教授と執事の静かな生活

kyouju toshitsuji no shizuka na seikatsu

教授与执事的恬静生活

教授と執事の静かな生活
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神16
  • 萌×219
  • 萌9
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
10
得点
186
評価数
47
平均
4 / 5
神率
34%
著者
金井桂 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
コアマガジン
レーベル
drapコミックス
シリーズ
教授と執事の静かな生活
発売日
ISBN
9784864363754

あらすじ

管理されるのが大嫌いな大学教授・司馬が、兄の遺言で相続した家は、いつくしい青年執事つきだった。几帳面すぎる執事・八雲を鬱陶しく思っていたが、彼の笑顔を盗み見た瞬間、胸の高鳴りを感じ――?
描き下ろしあり!

表題作教授と執事の静かな生活

司馬宗吾 建築学科の大学教授
八雲春樹 執事

同時収録作品Kiss×LDK南向き

芦崎慶将 大学生 家主
仙庭綾 大学生 居候

その他の収録作品

  • 描き下ろし劇場

レビュー投稿数10

とても美味しくいただきましたv

まさにタイトル通りのお話。
教授と執事という、
現代物としてあり?と思えたのですが、
なんとも上手くキャラが配置されていました。

実際に(主人公のお兄さんが)
執事として雇ったというわけではなく、
結果として執事として成長してしまったという。
なので、完璧な執事でなくても納得。
(執事として仕事は完璧ではありますが!)

二人の距離が少しずつ縮まってい感じが、
本当に、特に何も事件も起こらず、
静かな生活の中に描かれております。

しかし、金井さんのお話は、
セリフの一つ一つがいいんですよねv
今風に言うならば『キュンですv』!
ここが特に大きな事件がなくても萌えられるポイント!
多少コマ割りが見にくかったりはするのですが、
それも気にならなくなってしまう「きゅんセリフv」

司馬先生はいわゆるスパダリv
八雲さんは不器用だけど天然なので、
クールになりきれないところが可愛いv

安心してお勧めできるBLv

同時収録作は、
ちょっと展開がグズグズしていて、
もうちょっと上手くまとめたら
最後がバタバタしなくてよかったのかなと。

表題作は続きがあるので楽しみですv
評価は一冊の本としては「萌×2」で!

0

同時収録でかき消された読後感

残念でなりません。

天然、執事、攻めが先に自覚。
大好物が揃っているのに!
なのに!!

同時収録の「南向きLDK」が前後編+長めの番外編という編成で、読み終える頃には教授と執事のことをすっかり忘れる始末でした。

そんなわけで同時収録の方の感想を先に。
頼まれて同居+面倒を見ることになったオタク大学生を好きになってしまったチャラ男大学生の話です。
チャラ男くん目線なのでチャラ男の考えていることは丸分かりなのですが、一方のオタクくん。
この子がどうも食えない奴っぽいです。
執事と同じ天然風なんだけどほのかに策士。
記念日のやりとりなんてものすごく策士で、この子はちょっと好きになれませんでした。
しかも番外編で教授と執事に絡みにいくところの図々しい感じも苦手。

そして薄れてしまった記憶を補充すべく読み直してきました、表題作。
最近某悪魔的執事の漫画を読んだばかりだったので、ザ執事を期待したものの、天然オカンでした。
基本的に先に恋心を自覚した攻めがもだもだしているのが好きなので、攻めの立ち位置的には表題作も同時収録も良いのですが、受けの魅力が…、わたしの心に届かない…。
ビジュアルのせいでしょうか。
美人!と言われている執事は、まあ、美人に見えるときもある。
同時収録の方のオタクくんはビジュアルがやんちゃ系にちょっとショタを足したような、アイドルものに出てきそうな感じに思えてしまった。
でもアイドルもののようなかわいさがわたしには届かず。
そのせいで萌に留まってしまいました。
とりあえず続き読んできます。
続きも同時収録と半分ずつのページ配分なのだろうか…。
腰を落ち着けて、一冊で読みたかった。

0

美しい絵

キレイな絵で読みやすく、内容もキュンキュンくる作品。
王道と言えば王道なのかもしれませんが、執事が甲斐甲斐しく尽くして、でも実は真面目さの下に天然が隠れていて、それを知って惚れてしまう教授。
もう少しイチャイチャがあれば神評価かなぁと言うのが正直な意見。でも、2巻が出ているのでそちらで期待。

『Kiss×LDK南向き』の方が好みでした。
受が可愛いい!
大学生で一つ年下と言うだけで、同居人とこんなに、イチャつくかなぁ。でもそこがオイシイ!
童貞で初めてのお付き合いな綾だけど、結ばれてからは、かなりエロモードで可愛かったです。

1

旦那さまの「無防備天然執事萌え♡」が熱い!

