秘めごとあそび(2)

himegoto asobi

祕密情事游戏

秘めごとあそび(2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神35
  • 萌×232
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
21
得点
316
評価数
76
平均
4.2 / 5
神率
46.1%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
角川書店
レーベル
あすかコミックスCL-DX
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784041207222

あらすじ

駄菓子屋を営むバツイチ子連れの柊至は、近所の小児科医・佐治から口説かれ、成行きで関係を持つように。自覚なく佐治に惹かれていく柊至だったが、佐治が元同僚という幸久とキスしているところを目撃してしまい…?

(出版社より)

表題作秘めごとあそび(2)

佐治貴文 小児科医
谷原柊至 駄菓子屋

その他の収録作品

  • 番外編

評価・レビューする

レビュー投稿数21

受けの変化がいい!(ネタバレ)

前作の表紙の谷原さんは好奇心の目で佐治先生を誘っているような感じの絵でしたけど、今回は少し赤らめた顔で、先生を拒絶?しようとしていますが、先生が谷原さんの腕をつかんでいる絵ですね。
谷原さん、カワ(・∀・)イイ!!

今回はもちろん前回の続きです。
前回は先生にキスをする謎の人(男)がいて、そのせいで谷原さんが心を乱れる感じで終わっています。
謎の人はもちろん明らかになります。先生のもと恋人(名前は幸久)なんですね。しかも今は先生の家に泊まっています。ただし今は恋人はいますが、色々と問題があるよう。
で、色々あり、谷原さんは先生に別れよう、と切り出します。その時のお二人はどっちの顔も傷ついた感じで切なかったです。先生の顔を見て、谷原さんも自分は先生のことが好きだと自覚します。
でも、最後はちゃんと二人は恋人同士になります。

特に好きなシーンは、谷原さんが無意識に嫉妬して、先生にキスする場面です。後になって結構混乱しちゃうんですよね、谷原さん。

今回の谷原さんはほんと可愛くて、エロかったです。(特に最後らへん)そういう攻めっぽい顔が真っ赤になるとギャップありますよね。

次回の3冊目にも期待です。

0

アイツはダリだ!?

と、一巻からの続きです。

谷原とはまた違った軽さを持つ男、
幸久(ゆっきー)の登場でした。
彼がかき乱してくれたおかげで、
谷原の心境に変化が訪れるのですが、
金と恋愛にルーズな幸久は好きじゃないです。

こういう輩は、巻き込まれないこと前提で、
「またやってるわ!」的に遠目で観察して楽しみたいです。

佐治が谷原宅へ往診した
時間帯と曜日に?を感じつつも、
(ちょっと気になっただけです。)
二人の恋の発展現場を覗き見するような
気持ちで読んでいました。
ちーちゃんナイスアシスト!

二人のかけあいにはにんまりとし、
何回もリピートして萌え萌えしてしまいました。

さてさて、三巻はどうなる!?
ということで、続きはそちらへレビューします。

0

谷原君可愛い♡

せっかく1巻を買ったので2、3巻を購入。
しばらく恋愛をしていない私ですが、
何だか色々思い出した気がします(笑)

この巻は谷原君のターンです!
1巻では終始冷めてた印象の谷原君が
2巻では表紙通りに表情が崩れてとろとろになってる・・・!!
っていう巻です(笑)

あの淡泊な谷原君が無意識に自分から先生にキスするシーンは
おぉ!!って萌えました♡
谷原君先生が好きになったんだ!!って思いました(*^O^*)

先生も谷原君に嫌われたくないから合わせたり、
谷原君も本気で恋愛なんてしたことないせいか関係をやめようと言ったり、
二人ともホントに不器用だなーって思う。
でもわかります。
相手に合わせようとすることも、恋愛が怖いから離れたくなることも。

先生としちゃってから開発されちゃって後ろも自分でしちゃうのも
ほだされちゃってまた可愛いんですが、
後半谷原君が風邪を引いて寝込んでる時の顔が崩れすぎててまた可愛い。
いや本人絶対辛いと思うんですけどね(^_^;)
そしてセックスの時も自分から乗っかっちゃう先生専用のビッチになって
ごちそうさまって感じでした!!

0

邪魔者登場

佐治(攻め)が主人公の谷原(受け)を
なんとか落とそうと苦戦している日々。

そこに佐治の元恋人?っぽい人物が現れます。

ああ、私、こういう性格の人ってダメなんですよね…。
なんつーのか、
「こいつ、ベッドの上じゃ誘い受けだろ」
的な。

誘い受け、苦手な属性なんです。
だから、嫌悪感があったのかも……?

