年下フリーターとゲイ小説家のじれったいほど切なく、心が洗われるようなボーイズラブ。

海辺のエトランゼ

umibe no etranger

海辺のエトランゼ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神154
  • 萌×266
  • 萌53
  • 中立30
  • しゅみじゃない32

172

レビュー数
37
得点
1223
評価数
335
平均
3.8 / 5
神率
46%
著者
紀伊カンナ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
祥伝社
レーベル
onBLUE comics
シリーズ
海辺のエトランゼ
発売日
価格
¥620(税抜)  
ISBN
9784396783488

あらすじ

小説家の卵でゲイの橋本駿と、物憂げに過ごす高校生・知花実央。3年前、2人は沖縄の離島の海辺で出会い、日に日に距離を縮めるが、実央が島を離れることに。そして3年後、島に戻ってきた実央は「3年考えた。男でも駿が好き」と迫る。しかし駿はいざ実央と恋人同士に、となると一歩を踏み出せなくて…。
大注目の作家・紀伊カンナ、待望のデビューコミックス!

表題作海辺のエトランゼ

知花実央 親を亡くし天涯孤独
橋本駿 沖縄の離島に移住した若手小説家

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数37

個人的に一番好きなBL。

婚約者との結婚式から逃げ出し、沖縄の離島でのんびり暮らす小説家でゲイの駿と、親を亡くし物憂げに日々を過ごす実央。
同性が好きで、そのせいで親ともぎくしゃくしているために恋愛に消極的になっている駿の方が年下でノンケの実央に押されぎみなのがとってもかわいいです。

レビュータイトルの通り、エトランゼシリーズは私の一番大好きなBL。
シリアスな展開も多いにも関わらず、紀伊カンナ先生の素敵な絵柄も相まって本当にかわいい作品です。そしてなんと言っても先生のギャグセンスが最高オブ最高。思わず声に出して笑ってしまいそうになるような登場人物たちの言葉の応酬が大好きなのです。表情のレパートリーにも注目。

また、彼らを含む個性的なキャラクターたちも大好きなポイントです。駿の元婚約者が出てきた時は当て馬的な立ち位置かなと思っていたのですが……確かに当て馬は当て馬だけど彼女の強気なキャラクターもいい味出してて面白すぎる。それに彼女、この後の巻でもずっと出てくるんですよね。可哀想な立場なのに彼女と駿や彼女と実央のやり取りでは笑みがこぼれがちです。

少し変な話ではあるのですが、この本の最大の魅力は、何度読んでも『なんか違うな』という所が無く、むしろ読む度に彼らのことをもっと好きになっていく点だと思っています。
読者それぞれが持っている受け攻めの趣味(もっというと性癖)は、きっと色んな作品を読む時に「ここはこうだったらいいのに」みたいな違和感に似た気持ちをもたらします。
でもこの作品はそういう個々の趣味を乗り越える……というか包み込んでしまうような良さがあります。あらすじを読んで自分の好みじゃないなと思った方にもぜひ手に取って欲しい。

読み始めれば紀伊カンナ先生の世界に引きずり込まれ、いつの間にか2人を、そして2人を取り巻く沢山の人々を好きになっていることでしょう。

1

2人の心情描写がもっと必要だったかも

 紀伊先生の絵のタッチは雰囲気があってとても好みです。でも、所々脈絡のなさを感じてしまったので中立評価に留めました。一番引っかかったのはやはりメイン2人の距離の縮め方について。ゲイの駿が先にノンケの実央を好きになり、実央も割と早い段階でその気持ちに応えます。が、彼はすぐ島を離れなければならず、3年間2人は別々に過ごします。ようやく島に帰ってきた実央は、積極的に駿に気持ちを伝えるようになるのだけれど、なぜか駿の態度は頑なになっており、2人はなかなか先に進むことができません。

 実央が駿を好きになるスピードが速過ぎたのと、島にちゃんと帰ってきてくれた実央にいつまでも駿が素っ気ないところが、どうしても気になってしまいました。実央は冒頭で、両親を亡くして身を寄せている家にも馴染めず荒んだ日々を送っていました。そんな彼に懲りずに声をかけてくれたのが駿なわけですが、同情や好奇心を向けてくる他人と駿に何か決定的な違いがあったように感じられず。もちろん実央への下心があったという点では他人と違うでしょうけれど、にしてもノンケの実央が駿を好きになるにはもう少し時間がかかるものなんじゃないかなと思いました。

