ちいさな島のやさしい恋

chiisana shima no yasashii koi

ちいさな島のやさしい恋
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神79
  • 萌×250
  • 萌21
  • 中立6
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
15
得点
664
評価数
161
平均
4.2 / 5
神率
49.1%
著者
麻倉カムイ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
発売日
価格
¥657(税抜)  
ISBN
9784801952850

あらすじ

ちいさな島の、ちいさな診療所。
他界した父親の残した診療所を継いだ倉沢静と、そこでアルバイトとして働く静の昔馴染みの高校生、ツトム。
いつも無表情なツトムは恋愛には疎い方だと思っていたからどんな反応をするのかとふざけてキスをしかけたら、いつもと違う雰囲気に。
ちょっとした好奇心のはずだったのに、転がり出した欲望はもう止まらない…!?
そんな中、父の転勤で島を離れることになったツトム。
離れ離れになってしまうふたりはどうなってしまうのか――!?
ちいさな島で繰り広げられるやさしい恋のおはなし。

表題作ちいさな島のやさしい恋

倉沢静.ちいさな島の診療所の医師
真崎ツトム,高校生,診療所アルバイト,17歳~

同時収録作品遠い異国の一途な恋

テッド・ハリス,受の出向先の会社の社長,アメリカ人
マサキ,リーマン,ツトムの父親

その他の収録作品

  • ちいさな島のやさしい恋 後日談(描き下ろし)
  • あとがき
  • カバー下:おまけ漫画「ちいさな島にテッドきたる」

レビュー投稿数15

ショタっぽいけど一途だから好き

小さな島で暮らす診療所の先生しーちゃんとそのしーちゃんにとても可愛がられて育ったツトムのお話です。

ツトムは小さい頃に育児ノイローゼでおかしくなった母親から刺されて、言葉があまり出ない子になって父親の実家である島に預けられるのですがそこでのしーちゃんとの関わりが読んでいてとても癒されます。高校生だったしーちゃんからもらったパンダのぬいぐるみをどこに行くにも連れていて、ご飯の時には自分の横にぴったり座らせて、その構図がものすごーく可愛いです。そういう小さいときからを読んでいるので高校生のツトムがしーちゃんのことを好きだと告白したり、しーちゃんもヤバいと思いつつ、ツトムにエッチなことを教えたりと言う展開になると、ショタの年齢ではないのに読んでるこちらとしてはイケナイモノを見ている錯覚を起こします。
ツトムがなにもしてこないしーちゃんにTシャツをペロンとめくって「触らないの?」と言うシーンはまさに"悩殺"されました。

ショタっぽい見た目だし、言葉も少ないので戸惑いもありますが小さい頃からずっと好きだった人と結ばれるとか、可愛がっていた方も気づいてないだけでずっと特別だったという設定は大好きなので萌え×2の評価です。

0

騙されたと思って!

BLニュースで知ったり、BLソムリエで薦められ、これは私の為の本では?!とずっと思っていた作品。
ただ、表紙を見るかぎり心引かれず、絵柄も私好みじゃない。。。

そんな風に思っていた私を回し蹴りしたい!
表紙で手を止めた方には、思い直して欲しいです!
可愛すぎる!!

18才には見えない幼さと華奢な身体のツトム。ツトムの住む島の診療所で働く静。
ツトムは幼い頃に母親からの暴力により心を閉ざした少年だったが、そのころから静に惹かれ続けていた。ツトムは診療所にバイトに来ており、静もツトムに好意を持っていた。
一度手を出したら、一気に両思い。

話の流れとしては、よくある感じではありますが、そんなの吹っ飛ぶ可愛らしさ。
世間を知らず、一途なツトムがたまらないです!

そして、ツトムの父マサキの話も、ぶっ飛んでいて良かった。
身体を重ねでも、まだ気付かないマサキと、社長テッドのこの先が読みたいです。

レビューなのに、可愛いしか書いていませんが、ホンワカ、体格差が好きな方には、オススメの作品です。

0

可愛い絵が故に

ツトムの外見もからも、中身からも男を感じませんでした。
小さい頃から一緒にいるとはいえ、
男同士の抵抗が一切なく結ばれる違和感。
男女のカップルでも成り立ったのではないでしょうか?!

