いの時にその感情が強かったんだから。

■スターダスト■
米田(高校3年生)×柊(高校1年生)

屋上で昼ごはんを食べようと思った柊。
そこには昼寝中の先客・米田がいて、寝ぼけた彼に膝枕を提供することになる。
…以降、時々屋上で枕係をしているのだが…米田が女の子といるのを見ると何故か胸が痛くて…。

攻めが何というか…のんびりした口調だなぁ…と。
呼び方も「ひーらぎ」だしね。
帰る約束に幸せそうな笑顔を見せる受けが可愛い。

■恋のエントランス■
木村 喜一(高校2年生)×原田 央(高校2年生)

木村はいつも1人でいる央のことが可愛くて気になって仕方ない。
友達の多い木村は央も中に入れたいのだけど「お前に振り回されるのは嫌だ」「ほっといてよ」と言われ…。

喜一が皆と仲良くしているのを見て独り占めしたいのにー(´・ω・`)なんて考えていた央かわいい。
でも気持ちが通じ合って即そのまま外で…は嫌ァ―(艸゚□゚)―ッッ!!
何か初々しい感じの2人だから初めてが屋外は何かちょっと嫌だ…。

■バタフライ■
巧×羽柴
辞職した日、巧がベランダで煙草を吸っていると隣室の羽柴が話し掛けてきた。
流されるように体の関係を持って暫く経ったある日、羽柴から引っ越す旨を伝えられる。

この話だけ他とは雰囲気が違って…アダルトな感じ?
1つ処に留まれない性分の羽柴が蝶々として例えられてます。
気まぐれさを表す動物が猫じゃなくて蝶々というのが私にとっては新鮮でした。



あとがきの「規制」には噴きました(*ノ∀`)ノ゙))アヒャヒャ
確かにナニ描けというのかwww

表紙と中の絵に結構な差があり…少し(´・ω・`)ションボリ

攻めも受けもよく泣くなぁ…と。
この本を読んだ印象としては【攻め=乙女思考、受け=女の子っぽい】作風の人なのかな?と感じました。

σ(´ x `;*)んーと…私、この人の話…苦手かもしれん。
いやでも本番なしのチューまでなら萌えた気がする。
初々しい反応しているのには可愛くてキュンときたから。
…だからかなー…そんな可愛らしい2人のアレ描写がっつりは…ちょっと(o〃_ _ )oうぅ…ん。。。
しかも体育館や屋外でイタしていたりするから余計にテンション急下降しちゃったのよね…。

※『バタフライ』以外について

0

作家さんのらしさが垣間見える作品

懐かしいです。
始めて読んだ時も読み返した今も思うことはこの素人くさいコマ運びと絵が萌えるということです。
ああ、いいですね、何とも言えない頑張ってる感がこもっている作品です。
少なくともそれが私には伝わってきた!!
こなれてきちゃうと無くなるものがここには確かにあったんですね~。
けれども雲之助さんの確固たる萌スタイルはこの時から既に出来上がっていたのですね。男の子が泣きすぎの表現は未だ違和感はありますが、これが雲之助さんらしさでもあるわけです。全部の作品の男の子が泣きまくっているわけじゃないし、表現がこれしかないと言うわけじゃないですよ。でも特徴的と言ったら泣きですかね。

別に処女好きじゃございませんけど、初々しくて色々アレなコミックって可愛いくて好きなんですよね(褒めているんですよ!間違ってもマイナスの意味じゃないです)
中学生日記の下手くそ演技に萌えるタチなのでこれはこれでいいじゃないかと思うわけです。

短編だけあって展開早いしBLファンタジー強いですが、
荒削りでアレなところ、そこが私的にはツボな作品です。
評価をするという目で見れば唐突な展開も多いので、さすがに中立評価になりますが、荒削りな部分が本当、可愛く思える作品です。

それにしも『恋のエントランス』の最中の「やらぁ」が意外とキュンときた。らめぇ~とか言ってても全然引かない時がある。不思議。

1

今よりエロっぽい?

雲之助さん強化月間中。
こちらの作家さん初コミックス、というだけあって、画が違う!
今より線が太く、瞳の描き方が一番違いがあるかな?

