星の数ほど

hoshinokazu hodo

星の数ほど
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神14
  • 萌×212
  • 萌13
  • 中立5
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
10
得点
162
評価数
47
平均
3.6 / 5
神率
29.8%
著者
松本ミーコハウス 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックス ルチルコレクション
発売日
ISBN
9784344824027

あらすじ

荻窪の入ったサークル・「星を見る会」には個性的な先輩ばかりが揃っていた。中でも上野先輩と渋谷先輩は付き合ってるみたいで…。
(出版社より)

表題作星の数ほど

サークルの後輩・渋谷/ 他
サークルの先輩・上野/ 他

その他の収録作品

  • 重力
  • あとがき

レビュー投稿数10

愛されたいと願うのは浅ましいことなのか

まるまる一冊ホモサークルのお話でまとまっています。

渋谷×上野を軸に全部で3カプのお話が絡み合っていて、オムニバス形式とでもいうのでしょうか。
どのカップルのお話も私は好きでした。

導入で昴先輩の絵を描く上野。からかわれて渋谷に泣きつくところから、すでに二人の関係がわかるようになっています。甘える上野と甘やかす渋谷。この時もう上野は渋谷に負けていること、一癖あることを匂わせてあります。そして、くしゃくしゃになった昴先輩の絵をもらう秋葉。場の空気と上野の扱いを誰よりもわかっている中野。

短いページ数で、自然な流れできれいに導入されていて、ここだけで唸ってしまいました。

受けの子がみんな無欲というか手放しの段階を踏んでいるのが面白いです。
最初に出てくる秋葉は、自分が全部食べられてしまってもいいと思っています。(肉体の手放し)
次の町田は、「目立たないように」という約束を守っているうちに、自己を見失ってしまっています。(精神の手放し)
最後の上野は、生きることさえ手放そうとしています。だから、生きる資格がないのに生きているだけでもいたたまれないのに、さらに愛まで欲しがるなんて自分には望んではいけない、浅ましいとまで思っています。(存在の手放し)ちょっとその辺、「愛を乞う人」を思い出してしまいました。

断舎利とか、手放しとか、一時期流行りました。確かに必要以上のものは手放した方がいいかもしれませんが、なぜ手放した方がいいかというと、それは「どうしても手放し切れないものは何か」=「自分が本当に大切にしているものは何か」をはっきりさせるため。誰にでも、絶対に譲れない部分はある。それがなかったら、生きている意味なんてなくなってしまう。
中野は上野の生きている意味になりたかった。

描き下ろしの「重力」というタイトルは、渋谷が上野の自分でも否定していた本当の気持ちの存在を信じてくれたことで、やっと本来の上野になることができて、地に足がついたことから、なのかなぁと思いました。それまでは、肉体や現実と結びついてなくて、精神性だけでふわふわ漂っている存在さえあやうい妖精のような子だったのが、ちゃんと肉体を持った人間になったのかな?と。

甘さもノリも重さもシリアスもうまい具合にミックスされて、好みに合わせて好きなように読める本だと思います。そういう意味でもオムニバスなのかも?

重いテーマをがっつりと、でもきれいに読ませてくれました。
深いと思います。

4

複雑怪奇な恋模様

浅いようでいて、深かった…。
ちょっと、常人では思いつかないようなストーリーとストーリー展開でしたね。
松本ミーコハウス先生、すばらしいです!

大学生サークルの3組のCPのお話です。
メインは、芸術家の先輩後輩CPである・渋谷×上野。
上野はその生い立ちから、死にたがりで生きたがり・愛されたがりという複雑な気持ちを抱えた人間。
相手の気持ちにキチンと向き合えず、応えることができない。
でも、本当は愛することを諦めないで欲しいと思っていて…という複雑な人。
愛する代わりに生きて…という条件に、愛されたいから生きる…とやっと応えることが出来たのは、諦めずに想いを伝えてくる渋谷がいたから。
とにかく、とても深いんです。

他の2CPは、可愛くてほっこりします。
サークル内で唯一まともな?荻窪は、全く恋愛には関わりませんが、間接的にいい働きをしています。
もちろん、本人は気がついていませんが(笑)