島から離れての大きな病院での、しーちゃんと同僚たちとのやり取りが面白かったです。堂々とデレてみたりブラックだったり、しーちゃんの個性を楽しめます。
相手を振り回すことがあっても、相手に振り回されることはなかったであろう描写が、ツトムへの特別な愛を感じられて良かったです。

ただどうしても、何回読んでも、ツトムが男である必要性を感じられず、中立で・・・。

0

回想シーンで少しウルっ

なんとなく軽い気持ちで読んでみた作品ですが、当分の間頭から離れなかったです。何度も読み返しました。
設定などは他の方が書かれているので割愛しますが、やはりツトムくんが小さいころの回想シーンは子どもの出てくる話がニガテな私でもウルウルしてしまいました。
人によって好き嫌いが分かれると思いますが、ツトムくんの幼い姿の絵がとにかく可愛くて・・・・・。話と話の間の扉裏ページ?に入ってくるカットを全部まとめて保存して愛でたいくらいでした(笑)
しーちゃんからもらった大切なパンダのマスコットを栗拾い?で山に落としてしまったツトムは必死で山に探しに戻るんですよ・・・(T_T)パンダと一緒に寝る姿や一緒に歯磨きする姿を見ただけで読みながら若干目をしばしばさせてしまいました・・・・。
おばあちゃんの優しさとかお父さんの愛情とか、もちろんしーちゃんとの心のつながりもすべてがあったかくて、自分の中の「悪い人間毒素」が消毒されていくようで、何も悪いことしていないのに「ごめんなさい」と思ってしまいました(笑)
BLの中で重要なシーンもちゃんとエロくて、色っぽい。しーちゃんが我慢できなくなるのに納得せざるを得ないかんじです。
お父さんの話も続いていくような雰囲気でしたから、続きが読みたいですね。
絵の美しさは私の中でとても重要な要素なのですが、それも表紙から受ける印象を軽々超えるレベルでしたし、作画も丁寧。そこも大変良かったです。(たまに表紙に騙されたりするので・・・(^_^;))
間違いなくおススメです~(^^)v

5

びっくり!

表紙そのまんまの印象で、お医者さんと高校生の優しくて穏やかで心に沁みるピュアラブストーリーです。

この作家様、電子書籍レーベルではちょくちょく拝見するので作品もこれまでにいくつか読んだことがありまして、大変失礼ながらもいかにも電子配信のBLだなぁって読み捨てていたものですから、電子とのギャップにびっくりしました。
評価が良いのも納得です。
ツトム(受)はピュアで本当に本当に可愛いし、しーちゃん(攻)は過去から現在までずっと面倒見のいい優しいお兄ちゃんって感じで、二人の間に流れる空気感に癒されます。

ツトムとしーちゃんの出会いはしーちゃんが高校生の頃で、そこからの付き合いなのですが、幼少期(島に来る前)に悲しい経験をしているツトムは出会った頃は全く言葉が発せず、それでもしーちゃんは面倒くさがることもなく鬱陶しがることもなく小さいツトムといつも遊んであげてて、出会った頃からもう唯一無二の特別な関係なのですよね。
回想で出てくる二人のエピソードのどれもこれもにキュンとします。
しーちゃんがあげたパンダの小さいぬいぐるみを常に自分のそばに置いて生活しているチビツトムの可愛さにはキュンキュンが止まらなかったし、喋れないツトムがパンダのお礼に絵を描いてそこにしーちゃんへのお礼の言葉を添えていたのには不覚にもうるっときてしまいました。
成長してからのツトムは普通に話せるようにはなっているのですけど、それでもやっぱり言葉多くはないので、たまに発する一言がすごくグッとくるし、時にはしーちゃんじゃなくともドキッとさせられます。

