静かにことばは揺れている

shizuka ni kotoba wa yureteiru

静かにことばは揺れている
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神8
  • 萌×212
  • 萌16
  • 中立6
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
20
得点
142
評価数
43
平均
3.5 / 5
神率
18.6%
著者
崎谷はるひ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
志水ゆき 
媒体
BL小説
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
幻冬舎ルチル文庫
発売日
価格
¥648(税抜)  
ISBN
9784344820579

あらすじ

リラクゼーション系サービス会社『グリーン・レヴェリー』の社長・綾川寛二は、音叉セラピストの白瀬乙那から突然キスされる。妻を亡くして以来、息子の寛(ひろい)のために女装をしてきたが、綾川はゲイではないと伝えると、白瀬は勘違いを詫びてくれ、なぜか寛も交えて友情を育むようになるのだが…。妙に色気のある白瀬が時折見せる翳りが気になる綾川。次第に白瀬に惹かれていき、白瀬のそのつらい過去を知った時、綾川の出した答えは…!?
2009年発売『心臓がふかく爆ぜている』のスピンオフ!全編書き下ろし!
(出版社より)

表題作静かにことばは揺れている

綾川寛二,34歳,ロハス系会社社長子持ちやもめ
白瀬乙耶,32歳,ゲイの音叉セラピスト

同時収録作品静かにことばは揺れている

降矢信仁 グリーン・レヴェリー社員
斎藤弘

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数20

良い作品です!

仕事、子育て、家庭環境の問題。それぞれがしっかりと書かれた作品です。
でも、重すぎず幸せな気持ちになれるお話です

最初は綾川のオラオラな感じや見た目に引きましたが、なぜ彼の周りには良い人たちが集まるのか、それを感じさせるように、徐々に人柄や優しさを書く崎谷先生が素晴らしいと思いました。
白瀬の色気には、私もクラクラ!
丁寧語で返すのが、たまりません!
途中、何でそんなに頑ななんだ?!と、モヤモヤしましたが、そこもしっかりと納得できる書き方で、ホント満足です。

BLに、子どもが出てくる話は、少し苦手意識がありましたが、表紙の寛くんにキュンとして、あの口調にやられました(笑)

すべてひっくりめて、ハッピーエンドな作品は、ホントに読み終わって幸せになれます。
エロさもあり、本番してなくても、鼻血噴きそうになりました。やっぱり白瀬が妖艶だからかなぁ。
最後にちゃんとできたことも、私的に満足です。

1

評価がわかれるのも納得

新作熱望&色々疲弊してたんで、絶賛崎谷さん再読中。

この作品の評価が人によってわかれる理由としては、子持ちとかトラウマとか死別した奥さんのこととか、そういうところなのかな~と思うのですが・・・
過去のどの方のレビューを読んでも共感してしまえるあたり、やっぱり私の中にもプラス要素とマイナス要素がけっこう激しめに隔たって両立してしまっているんだな、と。

マイナス要素。私の個人的な見解だと、始まり方・・・。
乙耶が綾川=女装社長=ゲイと勘違いして誘ったところ、そのあと逆に綾川がダウンして介抱してくれた乙耶に「わかんないけど、おまえとならやってみたい」「女は無理。彩花と比べてしまうから」というところ。どうしても納得いかなくて。
一番最初に読んだとき薄い違和感をまず最初に感じてしまい最後まで引きずった気がします。

それから綾川と乙耶のこの組み合わせならもっと濃厚なあれこれとか、欲しかったな~と。
レーベルの関係などあるんでしょうけど、私の中では『崎谷作品=胃もたれ直前まで追い上げられるような濃厚さ』と『荒んだ日々のなかに突然現れる甘さ』が魅力なので、その部分では消化不良だった気がします。

あと私は綾川の『愛した人が他界した悲しみ』より今の環境の幸せ加減が勝ってしまってると感じてしまったんです。時間も経過してるし、優劣の問題じゃないとは思うんですが、人の良さとかも必要以上に描写されている気がして。

乙耶のトラウマや辛い過去もそう。そんな簡単に誘ってしまうんだ~という身持ちの軽さが帳消しにしてしまった。うまく言えないけど、登場人物の性格を最後まで『あれ?なんか違う?』という感じで掴みきれなかったことが残念でした。

あとせっかくこのシリーズなのだから、もっと日常の生活を描いて欲しかった。乙耶が癒しを与えるシーンがもっと欲しかった。崎谷さんの作品の日常描写は大好きなので。弟の話のボリュームが原因かな~。

