コイトモ!?

koitomo

コイトモ!?
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神12
  • 萌×225
  • 萌10
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
14
得点
191
評価数
48
平均
4 / 5
神率
25%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
コアマガジン
レーベル
drapコミックス
シリーズ
カテキョ!
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784864365116

あらすじ

綺麗で優しくて…ちょっぴり腹黒(?)な遥に気に入られちゃった常盤センパイ? 遥の「オレのものになりなよ」発言に、なんとなく流されるまま親密な関係になっていた常盤センパイだったけど、ある時「友情と恋愛の違い」が分かるまではエッチな事はしないと言われ…??

大人気シリーズ「カテキョ!」のスピンオフ? 腹黒・遥と不器用な常盤の恋愛事情とは??
描き下ろしもあり★

表題作コイトモ!?

河内遥,同じ大学の後輩
常盤恭一,大学生

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数14

常磐が守ってあげたいキャラ

カテキョ!のスピンオフですね。
遥がT大に入って背も伸び大人っぽくなってモテモテです。
悪魔のような遥のターゲットになったのは楓と同じ研究室の常磐。
子どもの頃から無表情で端から見たらクールで何を考えているかわからないと避けられがちで、友達も恋人もいなくて。とっても初で純粋で臆病ででも優しくていい人です。

遥が策略を巡らせ常磐に好きになってもらい自分を選ばせたいとあの手この手で常磐を翻弄します。
まあ遥も頑張ってある意味健気なんですけどね。

常磐が遥を好きという気持ちを自覚したら今度は臆病になってしまって。なかなかすんなりいきません。荒療治でやっと両想い成立!
遥の執着も常磐は嬉しそうでめでたしですね。

年下小柄(受けより)悪魔攻めですね。

0

遥君の変貌

『カテキョ!』を読んだ時からこのカップルのお話をもっと読んでみたいと思っていたので、ページ数は少な目ですが(電子版で140ページちょっと)、1冊丸ごとで読めたので嬉しいです。
『カテキョ!』で主人公だった楓と倫太郎君も登場しています(倫太郎君はちょこっとですが、楓はちょくちょく出てます)。

前作で問答無用に倫太郎君を襲っていた遥君とは全く別人のような変わり様に、「相手が違うとこんなにも変わるのか?!」と驚きつつ、時々垣間見せる遥君の可愛さに好感を覚えた作品でした。
常盤さんは『カテキョ!』の番外編の時から印象は変わらず、相変わらず天然で可愛いです。
今回は更に小鳥に好かれるという得意技も発揮して、ほのぼのと癒されました。
以前に萌木さんの鳥の擬人化漫画を読んだ時に好きだな~と思っていたのですが、今回も小鳥が登場して個人的にはとても癒されました。絵柄も可愛いかったです。^^
感情に鈍い常盤さんに無理強いせずに段階を追って関係を深めていこうとする遥君ですが、腹黒いキャラを残しつつというのが良かったです。

0

腹黒小悪魔攻めと体格差

同じ作者さんのシリーズもののスピンオフなのですが、そっちでこの2人のお話を読んだのがだいぶ前なのでやや記憶が曖昧・・・。しかし、これだけでも楽しめる内容になっていると思います。

「カテキョ!」の二人も登場しているのでそちらのファンの方にもおすすめだと思います。カテキョは割と王道な組み合わせですが、このカップルはちょっと王道とは言えない、珍しい組み合わせなのがとても面白い。
攻めはカッコイイというよりかわいい小悪魔という感じで、受けはちょっと不思議系とでもいうか…何より攻めが小柄で受けと体格差があるというのが私は好きなのでツボでした。
逆体格差が好きな人にピッタリな作品だと思います。

すでに出来上がったカップルなので、ストーリーは結ばれるまでではなく結ばれてから、気持ちを確かめるまでです。
お互いとても好きなのは見て分かるので読み手に取っては内容は予想できるものなのですが、カップリングが好みなら楽しめる内容だと思う。
カテキョのカップルが絡んで来るシーンが楽しかったです。
個人的に、他のカップルが後押ししてくれる展開が好きなので、できればこの2つのカップルコラボがもっと読みたいな~と思いました。

1

癒し系BL

一見とても綺麗で淡白そうな受けの常磐先輩と、百戦錬磨のような強気Sな年下の遥くん、とてもバランスの良いカップルのお話だと思います。
私は本編を読んでいないのですが、墨染が良い仕事をしてくれていて、程よくメインカプの二人の糸を絡ませてくれています。まぁ、簡単に解けてしまう程度の絡まりではありますが。
糸が解けたあとに遥に触れて幸せそうにフワフワ笑う常磐先輩と恥ずかしがる遥の様子がとても可愛らしく、作中で一番好きなシーンです。その後にガッツリ形勢逆転され頂かれてしまう王道的流れも美味しいものですね。

中盤で嫌われたかもしれない、と勘違いして傷ついているはずなのに欲情して一人でしちゃう常磐先輩のMさも可愛らしいものです。
綺麗な人だからこそ、背徳的な感じがして良いですね。二人での本番シーンよりも、こちらのほうが好みなくらいです。

絵が綺麗であることと、最初から攻めが好意を明らかに示していたこともあり、ストーリーの流れは軽く、本番シーンも複数回ある割にはアッサリしたものでサラリと読めてしまう感じなのですが、常磐先輩のキャラ故に全体的にフワフワとした雰囲気が漂っていて読んで癒やされるような作品だと思います。

0

常磐先輩と鳥さんに萌え


恋愛感情を理解してなさそうで性欲も無さそうで、周りから理解されにくく遠ざけられがちで、なのに意外とデリケートで優しくて天然で鳥に好かれまくりの常磐先輩が可愛いくて仕方がなかったです……!


