花とクルミと甘い生活

hana to kurumi no amai seikatsu

花とクルミと甘い生活
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神6
  • 萌×217
  • 萌12
  • 中立8
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
9
得点
142
評価数
43
平均
3.5 / 5
神率
14%
著者
涼子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
H&C Comics ihr HertZシリーズ
発売日
ISBN
9784813030676

あらすじ

イギリスで園芸を学んでいた実が、インターンシップでアシスタントをすることになったのは、憧れの講師・美花さんの弟の佐倉裕司だ。だけど、学校では優秀な成績を修めていたはずの実に、佐倉が命じてくるのは雑用や身の回りの面倒ばかり。意地が悪くて、生活がだらしない。でも仕事は完璧。そんな佐倉に振り回される実だったが…?

表題作花とクルミと甘い生活

佐倉裕司,腕の良い花屋,カリスマフローリストの弟
橘実,インターン生,攻の花屋のアシスタント

同時収録作品きみのかおがみたい / きみのプロローグ(描き下ろし)

簑島健,芸大生,受の会社でバイト希望,21歳
大貫怜,リーマン

その他の収録作品

  • 花とクルミとひまわり(描き下ろし)

レビュー投稿数9

ふんわりBL

フローリストの裕司とその元でインターンシップをすることになった実のお話。
激しく求めあう恋愛のお話ではないですが、何気ない日常の中で恋に落ちるその自然さが描かれていて、何度読んでもふわっと温かい気持ちになる作品だなと思っています。

裕司は素直じゃないし仕事以外での感情表現が苦手だし、尚且つ自分自身の気持ちに疎い、という…
それに振り回される実がちょっと可哀想ではありましたが、これから先なんだかんだ尻に敷きそうな感じが(笑)
最後は勇気を出して気持ちを伝えることができた裕司を褒めてあげたいです。

そしてなんと言っても絵が素晴らしい~!
人物以外の細かい部分もすごく丁寧に描かれていて、ストーリー以外でも見所がある作品でした。
恋人になってからふたりがどんな風に甘々な雰囲気になるのか見てみたくて、続編が出てくれないかなぁと密かにずっと願っています…!

0

タイトルに「クルミ」を入れたのはどうしてですか?

好きでしたー!
絵もお話も、とても可愛かったです。

表題作「花とクルミと甘い生活」
カリスマフローリストとインターンのお話です。
花屋の佐倉の元にやってきた、インターンの実。
花の仕事がしたいのに、頼まれるのは雑用ばかりで…

佐倉が実を振り回す振り回す…
身の回りの世話から仕事の雑用まで押し付ける。
実の事が好きなんだろうけど、優しくしたり突き放したり自分勝手な攻めでした。
ただ、ハムスターのような実が可愛くて、健気で、そこに救われます。
キスまでしかありませんが、雰囲気的にこれで十分です。

同時収録作「きみのかおがみたい」
美人リーマンの怜と大学生・健のお話。
酔っている怜を健が家まで連れ帰り、居座り続けます。
綺麗なものが好きな健は、怜の顔が好き。
絆されていく怜だが、どうせ顔なんだろ…と不安に思っていて…

綺麗なものが好きな健が怜と出会い、綺麗の裏には自分の知らない顔があるのだと気付いくところが良かったです。

二作目の方が好みでした。
新作は出てないようですが、今後の作品も楽しみにしています!

1

表題作は可愛らしい

本棚整理中につき、読み返し中。

ちるちるの「作品一覧」から食べ物が出てきそうな作品を血まなこで探していたときに見つけて購入した作品です。
表紙の雰囲気もすてき、絵も好み。攻め風が食べてるケーキも気になるし、カバー裏にもケーキが盛りだくさんで興奮冷めやらぬ状態で読んだのですが、期待値が高過ぎたせいか1回目は特に萌えませんでした。本編にケーキも出てこなかったので、同時収録こそカフェの話か!?と思ったら全然違ってがっかりした記憶しかなく。
今回読み直したのも、「表紙が好きすぎて手放すのが惜しいけど本編はそんなにだったから、今後読み返さないと思う」グループに属していたからでした。

