……伊瀬君、今日は優しいね……

理系の恋文教室

rikei no koibumi kyoushitsu

理系の恋文教室
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神20
  • 萌×224
  • 萌10
  • 中立2
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
19
得点
228
評価数
62
平均
3.8 / 5
神率
32.3%
著者
海野幸 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
草間さかえ 
媒体
小説
出版社
二見書房
レーベル
シャレード文庫
発売日
価格
¥657(税抜)  
ISBN
9784576111551

あらすじ

大学開校以来の秀才にして、学校一イケメンの伊瀬君。
そんな彼がまさかの恋文を書いていることを知ってしまった春井教授は…。
毒舌ドSツン弟子×天然ドジッ子教授の超年の差ラブ!

容姿端麗・成績優秀。学内のあらゆる研究室から引く手あまたの伊瀬君が、なんの間違いか我が春井研究室、別名・
落ちこぼれの避難所にやってきた。おかげで雑用にもたつく私は伊瀬君に叱り飛ばされ、怯える日々を過ごしている。
しかしある日、彼が恋文を書いているのを偶然知ってしまった私は、その奇抜な文章につい突っ込みを入れてしまったのだ。
怖いはずの伊瀬君の初めて見た真剣な顔…。
「教えてください、春井先生」そう言われた私は、うっかり頷いてしまい――。

(出版社より)

表題作理系の恋文教室

入学時から優秀過ぎる才を見せ容姿も際立つ学生・伊瀬
理工学部経営工学科のさえないオヤジ教授48・春井

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数19

枯れたオッサン受け、ほのぼの描写(と、キャラ)がいとおしい

この作品、最初、避けてたんです。
私自身がおばさんなもので、中高年をずいぶん老けてるように描写されてるらしいということで、読んだらイヤな気分になるかも~と。
結果、大丈夫でした。イイトシをした皆さん、安心してください(数はすくないだろうが…)。
こんな枯れきって老けた48歳がいるわけないだろーと思えるので、かえって48歳って設定って記号かな、とか。そのくらいに割り切って思えました。(だって「モダン」ってことば、中年のボキャブラリーじゃないもの。70歳過ぎたウチの母がようやく使うかな、くらいだもの。「女学生」なんて、実際に使用されてる場面を見たこともないよ)。
草間さんの挿絵も髪が白抜きなのが、総白髪に見えてくる~。四十路どころかギリギリ定年間近か、もっと行ってる印象です(私学は定年、あるのかないのか、しりませんが)。(どっちみち、作者の意図はわからないですが…。)
さて。凄く頭がよくって、けどイチイチ辛辣な言葉を吐く、眼鏡の大学生、伊勢(攻め)は、枯れすぎで内気すぎなオドオドしたおっさんの教授、春井(48歳、受け)を一途に恋していて。でも伊勢の態度はキツくって。春井は伊勢の恋心に気づくはずもなく、すっかりビクビクしちゃってる、という関係です。
ある日、春井がふと除いた、伊勢のパソコン。そこに打たれていた恋文『(前略)好きです、させてください』をあんまりだ、とつい春井は伊勢にゆっちゃって、添削をはじめることから二人の仲が進展…ってあんま進展しないんですが…。とにかく意識しはじめる---。
 春井が伊勢はほかの女性が好きなんじゃないかと誤解するなんていう筋はありがちなのだけど…積み重ねられる細かいエピソードが「どこかで読んだ感」がしない。これは貴重とおもいました。よく考えられていると思うし、よく調べてあるとも思いました。
 こと、海の白波をうさぎに例えるシーンは目に浮かびました。オッサン、かわいい…。
そして、ファーストコンタクトで伊勢が春井に惚れた場面、ここだけ伊勢の視点になってるのですが、説得力あり、いきなり別視点なのになぜか違和感がなかったです。情感が溢れて…。うまく表現できませんが、素敵に思いました。
構成も、すごく早くに伏線があったり。…そういう工夫が説得力につながるのかな、と。素人ながらあとで気がつき、すごいなーと思いました。
「萌え」に関しては。わたしは年下攻めが好きだけど、正直、しなびた肉体が絡んでる情景を想像したいわけではなく。欲しいのは純愛…なのかなあ?その辺をみたしてくれたっていうか。甘甘ではないんだけど。…もう少し甘くなっても良かったかな…。
 オッサン春井のオドオドっぷり、イラっとする人もいるかもですが、わたしは好き。可笑しみを感じて笑いを誘われたので。
ほのぼのした笑いと繊細なエピソード、印象がブレないキャラクター、わたしの好みです。好みですから、凄く分かれるところだとは思います。

