逃げてしまおう、と言えなかった。言わないアキが好きだった。

春恋

harukoi

春恋
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神31
  • 萌×27
  • 萌9
  • 中立2
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
4
得点
212
評価数
53
平均
4.1 / 5
神率
58.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
ダリア文庫(小説・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784861346637

あらすじ

十八の春、美里が恋に落ちたのは、美大生で家庭教師の秋山だった。秋山は他人にも自分にも厳しくて素っ気ないが、たまに優しい。美里は異性愛者の秋山に対し、傷つきながらも一途な想いを寄せ続ける。そして夏が過ぎ秋がきて、育む時間はお互いをかけがえのない存在へ変えていくが……。
――あの頃、俺たちは子どもだった。
四季の移ろいと共に積み重なる、永遠の愛の物語。

表題作春恋

家庭教師 秋山順一 大学3年21歳~
教え子の高校3年生 中谷美里 17歳~

その他の収録作品

  • あとがき
  • アキメグミ

評価・レビューする

レビュー投稿数4

これが朝丘先生の作品だと認めたくないくらいです。残念…

「春恋」朝丘戻先生
正直に言って、趣味じゃないです。半分くらいまで読んでムカつくったらない。受けにも攻めにも。だからまだ読了してないけどレビューさせていただきます。すみません。「後半読んできっと感想変わるよ!あなたが上げた疑問点などはそのあとで解いてくれるよ!」という方がいましたら、コメントで教えていただければ幸いです。
(実際、レビューを書く前に念のため朝丘先生ファンの友だちに相談しましたが、彼女も「実はわたしもちょっと…」と言ってました。だからこう考えている人はわたし1人ではないと思うんです。)

まずはお二人の設定が捉えられないことに非常に違和感を感じました。普段小説では主人公の社会背景や、他人との接し方、趣味、外見や服装のスタイルなどでこの人のだいたいの性格を把握することができます。しかしこの作品ではそういった描写は極めて少ない。
受けは少なくとも須山とマリ子ちゃんとのやりとりがあるので、とりあえず「なんの特徴もない国語苦手な高校生、髪は染めてる、一晩限りで女と寝ようとするからちょっとヤンキーかも?」というだいたいのイメージはつくけど、普段はなにやってるか、趣味はなんなのか、友だちはたったこの2人なのか、学校でのイメージどんな感じなのかなどは一切捉えられなかった。両親はあまり家にいないけど特に不満もないし、珍しく揃えたら楽しくギョーザ食べたりもする。それなのに愛情に飢えていて男で家庭教師のアキを好きになったという。わたしから見れば矛盾してるけど…
攻めとなるとさらに受け目線で見た姿以外の描写は一切なく(後半で攻め目線に変わったらごめんなさい)、攻めが家庭教師やる以外ではどんな生活送っているのか全く掴めない…そんなに好きだった彼女と別れる理由も意味不明だし(単純に仕事の時間が長すぎてひとみさんが自分に構ってくれないことに怒ってるならまだ理解できるけど、どう見てもひとみさんは美里に妬いてるんだね)、急に美里を好きになった理由もわからない。しかも最初のとき、攻めはものすごい「好かれてる」っていう優越感に浸ってるふうに見えました。それを利用して受けを振り回したんですね。最低。クズ。(あとアキって須山と会ったことあるよな。友だちだって知ってるのになぜそんなに怒るのか、まして暴言吐いて…受けにとって最悪なカミングアウトだったよね…これがあってまだ攻めを好きでいる受けの考え方も理解できなかった。)

でも現実にこういったカップルがいたら、お互い惹かれているから別にいいと思う。恋ってもともと不条理だもの。でもこれはわたしが求めていた朝丘先生作品のあたたかい感動ではない。先生はたぶんこのような理由も知らない不条理な恋を書きたかったかもしれないけど、それならばもっとストーリーを工夫したほうがいいのではないかと素人ながら考えています。同性の家庭教師と寝たり、一晩限りのセックスだったり、妊娠だったり堕胎だったり…今の高校生の生活って本当に豊かでエグいですねぇと感心します。展開もだいたい読めてるし…正直つまらなかった。

先生と作品ファンには申し訳ないけど、後編は買ったけど読む気になれない。もし「こういう見所もあるよ!この後は神展開があるからぜひ読んでみて!」という方がいましたらぜひ教えてください。

1

一緒にいることだけが幸せではない

高校生の美里が家庭教師の秋山を好きになり、体の関係を持ちながら自分の思いと葛藤するお話し。
アキに抱かれるのはうれしいけど、自分を好きで抱いてくれているわけじゃないと思うと切なくて、やめようと思うけど好きな気持ちを抑えられない美里。
アキの彼女に嫉妬したり、アキのちょとした言動に一喜一憂したり、ただただアキのことが好きなのが伝わってきます。

