恋とは呼べない(1)

koi towa yobenai 1

不能说是情

恋とは呼べない(1)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神23
  • 萌×224
  • 萌25
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
18
得点
286
評価数
73
平均
3.9 / 5
神率
31.5%
作画
町屋はとこ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

原作
榎田尤利 
媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~
シリーズ
愛とは言えない
発売日
ISBN
9784862638793

あらすじ

男を見る目のない男・英、英が拾った男・淳平。始まった同居生活は穏やかで温かく、しかし英の過去の「恋」が、彼らの傷を描き出してゆく――。
読ませる人間模様と確かな筆力で超人気の小説家初原作×温度のある人間を描ききる期待の新鋭が送るビックコラボ!第1巻!
(出版社より)

表題作恋とは呼べない(1)

名嘉真淳平,22歳,雪の晩拾われた居候
津森英,27歳,真面目でカタブツの会社員

同時収録作品恋とは呼べない1

橘高義美・飲食店プロディース会社の社長37歳
目雅彦・大学心理学の准教授 36歳

その他の収録作品

  • -プロローグ-拾った男
  • -プロローグ-拾われた男
  • 番外編
  • 今日から一緒
  • やきのりにっき

レビュー投稿数18

やきのりちゃんが結ぶ縁

心に傷を負った二人の男を出会わせたのは、キュートな子猫のやきのりちゃん。
淳平が雪の中でやきのりちゃんを抱いていなければ、
やきのりちゃんが、うるうる目で英を見つめなければ、
英は110番するだけで、淳平を拾わなかったんじゃないでしょうか。

なんとなくそのまま英の家に居候する事になった淳平。
武居の出現で英がゲイであることが発覚しますが、
淳平はゲイに対して偏見はなかった様子。
それどころが、なんとなくヤキモチっぽい気持になる上に、
英と武居の情事を想像してモヤモヤしてしまいます(笑)
この武居が、またとんでもなく最低な男で、
騙されている事を知った英は、自ら武居に別れを告げます。
そしてボロボロに傷ついて泣く英を、黙って抱きしめる淳平。
本当に切なくてやさしいシーンでした。

英の、真面目で裏表が無く素直な人柄が、私も凄く好きです!
そして過去に傷ついた淳平が、少しずつ英に癒され惹かれていく様子が、
すごくやさしくて自然で、読んでいる私の胸もキュンキュンしてしました(笑)
そして英も、淳平が見守ってくれていたからこそ、
武居との過去を清算する事が出来たんでしょうね。
二人の温かい関係が、本当にステキだと思います。
淳平の過去の詳細は、この1巻ではまだ明らかになってませんが、
今後の展開がすごく楽しみです。まだまだラブには程遠い二人なので・・・

サガンと橘高との絡みも自然ですね。
やきのりにメロメロになってるサガンが、無茶苦茶カワイイです。

それにしても、やきのりちゃんが本当にカワイイ!最高!
第一話の最初に、英が寝ぼけて淳平に抱きついているシーンがあるんですが、
その時、やきのりちゃんも英と同じ格好で淳平に抱きついているんです。
一番のツボでした(笑)

4

すごく優しい&やきのり激カワ!!

うわ~!!どうしよう、どうしよう、オロオロオロ、、、
評価に迷いました、神にしようか、すごく神に近い萌えにしようか・・
町屋はとこさんのマンガは読んだことがないのですが、こんなに間の上手な作家さんなんでしょうか?
例えセリフのない、絵だけのシーンでも感情が伝わってきてジ~ンとさせる。
「恋は落ちるもんなんだよ」
このセリフから中盤から胸がドキドキして、ラスト近く思わず主人公と一緒に泣いている自分にびっくり。
何より、やきのり(猫)が滅茶苦茶かわいくて、かわいくて、家の猫とトレードしたいぞ!ww
やきのりを置いておいても、とっても優しさの染み渡るお話で、夢中になりました。
一体何をどうやって書いていいやら・・・(大汗、、)