6

ネタバレしないようにレビューしてみました

オッサン受もしくは超しっかり者の年下攻が好きなら間違いなく読んで損はないと思います。

春井先生は枯れたような青くさいような48歳なのか18歳なのかよくわからなくなるようなフニャフニャな小動物で、オッサン受けでも40後半は…とたじろぐ読者でもすんなり入れる間口の広い可愛さ。
対して伊瀬君は卒業直前までエロい!辛辣で、ストイックなのかピュアなのか両方なのかわからない言動が萌心に猛烈に刺さる!

確証のないままただ相手に触れるだけの場面が密やかにエロス溢れて濡れ場よりエロく、これもう告白し合ってエンドでもいいかなーと思えば一転、事件が起こって憔悴しきった先生を幸せにできるのは伊瀬君の腕の中だけ…!早くくっついて!(そしてベッドインして!)と思わされてしまう。

年の差、年上受けのエッセンスが余すことなく盛り込まれ、ひやひやし、ちょっと笑い、ほのぼのし、悪人がいない作品。

オッサン受好きでも48は…とお思いの方に全力でお勧めしたい一冊。

5

カワイイ50目前教授が大学生にオチる話

大学生×教授であっても、30代の見目麗しい教授じゃありません!物語のスタート時点では大学3年生×48歳さえない教授です。オヤジ否定派をすっぱり排除する思い切った設定に、冒頭部分ですでに拍手喝采でした。

丸ごと1冊表題作です。春井の目線で進みます。
春井(受け)教授は、優秀な大学生・伊瀬(攻め)に何かと叱られてばかり。そんなある日、伊瀬のパソコンに「好きです」の文字があり…。

理系男子の数学用語ラブレターに笑いました。バラの花という意外な情緒の後に呪いの手紙とか、緩急が面白かったです。春井が徐々に惹かれていく過程が自然で受け入れやすかったです。

さえないオヤジが格好良く変身することもなく、自覚はなかったけど周囲から見たら色っぽいというわけでもない。そのままのオヤジに一目惚れして6年がかりで人生設計を立てた伊勢は賞賛に値する男です!その惹かれたツボは理系男子じゃないと分からないかもしれませんけど(笑)

「四十を過ぎた」という風な描写が多々登場するのですが、実際は「五十近い」だろ、と心中でつっこみを入れて読んでいました。年齢で引いてしまうオトメを考慮なんでしょうか。春井の性格からしては年齢に抵抗しなさそうですし。そこがちょっと思い切り悪い気がして残念でした。

メガネ萌えでなくても萌えさせられてしまう、メガネ伝道師の草間さかえさんのメガネ×メガネのイラストも良いです。表紙、地味なオヤジだからバラでも飛ばしたのかと思えば、ちゃんと理由があったのにぐっと来ました!表紙めくってすぐのカラー挿し絵、男前ぶりに感嘆です。竹中先生のイラストも見たかったです!

さえない外見、でも中身はとろくて可愛いオヤジが、優秀で男前な大学生に落とされてしまう話です。コミカルで楽しい作品です。メガネが作品の小道具としてしっかりと使われていますので、メガネ萌えの方は必読です!私は、今まで読んだこの作者様の作品では一番好きな本です。

3

実はおっさん受って好みじゃないのだが…

大学の研究室、年齢差、恋文、美しく頭脳明晰な学生、薔薇の花

これだけの素材が集まっているから、読む前は純文学的なやつを想像していましたww
冴えないおっさんが受なのは知っていましたが、思わず何度もツッコミを入れちまいましたよ。ストーリーに対してではなく春井にね。
「おっさん、とりあえず落ち着け」とか
「おっさん、失恋で泣き崩れるって・・・乙女か!」とか
「おっさん、急に走ったら心臓止まるで!」とか。
でも、そんな春井が可愛らしく思えてしまうんですよ。