 そして、実央が島に戻ってきてからの駿の態度。島を出ても電話をすると約束してくれた実央が、3年間1度も電話をくれなかったことへの不信感が尾を引いていたのでしょうか。実央がなぜ電話できなかったかを駿は知らないので仕方ないのかもしれませんが、それでもノンケの実央が3年も経っているにも関わらず、同性の自分の元へ帰ってきてくれたという重さを駿はもっと感じるべきだったと思います。新しく好きな人ができてしまったというわけでもないですし。実央が真っ直ぐ想いを伝え続けてくれているのに、投げやりに返す駿にあまり共感できませんでした。実央の前で元婚約者にキスをせがまれた時、どんな理由があれど駿は間髪入れず断るべきだったと思います。評価の高い作品なので、今後の展開に期待しています。

0

「エトランゼ」

「エトランゼ」はフランス語で見知らぬ人、異国の人という意味があるそうです。

いつも1人で海を眺めている高校生・実央を気にかけていた駿。本島に引っ越すことになった実央が早く大人になりたがっている姿が印象的でした。

実央がかけた電話に出たのは駿の友達で同性愛者の女の子。駿がゲイだと明かし、分かってると答えた実央にどっちつかずな態度はよくないと伝えます。

実央が3年間考えた結果は「大人になったから戻ってきた」

あまり喜んでいない駿でしたが、女の子を好きになった方が幸せだったのにと実央のことを考えていて、早くくっついちゃえよー!と思う反面、ゆっくりでいいよとも言いたくなるようなもどかしさでした。

駿がゲイだと知ってて学生時代から見守ってきた、好きじゃなくてもいいから一緒にいたかったという婚約者の桜子さん。別れ際、桜子さんが駿に求めたキスを実央がしたのは笑いました。

気になる点は2人とも幼く見えて年齢差も分かりにくいところ、リアリティはないですが、心が洗われるというのはストーリーよりも雰囲気かな。

沖縄の島の風景が丁寧に描き込まれていて素敵。
初エッチもかわいらしく、微笑ましい作品でした。

1

絵が神がかってる!

表紙買いをしました。

とにかく絵が綺麗です!
出てくる人全員が可愛いです。
老若男女、それぞれ顔が可愛いです…
背景もジブリのような細かい書き込み。
ぎっしりと背景が埋め込まれているのにも関わらず(?)ゴチャゴチャしてなくで、本当に読みやすいです!

物語も「恋愛♡恋愛♡」としてない感じでリアル感が程よいです。
仕事だったり、生活に困っている二人はなんとも微笑ましいです。

女の子がちゃんと出てきていて、同士だったり、当て馬だったりと女の子がちゃんと活躍しているところが高ポイントです。
絵理と鈴ちゃんのカップルもいい味を出しています!(どっちも女の子です)
私はGLはあまり読まないのですが、その二人の物語も読んでみたいと思いました。
桜子ちゃんは美少女の中の美少女という感じで、恋しちゃいそうでしたね笑
美少女すぎて出てくる度にドキドキしちゃいました!

おセッセのシーンもあります。
勝手に駿×実央かと思ってたんですけど、逆でした。
実央×駿ですね。
ここもリアルっぽくってたまにはいいかもなと思いました。
最後らへんに1回だけで結構短いです。

カバーしたがとっても好みです。
カバーしたフェチにはたまらない…

BL初心者にオススメです!
純愛BLはまさにこの事!
本当にオススメです!

4

絵が可愛い。

とにかく絵が可愛らしいです。2人とも表情がすごい可愛いです。絵に関しては好きです。
内容については…なんというか駿はゲイだから好きになった理由は分かりますが、実央くんがなぜ駿を好きになったのかが分かりにくく、感情移入できませんでした。あとセリフを誰が言ってるのかわからない所が何ヶ所がありました。ストーリーは好きです。セックスまで可愛らしかったので読んでて微笑ましい感じでした。