ただ、悪いヤツ倒して一件落着な感じは嫌いではないので、そこは楽しませていただいたし、短期間にそんな覚悟を!?とは思ったけど「あいつが女だったらとっくに籍いれてる」「あれは俺のだ。よけいな心配しなくていい」というセリフとか男らしくて崎谷作品に出てくる攻めの良さは感じさせていただいたので、そのあたりを頭の中で繰り返して補完しながら読み進めた感じでした。

でもそうは言いながら、結構読み返してしまうあたり、やっぱり盲目的な崎谷ファンなのだと自覚したところでしたが(笑)

まぁ、疲れたらまた読み返すと思います^^

0

昨今のBL事情‥

実は、この作品、図書館で借りました(驚愕)。
今日び、BLって図書館に置いてあるんですね。びっくり‥。

さて、「グリーン・レヴェリー」シリーズ2作目。
女装やもめだけど実はイケメンの社長綾川のターンです。
4年前に亡くなった奥さん一筋だった綾川が、
たった一度した浮気が原因で、
女性には食指が動かなくなったからと言って、
じゃあ男ってなるのはどうなんだろう??
↑もっとも、綾川本人も同じこと言ってますが‥。

あと、個人的にひっかっかっちゃたのは、
口説き始めた途端、それまで丁寧語だったのが、
相手を「おまえ」呼ばわりしだしたことです。
名前を呼び捨てとかは、全く気にならないのですが、
突然の「おまえ」呼びは、ちょっとな。
「豹変」って感じで。
もしかして、わざと狙ったのかもしれないですが。
あまりの違和感に数ページ戻って読み直したくらいですから。


1

子連れ物

グリーンレヴェリー2作目です。
1作目で目立ちまくっていた綾川が主役で、寛も小学生になったころのお話です。

1作目でも思ったんですが、このシリーズはなんだか設定に無理がある気がしてなりません。そのせいでいまひとつ共感しづらいのです。

綾川は彩花ひとすじなはずが、たった4年で白瀬に恋をしてしまう。これが、男一人で子供を育てる苦労から押してくる白瀬にほだされたというのならまだ納得も行くんですが、あれだけ熱愛していたはずなのに、と思うと???でした。
子連れ物では重要な寛のキャラも微妙。

何より許せなかったのが、動物園で寛が迷子になるところ。トイレに行くといった寛が戻らないことに30分も気付かない大人二人には、ドン引きでした。いくら恋していても、それは大人としてあり得ない。

そういうところに少しずつ冷めてしまって、今一つ萌えませんでした。

子連れ物はちゃんと子供を大事にしてくれないと安心して萌えられないですね。年なのかなぁ。

0

じわじわ温まる愛情

面白かったです。

恋愛物というよりは家族物。一瞬で燃え上がる恋よりじわじわ温まる愛情の方が好きなので、より楽しむことができました。受にいたっては攻を理想の男として崇め、父性を求めているふしがあります。

攻がまたかっこいいんですよ。淋しさを胸に秘めて生きているタフなお父さん。半身だった奥さんを亡くしてもう二度と完全な自分になれないであろうことを自覚しつつ、奥さんの忘れ形見である一人息子と会社を守るためだけに生きています。

受は男性としての尊厳を奪われてしまった哀れな人です。失われた命を悼んでひたすら善行に励む様はまるで出家者のようです。でも、人間だから幸せになりたいわけで。憧れていた攻から差し伸ばされた手をおずおずと取る姿に胸がキューンとなりました。

崎谷作品は辛い経験をして色々なことを諦めかけていた人々が恋することで幸せになろうと頑張ってみる話が多いですね。

2

周りはホモいっぱ~い

スピンオフなど、周りの男子達が幸せになっていく設定好きにはお勧めですw

受け様は家庭事情がかなり可愛そうな方で
かなり苦労してきたのか年齢からしてもしっかりした人だったのですが・・・
まあボロが出てきたら、強気な感じの様で・・・つかめないキャラです

攻め様は、息子の為に女装していましたがそろそろ辞めようかとしています
社長設定なので仕事面ではシビアでつかみどころがないような感じですが
出来る男ではありますが、どこかの英国紳士的なきっちりタイプではありません