クリスマスイブの晩、彼氏に振られた英と、凍死しそこなった淳平との出会い。
きっと淳平が懐にやきのりを抱いていなかったら、英は淳平達を保護することはなかったのだろうか?
この1巻は英が、振られた彼氏を振りきるまでがきっとメインですね。
淳平の過去はまだおぼろげ。
英の寝顔が淳平の愛した女性に似ているという、その女性は一体誰で、もう誰も愛さないと思わせる過去というのは一体どんなものだったんだろう?
真面目でカタブツと言われる英が、淳平を居候にしてしまったことで淋しさも和らぎ、そして何となく会社でも柔らかくなっていくのは可愛らしかったデス。
結構、天然なんですねv
酔っぱらった英、接待でのドジぶりとか、ものすごくかわいらしくて、お約束で眼鏡をはずすと美人というのもww
英は元カレとのよりを戻そうとすると、淳平はどうでもいい女性と関係を持とうとしたり、二人とも寄り道をするけれど、それでも一つの道に再び合流させるまでのその過程は、互いの優しさに充ち溢れている。
騙されやすい英だけど、それでもきちんとと見極めていた。
英が強くなれたのは淳平のおかげなんだって、ちゃんとわかるんです。
うっかり泣いてしまったラストのシーン・・・すごくすごく胸につまります!
やきのりが、頭ゴチンゴチンってやってるのまで愛おしい!!
ああー、何て優しいんだろう。

英の会社の取引先社長で橘高、その友人(?)でやきのりの里親さんになってくれる目(サガン)さんも、何気にうまく絡んで、次の小説のほうも期待させます。
合間、合間にはさまれる、やきのりの日記もかわいらしく、そしてサガンとやきのりの御引き渡しの日から、引き離された日の出来事、そんなサイドストーリーも愛にあふれていて、猫を愛するサガンがとても淋しそうな人に見えました、、彼にも一体何があるのでしょうか?

榎田さん原作ということですが、最大限に絵を生かした作りになっていると思います。
多分小説だと詳しく体の動きや仕草などが表現されている部分がちゃんと絵で表現されている。
そしてモノローグで綴りそうな気持ちを、相手との会話の中で登場人物に語らせる。
セリフは決して少なくはないけれど、会話で話させる部分と絵で魅せる部分との緩急がついていて、それのインパクトが出来上がっているので、セリフがうるさく感じない。
言葉の使い方が、あ、榎田さんだ!と思うww

すごく、すごく丁寧で少し厚みもあり値段も他の本よりちょっと高いけどすごく満足な一冊なのです。

3

これぞBLの醍醐味!

BLの醍醐味は
すれ違い、モヤモヤ、心理描写
だと思います。
肉体関係なんて正直、いやモチロン萌えポイントではあるけど、ただやるだけなんて正直つまらない。
なんとなく見たら一気に3巻読み尽くしました。
やきのりたんも可愛いし、オトナ!しっかりしろ!
と憤慨もしましたが、やっぱり娯楽ですので実生活ではあり得ないモヤモヤが素晴らしい。
吸血鬼に向いてる〜も面白くて拝見したんですが
どんなエロい描写よりも萌えました。
実生活ではゴメンですけどね。
初級者向きではあると思います。

3

ストーリーも作画も神

少し前にリブレさんのフェアをやっていた時に特典欲しさに購入しました。榎田さんは作家買いする作家さまですが、コミカラズということでどんな感じかなと思っていましたが、なんだかとっても良かった。

榎田さんらしいセリフもストーリー展開ももちろんよかったですが、作画されてる町屋さんの描き方が非常にお上手。表情とか、なんていうんだろう、絵から読み取れる空気感っていうのかな。間の取り方がすごく上手でぐいぐい引っ張られるように読みました。

高学歴の英(受け)は人づきあいが苦手。
その英が、淳平と出会い徐々に『人』として成長していく過程がなんともいい。彼の表情の描き方も上手なので言葉のないシーンも独特の空気感がある。
対して攻めの淳平。
なんとなく自暴自棄な態度で、はじめはあまり好きになれそうにないなあなんて思いつつ読んでいましたが、淳平も過去に何かがあり、それが今の彼を苦しめているのだろうというのが透けて見えて、いったい彼に何があったのか、これからどうなるのか、気になって気になってページをめくる手が止められませんでした。