ドジっ子を「ただの不注意です。」と、すんっとした顔で認めない八雲。
執事の身でありながら、所々で、その無防備天然ぶりを晒して、旦那さまをきゅんとさせてしまう。
見ようによっては、とってもとってもあざといのだ。
そして、そんな八雲に翻弄されまくる旦那さま、宗吾。
急逝した兄の残した屋敷と執事を譲り受けた宗吾は、ほんの少し兄と八雲の仲を勘ぐったりするが。
この天然な八雲と、ド天然な兄、正臣さんの間にそんなことが起こる筈も無く。
何しろド天然同士ですからね。この兄が生きていたら、きっと百合ップルの様になっていた筈。
正臣さんはきっと「受け」です。生きていて欲しかった…。
物語は、旦那さまの身の回りのお世話をしなければならない筈の執事が、ドジっ子天然だけに、結構旦那さまにお世話をさせてしまっていたりする。
身寄りの無いという八雲にとって、大切な主人だった正臣さん。
そして、現在の主人宗吾にとって、大切な兄、正臣さん。
互いに大切な人を失った者同士、遺された者同士が故人を偲び、日常を大切に送りたいと願う。
静かな空気感の漂う物語。

同時収録は、宗吾の勤めている大学の学生たちの恋。
描き下ろしにて、学生が宗吾の家に詰めかけるというので、コラボってますが、
雰囲気的には全然トーンの違うラブコメディです。

1

有能な天然ボケはかわいい

友人から、あなたが好きそうだ、と勧められました。
確かに。
持つべきものは、じぶんのしゅみをしっかりと把握している長年の友だと感じました。

表紙のイラストは、そうでもないかな、と思ったんですが、なかみのほうは好みでした。この表紙の絵、攻めの顔がまぬけで・・・・・ホッペのあたりに「らくがきするな」と書き込みたくなるバランスの悪さがきになります。古いネタですみません。

とても有能で、しっかりしているように見えるのに、どこか天然ボケの受けが、かわいかったです。攻めの兄が死んでからの出会いというのが残念でした。兄弟と受けの、ほのぼのした生活を見てみたかったです。もったいなかったですね。

同時収録のほうは、ちょっと好みとは違ったキャラ設定でした。
残念。

2

無表情な執事

表題作は好きかな。

無表情な執事 八雲が可愛かった。
けど、亡くなってしまった司馬の兄との繋がりをもうちょっと読みたかった。
それこそに兄にはっきりとした恋愛感情はあったのか、とかね。

もう1カップルのKISS×LDKはごちゃごちゃして読みづらい……。
話の飛び方も飛び過ぎててわからなくなる。

慶将が帰宅→ベッドで寝てる綾にキス→風呂上がるまでに退散してなかったら犯す→なにやってんだ俺はと後悔→次のページで出かける様子の慶将(バイト)

服装も変わってるし、風呂は入った?綾は退散したのか?

飛び過ぎててわからなくなる……。
回想入りすぎて読みづらい……。

でも、設定とキャラは好きだ。

カバー裏の羊コスの八雲が可愛かった。ド天然で執事なんて最高です。

0

タイトルに釣られて買いました。

ずっと世間的には何もないのにマイブームが執事でして、タイトルで購入。

おかんみたいな春樹さんと教授の宗吾さんの話。
正直、期待していた話とは違いましたが、それでもほんわかしていてよかったです。
執事物で何が読みたいかというと、日本ではありえないような英国式の洋館のセレブの生活なので、これは何故か日本家屋で、春樹さんは執事というよりもお兄さんに引き取られた子供でした。
でも、そこが逆に身近でいいのかもしれないですね。
おかんみたいに口うるさく、仕事は完璧な春樹さん(天然)に振り回される教授がたまらないです。

あ、そうか、教授も短髪がっちり系であまり教授っぽくない。
こういうミスマッチがいいのかもしれません。
続きも一緒に買ったので読みます!