結果、
若干萌えました。

おかしいな。読む前の期待値って作品の評価にここまで影響するんですね。新しい発見です。

表題作はフローリストの恋。
イギリスの名門校で園芸を学び、コンペでは賞を総ナメしてきた実の片思いの相手は講師の美花。しかし想いを告げることもないまま、美花は准教授と結婚。傷心の実にインターンシップ先として紹介されたのは、美花の弟・佐倉の店で…。

自分勝手で外面だけは良い佐倉のもと、ひたすら雑用+家事ばかりの生活に不満を抱きつつも、小動物のような実を飼っているハムスターのように愛でる佐倉と、おかんのように佐倉の面倒をみる実。何だかんだと良いコンビです。

ストーリー的にはぼやんとしているというか、当て馬的存在も出てくるけれどそんなに大きな役割を果たしていないし、佐倉の気持ちの変化が見えにくいです。
実の方も、才能ある人に認められた嬉しさと恋心の区別がイマイチというか。意識するきっかけが、寝ぼけた佐倉に背中を触られた、運転席の佐倉が後ろのものを取ろうとしたタイミングで、助手席の実と顔が近付いてキスされると勘違いしたという2つだけなんですよね。
「そばで学びたい、認めてほしい」=必要とされたい、までは気持ちについていけたものの、その先へつながる何かが感じ取れませんでした。

じゃあ何に萌えたかと言うと、実の小動物的魅力です。
BLを読み始めたばかりの頃は「攻め受け共に身長は175cm以上が好ましく、受けは体重55〜63kgまでの細身、攻めは65〜70kgまでの細マッチョ」というごく狭い好みの世界に住んでいましたが、数をこなすうちに「小さい魅力」も楽しめるようになりまして。いいですね、小動物。ハムスター用のひまわりの種を素直に食べてしまう辺りも可愛いです。

ただタイトルの「クルミ」がどこにも出てこなかった…。この内容だと「花とひまわりの種と汚部屋と闘う生活」ではないかと。

同時収録は美人ゆえ「顔だけ」好かれるけれど彼女と長続きしない主人公と、主人公の「顔が好み」という美大生の話でした。
これが困ったことに主人公がそんなに際立って美人に見えないんです。「女?」と言われるシーンがあるのですが、ふつうに黒髪眼鏡スーツのリーマンで、溢れ出る華やかさはゼロ。
この条件下で「顔だけだから…」「みんな顔しか見てない」と言われても、「え!?ふつうだよね!?」としか思えず、ひたすら主人公が自意識過剰なひとに見えてしまいました。

あまり心理描写が得意ではないのかな、と思うものの、初コミックスのようなので今後に期待。と思ったら、もう描かれていないのでしょうか…。検索してもこの作品しかヒットせず。
絵や雰囲気は好きなので、他の作品も読んでみたかったです。残念。

0

怜さんのキャラと絵がマッチしてる

絵が好きでした。
実は、表題作はあまり好きではなく。。。
結構王道単純な感じがして
すぐに、おなか一杯になっちゃって
あー絵はきれいなのになぁと思ったのですが

『きみのかおがみたい』が
私はすごい好きでした。
不器用で美人な怜さんの家に、芸大のバイト健が
住み着いて、怜さんのこと好きになっちゃうんだけど
まぁ、これもよくある話っちゃあるんですけどね。
でも、なーんか、絵がきれいで、作品と絵がすごい
マッチしてるなって思いました。

「俺の好きなとこなんてどうせ顔だけだろ」
っていう怜さんの発言。いやぁ、この人の絵だからこそ
納得できるというかなんというか。。。
そして、怜さんよ、自分に自信があるのかないのか。。。
めっちゃ卑屈になってて面白いです。
「それは自意識過剰なんじゃ・・・好きですけど、めっちゃ」
という健の反応もなかなか美味。