攻めは俺様でSっ気のある年下。受けより小柄なのがまた良いです。常磐先輩の方が、背も高いし大人びた顔つきなのに、派手なルックスの年下に泣かされてるのがきゅんきゅん来ます。一見常磐先輩が遥くんに振り回されているようだけど、遥くんには遥くんで随分常磐先輩に振り回されてます。


子供時代のシーンですが、宝物のおもちゃ箱に目を輝かせる遥くんも表情がコンプレックスだった常磐先輩も可愛かったです。そして楓さんは相変わらず美しかった!

0

無自覚は怖い

カテキョ!のスピンオフ。
前から何度も読み返していましたが、改めていいなぁと思いました。

カテキョ!に出て来る楓さんの従弟遥くん。
カテキョ!の中では、倫太郎くんにも襲いかかったこともある男好き。
そんな遥くんが、大学説明会の時に落としたコンタクトを必死になって探してくれた
遥先輩を探して近づきますが、その気持ちになかなか反応してくれない常盤先輩に
振り回されっぱなしの遥くん。
いつもと勝手が違う恋に、とまどいながらもだんだん常盤先輩のペースにはまる遥くん。

見た目はクールでカッコいい常盤先輩ですが
人とうまく付き合うことや、打ち解けて話すことが苦手。
自分から歩み寄れない性格に、友人は少なくそんな時にグイグイ先輩の心に入り込んできた遥くんに、常盤先輩も徐々に惹かれて行きます。
常盤先輩についてはカテキョ!3巻、遥くんについては1巻から二人のことが読めるので
できれば、そちらから読んだ方がより内容がよくわかり楽しめると思います。

自分から相手に気持ちを伝えるどころか
自分の気持ちに気づきながらも、そのもやもやした気持ちをどうすることもできない
常盤先輩が、とうとう自慰という形で遥くんへの気持ちを吐き出してしまうシーンは
それまでの常盤先輩からは想像できない乱れ方で、やっぱり男なんだ・・・
と思わせるシーンでした。
まったく性格の違う二人が、惹かれあうのがこのお話の見どころ。
また、カテキョ!の時から、かなり強引で俺様的な遥くんが
無自覚な常盤先輩にふりまわされ、抜け出せなくなっていく姿が見ものです。

1

全然違うタイプのふたりが…

「カテキョ!」のスピンオフ。3巻に収録されている番外編の続きです。
策略家の遥×クールに見えてじつはぼんやり天然さん不思議系男子の常盤先輩

恋愛にはとんと疎くて仙人か?!くらいの浮世離れした不思議系の常盤先輩が遥の必死な策略により、嫉妬したりちょっと人間らしい感情を抱くように!
すずめのとまり木状態な常盤先輩がかわいかったですw

そして、大事にしたい。好かれたいっていう気持ちをまっすぐにはだせなくて、ものすごーい遠回りな方法でしかアプローチできない遥が逆にかわいく思えてくるw
遥かがリードしているかに見えて実は主導権は常盤先輩にあるのかなー。

エロもなかなかよい汁感wでよかったです。常盤先輩みたいなタイプがエッチではエロエロになるのがたまらん!

ぜんぜん違うタイプのふたりが歩み寄りながら愛を深めていく感じがもどかしくてかわいくて萌えました!

1

迂闊にもキュンとした

カテキョのスピンオフのお二人です。

常盤先輩は表に感情があまり出ないという設定なので基本ツーンとした顔なのですが、心やさしき常盤さん鳥達にはめちゃ人気有りで
鳥に囲まれている・・・・
とても可愛い。

遥は性格がねじれているので
本当に常盤先輩のこと好きなのだろうかと心配しましたが
好きだったことがわかり
安心しました。

1番好きだったシーンは
子供時代に笑顔を練習するチビ常盤さん。第2話のすぐのシーンです。とても真面目でかわいい。

遥あんまりオススメボーイでは私の中ではいため誰が違う相手が良かったなーー

0

それは罠ですよ

感情表現の下手な常磐に、つきまとっては少しずつ間合いを詰めていく、かわいい猛禽類遥。
猫を被らなくなったせいか、とても男前度upしておりますが、紳士度も同じく向上しております。

人との接し方さえよく分からない常磐に、緩急ある意地悪と甘え。
道筋たててきちんとゴールまで(付添人ありで)導く周到さ。
俺を好きになれ感と必死度が伺えます。

クマのぬいぐるみたちで遥の素の部分が見え納得。
大切にする気持ちがあっても、扱いが乱暴な自覚アリアリな遥に今後どんな無体を強いられるのか?
でもその前に常磐の素直さに翻弄されそうな予感です。

1

知らなかった・・・

スピンオフなんですね!
ちゃんと帯に書いてあったのに、気づきませんでしたw

絵がとても綺麗です( ´////`)
受けが天然さんで攻めが隠れ(?)Sの可愛い系でした!
受けの方が長身て始めて読んだ気がします
とってもツボでした~♪
攻めが策略を張り巡らせるんですけど、
結局振り回されてるのも攻めなので憎めませんw
こーゆうのって、受けは攻め策略とはしらないで・・・
みたいなの良くあると思うんですけど
この受けちゃんは分かってて受け止めてて、
見た目よりちゃんとしてる人なのかなぁって感じでした!

カテキョ!も読みたくなっちゃいました( ´m`)

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