けど、このときの雲之助さんって、
「胸・乳首にコダワリあり!?」
と思うくらい、胸アップだったり寄せて膨らませるような感じがあったり乳首がきっとピンク色であろうと思うような光り方あり(笑)
…いや、私はそういうの大好きなんでオイシカッタですけどね!(笑)

読みきり短編集のこちら。


◆『ラブリートーク』『ラブリーウェイ』
幼馴染、何の経験もないことに焦りを感じるはじめと、そんなはじめに「キスの練習台になって欲しい」と頼まれるメガネ男子・和博のお話。
元々ずっとはじめに片思いをしていた和博ですが、ちょっと強気なところがいじらしい。
強気と見えても、本当は怖くて、昔泣いたことだってそれを乗り越えたからであって、そんな彼の強気の裏側が見れてきゅんとなりました。
本当は泣いただろうに、悲しかっただろうに、思春期の切なさもいっぱい感じただろうに、
「今お前が俺を好きならいい」
なんて…健気ー(涙)
そして、とーってもヘタレなはじめ(笑)
ちょっと涙もろくて、和博を好きだと思っちゃって、正直少し煽られた?なんて思わなくもないけれど、
『気持ちを伝えられて意識しちゃいました、というより大好きです』
という感じが単純で好きです♪

少しくらい寒くても、寄り添って二人でいればあったかい。
だから傘もいりませんよね♪


◆『スターダスト』
高校の先輩後輩。
屋上に行った柊木と、そこで寝ていた先輩のお話。
ちょっと小さくて可愛らしい柊木。突き抜けたような明るさを持った先輩と過ごしていくことで、徐々に気持ちの中に先輩が増えていく。
とある日、廊下で先輩が女子と仲良くしているところに出くわして…と進んでいきます。
高校生ってだけできらきら感が増すのに、この作品は先輩が(一見阿呆っぽくも見えなくはないけれど)きらきら凄くて、見ていて本当にまぶしい!
ちくりと痛む胸の原因が分かったとき、怖くて柊木は先輩のきらきらを怖く感じたのかなぁと思います。
何も迷うことがないような、純粋でキレイな光。
でも、先輩から見ても、柊木はそう見えたんだろうなって思うと、何かもう二人がまぶしすぎてみてられない!(笑)
自分が相手を好きだと、キラキラして見えんだよ、という可愛い可愛いお話でした♪


◆『窓のエントランス』
クラスメイト。
窓際に座ろうと思っていたキイチと、既に窓際一番後ろに座っていたナカバのお話。
少し時がすぎるとすぐにキイチはみんなの人気者になって、ナカバはひっそりと静かにしていて。
お互い1番に好きなのに、少し立場が違うだけで、特にナカバは卑屈になっちゃって。
……でもでも、外で致すのはよしましょうよ!というね(笑)
好きで好きで仕方ないサマがよーく出ていましたよ♪
本当は誰しも、自分が相手の一番でありたいですもんね。


◆『バタフライ』
お隣さん同士。
会社を辞めた巧と、ベランダ越しに知り合ったお隣さん・羽柴のお話。
気付けばいつの間にか身体の関係を持っていて、羽柴に上に乗られて巧は気持ちが良くて。
そんな関係は何なんだろう――というお話。
羽柴くん、超美人さん!なんですが、ちょっと女性的かな?
黒髪で艶があって、唇も光っていて、右目の下に泣きぼくろ。
セックスは気持ちいいから好き、という羽柴との関係が、巧の思わぬところで終わりを告げます。
一つのところに留まってられない性格の羽柴。
いなくなることで、自分は羽柴と楽しい時間を過ごし、彼を好きだったんだと気付かされる巧。
決して結ばれることはないのだけれど、気持ちのいい終わり方をしています。
こういう内容は嫌いじゃないのですが、1話読みきり独特の物足りなさ!
けど、今の雲之助さんの画とは違うから、羽柴の色気がここまであるのかなぁとも思ったりもしました。


本当にはじめの初期の雲之助さんの絵柄。今とは違いますねー。
でも、今よりエロさはある気がする!
(汁感、擬音、その他諸々多め??)

可愛く切ないお話が詰まった1冊です♪

0

初コミック?

