ずっと、兄弟だと信じてたのに……!?

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作ブラザーコンプレックス

日比野俊和,25歳,小説家,長兄
日比野尚志,17歳,高校3年生,次男

その他の収録作品

  • あとがき

あらすじ

高校二年生の日比野尚志には自慢の兄と弟がいる。
人気小説家の八歳年上の兄・俊和に、
ぶっきらぼうだけど優しい一歳年下の弟・裕介だ。
ふたりともかっこよくて、女の子に人気がある。
一方、尚志はというと、どこからどこまでも普通だった。
友人からはブラコンだとからかわれることもあったけど、
裕介は大切な可愛い弟だし、兄の俊和にはなんでも話すことができた。
だから尚志も俊和のことならなんでも知っているつもりだった。
だけど、ある朝、尚志は俊和に男の恋人がいることを知って!?

(出版社より)

作品情報

作品名
ブラザーコンプレックス
著者
椎崎夕 
イラスト
穂波ゆきね 
媒体
小説
出版社
大洋図書
レーベル
SHYノベルス
シリーズ
ブラザーコンプレックス
発売日
ISBN
9784813012641
2.9

(20)

(3)

萌々

(3)

(6)

中立

(5)

趣味じゃない

(3)

レビュー数
6
得点
50
評価数
20
平均
2.9 / 5
神率
15%

レビュー投稿数6

温かい気持ちになりたい方におすすめ

超ストレートなタイトルです^^

兄弟物で、「兄に男の恋人がいることを知って」とかいう文句があることから、なんか相当ドロドロしたラブストーリーが繰り広げられるような予感がありましたが、いい意味であっさり、というか甘い感じでしたね。
受けの高校生が予想に反してかなり行動的なのと、脇役の弟がいい味出してたりとか、最初は全く感情を見せなかった兄が変貌する様子とか、受けがところどころ絶妙に天然なとことか。
伏線の張り方も、ミステリー並みの大それた感じではないですが、謎が解ける度にキュンキュンしたり萌えたり、っていう感じで、BLの伏線ってこんな感じが理想かな、となったり。
最初の受けのストーカーシーンとかにやにやしますw
割とほのぼのしているので、温かい気持ちになりたい方におすすめです。

4

筋金入りのブラコンの結末

タイトルが示すように、兄弟禁忌ものかと思ったら、実は血の繋がらない兄弟で、
大好きな兄が自分の兄になった経緯を知れば全ては受け様の望んだ結果なんていうお話。
ドロドロ感のない、ちょっと爽やかにも思える義兄弟もので、この手の設定が
苦手な人も抵抗なく読める感じではないでしょうか。

内容は、3人兄弟で、長男の攻め様が大学進学と共に家を出ていたが、両親が仕事で
長期不在することになり、高校生の弟たちだけでは、心配だと言う事で長兄が実家に
戻る事になるが、近場のマンションに住んでいる攻め様は小説家で、今後は通いで
仕事をしながら、実家で寝起きをするようになります。
攻め様が長男で受け様が次男、三男と次男は年子の高校生で、受け様は無自覚で素の
ブラコン、弟も可愛いし、兄は大好き、ちょっと普通では考えられないくらい
仲良し兄弟で、受け様は攻め様の仕事場にしてるマンションの掃除にアルバイトで
週2回通うのですが、それも受け様を傍に置きたい行動なんですよね。

そんな時に仕事を理由に帰ってこなかった攻め様の所へ、受け様が行ってしまい、
そこで、攻め様と綺麗な男性が、情事後ですと言う雰囲気姿を見てしまう。
その日から受け様は態度がぎこちなくなり、攻め様と接すると不自然になる。
受け様は、大好きな兄が誰かと付き合っている事実に兄を取られるなんて感情が
胸のモヤモヤの正体だと思い込むが、一向に気持ちは晴れず、悩みまくる。

兄が付き合っていると思われる相手を見かけ後を追って兄との関係を聞き出そうとするほど
平常心ではいられない感じで、その事がキッカケで、兄の大学時代の知り合いに
粉をかけられ、それを見た兄が嫉妬から理性を崩壊させて、受け様に兄弟でない事、
昔から受け様が好きだった事を告げてしまう。
受け様は、兄弟だからとか、付き合っている相手がいるのになんてグルグル考えるが、
今まで通りの兄弟でいたいと、でも離れたくないと、攻め様にとったらかなり辛い
事を言っているのですが、受け様自身が攻め様へ対する気持ちを自覚していないからで、
攻め様がいなくなってしまう事が決まったて、攻め様の恋人だと思っていた相手と
放したことで、兄弟の好き以上に攻め様が好きだったのだと、それを攻め様に伝え、
二人の未来が兄弟から、恋人へ変わる、そんなお話でした。

5

まっさらな弟の戸惑い

今まで恋とかいまいちピンとこない尚志は
8歳年上の長兄・俊和が大好き。
無精なホラー小説家の兄の世話を焼くのも手間をいとわずやってあげたくなる。
高校時代、厳しい校則を緩和させるように動き
伝説の生徒会長様とまで言い伝えられ
同じ高校に通う尚志は誇りに思っているのです。


