ちょっと待ってよ、花屋さん

chotto matteyo hanayasan

ちょっと待ってよ、花屋さん
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神40
  • 萌×224
  • 萌12
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
9
得点
334
評価数
78
平均
4.3 / 5
神率
51.3%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
H&C Comics ihr HertZシリーズ
発売日
価格
¥657(税抜)  
ISBN
9784813031598

あらすじ

高校生の神倉翔はある日、不運な目に遭っているところを街の花屋さんに助けてもらった。
親切で大人でカッコいい人だ、そう思っていたのに、花屋さんの真の目的は翔のカラダ(・・・)だった──!?
どんなにそっけなくしても、セクハラまがいに声を掛けてくる花屋さん。
「これ以上何かあるとかない!」はずだったのに、花屋さんの弱った一面を見た翔のハートは「きゅん」としてしまい……!!

表題作ちょっと待ってよ、花屋さん

神倉・高校3年生・18歳
半田・花屋・28歳

その他の収録作品

  • ちょっと待ってよ、神倉くん
  • ちょっと待てば、君の隣(描き下ろし)
  • カバー下(あとがき&漫画)→電子書籍でも収録有

評価・レビューする

レビュー投稿数9

大満足!

BLアワードのエロ部門にノミネートされていて驚きました。
町屋はとこさんの古い作品は読んだことあるけど、それらはエロエロじゃなかったけどもしかして路線変えられたのかなぁ、でもこの表紙の爽やか可愛いイメージからエロ部門にノミネートされるようなエロが想像出来ないけど、どういう事だろうと。(町屋さんご自身も、エロ部門という事に驚かれてました。)

結論から言うと、ま~たこいつら盛っちゃってるよ…みたいなエロメインではなかったです。ホッ。回数もさほど多くないしエロがごく自然にストーリーに組み込まれていているから、エロ突出感すらない。
だけど濡れ場は一コマ一コマ丁寧で無駄がないので濃厚。汁もナシ、音も最小限だけどポーズとかアングルがイヤラシイ。これはセンスだと思います。これは以前の町屋さん作品と同じでして、ガツガツぐっちゃんぐちゃの汁だく系などに変わってしまったのか?というのは杞憂でした。
絵がかなり変わられて驚いたけど(最初試し読みした時、思わず表紙の作家名を確かめたくらい)、これはこれで好きですし、身体の描き方が綺麗で好きです。筋肉が美しい~。

さてお話は、店先を通る高校生の攻めをタイプの子だと毎日見つめていた花屋さん。話すキッカケが出来て以来、モーションをせっせとかけていたけど、いざ攻めが本気になったら逃げ腰になってしまう。
受けの花屋さんが綺麗なアーモンド型の目なんです。これが大きく見開かれたり、力なく伏せられたり、時には潤んでみたり…と多弁でとても印象的でした。
軽い大人を演じていたけど、本当は臆病な花屋さん。彼が軽口叩きつつも照れてしまったり、大人としての建前と本音に揺れ動く姿、勇気を振り絞って素直になろうとする姿にキュンキュンしました。

高校生の攻めは見た目は高校生に見えないけど、花屋さんが元カレにキスされちゃったところを目撃しちゃって、キスしてたーー!!とブワっと涙目で逃げ出しちゃうところとか、その動揺っぷりが初々しくて可愛かったし、その後、大学生になった彼が少しずつ成長してスパダリ感が増してくのがいい。
続きを読みたいなぁ。攻めが社会人になってスーツ着たら惚れ惚れするほどいい男だと思うんですよね。それで、最初のボーナス、或いは冬のボーナスで指輪買ってプロポーズして、いつまでも花屋さんを捕まえていてください。

できるだけ純粋に恋愛のキュンを中心にした話にしようと町屋さんがツィッターで仰ってましたが本当にその通りの作品で大満足です!
お話も王道ならではの安心感があります。
萌萌にしようか迷いましたが、おまけで神で!きっとこれからも繰り返し読み返すと思うので。

4

表紙から想像できないエロ度に赤面…////

町屋はとこさん初めて読んだもんでびっくり!
改めて作者の紹介文見てみたらちゃんと書いてあるね。
【得意分野:絵柄に似合わないエロさ】
【エピソード:一見、淡白そうに見える絵柄であるが、内容はかなりエロ度が高い。】
めっちゃ書いてくれてるし。
もはやそこにギャップ萌えですよ!
エロ度が高いって言っても、いわゆるピアスコミックみたいな「THE エロ本」的な感じではなくってですね、なんていうか、作者エロオヤジかな?(褒め言葉です)って随所で突っ込まずにはいられませんでしたw

(絵柄的に)全然高校生に見えない高校生〔神倉〕が高校生らしいみずみずしさでとーっても可愛いです!(後半はしっかりいい彼氏に成長しているのがまた◎)
最初は大人の余裕で押せ押せだった花屋さん〔半田〕が神倉の若さと純粋さに押されて形勢逆転する感じも可愛い♡
ストーリーは王道で予定調和なところもありますが、2人の甘々な感じに癒されました♪
BLの基本「萌え・キュン・ラブ♡」は大事だなー。
そしてこのクセになりそうなエロさも良いです◎

