秀香穂里&愁堂れな作家生活10周年記念企画プレミアムドラマCD【BLCD】

shuu kaori & shuudou rena sakkaseikatsu 10shuunen kinen kikaku premium drama cd

秀香穂里&愁堂れな作家生活10周年記念企画プレミアムドラマCD
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×22
  • 萌2
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
21
評価数
7
平均
3.3 / 5
神率
14.3%
媒体
BLCD
作品演出・監督
土屋雅紀
音楽
鈴木潤一郎
脚本
前川陽子
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
徳間書店
収録時間
33 分
枚数
1 枚
ふろく
本品が「小説Chara vol.27」付録
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

「小説Chara vol.27 」付録CD。
秀香穂里&愁堂れな作家生活10周年記念企画。
秀香穂里『他人同士』より「幸福論」
愁堂れな『法医学者と刑事の相性』より「Lies and Truth」

表題作 幸福論

田口暁 → 小野友樹

浅田諒一 → 日野聡

同時収録作 Lies and Truth

江夏孝美 → 小西克幸

冬城温史 → 遊佐浩二

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数3

豪華キャスト!!

Track1『他人同士 番外編 幸福論』
過去の全サ小冊子なんですね!
そして『他人同士-Encore!-』にも掲載されていますね。
相変わらず忙しい諒一と、どうにか諒一の為に頑張りたい暁、
日野さんと小野さんで聴けるなんて贅沢……!!!
うわぁ…日野さんはまさに漢!!って感じの年上受け極上!!
小野さんの安定した年下ワンコ攻め流石!!
諒一の仕事を手伝った後、ビジネスホテルに連れて行かれ
普段はズバズバとした物言いの諒一が
暁の雄み全開「ギャラは今すぐ諒一さんのカラダで払って下さい」って言われて
「勝手にしろ……バカ…!」ってあああああ可愛いー!!!
今までタチだった諒一に、恋の相手は自分が最後にしてほしいと願い
多分疲れマ○MAXだっただろう暁が(言い方)容赦ないんですが
ちゃんと諒一を先にイかせてあげるのいいです…。
日野さんの喘ぎに負けない攻め喘ぎ小野さんなので
なんて獣のような交わりなの!?って興奮してしまいました!!
(うおうお言ってるわけじゃないです念の為www)
ベッドの軋み具合にも頬が緩んでしまう!
事後は若干声のトーンが甘い日野さん艶めいてる…あざます……。
仕事でぐったりしてるはずなのに3回もしちゃったんですかそうですか
それ全部聴きたかったなぁ(強欲)
自分が散々食べられたから今度は暁の手料理を食わせろって
最高の要求じゃないでしょうか。
幸せそうなお二人にじ────んときました!!

Track2『法医学者と刑事の相性 番外編 Lies and Truth』
冒頭から合コンに行った江夏(小西さん)にご立腹の冬城(遊佐さん)ですが
久々の低めの小西さんに魂抜けそうです────……OMG!!!
遊佐さんは美人受けボイス、怒っててもキレイだ←
15分ちょっとのミニドラマなのに事件絡ませてくるたぁ驚きです!
そして犯人の動機がわかったところで「俺も嘘は嫌いだ」とぶっこむ冬城ww
数秒前までキリッとしていたのに感情抑えきれない様子が愛しいです。
江夏は真実を話しているのにタジタジで可愛い!
結局謝っちゃうのねー、お人好しなんだからなー“嘘をつけない男”本当ですね。
それからおそらく数日後の冬城宅でデート、へへ…惚れてるとか…ふふふ……。
ほっぺを両手で挟まれながら喋ってる小西さんが
これは自分で挟んでるんだろうなと想像しちゃってニヤニヤ。
ゲイバレしても構わないと言い切る男前な冬城がかっこよくて
更には「お前といると幸せだ」としみじみ言ってくれちゃって!
さすがにHは尺が無いから無理だろうからせめてキスは……キスは!?
濃厚キッス欲しかったー!!!(泣)
……いや…これ以上を望んではいけない……
聴かせていただけただけでありがたいんだから……!!

めちゃくちゃ2カプ共に耳が幸せでした!!
がやはり江夏×冬城のキス……というわけで神よりの萌×2です…!!

1

すごく良かった!

愁堂れなさんの『Lies and Truth』(『法医学者と刑事の相性』より)のレビューになります。

短くまとめられていたせいか、事件の詳しい捜査場面があまり出てこなくて、とても聞きやすかったです。

二人のやり取りが多くて、BLとして本当に楽しめた。
元がSSなので、萌え部分がギュギュッと詰まっていたのが良かったのかな。

今回の被害者は「嘘をつかない男」。
もちろん、その「嘘をつかない」にはヒネリがあって、それが事件解決にもつながるのですが、実は江夏は本物の「嘘をつけない男」だったというオチにもつながり、最後は甘々エンドです。

二人の場面が、二人の会話が、とにかく萌える!
江夏の男前さや誠実さが江夏のセリフからすごくよく伝わってきて、冬城もそういうところに落ちちゃう(惚れちゃう)んだよな~ということが実感できる、非常にリピート率の高い物語。

とてもオススメです。

1

やっぱり原作を読まないと…?

『他人同士 番外編・幸福論』
原作未読です。
なので、どういう人たちなのかがなかなか掴めなかったり。
どこかワンコみたいな感じの暁とワーカーホリック気味の美人・諒一といったところでしょうか。
今回も諒一の方の仕事ががっさり入ってて。
それの手伝いに行ったりとちゃんと言う事を聞く暁ですが、報酬は諒一の身体でvとか言えるくらいの相手ではあるようです。
暁役のおのゆー(小野くん)は軽くワンコ。
好き好きオーラがほんのり出てる好青年系かなぁ。
諒一役の日野さんはもうがっつり男っぽくてクールビューティとかよりももう少し線の太い印象。
えちシーンでの喘ぎも結構男前な感じでした(笑)

『法医学者と刑事の相性 番外編・Lies and Truth』
なんだろう。
本編の時よりかなりイチャイチャ感があったような。
冬城にツンな部分が感じられないからかな?
合コンのことで嘘をつかれたと腹を立てている姿もかわいかったし、その後の「嘘をつく」ことに対してのやりとりとかもすごくいい感じで。
痴話喧嘩にはある意味違いないんだろうけど、喧嘩度が低いというか、もうホントイチャイチャにしか聞こえない(笑)
冬城の方が江夏の人とナリを知ってて、そういう人物じゃないってわかってて言ってる感じがあるのかもしれないけど。
なんだか2人で会話を楽しんでる感じ。
もっと聞いていたくなる感じでした。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