年子の弟・裕介もバスケに一生懸命で実力も有り、
勿論兄弟として好きだけれど、
きっと3~5年留学なんかで会えなくなったとしても
元気でいるならそれでいいと思う普通の兄弟。

弁当を届けようと連絡も無く向かった俊和のアパートに
合鍵を初めて使って入ると、
見知らぬ綺麗な男が兄のシャツを羽織るだけの姿で…。
寝室には裸の背中を見せたままうつぶせて眠る兄。

後にその男・結城はセフレだったと知り
尚志は動揺・困惑・嫉妬…
様々な今まで知らなかった感情に押しつぶされそうになります。
俊和は大人だし、知られたとは気づいていないので
何も無いような態度をするのですが、それがまた尚志を傷つける。

結城は俊和から血の繋がらない弟を好きだと聞いていたし、
自身も決してもう会えることの無い相手をずと想い、
お互いの利害が一致していただけなのですが。

実の兄だと信じていたのに、
同じ兄弟なのにどうして俊和と裕介へと気持ちが違うのだろうと
逡巡する姿が健気でした。
俊和から想いをストレートに告げられても
キスをされても決して嫌じゃないのに
すんなり「おれも好き」とはいかないのが焦れ焦れしつつ楽しめました。

大学時代同じサークルだったという、ちょっと曲者の新庄に
ちょっかいを出されかけ
いつもの余裕がなくなるとか
ずっと好きだった“弟”と言う建前の尚志に
歯止めをかけていたにも関わらず
「結城さんとは、してたんだよね。だったらおれともしてほしい。
そういうの、駄目?」なんて言われて
尚志を思いやりつつ、後半箍が外れる兄…♪
Hの描写は兄の優しさが伝わるようでほくほくしましたw

可愛い弟に恋を自覚させ、自分色に染め上げていけるというのは
相当たまらんものがあるでしょう。
素敵な兄に誰より愛される尚志も羨ましいけど
俊和の結構むっつりっぽいところも良かったです☆
唯一、健全で気が付かない裕介、バスケ頑張ってねww

そりゃもう穂波さんのイラストはいつも素敵すぎです!!


4

兄弟の関係が少しずつ変化していく

高校生の尚志は8つ年上の兄・俊和の部屋から男の恋人・結城が出入りするのを見てしまう。兄の事なら何でも知っていると思っていた尚志は、兄に「秘密の恋人」がいたことにショックを受ける。ある日、尚志は町で結城を偶然見かけ、後を付けてみることにした。後を付けられていることに気が付いた結城は、尚志を問いただす。尚志は俊和への無自覚な思いを抱いていた…的なお話。登場人物それぞれのキャラが濃く、何かサイドストーリーがありそうな感じがします。

2

ブラコンから恋愛へ

兄弟モノでありますが、多分この本はブラコン前提でそれがどういうふうに兄弟愛と違って恋愛になりうるのか?
そういった差というか、それへと認識が変わる過程を描いた作品だと思います。
とても地味で派手でない誠実な作品のため、華がないといえばそれまでですが、作者さんの意図ともって行き方は、読者を納得させるためにあるのだとはおもうのですが、
自分的に兄も弟も共にキャラがどうも好きでなかったようです。
そして、体の関係を持ちたいほどに欲情を感じるのか?とそのあたりも疑問な主人公たちなのです。
自分にとってはやはり、兄弟愛・ブラコンの歪みでしかないのではと。
でもそれが意図するものであり正しいのだとするならこの話は相当に羊の皮をかぶったオオカミ作品なんでは?と。。。

尚志には8歳年上の小説家の兄・俊和とバスケの得意な弟・裕介がいる。
何か分岐な出来事があるときに尚志がいつも見る夢。
兄との別れを嫌がって泣く子供時代という夢なのです。
朝、兄のマンションへ弁当を届けに行った際出てきた男性。彼と兄は恋人同士?
直接兄に聞けない尚志は、偶然見かけたこの男性を追って、関係を知ることとなります。
この尚志の兄への執着はいったい何なのか?

優秀な兄と弟の間でコンプレックスを抱えたりもしたが、その優秀な兄弟が自慢でもある。
弟が自分から離れて行ってしまっても別に平気だけど、兄だけにはどうしてもこだわってしまう、離れたくない。
この差はいったい何なのか?ということでこの作品は兄弟間恋愛を、尚志サイドとしては成立させようとしているような気がする。
俊和については、彼の出生の秘密にまつわり、尚志がかわいくてたまらなくそれが高じての感情らしいということはわかる。

いつも、兄弟モノを読むときに兄弟欲情のボーダーラインはいったいどこにあるのかと考えてしまうのだ。
大事な大好きな弟を他の奴に渡したくない(特に男となれば)
そしてお世話になっている親を悲しませたくないとか、そのあたりは通り一遍等である気がする。
確かに誠実に主人公の気持ちを中心に恋愛へむけていったのはわかるが、いつもエッチシーンでつまづいてしまうのだ。
兄弟モノの実は難しさだろう。
残念ながら、萌えはないのです。


4

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(小説)一覧を見る>>

PAGE TOP