対する伊瀬は、容姿端麗で冷静沈着、おまけにさりげない優しさをみせるイケメンっぷり。ただ、やっぱりちょっとズレてる。冴えないおっさんに憧れるまではともかく、ガッツリ欲情するとは…。
両親や周りへのカミングアウト、相手がそう遠くない未来に先に老いてしまうということ、同性だから子供も作れず自分が介護するしかないということ、同じお墓に入れるかどうかもわからないこと。
頭の良い伊瀬が、これから先のことを考えられないわけじゃなかっただろうに、それでも春井じゃなきゃだめだったんだろうなぁ。一途ですね〜。
伊瀬が書き上げた恋文に泣いてしまいました。
1日でも長く彼らの幸せが続くよう願ってやみません。

3

「・・・僕は貴方に、さわりたい」

多少 情緒面がずれているものの、言葉というものを感覚的に捉える力は優れている伊瀬君(もちろん頭脳も容姿も抜群)。
そんな彼が書いた奇抜な恋文がきっかけで物語はすすんで行きます。

伊瀬君が側にいると、春井先生は うっかり見とれていたり、うろたえて口をパクパクさせるだけだったり。
彼に論文を褒められれば、これは本物の伊瀬君ではなく妖怪なんじゃないの?と疑ったり、とにかく大変なのです。

神社で雨宿りをする事になった二人(先生が合宿先の裏山で遭難したせい)。
レビューを読み、恋文の相手が春井先生と知っていた私は、二人のやり取り(特に伊瀬君の言葉)が可愛らしくも、とても切なく涙が止まりませんでした。

成績優秀すぎる彼は 他の研究室からの誘いも多く、その方が伊瀬君の思う通りの研究ができるのでは との思いから、春井先生は 一番知名度もあり 研究内容も充実している所へ行った方が いいかもしれない…と、彼に告げてしまいます。そのシーンでの
「・・そんなに僕を、この研究室から出したいですか」
「――この場所で、僕は必要とされてないんですね」
「なんにせよ、貴方は僕を引き止めない」
淡々と言葉を継ぐ伊瀬君。
なかなか通じ合わない二人の心がもどかしい。

足繁く春井先生の研究室を訪れていた伊瀬君が顔を出さなくなり、彼に荷物を半分持ってもらいながら、叱責に似た助言を与えられながら何度 彼と研究室に至る長い廊下を一緒に歩いたかわからないと、思い返してみる先生。

物語は春井先生視点で語られていくので、どうしようもないくらい伊瀬君に惹かれているのに、だからこそ彼にだけは こんな報われない想いを抱えていることを知られたくない、伊瀬君に何もしてあげないことが、唯一自分にできることなのかもしれないと、先生が少しずつ彼と距離を置く様に、胸を締めつけられっぱなしでした。

二人が どういう結末を迎えるかは、是非 本編を読んで確かめて欲しいです。
先生の年齢が四十代と言う事を、実は知らずに読み始めたのですが、それを気にする間も与えない海野さんの文章は、やはり凄いなぁ 好きだなぁ。

評価は、萌×2にしようか迷いましたが、伊瀬君の心意気(本編ラストに語られる)に感動したのと、草間さんの描くメガネ男子の口絵が好き過ぎるので、神評価です!!

2

48歳非常に枯れたオヤジ受けv

この本は主人公の48歳・春日先生の一人称で進んで行きます。
48歳って、見回すと本当は働き盛りのバリバリ、そこそこ地位も得て、いいお姉ちゃんがいたら浮気のひとつやふたつくらいしちゃいそうな年齢。
実際結構モテる年齢だったりするんですが(じわりとにじみ寄る加齢臭に怯えつつw)
この春日先生、まるで58歳のように枯れてます~(涙)
一応教授なのに、話ベタで言いたい事が言えなくて、つい自分の都合より人の都合を優先してしまって、強く出ることができなくてあきらめてしまう。
イラストの草間絵が本当に、実にまとえたイラストで、実にさえない先生を的確に表現してます!
枯れ果てオヤジといえば「NOW HERE」の仁賀奈さん!なんですが、彼みたいにこだわりがない分、先生は素直でかわいいがダイレクトに出ています。
読んでいくうちに、一人称だけあってだんだんとこの春日先生が愛しくて、かわいくて、入れ込んでいってしまう自分が!?
ラスト近辺あたりは、もう胸がつまって、胸がつまって、おもわずウルウルって、、、(最近主人公同化が激しいw)
相手が若者だからラストエッチまでいってしまいましたが、キスとか疑似行為くらいでもよかったけど、そこがちょっとこだわってしまったが、気持ちの流れとしては、とっても良かったんです。
春日先生は、自分の好きなおやじ受けに仲間入りさせます♪♪♪