0

本当に心が洗われるボーイズラブ

「雪ノ下のクオリア」で紀伊カンナさんのファンになって約半年、エトランゼシリーズを大人買いしました。
結果、更に紀伊さんのファンになりました。
安定した作画、動きのあるキャラそれが先生の作品の真骨頂だと思っています。それが、この作品でも思う存分堪能できます。
雪ノ下のクオリアと同じような設定ですが、蓋を開ければ あらやだ!違うじゃない! と驚きました。これにはこれの良さがあります。
では、ここから感想を
ほぼ前情報なしで作家買い&表紙買いでしたが、十分すぎるほど満足しています。
帯通り本当に心が洗われました。ギスギスドロドロな作品を読み続けた後だということもあるでしょうが、なにかボーイズラブの本来の姿を再確認出来たような気がします。
ノンケのみおに一目惚れしたゲイの駿(受け)、健気で可愛らしいみお(攻め)
ノンケ攻め&年下攻めという自分が好きなシチュを同時に読めてとても良かったのですが、それだけではないのです。
みお君の可愛さが半端じゃないです。言動や性格が可愛いのですが、先生の可愛らしい絵柄がより可愛らしさを引き出しています。
また、そんな可愛らしいみお君に葛藤する駿君。彼もまた可愛い奴なのです。でも、ノンケのみお君のことを思いやる大人な1面もあり、とてもいいキャラです。
また、かつて駿君の許嫁(?)だった桜子さんもとてもいいキャラです。当て馬という立ち位置なのに、しっかりと描かれていて彼女にも感情移入できるのは先生の力量からだと思います。可哀想なのですが、二人の関係を引き立てるだけではなくて、話に更なる旨みを増しているというとてもいい女キャラでした。惚れました。
しっかりBLしているのにBLじゃないような。BLを読まない人からよく読む人まで色んな人に胸を張ってオススメしたい作品です。
また、読んでいてとても楽しかったです。細かいところまでよく描かれていて、読む度に新たな発見ができます。
本当にいい買い物ができました。心が洗われました。こういう作品があるからBLはやめられない。

5

心が洗われた!!

前々から気になっていたので購入。
表紙の美しさと、まるでアニメを見ているかのような繊細な絵がとても素敵でした!
また背景の絵が丁寧に創り込まれていました。

ストーリーものんびりと可愛いお話で、私はとても好きでした。ゲイの駿の同性愛者としての葛藤が描かれていてとてもよかったです。当て馬の女の子も魅力的でした。
帯どうり2人の純愛と美しい絵に心が洗われました!


エッチ描写も少なく、BL初心者の方にもオススメです。
また続編の春風のエトランゼも是非読もうと思います!

1

海辺の

ひたすらにかわいいが止まらない(*´▽`*)癒しBL
等身大な感じがジワジワとしみるようなお話しでした。

離島に暮らす攻。ゲイ。
海でたたずむ少年が気になった。
少しずつ近づいて、好きになった。
けれど二人は離れ離れになってしまう~なところからのスタート。
しょっぱなどうにも暗そうな少年だなーとみてたんですが
帰ってきてからの印象がガラッと変わってて驚いた。
連絡のないまま3年。
突然帰ってきて「好きだ」と告げる。
最初はどっちかっていうと暗そうだとおもっていた少年はなんだか
明るくてサッパリした雰囲気に。
ゲイな俊のほうがいろんなもの抱えてたんだなと思う部分が多かった。
それだけに妙にリアルな感じがしました。
ノンケのほうが腹くくるとwな展開も好き。

まさに眼福v

6

癒された

今注目されているので、なんとなく購入しましたが、とても満足です!

他の方々も言うように、絵が一つ一つ繊細です。優しいタッチで、見ているだけで心が洗われます。日頃の疲れが飛んでいきます笑
ストーリーも重くなく、読んだ後とてもすっきりした気持ちになります。
エロは少ないですが、キスをしたり抱き合ってる二人がとても可愛くて癒されます( ´ ω `* ) 沖縄の雰囲気がとても好きです~♪

3

イメージ通り

絵が大好きです……!!表紙の美しさと帯で一目惚れして購入しました!
本編の絵もきれいで素敵でした…!他の作家さんにはない独特な雰囲気があります。あと、風景の書き込みが細かくてすごく丁寧に創られているんだなぁと感じました!

そんなに突拍子もないって感じの話ではないですが、表紙からイメージする通り、のんびりと可愛いお話で私はとても好きでした。表紙の雰囲気が好きな方は楽しめるのではないかと思います。

私は当て馬の女の子も可愛くて好きでした(*´ω`*)割りとこのポジションの子好きになる方なんですが、相手のことを思って、身を引く潔さがとても魅力的でした!!好きな当て馬上位ランクインです笑

大好きな作品が増えました!

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