0

たくさん、たくさん愛してる

とある大学の「星を見る会」というゆる~いサークルを舞台に、特にトラウマを抱えて愛をうまく表現できない上野と、彼を執着と大きなワンコ愛で包む渋谷を中心に据えて、そのメンバーの模様を描く青春ストーリー。
サークルのメンバーは新入生と、卒業生を入れれば7人で3組のカップルで、それぞれの話が上手く交差しながらそれぞれの形を描きだして思わずキュンとさせてくれました☆☆☆
ひとりだけ、カプに含まれない元野球部の新入生・荻窪は、ひょっとしたら読者の役割をしているのかな?なんて思えます。
そして面白いのは先輩の名前意外は皆の名前!?
思わず擬人化なのか?なんて思いましたが違いました(大汗、、)
けっこう厚みのある本になりましたが、お話が面白くてあっという間の素敵なお話でしたヨ♪

渋谷×上野
彼等は大学のデザイン学科?芸術科?なんでしょうかね?
最初の登場の印象だと上野はとても我儘で女王様な雰囲気でちょっとエキセントリックな雰囲気がします。
新入生勧誘で渋谷が連れてきた荻窪が上野の絵の感想を素直に述べると、自分の何を知ってるんだ!って急に怒りだします。
それをなだめるのは渋谷で、平気で皆の前でキスをしてそのまま二人の世界に~
部員は二人の関係を知っていて、先に行くからって荻窪の歓迎会に出かけるのですが、遅れてきた上野はすっかりご機嫌が治っていて、荻窪は二人の関係がわかっているのかいないのか?
そんな天然でまっすぐな風が受けれられるのです。
この導入部分だけを見ると、ワンコ×女王様風味のカプなのかとおもうのですが、実際は本当の恋人ではないんです。
それが、その後の展開、特に中野の話によって明らかにされていきます。
父親が亡くなったのは自分のせいだと、そのことで母親もなくなってしまい、自分の存在はいらないものではないかと、常々死にたいと願っていた上野。
中野は上野の従兄弟で、母親を亡くした上野は中野の家に引き取られ一緒に生活していたのです。
死にたがる上野を生かす為にとった中野の行為は上野の足かせになり、そして学校の先生のさらなる上塗りの刷り込みで、上野は自分を汚すことで死ぬ事の代替行為にしてしまうという悪癖(?)を持った人になってしまっていたのです。
そんな彼を、何の見返りも求めずに一途に好きだといい上野の心を乱す存在が渋谷だという、
あまり好きな言葉ではないけど、無償の愛という言葉が思わず浮かぶ程に渋谷は健気ではあるけど、とても懐が深くて彼を理解して、代償がなくても受け止めるという、とってもとってもデッカイ人なところが魅力的でした。

昴先輩×秋葉
広い部屋なのにほとんどそこへ帰ってこないからもったいないと、先輩の昴と同居することになった秋葉。
実は昴は匂い?フェチで秋葉の体中を舐めるのが好き。
最初は酔った勢いでそれを許してしまったのですが、次第に先輩が好きになってしまって臆病になる秋葉。
先輩の元から離れようとするのですが・・・
この先輩のビフォーアフターの外見がちょっと愉快♪
そして、ひょっとすると甘えん坊で寂しがりなのかも?
秋葉も先輩もかわいいカプでした。

町田×中野(?)
実はこちらはまだカプとしてはできあがっていません。
政治家の妾腹の息子として、その存在を潜めて生きろと言われた町田が急に父親の秘書からもう自由にしていいと言われた時、自我がないこと気が付く。
そんな無欲な町田を見て、中野が好きなもの、好きな人、やりたいこと、自分の好きなように生きて幸せになれ!って、そして町田の父親の自分勝手に怒るのです。
好きなものを見つけようとする町田が見つけた好きなモノは・・・中野!?
中野はお母さんみたいでしたが、町田は一見ほわ~んとしたヘタレちゃんですが、きっと彼は中野を襲っちゃう日が来るに違いないとwww

最後に荻窪の存在理由・・・彼はそうした一見ゆるい部内のともすればゆるすぎてバラけてしまいそうな部をまとめるためのゆるい結束バンド的・衝撃吸収材的存在なんじゃないかな?って思えました。(要はいじられ役!?)
すると中野が!
そして前述したように、読者代表なのかな?なんてチラっとも思えたんですよ。

描き下ろしの『重力』で、愛される事、愛することに慣れてない上野が恥ずかしがって顔をずっと真っ赤にしてるシーンがてんこ盛りになっています。
ラブラブアマアマで幸せが溢れていました♪

3

じんわりくる…

じんわり痛くて
じんわり楽しくて
じんわり癒されて
じんわり幸せになる… 気がする。

イロイロ行き詰まってるサークルに起爆剤として投入された荻窪くん。恋愛には直接絡まないからこそ、それぞれが第一歩を踏み出すきっかけになってくれたのかな?