1

新たなる世界の入り口はこちら。

表紙買いでした。金井桂先生を存じなかったのですが一目惚れでした。
もしかすると、私の新しい世界の入り口は、ここからだったかもしれません。
タイトルの意味といたしましては、この世界へ足を踏み入れたばかりの方、
そうではなくベテランという方にも読んでもらって損はないということをお伝えしたく。


感情が乏しいというか(ちょっと違うな…)、感情表現が苦手というか、
感情はあるけど、表現の仕方を知らないというか…
とにかく、もどかしさと愛おしさがつまった執事の春樹  ←ドストライクッ
そんな春樹を見守る宗吾。
亡き兄から託されたという使命感や、天然でどこか危うい春樹を放ってはおけない、
というある種の板挟み、かつ、萌え。

絵もとても綺麗でストーリーからも目が離せません。

2

主従萌え

『教授と執事の静かな生活』 司馬宗吾(大学教授)×八雲春樹(執事)
静かな生活、というか……“教授と執事のどたばたコメディ”のような?

無表情で美人さんな八雲ですが、時々見せる天然な無防備さに
ググッと来て、とても萌えました。
でも、八雲の心情描写をもっと多めにしてほしかったなぁ。
司馬への想いといいますか、司馬の事を好きなのか結局ハッキリせず、
気になったのでもう少し見たかったです。
drap本誌で引き続き連載されるらしいので、進展するのはこれからでしょうか。
描き下ろしで張り切ってコスプレしていた八雲さんも可愛かったです。


『Kiss×LDK南向き』 芦崎慶将(経済学部 二年)×仙庭 綾(理工学部 一年)
こちらも同居している受け(綾)の無防備さに翻弄される、
というお話でした。綾くんが健気でとっても可愛い。
今時の子っぽいのに、ちょっとオタクなところも良かったです。

5

執事は天然!?

金井桂さんも本を出すたびに絵柄が少しづつ変わっていくんで、その変化に目が離せない作家さんですね。
最初の頃はデジタルで線が無機質な感じがしたのですが、しかし綺麗さが優っていたり、そしてだんだんと太い線が登場するようになって、黒の使い方が印象的に見えるようになてメリハリが非常についてきたような気がします。
drapってどうしてこういう甘目2ショット表紙が好きなのかな?
綺麗で悪くはないけど、中扉のカラーの絵のほうのきれいなこと!(裏表紙に使用)このありきたりの表紙がちょっとガッカリかもしれません。

兄が亡くなり、兄の遺言で兄の住んでいた家屋と彼に仕えていた執事の八雲を受け継いだ、海外から帰国して大学教授になった司馬。
自分のことくらい自分でやる、と思っているのだけどパンツのゴムの緩み具合や下着交換からスケジュールまで、八雲に色々と管理されて辟易している司馬。
しかし、仕事のあまりの完璧さに、生活はすっかり依存しているのが現実(笑)
そんなおかんみたいな八雲の、普段見せない優しい顔も見て、彼がだんだんと気になっていく司馬と、司馬に惹かれていく八雲

まだはっきりと相思相愛になったというわけではないので、この先続篇が決定したそうで、今からすごく愉しみ。
なんといっても魅力は八雲の天然なところ!
いつも表情が感情が薄い感じで、淡々としているのですが、純粋無垢がたくさん漂っている。
それがおかんに切り替わる、そのギャップとか、
八雲の天然に心かき乱される司馬の具合が、悪あがきする姿が楽しいのです。
悪あがきの理由が「家畜になってたまるか!」そうそう、家畜人ヤプーじゃないけど、飼い慣らされるという意味なんですがwww
題名が「~静かな生活」とありますが、波乱な生活では?
とっても楽しくて優しくていい1ぽんでした。

同時掲載は、父親が取引先の社長の息子が自分の息子と同じ大学だったことから、息子同士同居させることから始まった、同居モノラブ発展物語。
主人公・慶将の元にやってきたのが綾。
慶将のベッドにひとりで寝られないと無防備に潜り込んできて一緒に寝ていたり、天然の姿をさらけ出す綾に慶将の気持ちが好きへ動いていってしまって、それで家に帰りづらくなったりするんですが、当の綾は実は無邪気でそれに気がつかないという、スレ違いが恋を進展させます。
綾の無防備さがエロいのが悪いwww

さて、この綾実はオタクなんですが、描き下ろし劇場で、教授と執事コンビとコラボしてるんです。
本物の執事が見たくて他大学なのに司馬の元に行って八雲にお願いする綾の図太さもさながら、そのお願いがコスプレだったりして、
普段無表情な八雲が無表情にコスプレを喜んでるという設定がまた笑わせる。
実にこのコラボ楽しかった。
本編続篇にも登場すると・・・楽しい?

6

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う