春日先生の研究室は別名「落ちこぼれの避難所」と言われるほど人気がない。
先生も、他の先生方にないがしろにされているような・・・
そのゼミに、学内一優秀な伊瀬という学生が入ってくる。
彼は、その研究にとても興味があるとか、先生を敬うとか、全然そんなそぶりがなく、むしろ先生にあきれ果てているような態度を取っている。
そんな彼がラブレターを書いているのを見てしまい、そのあまりにも即物的で味もそっけもない文章を指摘すると、それなら指導してくださいと言われて、一緒に文章を考えるのだが・・・
このラブレターはきっかけで、話の中のごく一部だ。
だけど、とても重要な役割を持っている(何と言っても題名だしねv)
3年の伊瀬が卒業するまでの2年の出来事によって先生の気持ちが変化していく様が綴られます。

この伊瀬が完全に理系能で、そのラブレター文章に笑ってしまいます!
好き→やりたい!
即物すぎて、もう少しソフトにというと、やりたいと思うから恋愛じゃないんですか?とか、、情緒が欠乏している(爆)
その伊瀬に足りない情緒部分を持っているのが先生で、それによって伊瀬は先生に惹かれているのですね。
先生は、伊瀬がツンツンしているから全然わからない。
でも、要所要所で彼が現れては先生を駄目ですね~と言っては何かと助けてくれるから段々と気になって行くんです。
伊瀬の好きな人の話を聞いて、一喜一憂して落ち込む先生がとってもかわいいのです。
その他にも色々なエピソードの度に、ああー!もう、先生ってば!!
本来、自分の相手と考えれば物足りない男性なんだけど、お話の上では大変にそれが魅力的なんです。
そんな情けない先生が好きな伊瀬は、フケ専というか、モノ好きなのは間違いないのですが、結構執着愛で一途なところがあると思います。
春日目線なんで、伊瀬の気持ちは全く綴られませんが、彼がどう思っているか、それは彼の行動で全部わかります!

もうちょっと、その後の二人を見てみたいなーと思わせるエンドでしたので、続編を希望したいと思います。
若い恋人ができて、春日先生もちょっと色気づいて若返るといいな、、なんて想像しつつ。。。
おやじ好き、絶対萌えます!そしてキュンもします!

5

オヤジ受け素敵!!

海野幸さんは、コメディタッチがお上手ですね!
でも、ぐっと切なくさせてくれるところも
緩急ついていて魅せられます!
(「この佳き日に」でもそう思いました)

オヤジ受けが大好きな私ですが、
正直こんなにおどおどしたオヤジ受けって
どうなんですか!?と最初思いましたが。

なんと言っても伊瀬くんが圧迫感あるんですもん!
妙な迫力というか…。
それを見事なイラストでがっつり飾ってくれている草間さん!
さすがとしか言いようがない!!
春井先生の怯えている様子も、
伊瀬くんの怒りを抑えたような表情も、
これ以上はないなと思えるくらいでした。
口絵の伊瀬くんの色っぽいことったら!

お話も、春井先生の勘違いで
「それでどうなる!?」と心配になりつつも、
ちゃんとハッピーエンドで良かったです!

伊瀬くんが春井先生に手渡しした恋文、
切なくて泣きそうになりました!
あんな無愛想で笑った事がないような伊瀬くんが…!

伊瀬くんのアパートで、彼が心情を吐露していくシーンは
何度も読み返したくなります。
そしてまた最初から読み直したくなってしまう…。
「この時、実はこうだったのね!」と。

で、伊瀬くんがオヤジ相手に欲情していく様が
これまた萌える!
心拍数は上がっているのに見た目ではわからないなんて
どれだけポーカーフェイス!?
でも、そんな彼のじりじりするアプローチが
口説きなれているようなタイプなんかより
よっぽど揺さぶられる…。
ここは読みどころかとw
長年の想いが成就したんだもんね、おめでとう、伊瀬くん!!



春井先生の、人としての温かさが
伊瀬くんの人生を変えた、じんわりする作品でした。

でも、万人ウケはしないかもしれません。
春井先生があまりにも気弱すぎてイラッとくるかもw
私は好きでしたよ!

二人の今後に幸あれ!!