主カプの渋谷×上野は… これは痛いというより、トラウマでがんじがらめになってる上野先輩は痛々しい感じ。猪突猛進、ワンコの渋谷もどこか現実離れしている感じで、はやく先輩が愛を受け入れて癒されるといいな、と思いながら読み進めました。

その二人を取り巻く感じで、昴先輩×秋葉のすれ違い愛、町田×仲野のラブ未満 があります。

どの話もじんわりと心にしみるお話です。

昴先輩×秋葉はヘソ姦が!!…もっと見たかった( i _ i )
町田×仲野はラブ未満なんですが… いつまでも見ていたいなと想わせる甘々カプになりそうな予感です。 町田が写真をとるシーンがキレイで、キラキラしてて好きです! 密かに好きなものアルバムとか作っていて欲しい。そこには、みんなの甘々っぷりが収められているといいなぁなんて…。。

とってもオススメ! ぜひご一読を!!

1

情緒不安定な受け

情緒不安定な受けだけど、渋谷に八つ当たりしたり、すぐ泣きついたり、それを怒らず見守って宥めるためにキスをする。
萌えました。渋谷の寛大さにも。
上野先輩が可愛いわ。

上野の過去……けっこうズッシリ重い。

表情で語り合ってる感じがすごく良いです。

上野先輩初めての初恋みたいな、それよりの初さでした。
ツンデレっぽくて可愛いです。

表紙の上野先輩から死にたがりのビッチとは想像出来ないよ。

松本ミーコハウス先生の作品良いのばかりだ。

0

読む回数を重ねるごとに深まるお話し。

大学のあるサークルを舞台に、
メイン渋谷×上野を中心にした全3CPの
恋愛を描いたお話し。

私、正直、コレ一回目読んだ時は
読中感が複雑で萌えきれず。
難しく考えちゃって考えまとめきれず
レビューも出来ず。
最終的にはハッピーエンドだし、
キャラ名擬人化かよ!?な感じで
一見コメディっぽくも(入りだけ)見えるのに、
比較的シリアス要素が強くて、
一度読んだだけでは、上野の気持ちが
痛々しすぎて理解しづらかったから。
勿論頭では分かるのだけれど、
上野のモノローグが極端に少ないのだ。

でも理解したくて二回、三回読んで
やっと上野視点が分かるようになってきた。
上野のモノローグを極端に少なくして
周囲が多く内面や経緯を語るのは、
最後の最後で上野に
「生きたい」「愛されたい」っていう感情を
爆発させる為なんだろうな、と
読み重ねるごとに自然に理解できるまでに。
セックスが自傷行為から
愛に変わるのが解った。
だから描き下ろしの重力に繋がってく。

ハマる人は上野の痛みがスッとわかると思うので、
もっとガツンとくるんだろうと思う。
私はちょっと読解力足りなかったのだけど、
重ね読みして理解できたことで、
こういう表現もあるんだなぁと思えました。
読み深めるごとに味わい深くなる作品だと思う。

シリアス要素が多かったから、
一冊じっくりでもっと二人の気持ちを追うような
描き方で読みたかった気もします。
でも、恋愛の手前位の町田×中野もよかったし
(意外とシリアスだったりも)、
昴先輩×秋葉は文句なくかわいかった。


トラウマ系→乗り越えて愛になる
お話が好きな方にはよいかも。
渋谷×上野がメインでページ数も多いので。
ただ、そこに中野がかなりの
キーパーソンとして絡むから、
やっぱり「サークル」っていう舞台は
必要なんだろうなぁ。

見事に同性恋愛だらけだけど
っていうか共学だろココ、
とは思います(笑)。

1

サークル内の群像劇

大学のサークルと恋のお話ですね。

しかしこのサークルは男同士のカップルばっかりだな!

全員個性があって魅力的です。OBの昴先輩も。

昴、秋葉カップルも面白いですね。昴が変態で秋葉の身体中ペロペロするのに挿入はしない。
でも秋葉が我慢出来なくなって逃げたら必死で追いかける。続編では大学に近い部屋に引っ越して同居してますね。

中野と上野も切ないです。
後半はとくに上野の心の問題が中心ですね。
死にたがる上野。好きだから死んでほしくない中野。でも上野は好かれると嫌われるように仕向ける。中野に開発されて上野は誰とでも寝るようになって。

そんなとき上野が好きだと言って現れた渋谷。上野が何をしても好きなのは変わらない。寄り添って体の求めにも応じて、でも上野は渋谷を好きになって逃げたり。
上野の過去を考えると仕方ないのかなあと思いますが渋谷が救ってくれましたね。