アキがようやく美里のことを意識するようになった矢先に美里の父親にばれて別離の道をたどった二人ですが、その後もお互いを思い続けて、相手の思いでを大事に生きている姿が切なかったです。

一緒にいることだけが幸せとは限らない。
別離の道を選んだからこそ、好きな思いが生き続ける。

優しくて切なくて心にしみる作品でした。
どんな関係であれ二人には幸せになってほしい。

3

恋をした相手が同性、そして愛になる

この作品はサイト掲載作で後にコバルトで文庫になった作品だそうです。
相変わらず切なさと登場人物の心理描写が大変緻密だなと感じますがやはり個人的には
この繊細で切なく苦しみながら成長していくBLと言うより同性愛ときっちり
活字にした方がしっくりくる作品は苦手であります。

BLにファンタジーを求め、読み終えた後にすっきりしない作品は内容が良い悪い
関係なくやはり楽しめないのが本音。
この作家さんの作品は、じっくり腰を据えて読み、読み返し主人公たちの心の動きを
読み解きながら堪能する系統なのでしょう。

この作品だけでは私が思い描くハッピーエンドとはかけ離れているのですが、
この作品には続編もあると言う事なのでそれを念頭に於かれて二人の今後が
どのような形で作品の終わりを迎えるのか気になるところではあります。
それでもはやり思うのはこの作家さんの作品は好きな人には神以上の感動を与えるけど
ダメな人には絶対相いれないのではと毎回感じてしまう。
同性愛のデリケートな機微をリアルに理解出来ないと楽しめない気がします。

11

恋と同性愛

高校生と家庭教師の大学生の苦しい恋のお話。
一読目、勢いで一気読みの時点では切ない片想いが、添い遂げられない結末が切なくて切なくてとても苦しかった。
そうして、心を落ち着けて読みかえすと色々見えてくる。
作者さんがあとがきで書かれたこの本で描きたかったテーマ「恋・同性愛・愛」それは間違いなく描かれている。


高校3年生の美里についた家庭教師は絵を描いている大学3年生のアキ。
彼の絵を見た時に、美里はアキを好きになった。
その気持ちを察したのか、ただの興味本位だったのか、ゲイなのかと聞かれて答えなかったからなのか、「問題集が2Pまちがえずにできたら抱いてやろうか」
そんなアキの言葉に必死になってくらいついた結果、寝る間柄になっている。

アキには女性の恋人がいる。
二人の関係は、美里の意地っ張りを楽しむように、茶化すように接するアキに、
それが唯一自分に向いてくれている時間だと、自分でも声に出せない気持ちを抱きながら抱かれて、精一杯甘えて拗ねてみせる美里の姿。
充分に美里の心に期待を持たすのですが、アキは「男なら妊娠しない」とか「彼女は」とか女の子とセックスしたことないと言えば、それを奨励するような事さえ言う。
その関係が変わり始めたのは、見里がアキの彼女を見た時。
アキが一度だけ寝たマリ子ちゃんの妊娠騒動が起きてから。
二人はやっと互いだけを見つめる事を認める事ができるようになるのに、そこに立ちふさがるのは「男同志の恋人」であること。
美里の親にバレたことで二人は別れなければならなくなる。

どうして好きになったのが男だったのかな?
男だとどうしてダメなんだろう?

ダイレクトに書かれてはいないのですが、アキがどうして最初にあんな誘い方をしたのか、心は書かれていないけど、そうやって茶化すことでしか関係をはじめられなかったのかもしれない。
互いはきっといつか女性を好きになってその人と結婚するんだろうと思っている。
でも、恋を自覚してそれが愛になっていくと、相手でなければならないと思うようになるのです。

結局のところ、5年後の描写においてアキは女性をコイビトとしており、美里は男が相手です。
ゲイの素質は美里にあったのですね。
そしてアキは美里だったから、ということになるのでしょうか。

彼等は二人だけの世界の中では自由ですが、充分に現実的な存在だったと思います。
ハピエンがお約束なBLの世界では、きっと大学に合格した美里がアキを訪れた時点で明るいコイビトとしての未来がまっているはずだったでしょう。
しかし、アキにはお絵かき教室を開くという夢があり、美里は自分がまだ子供だと知っている。
ここで彼等に試練を与えた終わりにしたのは、彼等が大人になって子供だった時代の恋愛の決着をつけるための前振りだったからだと思います(サイト小説は読んでませんので、続編を思って)

一歩引いて客観的にみると、もうこの作品は”合う・合わない””好き・嫌い”と、読む人の志向により様々だと思います。
しかし、テーマを知って読んだ自分としては、それは充分に描かれていたと思うので、次の「秋色」で決着がつくのを期待します。
夢のある恋愛ではないけれど、彼等の始まり、関係、充分に「わかるかもしれない」と思わせるものがあったのは確かです。

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