3

恋を綴りたくなる。そんなお話

海野さんの小説に草間さんのイラストということで、発売前から楽しみにしていたのですが、発売して手に取った時は「受けさまが48歳…!」と驚き、少しながらも戸惑ってしました。


ですが、開いてみればビックリ。

全然違和感などなくて、でも、そこにはリアルな48歳の中年おじさまが描かれていて、自分の新たな新境地を開拓したような気分になりました。


このお話は、気弱で決断力に欠ける48歳独身のおじさまの研究所、通称落ちこぼれの避難所になぜかやってきた優秀なイケメン君のお話です。

はじめは毒々しい伊瀬くんの毒舌に毎回びくびくする春井先生でしたが、その棘々した物言いの裏にある伊瀬くんの優しさに気づいて意識し始めます。

クールでツンデレな伊瀬くんの毒舌と可愛らしい一面や、どこか官能的な動作も見ものでしたが、春井先生の中学生のようなうろたえ方や、こころのなかの葛藤などもとても可愛らしく読んでいるこっちがなぜかほほえましい気持ちになりました。


イラストの草間さんの絵も、それをより一層引き立てていて、表紙はもちろん、中のカラー絵や、挿絵、すべてにおいて素敵だなあと思いました。

いつも草間さんの絵には目はもちろん、心を奪われてしまいます!


きっと初めてこの本を手に取った方は「えっ48歳が受けなの!?」と驚かれると思いますが、確かに年相応のおじ様が受けなのですが、それが妙にしっくりきますので、心配は杞憂に終わると思います。

臆せずぜひ可愛らしいおじ様とクールでツンデレなイケメン君を堪能してくださいw

2

どきどきした~

全編にわたって、
激しく高ぶることがなく落ち着いた感じに進んでいくのかなって思って読み始めました。
先生のおとぼけっというか(天然なんだけど)
いくらなんでもさ~っと唸るくらいのキョドっぷり怯えっぷりがすごい。
自虐ぎみなくらい控えめで、
踏み越えないし、わきまえてるし、一応見栄もあるし、、
でも、だけど、と気になってしまう、そのとき。
恋していると気づいたときのドキドキ感は、すごかった。

それまでが、静かに心の内でイジイジしていた先生の感情が溢れようとするんだけど
それでもやっぱり先生は先生で、気持ちをまとめられなくって。
そんな先生をまんま受け止める伊瀬くんは「神か?」って思っちゃう。

伊瀬くんもかなり情緒面では不器用さを発揮してますが
それはそれで素直さの現れでもあって、面白かったです。

2

穏やかな年の差CP

オヤジ受に誘われて読んでみました!

冴えない春井先生の研究室にはなぜかイケメンで優秀な伊瀬くんがいる。
ある日先生は伊瀬くんのPCをのぞき見してしまった。画面に表示されていたのは恋文だ。
それを読んだのがバレて、その恋文の添削をお願いされてしまう…

春井先生はとても不器用な人。本当は才能があるのになかなかそれを発揮できずどこか自分でもあきらめ気味で、日々流されてる。
そんな先生の本当の良さをわかってる伊瀬は、春井先生をほっておけない。
だから言葉きつめに接してしまうが、それは先生を想ってのこと。
でも春井先生は伊瀬くんは自分のことを頼りないと、先生とは思ってくれてないからあまり「先生」呼んでくれないのだと思い込んでいる。

伊瀬くんのやさしさと想いが見えるのでとってももどかしいのですが、同年代としては先生の気持ちとか態度とか鈍感なところとか理解できなくもないです。
若干枯れすぎではありますが、冴えない中年が独身であればそんなものかもしれないと思うのです。

ゆるやかに本当にゆるやかに鈍感な先生も伊瀬くんの気持ちを考えたり、自分の気持ちに気づいていくのが読んでいて心地よかったです。

伊瀬くんの最後の「恋文」にはやられました。
こんな恋文もらいたい!
先生にもちろん伊瀬くんの気持ちは伝わります。

ふたりの気持ちがひとつになって、先に進もうとするとき、「やらせてください」で始まる恋文を書いたくせに無理強いをしない伊瀬くんはかわいく、それを今度は先生が促すような関係に微笑んでしまいます。

優柔不断な性格の先生は伊瀬くんに決めてと最後の決断をさせてしまいますが、こうなった責任は自分が取るからと力強く決意して、そして伊瀬くんに「手紙を書こう」と思うところが素敵です。

たぶんこれからたくさんの困難が待ち受けるだろう年の差CP 。
でも、きっと幸せになるでしょう♪

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