とりかえばや2 (下) 殿下の女君として

torikaebaya

とりかえばや2 (下) 殿下の女君として
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
0
得点
5
評価数
1
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
媒体
小説
出版社
BL桃色図書館
シリーズ
発売日
価格
ISBN

あらすじ

母の屍を犯したうえで、犬に食わせていたことを知ったティオキアは、長年の雪辱を晴らすべく左宰相アビレッシアに刃をむけた。しかし、もみあううちにランプから移った火で、館は火の海になるのだった。ティオキアも炎に飲み込まれたかと思われたが、その半年後、バロス殿下の別邸に、記憶をなくした美しい女性がいた――。
忘れたい、忘れようとしていたはずの、濃厚なる同性愛の世界に再びさ迷いこんでゆく、麗しき貴公子の愛欲と運命を描く、山藍紫姫子の愛と官能の耽美ロマン! どうぞお楽しみください。

評価・レビューする

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