でも、この人物の登場によって、
谷原は佐治への気持ちを自覚し始めるんですよねー。
起爆剤になったというか。

最後の谷原のセリフ、
「俺と……恋愛ってやつ、してみます……?」
って、意地を張りながら
真っ赤な顔で言う谷原が可愛かった。

熱でうかされていたとしても、
真っ赤で可愛かったなー。

0

やっぱりいい

前巻よりも、先生の過去や心理描写が多い巻でした。
先生の人との距離を保つのが苦手というのは、
子供におもちゃを渡して機嫌を取る所にも表れていますよね。
前巻の顔のコンプレックス話と今巻の自分の意見を言わず、
何でもお金で解決してしまいそうな所もあわせて考えると、まあそうなるなと納得。
が、決して納得しているわけではないところが、先生のいい所。
あんまり気にしすぎて、先生の顔が、より神経質な感じにならないか、
ちょっと心配ですがww

谷原の方は、私の予想通りw やっぱり幸久のこと気になりますよね。
お金の話は、第三者でまったく関係のない谷原ですが、意見するあたり、少しおせっかいな感じ。でも、先生のことが気になっている証拠。
辛そうな顔を見たくないとおっしゃってますし。
無意識に、幸久を除外したいという気持ちもあったかもしれません。

それにしても、いつも物事を穏便に済ませたがる先生が、
突如、的をついた発言を谷原にするところが、この物語の面白い所。 
目つきも変わったりして、やっぱり谷原のことが好きなんだなぁと思っていました。

最後の病気シチュエーション
谷原って、顔に出る事、自覚してなかったんですねw もう隙だらけでなんかかわいい。
病気の谷原と濡れ場に発展しないところは、先生らしい行動でよかったです。
谷原の迷いもあって、先生の口から正直な気持ちが、先に出てきたので、先生の成長も見られてよかったです。 


0

すっかりハマって…

1巻のみを購入し、
ああもう!なんで一緒に2巻を買わなかったんだ!と後悔した教訓を活かし(?)、
こりゃ~桜城ややさんにハマったわ~と思ったので、
「夢結び恋結び」も「コイ茶のお作法」も一気に揃えてしまいましたw
ちょっとずつリンクしていっているのですね。
でも、古い本も面白かったですが、
やっぱりこの「秘めごとあそび」がダントツでよかった!惹き込まれる!!


わたし的にはこの巻は、谷原の揺れ動く感情が見どころ。
「夢結び恋結び」を読んで、
回りの恋を傍観するという谷原のスタンスを見ていたので、
その姿勢を崩したくない、
あんな風に心乱してみっともなくなりたくない…と思ってしまう気持ちも分かる気が。
にしても、
そんな谷原が恋を自覚した途端に手のひらを反す、
その姿をなんて切なく桜城さんは魅せてくださるんでしょう…(イイ‼)

そして、
攻めの先生も受けの谷原も、どちらもネガティブな後ろ向きな部分を持っていながら、
相手に対して冷静に男らしく出れるところもあって、
(この巻なら、谷原が先生の友達への接し方に怒るところとか、
 病床の谷原に先生が改めて想いを告げるところとか…)
その両方を見せられる相手、示せる相手ってのが、とてもイイなぁ。
男同士だからこそな気がするし、
だからこそこの相手がよかったんだね…っていうのをすごく感じます☆
桜城さんが、
丁寧に話を組み立てているからってのもあると思います、
それで尚且つずっと引き込む展開が続いていくのが、う~~ん、ステキ!!


はぅ~わたしも3巻早く読みたいなぁ~
そろそろ、
谷原が駄菓子屋をキャッシュで買えるほど稼いでいた頃とか、
前の奥さんとの過去話が語られたりするのかな?

5

ここの口コミみてまとめ買いしました。

「夢結び恋結び全4巻」ででてきたメインカプのサポートをしていたバツイチの谷原がなんと、親友と同じく男に恋しちゃったんですねぇ。
夢恋とは違い大人の男同志の恋愛はまた一味違ってドキドキしました。
イケメンで真面目なゲイを最初は面白半分で近づいたのにいつの間にか魅かれていて・・・。
大人だから・・・と真面目な恋愛より気楽な関係を望んでいたはずなのにあて馬が現れて二人の関係が変わりはじめます。
まぁなんていうことでしょう(ビフォーアフター笑)
駄菓子屋の店主と小児科医ってなんて不思議なカプのできあがりです。

先生、Hです(笑)谷原の色気もすげぇよ!
谷原が弱ってつけいる隙を見つけるとグイグイくる先生がイイ!!大人だもんずるしたっていいじゃん~。
3巻まちどうし・・・。ここの評価は本当あてになるのでいつもここみて買っておりますよ。