英の最低な元カレとの別れを通して、英と淳平が徐々に心を通わせていく。そこにある二人の感情に「まだ」形がないのもよかった。

あと忘れちゃいけない『やきのり』。
もう、可愛いのなんのって!ちょいシリアスな雰囲気も漂うストーリーにおいて、やきのりちゃんはほっこり癒しの存在でした。

作中に所々出てくる橘高さん×サガンのCP。こちらはメインCPの淳平×英と違って、大人でクールなCPなのもよかった。この二人のお話の作品もあるんですね。買って読まなきゃ。

こんな素敵な作品を今まで読まなかったなんてもったいなかったなあ…。とりあえずお試しで1巻だけ買ってみましたが速攻で2・3巻を買いに走ってしまいました。

3

俺得!

榎田先生と町屋先生のコラボとかどんだけ俺得かと。
こんな神コラボもう無いっていうくらい神コラボでした。
色々なコラボがありますが、私の中では神の領域のコラボです。
もう自分の感性で赴くままに好きって言っちゃうYO!
まずメガネですよ。
受メガネは自分の中の萌えツボにひっかかっております。
その次にやっぱりワンコ系?な攻。
って言いながらやっぱり一番ツボなのはやきのりちゃんなんじゃないかって思えてきました。
やきのり可愛ゆす可愛ゆす!

2

厚っ!

うん。こういうの好き(●´∀`●)ホェ:*・゚
悪い癖ではありますが、この小説サガン編も読みたくてウズウズしてまいりました。なんだろうな~好き。

クリスマス。街ではカップルが幸せそうにするなか、一人寂しく帰路につく。雪の降りしきる中、小さな子猫を抱いて眠る男を拾う。
それが全ての始まり。失ったものと得たもの。そこから話はどぉ転んでいくかというところですね。
愛とか、恋とか試練とか
そんなもんは、まだまだな序章な雰囲気のある1冊ではありますが、
ジックリしっかり読ませてくれるこの作品はスゴイとおもうわけでありまして。なによりキャラクターがいい!
ダメな男に引っかかってしまっても、結局許してしまう。
結局自分だけが痛い目に合ってしまうという不幸体質な受がどう幸せになっていくのか。これからが見もの。
最後の笑顔がなんかすごくキュンとしたんだよぉww
年上が好みという受ではありますが、今回の攻とのバランスがちょうどいい。なんっていうんだろ~な。堅くならず付き合える関係。
凄くキュンなのであります。これも年下攻めのなせる業なのかww
部下との悩める関係。最初との違い、部下の反応。
なんだあれ。。。萌w
最後のやきのりプレイwwあれがまたツボ。
やきのりチャンがかわいいのは言わずもがななわけでありますが
やきのりちゃんプレイ・・・・・(* >ω<)=3 プー
猫にメロリンコなサガンさんも可愛かったです。
ひとまず、気になる引っ張りでもないので、続き物でも読みやすいかな。
これはオススメ

1

切ないのに幸せな気持ちになれる。

巧みで切ないストーリー構成と愛しい登場人物たちを成す榎田尤利さん、そしてその世界を柔らかく温かく、それでいてリアリティをもって描き出す町屋はとこさん。はとこさんと榎田さん、最強タッグだと思います…!
英は一見すると真面目でお堅いサラリーマン。しかしその実猫好きで猫の前ではでれでれしたり泥酔したり、とっても可愛かった。
そして英と淳平のやり取りがなんとも好きです。ただの同居人だけどお互い気を許し合えている関係性、絶妙です。
最後の元彼との別れ、やきのりとの別れの時に淳平が英を慰めているシーンが印象的。気持ちが近づいていく過程にたまらなくきゅんきゅんしました。

0

名言だらけの良作品。

順番が逆になってしまいましたが、2巻3巻を読んでからの1巻でした。

町屋さんはコマ運びというか、表現の仕方が繊細でとても上手ですよね。
台詞がないシーンでここまでグッとくるのはあまりないです。
イラスト自体が繊細で、少し物寂しい雰囲気も漂ってきます。

ラストを先に読んでしまうと、メインカプより大人組の方が気になってきます。
橘高さん男前ですね!
コートを地べたに置いて英を座らそうとするなんてどんなイケメンだ!
サガンさんも美形すぎてドキドキします。
あんな先生いたら授業も寝ずにちゃんと聞くよ!
と学生目線で思ってしまいます。
しかも私心理学専攻なんで(笑)

これ読んだらますます『愛とは言えない』を読みたくなってきましたよ~。
サガンさんのあの飄々とした態度気になります!

