ライバル校のボスと美人の参謀が織りなす甘酸っぱい学園ラブストーリー

いじっぱりヤンキーの恋のつづき

ijippari yankee no koi no tsuduki

いじっぱりヤンキーの恋のつづき
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×211
  • 萌8
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
85
評価数
25
平均
3.5 / 5
神率
12%
著者
白松 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA(エンターブレイン)
レーベル
B's‐LOVEY COMICS
発売日
価格
¥680(税抜)  
ISBN
9784047305670

あらすじ

白鳳学園ナンバー2の比呂は、ライバル校・黒鴎高校のボスの久賀が大嫌い。
そんな二人の仲を心配した白鳳のボス・慶に、比呂は一週間黒鴎で過ごすよう命じられてしまう。
寮住まいの久賀の部屋に泊めてもらうことになるが、迫られたり、キスされたり振り回されてばかり。
けれど比呂には素直に久賀を受け入れられない理由があって……。

表題作いじっぱりヤンキーの恋のつづき

久賀秀明,黒鴎高校のボス
望月比呂,白鳳学園の参謀

同時収録作品恋とトマトとヤンキーと

辻元仁,元スーツアクターの校務員
宇賀見慶,白鳳学園のキング

その他の収録作品

  • その後

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

んー!!かわいい!!

可愛い絵柄に惹かれて購入。内容も表紙を裏切らない可愛さでした。登場する高校生たちが、みんな違うタイプだけど可愛いんです……

表題作が始まるのは後半からです。前半は、元スーツアクターの校務員×美人で天然だけどケンカの強い学校のキング。受けの慶は昔から攻めの辻元に憧れていて、学校での出会いを機に、距離を縮めていく。

ボーっとしている時やキングと呼ばれている時の慶は色気があってとてもかっこいいのに、辻元さんの前ではピュアで癒し系で子供らしくて可愛いです。おじさんが手を出すのも納得ー(笑)

そんな慶を過保護に見守り、辻元を目の敵にしている学校のNo.2、比呂が表題作の受けです。相手は、対立校のNo.1で幼なじみの久賀。序盤では腹黒で変態的なギャグキャラだった比呂が、こんな切ない感情を抱いていたとは……という展開に萌えました。


コメディとシリアスのバランスがとれていて、かつ、二組のカップルの話がはちゃめちゃに詰め込まれることなくほどよいスピードの展開で収まっていいて、とても読みやすかったです。猫のシロたんかわいい!

3

可愛いんですけど…

初読み作家さんです。
電子書籍で1話目が無料だったのと『ヤンキー』というタイトルにつられて読んだのですが、期待していたのとはちょっと違うヤンキー君でした。
評価は萌と中立で迷いましたが、あともう少しかな~という印象の方が強かったので中立にしました。
丸ごと1冊表題作シリーズで、2組のカップルのお話が収録されています。
どちらにもヤンキー設定のキャラが登場するのですが、垢抜けた外見で綺麗な子達です。
一応喧嘩シーンはあるのですが擬音などでぼやかされているので、暴力シーンが苦手な方でも大丈夫なのではないかと思います。
私はやんちゃなヤンキー物が好きなので、どちらかというと最初の頃の口も目つきも悪くなる比呂の設定が好きだったのですが、後半で彼が主人公になったお話では乙女なキャラになってしまったのが残念でした。
最初の方のお話『恋とトマトとヤンキーと』の後半では言葉遣いもオネエっぽくなってたので、「あれ?キャラ変わってる?」とは思ったのですが…(汗)。
絵も綺麗で読みやすく、トントンとお話も進むのですが、コマとコマの「間」がほとんどなく、盛り上がる所で間がもっとあればまた印象が違いそうだな、と思いました。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