いちばん最初の作品だけ持ってなくてやっと購入。“初コミック”って感じ。この頃から受けも攻めちゃんもよう泣いてるなぁ、…ラブリートークがほんと可愛かった。若干表題作の二人の付き合うに至る経緯とかが曖昧なので微妙な点はあるけどこの頃の作品もままアリだと思いました。

1

5種類のラブリートーク

『思春期男子のラブリーな恋が詰まったセンチメンタル短編集』
 雲之助さん作品が好きになったので作家買いしました。
 思春期…?とはいいがたい方々の作品もありますが全体的には思春期男子でまとめてもいいかもしれません。
 

>>ラブリートーク、ラブリーウェイ
 幼馴染のお話で、帯の腰乃さんが書いている通り「シュッとしててキパッとしてるメガネの子と、ヘタレなわんこ系の子の恋のお話」でした。
行為前の、キパッとしてる子が赤くなりながらふるふるしてる所は可愛いなあと思いました。
ラブリーウェイはラブリートークの二人の続きになります。はじめがカズくんの事好きで好きで~って話ですかね…。

>>スターダスト
 3年生先輩と1年生後輩のお話でした。昼寝大好きな米田に膝枕されるのがきっかけで関わっていく2人。柊木は”恋”について鈍い…というか知らなかったんだろうなあと、でもそこがまた可愛らしかったです。そんな柊木と、何でも包み込んでしまうような優しさで溢れている米田のカップルは見ていてほのぼのとした気持ちになれました。
 私はこの作品が短編集の中で一番いいなぁと思いました。

>>恋のエントランス
 2年生同級生のお話でした。誰とでも仲良くなれる気さくな性格の木村と可愛らしい容姿をしていて、集団行動が苦手な原田のお話で、独占欲を表している作品だと思います。
 私的には最後の扉が閉まる表現が結構良いなぁと思いました。

>>バタフライ
 会社を辞めた人と、ひとつのところに留まっていられない人のお話でした。
今まで読んでいた内容とガラッと雰囲気なども変わったので思わず身構えてしまいました…。
 行為を目的とした流されての関係だったけど、だんだんと魅かれていって。でも彼はひとつのところに留まっていられない蝶みたいな人で。最後の終わり方は切なかったですが、それもまた良い終わり方だったんだと思います。

・・作品と作品の間にあるキャラ達が私の中でツボでした。
特に最後のバタフライでは…。私はハッピーエンドが好きなのでどうも最後の二人は作品のお話後の二人としてしまいます。それもアリかと思うのです。



 全体的に感想を言うと、「何度も読むか」と言われれば「うーん…」となります。
読み終わった後大体がほんわかとした気持ちにはなるのですが、私は「幸せになるのさ!」から読み始めたからでしょうか、物足りないように思ってしまいました。
 それと、今回の作品は感情移入しやすいかと言われれば、しにくかったと思います。
ですが絵柄がとても綺麗だと思いました。泣き顔や笑顔がとても可愛らしかったです。

 話の内容は主に甘いお話ばかりでしたので、学生モノで甘めな話が好きな方にオススメしたいです(最後のお話には注意ですが)

2

雲之助先生初コミックス


表題作である『ラブリートーク』とその続編にあたる『ラブリーウェイ』他
3本の短編が収録されています

表題作『ラブリートーク』は 幼なじみ同士のはじめと和宏の恋のお話
続編『ラブリーウェイ』では 二人のその後が描かれています

あくまで短編漫画5本を収録した短編集なので お話一つひとつの展開は早いですが
読み終えた後に幸せな気持ちになれる作品になっていると思います


ところで 雲之助先生は現在『ラブリートーク』を含め 合計5冊のコミックスを発売されています
そして 来月にはさらに一迅社のレーベル『gateau』から 新刊の発売も決定しています

今 購入の参考にこのレビューをご覧になっている方は いずれかの雲之助先生のコミックスに収録
されている作品をご覧になったことがある方が多いのではないでしょうか

雲之助先生の作品に好感を抱いたことのある方にはもちろんのこと
ほんわかとした作品がお好きな方にも 自信を持ってお勧め出来る作品だと思います


1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