絵がきれいなだけに
ちょっとストーリーが勿体ないかなぁと
思います。

0

絵を見るだけで癒される

表題作は受けの実にイギリスで目を掛けてくれた片思い中の女性講師が結婚してしまい、
会場のブライダルフラワーが目に留まったのを機に日本にいるその花を手掛けた講師の弟、佐倉の店へ行くところから始まります。

作中で佐倉は実を好きになったから、イギリスへ戻る実との別れがつらくならないように突き放すような態度を取ったのかもしれませんが、実からすれば距離が近くなってきたのに突然すぎて混乱しかなかったしょう。
それでも花の勉強はしっかりと教えてくれていたり、最後の方では振りまわしていた自覚もあって反省もしていたようなので実のことは考えてくれています。

ただ実が佐倉を好きになった理由が分からず、もう立ち直っているとはいえ佐倉の姉のことをしばらくは引きずっていたので、その弟を好きになったきっかけがフラワーアーティストとしての技術とほっとけないことの他にもあれば良かったなと思います。
姉弟は性格は似ていないけれどその辺が姉の面影を追っているようで少しもやもやしました。
題名が花とクルミと甘い生活なので2人がくっついた後の甘い生活がもう少し見たかったなぁ。


★きみのかおがみたい
内容よりも攻めが面接へ来ているのにいきなり
「美人だからお兄さんなら抱ける」と受けに言ったり
社員達がいる前で「やっぱ美人っすね、今日からお願いしまーす」と軽く言っていたのが、
モラル的にどうなの?失礼すぎるだろ…と思ってしまい話に入り込めませんでした。

でもそんな強引な人だから、人に気を使ってばかりだった受けもわがままを言えるようになったのかな。
家が裕福で綺麗なものが好きだった攻めが後日談で、子供の頃のおもちゃ(宝石や時計、バック)などを家賃分として持ってきたのには笑えました。


ストーリーに文句ばかり言ってしまいましたが、とくに表題作はキャラクターの絵柄などがとても好みでしたし花や動物に癒されるので、それを見るためにこれからも読み返すと思います。

1

ハムスターかわいい……

表題作は、受けがハムスター扱いされるだけの事もあり可愛いです。小動物みたいで、だけど頑張りやだから応援したくなる感じ。一方で攻めはクール。基本的には受けの目線でストーリーが進みますが、時折出てくる、攻めが受けに惹かれている描写が印象的でした。好きだけど遠ざけようとして擦れ違って、というのはお決まりといえばそうなのですがやっぱり萌えます。受けは素直に感情を出すけど、攻めはあくまで冷静に。でも受けのこと大好きだってことがにじみ出ていて、結局2人とも可愛いです(笑)絵柄もすごく可愛いし凝っているので是非。


同時収録作は、チャラい芸大生×美人リーマン
黒髪のツンツンした美人受けが個人的に大好きなので、ごちそうさまって感じです。ただ、攻めに決定的な惚れるポイントが……まぁBLとか恋愛物って、どこで惚れたの???When???っていうのが多いのでそこまで気になりませんが、受けは寂しさのあまりワンコみたいな攻めに懐いちゃったのかな?と思ったり。二人が幸せなら良いですけどねw

1

絵は好き

キャラクターのお顔とか好きなタイプの絵。
キャラだけじゃなく、他にも、花や細々した小物やインテリアもおしゃれでかわいい。
カバーのデザインも、カバー下が、よくある後書きとか後日談じゃなくて、ちっちゃいイラストがちりばめられているのがおしゃれ。
ほんとに、絵は、かわいいし、丁寧だし、お上手で、絵は好き。
ただなぁ、、
このコミックスには、中編のお話が2編収録されているのだけれど、そのどちらも、マイペースな攻めに振り回される受けのお話で、マイペースな攻めといっても、一応、傲慢俺様と傍若無人と、タイプは違うんだけど、まあ、どっちにしてもこの手の攻めは苦手。
それでも、絵的には好きな絵なので「地雷だわ。しゅみじゃない。」って程の拒否感はない。
むしろ、この本の評価を下げちゃったのは受けの方が、、、
自分がこの手の攻めが好きじゃないから、こんな風にされてながら好きになる受けの気持ちに感情移入できなくて、絵はとっても好みなんだけど、萌えられなかったので、ごめん、中立で。

1

温かみのある優しい絵

ちるちるインタビューを拝見して気になったので購入させて頂きました!