【電子】ひかりTVブック版:修正○、カバー下○、裏表紙×

1

軽いようで、そうでもなく。

お久しぶり〜な町屋はとこ先生の作品は可愛いお話です(*´ω`*)

軽〜い感じで告白(?)してきて以後も押してくる半田に対し神倉は警戒するんだけど、半田がふいに見せた可愛さとかで絆されていきます。
神倉チョロいな、と少し思ってしまったんですが、人の心の推移って何がキッカケになるか分かりませんもんね〜。
半田の元カレとのキスシーンに遭遇したのを機に神倉が告白するんですが、これまた可愛かった!
若いってイイナ…(*´Д`*)

『ちょっと待ってよ、花屋さん』は神倉が高校生で想いが通じあうまでの話。
『ちょっと待ってよ、神倉くん』は神倉が大学生になってHをするまでの話。
付き合うまであんなに押せ押せだった半田が、Hには消極的なんですね。
ゲイとノンケ、大人と子供とかの葛藤があるからなんだけど、ここにきて!?となりました。
いやいや、今更かよ…と(^^;;
そんな二人のHは、回数は多い訳じゃないのにエロかったです。

表紙からキャラから可愛くて、エロも満足度ある『萌2』作品でした(´∀`*)

0

絵が気になってしまって

大好きな作家さんですが、だいぶ絵が変わられてしまって。顔の大きさに対して、パーツが大きいような。すごくそれが気になってしまって、お話があまり入ってきませんでした。高校生が、あまり高校生に見えなかったし。

お話は好きな感じだったので、ちょっと残念でした。エロもいつも通りエロかったです!

2

町屋先生らしい丁寧さ

久しぶりの町屋はとこ先生。
本作は「萌え・キュン・ラブ♡」を胸に描いた、とあとがきにある通りの優しい物語です。
ツイてない高校生と花屋さんのCPです。
初対面でいきなり『俺と付き合ってくれたら嬉しいかなー』と言ってくる花屋さん。なんか軽い感じ?
でも読み進めるとどんどんモダモダになって、逆に男同士なんて、と引いていた翔の方が押せ押せになっていきます。若さ〜。
翔って高校生と言ってもそんなに半田さんと年の差があるように見えません。特に大学生になって髪が短髪になるとすっかり大人っぽくなってイイ感じ。
何故かトントンと同居までして毎日いちゃいちゃ。でも半田の方は翔にちゃんと勉強とかして欲しいから、仕事の話などは線を引いている。それが翔にはくやしいというか自分がまだ世間知らずの事が歯がゆいというか。この辺、年の差ものの王道なのかな。
そんな行き違いもありつつ、自分の方が大人で、ゲイの道に引き込んでしまったから、と頑なだった半田が鎧を脱いで素直に翔に甘えを見せて…という展開。
Hシーンは町屋先生らしいしっとりエロス。2人で行く温泉宿でのHも濃厚。とても良いです。
絵が少し変わりましたか。私は以前も今の感じも両方好きです。
カバー下では、翔が半田の元カレとガッツリ渡り合ってます。

3

大人って見た目ほど大人じゃない。

町屋先生の3年半ぶりのコミックス!
某誌での連載が打切りになって、だいぶ落ち込んでいたので、このまま筆を折ってしまったらどうしよう…と、いち読者ながらヤキモキしていたので、新連載がコミックスになったこと、ただ素直に嬉しいです♪

1冊まるごと、ポジティブ10代・神倉と、ゲイ花屋さん・半田の年の差恋愛。
「ちょっと待ってよ、花屋さん」は神倉視点、「ちょっと待ってよ、神倉くん」は半田視点。
神倉は体格が良いから制服はスーツに見えるし、半田はかわいい見た目じゃないけどチャーミングだから、年の差はあまり感じません。

神倉は明るく楽しく生きてきたのに、親の都合で大学進学を諦め、就職活動もうまくいかなくて落ち込み気味。
そんな時、花屋の半田に優しくされて泣きながら抱きついてしまうけど、半田はいきなりタマタマを触ってくるし、「つきあおう。簡単に言うとセッ」(神倉が最後まで言わせない)と、軽く誘ってくる。
神倉は最初は男なんてー!って感じだったのが、半田が病気で弱ってるのを助けたりするうちに、だんだんかわいく見えてきて…

ここまではどこかにありそうな展開ですが、半田を意識しはじめた神倉は10代らしく暴走、半田は軽いキャラだったくせに、神倉の暴走を都合が良いからって受け入れない大人らしい一面を見せ、年の差ならではのすれ違いがしっかり描かれてます。