電車じゃ読めないかな

2

踏み出す勇気と、捨てる勇気

1巻の最後に、佐治が他の男とキスしている所を目撃してしまった谷原ですが・・・
しかも、谷原が飲みに誘っても、佐治は暫く時間が取れないと言います。
これって、もしかしてフェードアウトフラグ?!
必ず連絡すると谷原にキスする佐治ですが、
他の人のタバコの匂いさせてちゃいけませんよ、先生~(笑)

佐治とキスしていた男、幸久は、元同僚の元カレでした。
しかも、暫く佐治の家に泊まり込むらしい。
親しげな様子の二人に、谷原は感情と行動のコントロールが出来なくなって、
佐治に追い縋ってキスしてしまったり、大きな声をだしてしまったり・・・
でも、何故いつもの自分でいられないのか、谷原自身もわかりません。

今巻は、谷原がすごく可愛いです!
自分が幸久に嫉妬している事を認められず、
佐治に対する自分の気持ちからも目をそらしていた・・・
それを自覚した谷原は、佐治との関係を終わらせる決心をします。

佐治が好きだと気づいた途端に逃げ出した谷原の気持ちが、痛いです。
本当は谷原は、誰よりも情が深くて傷つきやすい人なんだと思います。
だからこそ今までは、無意識に恋愛から一歩引いて、遊びと割り切った関係でいる事で、
傷つけられることから自分を守っていたのでしょう。
なのに佐治に対しては、どうしても今までの様に感情のコントロールが効かない。
自分から終わらせたのに、佐治を忘れられない谷原が、可哀想でした・・・
そして佐治もまた、真面目で不器用で、
失うことを恐れるあまりもう一歩が踏み込めないところが、切なかったです。

両思いなのに、どちらもが一歩引いちゃってて、気持ちがすれ違ってて・・・
じれったいです!でも、それがなんか切なくて悲しくて、すごく良かった。
最後は、踏み出せなかった自分の間違いに気付いた佐治が、
男らしくキメてくれました!ステキです、先生!
そして真っ赤になって、最後の意地を捨てる谷原が、かわいすぎ!

不器用な大人同志のラブ、凄く良かったです。

2

いい感じで、あて馬になってくれましたよ幸久

あ~ん、もう2人とも何してんのよ~っ!!
読んでてこっちがイライラよ(笑)
お互い好き同士なのに、なんで簡単に上手くいかないもんかね…

正直性格はいいとはいえませんが、2人をくっつけてくれてたという意味では
幸久はいい仕事してくれました。(というか谷原が勝手に嫉妬なりしただけですけどね)
でも先生本当にネガティブですよ。
谷原が風邪引かなかったら、しばらく顔を会わせることもなかったんでしょうに。
風邪で弱気になってる谷原でよかったです。
先生がここぞとばかりにつけ込んでくれたから。
腹をくくった先生の笑顔、違う意味で怖いですよ(笑)

あっ、2人恋人同士になって忘れてたけど…
幸久がこのままフェイドアウトしていくとは思えないんだよな。
悪い意味で今度は2人の邪魔になると思うのは私だけなんだろうか???

5

谷原がものすっごい好みですvv

こういうタイプが自覚するのがいいんだよねー。

というわけで2巻です。
1巻の最後で何やら感情の動くがあったっぽい谷原。
しかし、自覚して→両想い→ハッピーエンドという具合にはいかないんですよね。
この谷原のモダモダ具合が非常に素敵で非常に好みでしたv
このままではこの波に飲み込まれてしまうからと、感情はあるのに自ら断ち切ってしまう感じ。
どうしても、それを認めて越えていくことを恐れてしまうような気持ち。
そういう揺れがヒシヒシと感じられてとてもよかったです。
そして、先生。
谷原のアソビのようなノリに温度差を感じつつも2人の時間を大切にして。
少しでも好まれるようになりたいと思う心。
けれど、真っ正面からぶつかることを避けられてしまい、遂には振られて…。
それでもちゃんと追い縋ったからこそ、谷原の方もちゃんと向き合おうと思うようになったんだろうな。
あそこで引いてたら終わっていたかも?
先生がどこか面倒な性格のようでもあるんですけど、やっっぱり天然炸裂してたりで本当に2人が正反対のようで見ていて面白いです。
ここからようやく恋愛を始めるわけですが、きっとイイ年して初々しいやりとりが繰り広げられるんだろうなと今から楽しみにしております。

あー。早く3巻出ないかしら?
ついでにCD化とかされるといいのになー。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