でもって、ストーリーのピュアさに反して、二人のエッチがめちゃくちゃ色っぽいのが良いです。
激しく描写されるよりこういう静かにエロい方がちゃんと色気を感じられて好きです。
ピュアが故のツトムの積極さも可愛いくて良かったです。
やってもらったことをやってあげたい、ってことでしーちゃんの穴をほじろうとしてましたからね(笑)
入れちゃえば良かったのに!
最後のエッチ(=初挿入です)のオチには笑ってしまいました。
しーちゃんずっと我慢してたもんね~。しょうがない。

あと、ツトムビジョンで見る実物よりカッコよさ数割り増しのしーちゃんも良かった!(笑)
ツトムビジョンがないコマのしーちゃんでも、ああ今ツトムにはきっとこう見えてるんだろなって妄想が捗りました。

描き下ろしの初ツトム視点がまたすごーく素敵で。
ツトムがどれほどにしーちゃんに恋焦がれていたのかが分かってさらに萌えとキュンが止まらなくなりました。

良かったです、すごく。
いいお話読んだなって感じです。

ちょっと残念だったのは、デフォルメキャラを多用されているのでツトムの本当の見た目とサイズ感がいまいち掴めないところでしょうかね。

4

温かい人たちに癒されます

ちいさな島の緩やかで静かで温かいお話でした。出てくる人たちがみんな優しくていいなー。しーちゃんとツトムはもちろん、おばあちゃんや島のお年寄り、しーちゃんが働く本土の同僚。ツトムのお父さん。ツトムへの気持ちに気がつく前からしーちゃんはツトムには特別に優しくて、ツトムのことを誰よりも理解しているのがよくわかります。
 2人の過去のエピソードがどれも秀逸でなんども読み返してしまいました。言葉で伝えることが出来ないツトムに「シャツでもズボンでもどこでも2回引っ張る」のが2人のヒミツの合図だよ、というしーちゃんにコクコクと2回うなずくツトム。しーちゃんにもらったパンダののマスコットを大切に大切にするツトム。森で迷子になった時には、ツトムをよく理解しているしーちゃんだから、見つけることが出来ました。見たことのないツトムの顔が見たくてキスをしかけたしーちゃんでしたが、思い掛けないツトムの告白を受けて、ツトムが好みのタイプだと気が付いて、そうなるともう止まらなくて・・・。ツトムは可愛いし、しーちゃんはカッコいいし、2人が惹かれあうのも自然で、キュンとするとても素敵なお話です。一つだけ残念だったのが、2人のエッチシーンがとても詳細でエロいのですが、ここはもっとさらっと、雰囲気で見せるような描写だったら神評価になったかもしれません。
 書き下ろしの「僕が何度もしーちゃんに恋をしたからだ」からのモノローグにじんとします!!!

2

ひとつだけ気になったこと

タイトル通りのやさしい恋。
腐友さんに「きっと気に入るよ♪」とお墨付きをもらって読み始めましたが、本当に素敵なお話で大満足でした。

あらすじは皆さん書いて下さっているので省いちゃいますが、
とにかく、幼少期に切ない経験をしたツトム(受け)が
しーちゃん(攻め)のような運命の人に出会えて本当に良かった!!
これに尽きます( ;∀;)

しーちゃんはツトムにはメロメロに優しいですが
誰にでもそういう態度じゃないところが面白かったです☆

例えば同僚などには、クールだったり素気なかったりするのに、
ツトムにだけは、周囲が呆れる程の特別扱い(;´∀`)
ツトムがしーちゃんの勤め先の病院に来た時の、
しーちゃんのドヤ顔と、同僚達の引き気味の心の声には笑いました。

ツトム側の感情は、染めた頬や、キラキラした瞳から読み取ることになり
それがとても心地よく優しくて、癒されましたね~。
本当に可愛かったです!

私が好きな場面は、しーちゃんにもらったパンダのパン吉を
大事に大事にしている幼いツトムの様子が、1頁丸々描かれているところです。

お風呂も歯磨きも肌身離さず、出掛ける時は手のひらにギュっと握って、
眠る時は小さなお布団をかけているんですよ!
なんて可愛いんでしょう(≧▽≦)!!