町田の生い立ちも複雑です。酷いですね!目立たないように生きろって。子供に向かって勉強も運動も好きなものも主張するなって。
でも解禁になりそれでも町田は好きなものがわからない。食べるものすら選べない。不憫です。
それを中野が怒ってくれて町田の殻を割ってくれます。
雛が親鳥を慕うように町田は中野に好意を抱いて。

サークル内の群像劇のようですね。
みんなそれぞれに色々あって、色々あるもの同士くっついたり。
しかし全員男。

続きは、ひよこと愛と恋とカナズチへ。

0

心理描写がさすがです

ミーコハウス先生、自分には合わないかなとスルーしていたんですが、やはり気になり遅ればせながら出版順に読んでいます。

「恋のまんなか」がどストライクで。ストーリーはもちろん、漫画、心理描写がお上手すぎる!!とテンション上がりました。
「テレビくんの気持ち」「さわってもいいかな」もやはり漫画、心理描写が上手い!と思う連続で楽しんで読みました。
これは全作品好きになれる作家さんかも!(私の中では貴重)と期待したのですが、本作は残念ながら萌えどころがなかったです(悲)

それとこれまでの3作は、少ない言葉と絵で語る、伝わるところが大好きだったのですが、本作は先生にしては文字数多い?言葉で説明してくれている感じがして、少し残念な気がしました。

そらでも、さすが先生上手いな〜と思うところはいくつもありました。

上野「誰にも何も思われないで いなくなりたかったんだ」
わかる。だから誰も好きにならないし、好かれたくない。羞恥心も執着心もないから誰とでも寝る。と本人は思っている(本音の本音は別)

鹿嶋「ジレンマでヒステリーでみっともなくて」
うん。ヒステリーですね。しっくりきます。

上野「僕は浅ましいな…」
わかる。誰もが愛されたいと望むけれども、上野はそれが人一倍強い。
しかもそれまでは欲しがってばかりで、でも手に入らないからと相手の気持ちをないがしろにしていたほどだから。

「重力」というタイトルが上手いなぁと。
上野はそれまでは "誰にも何も思われないでいたかった" ので羞恥心がなかったと思われ。
それが、渋谷と両思いになってからはそうではなくなったので「何もかもが異様に恥ずかしい」となるのが自然でわかる〜となりました。

2人とも "重力がかかっているから恥ずかしい"(名言)
好きで、好かれたいと思う力ですな。
や、もっといろいろあると思うけども。

と、上野の心理描写はやっぱりさすがだわ、好きだわ〜となりました。

が、ラブの萌えとしてはそんなに感じられず…。
他の2cpもかわいかったんだけれども。
うん、いいわね、くらいで。すみません。

キャラ名がみんな東京の地名だったので、昴先輩の名字が気になったんですけど、出てこなかったですね。

あとがきは全作おもしろいです。さすが。
今回はマ神!!マ神とのやりとりに声出して笑いました。

0

う、うーん。

「美しい野菜」で初読みして、松本さんの著作を遡っております。
これは正直、私には合いませんでした。

何だかよく分からないサークルに、抜けた先輩の代わりの後輩がはいるところから始まるのですが、この子がはいる意味あったんだろうか。
何故かサークルメンバー全員で、上野という子の機嫌を取りまくり、この子はわがままにやりたい放題。
特に何でもない事を俺ルールで判断して激怒したり、意味が分かりません。
何で、この子の機嫌を取らなければならないんだろう。
一応理由があってそういう子になったのですが、だからといって納得出来る訳もなく、最後まで不快に終わりました。

そして卒業した先輩含めて、後輩くん以外全員カップルに。
う、うーん。

過去のトラウマに縛られた美人の先輩受って書くととてつもなく好みな筈なんですが、もう合わないとしか云いようがありません。
残念。

2

ホモサークル

かわいい絵です。
松本ミーコハウス先生の作品はどれも評価高いですね。
サークル内で 出来上がったカップル達の話。
う~ん。
私の琴線には空振りであった・・・・。
やっぱり 見た目なのかなあ。
ビッチの受けがどうしてもどうしても 女の子なんです。
もっと男子に描いてくれるとまだ読みやすくなるかもしれません。
切ない話も入っているので最後まで飽きさせません。
一人だけ カップルからあぶれている子がいるのですが
その子といっしょに本を読んでいる感じに仕上がっています。
話はよかったんで 中立。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う