受け様、攻め様共にもともとノンケです

とにかく、仕事の内容とかがきっちり書かれており読みごたえがあります

2

攻めが男らしい

なんか、いつもと雰囲気が違うなー、と思ったら攻め視点でした。他にもきっと攻め視点の作品はあるのでしょうが私が今まで読んだ崎谷作品は多分全て受け視点だったので、なんだか新鮮でした。
攻めも男気のある方で良かった(^^)恋愛がうまく進まなくてぐるぐるしている様子がなんだか可愛らしかったです(笑)受けの過去が露わになったくらいから、ガッツリ男らしさ全開だったのもステキでした。こう、と決めたら潔かったですね。どなかたかも書かれていたんですが、私も最近ここまで男らしい攻めには出会えていなかったので、ここらで出会えて良かったです(笑)
受けの過去については…これはまた判断難しいところですねー(^_^;)
いまどき、あーゆー習わしの家もあるのか?と思うけど、多分あるんでしょうねぇ。
しかし、祖父の独断と偏見には呆れちゃいました。
300年も続いてる老舗だからこそ、バカボンボンな弟みたいなのに任せちゃダメなんじゃん。それを全部自分の鶴の一声で決めちゃって、それが発展する采配ならともかく自爆って(汗)
経営手腕はすごいのに、人を見る目がないんじゃ先が危ぶまれますね。
乙耶には、これを機会に幸せになってほしいなぁ。まぁ、この親子なら大丈夫そうですけどね(≧∇≦)

しかし、寛のしゃべり方が日曜日の某国民的アニメの3歳児のようでしたね(^_^;)
最後まで疑問だったのは、なんで寛が初対面からあんなに乙耶に懐いたかなんですけど…最後の方にちょろっと書いてあった、ライジンピンクに似てるから、が事実なんですかね?
できればもっとちゃんとした理由が欲しかったけど…それでも十分面白かったです。
さらに心臓〜カプも沢山出てきたので、嬉しかったです☆
内容的には萌え×2よりの萌えなんですけど、弘がちゃんと幸せそうだったので、オマケで萌え×2で。

2

『グリーン・レヴェリー』シリーズ2作目。

う~ん、1作目のレビューにも書きましたが私はこのシリーズは好みじゃないんですよね。でも(次作も合わせた3作の中では)これがいちばんマシ。
シリーズとしては『グリーン・レヴェリー』からは離れますが、スピンオフの最新作『吐息はやさしく支配する』が一番(というより比べ物にならないくらい別格に)よかったです。

乙耶(受)は好みが分かれるキャラクターだろうな~と思いましたが、私はまだ大丈夫ですね。『薄幸・健気受』も『ネガティブ・自虐受』もまったく平気。この乙耶が、すごく好きなタイプかと言われたらそれは違いますが。

ただ、ラブ以外の部分がちょっとうるさすぎたような気がします。綾川(攻)の亡くなった妻・彩花や乙耶の家庭関係ですね。ちょっとくどいよ、と感じました。

私はもともと『子持ちBL(シングルファーザーもの・その他)』自体にあまり惹かれないので、寛(綾川の息子)はどうでもよかったですね。というか、この寛のキャラクター自体がどうも気持ち悪かったです。言葉遣いだけじゃないですよ。

綾川がしっかりして『男』なんですよね。本音を言えば、綾川は妻一筋でよかったんじゃないかと思うんですが(彩花は別に好きではないんですけどね)、そこに目を瞑れば、作品としてはまあ悪くはなかったです。前作よりはまだいい。

ただやっぱり乗り切れないなあ、このシリーズ。なんでだろう。

2

スピンオフの良さ

崎谷さんはシリーズ作品を多く出していらっしゃるのが
特徴かなと思っています。
根本は崎谷作品ともいえる流れがある上で、
各シリーズでの世界観があって、面白いです。

正直言いまして、
このシリーズは個人的には、1冊目カプの方が好きです。
あらすじについては、割愛しますが、白瀬のトラウマが、苦手でした。
あまりに、辛すぎるんですよね。それが、崎谷作品ともいえるのですが。
勧善懲悪は、スカっとするのですが、あまりにかわいそう過ぎて、
しんどくなります。

それでも、読ませてくれる崎谷作品はすごいな~と。

2

崎谷作品にしては軽い文章




×

Y.K/Myu
さらりと読めました。最後まで読み終えると綾川の男らしさに惚れずにはいられません。白瀬も本当に綾川に出会えてよかったね、と心の中で呟いてしまいました。隙のないキャラクターの組み立て方は本当に崎谷先生のすごいところ。受が暗い家庭環境なのはよく描かれますが、今回の白瀬は自分が痛んでしまっていることも理解できないほどの繊細さでしたが、無骨な綾川と寛に出会い、家族のあたたかさを知るという場面がとても感動的でした。「僕は綾川さんの子どもになりたかった」の台詞は一生忘れられないくらい衝撃的でした。…が、崎谷先生の本来の文体の艶っぽさや、泥臭く描くことのできる描写力はあまり生かされてなかったように思え、少し残念でした。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