カラダの関係では、半田は過去のこだわりから後ろは苦手だと嘘をついて神倉を拒んでしまう。大人だからって何でもできるわけじゃない、むしろ大人だからこそ素直になれないこともある(相手が年下ならなおさら)、そんな大人ジレンマにものすごく共感できます!
そして年下の神倉が半田をしっかり支え、半田も素直になっていく、二人の年の差と心の距離をしっかり縮めていく演出もにくい!
キャラの真面目さや相手にたいする優しさ、心の中に暖かいものがジンワリ沁み込んでくるようなストーリーは町屋先生ならでは!
それでいて、エロい部分はとことんエロい、そのギャップもたまりません!
個人的に好きな口でコンドームをつけてあげるシーンがあったのが嬉しい♪

今作の絵は線が多め・太めな印象。電子書籍だとそこまで気にならないかもしれませんが、紙だと鉛筆スケッチ風の味があります。
これが好きか嫌いかは個人の好みによると思いますが、私は以前のシャープでスッキリした線のほうが好きかな。

カバー下のあとがきに「マンガを描いてエンドマークをつけられる幸せをかみしめております」と書かれていました。連載打切りを経て、恋愛の基本に立ち返ったり、いまの流れを吸収したり、町屋先生は過渡期にあるのかもしれません。
心を暖かくしてくれるストーリーと、エロギャップ、町屋先生の良さはそのままに、新しく生み出される作品をこれからも楽しみにしています。

3

『絵柄に似合わないエロさ』堪能させて頂きました!

初読みの作家さん。
こちらの作家紹介にある通り、『絵柄に似合わないエロさ』でした。そして、絵柄通りの切なくて丁寧なストーリー。続き物以外では、久しぶりに読んで良かったな~という作品に出会いました。

弱っているところを親切にしてくれた花屋の男が実はゲイで、いきなり口説かれて戸惑う高校生の翔ですが、余裕のある大人の男だと思っていた花屋の弱いところや無理して頑張ってるとこなんかを見せられ、自然と心惹かれていきます。
ノンケの高校生男子が男に恋に堕ちるには少しストーリーが物足りないかなと思いましたが、最初からゲイを前面に出して口説いていた年上の受けが好意を向けられた途端に怖気づくところは、受けの人柄からするとリアルな反応な気がして、共感できました。受けが最後までするのを躊躇っていたのも、臆病というより年長者の優しさからきてるのだと思います。
そして、思いが通じあった後の、それまでのもだもだを一掃するようなセクは爽快としか言いようがない(笑)。高校生男子の余裕のなさを楽しませて頂きました。

親の失業で路頭に迷ったり付き合っていた男に結婚するからとフラれたり、結構シリアスな展開をはらんでるのに、ラブとコメディ要素のバランスが絶妙で、読み終えた後に毎回また最初から読み返したくなる作品でした。

3

町屋さんの長編

男子高校生と花屋さんのお話です。
DKがどん底な時に助けてくれた花屋さん。精神ボロボロな状況で優しくされ、DKは感激でウルウルでしたが、実は花屋さんには下心があり…という展開。

カップリングは高校生×花屋さんです。年齢はそれぞれ18歳と28歳ですが、花屋の受けが軽い青年タイプなので、年齢差ほどには年の差感はありません。高校生攻めも最初はちょっと幼かったけど、大学生になると一気に男くさいイケメンになり、最終的にはバランスの良いカップルだったと思います。
攻めは、自分では自分の子供っぽさや青さを歯がゆく思っていますが、実際はかなりしっかりしているタイプ。逆に大人なはずの受けの方が子供っぽいというか、意地っ張りな面がありました。でもどちらも本当はいっぱいいっぱいで、受け攻め双方テンパったり泣くシーンが多く、キュンキュンしました。

エロはページ数の割には濃厚でした。温泉旅館に泊まる描き下ろしでもがっつり。描き下ろしエロくて堪能しました。
気になったのは、ゲイ受けがノンケ高校生を道から踏み外させることに怖じ気づくこと。それが最初のぶっ飛んだ出会いとギャップがあり、違和感がありました。

4

きゅんとします


ボジティブ高校生✕おちゃらけ花屋さんのラブコメ
なんというか、話自体は全然斬新な展開とかではないのですが、
丁寧に感情の変化が描かれていてよんでてほんとにきゅんとします。

攻めは前向きで平凡な高校生なんですが、その平凡さがよくて、
高校生の幼さ、少しずつ成長していく男らしさが感じられるし、
相手が普段おちゃらけてるけど、地は男前で大人な花屋さんなので、
高校生の勢いと純真さと大人の落ち着きとか保守的な面が引き立て合っていて絶妙です。
お互いが戸惑いあう姿、
最初飄々としてる受けのお花屋さんのギャップに可愛さに萌え転がります。
年下攻めに多いへたれ攻めではないところが、
攻めのかっこよさに共感できて良かったです。

丸々一冊表題カップリング、出会い~その後まで描かれているので、
切なさも甘さも楽しめて満足感あります。
絵柄は少し好みが分かれるかな、と思いますが、
話が進むにつれてどんどんきれいになって、
表情がとても引き込まれるのでおすすめです!
読後とても幸せな気分になります。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