表題作は、
微俺様なイケメンオーナー×苦労性アシスタント。

攻めは我儘で横暴でだらしがなくて、受けはそんな攻めに振り回され悩みつつも頑張って仕事をこなしています。


私的に受けではなく攻めのデレが可愛かったです(*^^*)


あと、攻めが飼っているハムスターのちゅう吉!
動物が好きなので、物語においての重要度に関わらず、動物が出ているとポイント高いです!笑


ストーリーは、可愛らしく温かみのある絵なので一見ほのぼの系に思えますが、割と甘さ控えめで淡々と進んでいってるように感じました。


同時収録作品は、
チャラいイケメン年下大学生×クーデレ美人会社員。

受けの会社にバイトとして攻めがやって来るところから、物語は始まります。


クーデレ受けと書きましたが、真面目で話しかけ辛い感じのするクールさではなく、落ち着いた雰囲気を持ちつつも親しみやすさのあるクールさ。

クーデレとは違うかな、と思いつつ他に思い付かなかったので……。


また、黒髪眼鏡美人な受け、好きな方も多いのではないでしょうか!?私は大好きです!!笑


正直、内容的には萌評価か萌×2評価か悩むところなのですが、絵が本当に可愛くて私のツボに入った為、萌×2評価とさせて頂きました。

表情の描き方が上手いなぁと思います。


ちなみに、表題作はエロ無しですが、同時収録作品には少しだけありましたよ!

1

攻めに振り回されるお話がふたつ。

色合いがキレイで可愛らしい表紙に惹かれて購入。
ほのぼの癒され系の本だろうなぁと予想して読み進めましたが、
想像ほどではなかったかな~~という印象。
ほのぼの系ではあるんですが、
コマ割りのせいもあるのかなぁ、
意外と(特に表題作は)話が淡々と進んでいく感じで、
切なめな展開になってもちょっと感情移入しにくかったな…
でも、
絵はとても丁寧でキレイで見やすく、それはよかったです。

■表題作「花とクルミと甘い生活」4話+描き下ろし
舞台は花屋。
クールでイケメンだけど我儘で生活能力のないオーナー(表紙右)と、
その姉に恋心を抱いていたインターン生のアシスタント、
ハムスターのような見た目の男の子(表紙左)との、キス止まりのお話。
お仕事と恋愛が半々な感じの内容でした。

オーナーがハムスターを飼っていて、
アシくんを同じように扱ってヒマワリの種をあげるとか、
アシくんの仕草がハムスターにそっくり~なのとかが可愛いかったです。
ふたりは仕事場も住むお家も一緒、
アシくんはオーナーのお世話をしつつ我儘にに振り回されつつ、
その言動が気になっていって…

オーナーはアシくんに、
「出て行って」って言ったり「行かないでよ」って言ったり、
突き放したと思ったら追いかけてきたり…
そんなんなんで、
オーナーの言動と展開にわたしはちょっと焦れ焦れイライラしました(汗)

■「きみのかおがみたい」3話+描き下ろし
こちらはエロありで恋愛色が表題作よりも強め。
アルバイトの面接に来た軽めの大学生(年下ワンコ攻め)と、
面接をしたリーマン(美人眼鏡受け)が電車で再会。
それが、受けが彼女にフラレて飲み過ぎてボロボロになっていた時で、
酔った受けは攻めにエッチされてしまったうえに、
家に居座われてしまって~~~そんな始まりのお話。

積極的に迫ってくる年下に、
ノンケの受けは動揺し振り回されつつも、
彼女には見せれなかった我を出せて居心地がよく、ほだされていく。
けれど、受けは不安に思うことがあり、さらに誤解も…

生意気な攻めが年下らしい表情を時々見せるところと、
受けの泣き顔が色っぽくてよかったです。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う