それから、もうひとつは成長後のツトムの場面。
しーちゃんの家にお泊りするツトム。
イチャイチャ出来るのかな♪って期待にソワソワしてるツトムと、
考えるところがあり、何もしかけて来ないしーちゃん。。。
布団を並べて寝た時に思わずツトムは、モンモンとHな想像を…?

…ではなくて、頭の中のイメージは、
向かい合って手を握り合っているだけの二人のシルエットで、
キスすらしていないのですw
そして背景にはハートが飛び散っているという、
なんとも穢れなく可愛らしい妄想が最高にツボでした!!

そして幼少期のエピソードは全て大好きです。
おもらしをしてしまってぷるぷる震えるツトムに
優しい言葉をかけてあげるしーちゃん。
心に傷を負い、声を出すことが出来ないツトムに、
服を2回引っ張るのが二人のヒミツの合図と決めたこと。
夜の森に迷い込んだツトムを、責めないしーちゃん。
そしてその胸で思い切り泣かせてあげた夜。
こうやって書き出しているだけでも
涙腺がゆるんで、心が満たされるような暖かさを感じます。

スピンオフの、ツトムの天然お父さんの恋も楽しかった!
カバー裏で、お父さんの年下恋人(未満)のテッドと
しーちゃんの反りが何故か合わないのがすごく面白かったので、
その後の展開をぜひ読みたいと思います。

ひとつだけ気になってしまったのが
しーちゃんの問いかけにツトムが「コクコク」と2回うなづくシーンがとても多いことです。
ツトムなら「コクン」と一度だけゆっくりとうなづくんじゃないかなぁ。
少しせわしなく、せっかちなイメージに見えてしまってその点だけ残念でした。

全体的にほんわか暖かなお話ですが、
噴き出してしまうような面白展開も多くて楽しく読めます。
また、絵もとても丁寧で、
家の外観や塀、森や空などもしっかり描きこまれていたのが好印象でした。
序盤は体の線が安定しない部分があり、バランスもイマイチでしたが
終盤になると、裸体や絡みの絵もとても綺麗になっていました。

早く次の作品が読みたいです(*^^)v
ツトムとしーちゃんの続き、お父さんのスピンオフ、両方期待したいです!

7

大切な一冊になりました^^

好きです!!この作品♪

生き方もゆるーく攻めなお医者様のしーちゃんと心に傷を負いつつもピュアなまま成長したツトムのタイトル通りの恋♡

島ののんびりとした日常の描き方はまさにやさしい時間が流れる物語。
幼いツトムが受けた傷はあまりにもセツナイ出来事ですが
しーちゃんとの運命的な出会いがあり、救われていきます。
過去編や回想シーンに出てくる幼いツトムがけなげで、そしてとても
カワイイです♡

ツトムがあまりにもカワイイので正直エロなしの展開かと思っていたのですが・・・普通に過ごす日常の中で清潔感いっぱいなのにジワジワくるエロさです。
信頼しているしーちゃんだから、初めてだらけのツトムも積極的です。
しーちゃんがしてくれたことはツトムもお返しします。
しーちゃんの*をほじほじ始めたときは『いいぞ!ツトム!』と鼻息荒くなりましたっ
とにかくHのバリエーションが豊富です。作画もキレイです。
白衣姿からは想像できない細マッチョのしーちゃんが、ツトムを大切にゆっくりガマンしながら少しづつ進むさまがいいなー。
ツトムを膝に乗せたり、いたわりの言葉をかけたり
作家さん素晴らしいです!!
いままでのどのBLコミックよりも私にとってはどれもこれもが印象に残るHシーンでした。

いざとなると口数の少ないツトムが一生懸命に自分の想いをしーちゃんに伝える場面と、逆にしーちゃんがココロの中で葛藤(おもにHの暴走時)という場面の対比が面白かったです♪

恋という枠を超えたもっと大きな絆を感じる二人なので
まだまだ続編が読みたいなーって思います。
本土のしーちゃんマンションでの二人とか・・・♡
同時収録のスピンオフ作品も続きがありそうですし(期待感大)