それにしてもやきのりちゃんが可愛い(*´∇`*)
あの喋り方なんなんだー!!!
「やきのりすごい!」

1

ボリューミー

帯『恋愛が楽しいなんて…誰が言った?』
 『恋は、堕落だ』

単行本派なので、榎田さんと町屋さんのコラボがどーなるんだろと読むまで想像つかなかったんですがぴたっとハマってましたね。
英が、冬の夜に男と猫を拾う、冒頭シーンはありがちといえばありがちな始まり方ですが、そこからの展開は丁寧でどんどん世界がまとまり、そして広がって行く。
淳平の口元や目の表情が彼の性格を表している様でいいですね、あと視線の使い方も上手い。
英は最初はクール系かと思ってたら実は駄目男に引っかかる恋愛運の無い男。
英の仕事中の七三分けでのデコが~~デコが好きであります!
そしてやきのりたん!これはやられます。
猫にはホント勝てない~可愛ゆ過ぎるよ、やきのりたん!
メイン2人のやきのりラブっぷりも良かったですが、サガンの人が変った様なメロメロっぷりが最高でした。

厚みがあるだけあってがっつり読めてかなり満足、お値段はむしろお徳感させありました。
映像のワンシーンを切り取った如くの表情、そして視線の使い方。
パラ見した時はちょっとコマ割りがこちゃこちゃしてる?って思ったんですが読んでみたらそんな事は無くてすっと読めました。
不器用な恋愛、そしてかわうい猫、ノベルズも合わせての横の繋がり。
いい感じに上手くまとまって進み、詰め込みすぎない程度の人間関係がすっきりしててその分がっつり一人一人の感情等を読ませてくれます。

4

初読、町屋先生の。

今時の風貌で過去ありの名嘉真×おとなしい美人ながら堅物な津森・ゲイ

雪が降り積もるクリスマスの夜、落ち込んでいる津森、自宅付近に膝を抱えうずくまる男をふと見やる。だがそのまま通り過ぎる。
さびしい夜をどうにかしたいとコンビニに行った帰りも、まだ、同じ場所で丸くなったままの男にも雪は積もっている。
どうにかなっているのではないか?と津森は視線を強めると、男の腕の中で仔猫が動いた。「あっ・・」津森は思わず男に声を掛けた。

普段なら無視でしょうが①失恋に落ち込み②クリスマスに1人ぽっち③冷たい雪の中④男に同情・老婆心⑤仔猫っ!・・ときたら、声掛けても無理ないよね。
そして、この仔猫が「やきのり」
ここから2人と1匹の同居が始まります。

出会いがこんなだったのに、訳ありな2人は早々にお互いの存在が心地良くなっていて、長年一緒にいるような程に。
ゲイの津森の恋愛問題にも、名嘉真は一緒になって考え津森を守り、2人の仲はより強くなっていくのです。
でも、まだ恋愛心ではないのですが、名嘉真の津森に対する「独占欲」はちゃんと見せてくれます。それが嫉妬に恋愛になるのは次巻に持ち越しですね。
静かに時間も2人の仲も進んでいく感じが良いのです。

【愛とは言えない1】の橘高(きったか)と目(さがん)も、名嘉真・津森に良い関係で登場します。
猫好きの目(さがん)に「やきのり」が貰われる時の、キャラそれぞれの言動に優しさが溢れていて、その後の目(さがん)の「やきのり」に対する優しさも、そして町屋先生の絵柄もあってとても温かくなります。

ところで、やきのりの言葉、ひゃぁ~!凄くこそばゆいんですけど!
うちの老猫達のどっしりとした図々しい態度と低いだみ声に中和させています!

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う