そうそう!!
重要なサブキャラ(?)のパン吉はじめツトムの持ち物に描かれている
パンダがカワイイんですよね。
バリエーションでご苦労されたと拝見しましたが
丁寧に作り上げてくださった作家さんの思いを感じます。

繰り返し読んでほっこりしています。



6

やさしさに癒される

作家インタビューコーナーにupされていて
絵も好きそうな感じだったので気になっていた作品。
そういえばQpaコレクションの作品は久々に読みます。

私の場合ツトムのキャラゆえHシーンにはあまり萌えられなかったのですが、おそらくそれは好みの問題だと思います。逆に嫌だなと思う部分はなかったかな。しかし脱ぐとすごいボディのしーちゃん(静)。細マッチョどころじゃない。どうやって手に入れたのかが気になるほどの完璧6パック。

で、エロスばかりではなくこちら、とってもいいお話なのです。
しーちゃんのやさしさは一冊通して本当に胸に沁みる。ウルッとくるたびQpaだよね?としつこくカバーを確認。ツトムがどれだけしーちゃんを好きなのか、ものすごく伝わってくる展開といえるのではないでしょうか、そしてふさわしいラストになっていると思います。過去番外編は際立ってすばらしい作品で、そこばかり何回も読んだ。だって、このときから"すでに恋"なんだもの、すごい。「しちゃん」(笑)!それにしても、人の心をこんなにも長くつかみ続けるというのはすごいことです。

細やかなエピソードが非常に魅力的なので、エロ控えめで(エロも好きですよ)、ストーリー重視の作品というのもぜひ読んでみたい作家だと思いました。その気持ちを込めて、萌2です。

本作中『遠い異国の一途な恋』ツトム父のセリフに
チビツトムの絵が当てられていたのでまた泣いてしまったしね。


ネタバレチェック無しで書きたかったのですがやっぱりツボだった点がどことなくネタバレを含んでしまう...

5

acop

詩雪さんコメントありがとうございます!
私も随分前に読んだ作品だったのですが、先日何かの拍子にタイトルを目にすることがあり、「これはレビューを書くべき作品だったのに書いていない!」と思って書いたんです~。
ホント、あの扉絵はね、トレースして手帳に貼っていたこともあるんですよ(笑)
麦わら帽子のあの絵とか、しゃがんでいる絵とか、パンダを握りしめている絵とか・・・もうたまりませんでした(^_^;)
賛同してくださって嬉しいです☆ありがとうございます!
P.S.しーちゃんのナイスバディはちょっとスルーしてました(笑)詩雪さんのレビュー読んで慌てて見直しましたよ!確かに、どうやって手に入れたんでしょうね~この6パック・・・・www

13歳差の恋

高3だけど随分幼く、口数が少ない受けのツトムと、そんなツトムの気持ちを言葉なくとも理解する医師の静の、離島での恋物語です。

発売当初は特に気にならなかったのですが、ちるちるのレビューを見て興味が湧き、購入。結果、読んでよかった!!


純真無垢なツトムに軽い気持ちでキスを教えたところからふたりの関係は徐々に変化していきます。見るからにピュアで可愛いツトムが乱れる姿はかなり萌えます。そして、ツトムが昔から静が大好きで、かけがえのない存在であるということが全体を通して凄く伝わってきて、愛おしく思えます。


一方の静もツトムを特別に思っていて、同僚へのドライな態度とツトムへの態度を見れば一目瞭然(笑)さらには、大人の色気と余裕をかましてるくせに、ツトムのこととなると頭の中に変態用語が羅列される物凄いギャップの持ち主です。笑わせていただきました。


ツトムは辛い過去を持ちつつも優しさを忘れず常にいい子だけど、それは静がいたからなのかな、と思うと目の奥が熱くなります。喋ることをほとんどしないツトムが、静の行動を伺い、必死に思うことを伝えるというのはとてつもなく勇気が必要だった行動だと思います。

そして、ツトムを成長させて愛情を注ぎ続ける静も相当優しい人なんだろうな。

心温まるお話なのにエロもギャグも楽しめて、大満足です!

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う