1/365の恋人

1/365 no koibito

1/365の恋人
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×238
  • 萌32
  • 中立10
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
19
得点
293
評価数
89
平均
3.4 / 5
神率
7.9%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA(メディアファクトリー)
レーベル
フルールコミックス
発売日
価格
¥680(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784040677019

あらすじ

「俺より好きな相手ができるまで、
年に一回誕生日にデートしてやるよ」

高校の卒業式の日、
思い余って告白した隆史に、
颯はそう言ってくれた。

それから10年――。

律儀にデートの約束を守る颯に
隆史の思いは募るばかり。

…このままじゃ、
ノンケ相手に
片思いの人生だ。

区切りをつけるために、
“好きな人ができた”という
嘘をつくことにしたが……。

<<せつなくも挑発的でエロティック!
友情と欲情に揺れる片恋ストーリー>>

コミックス描きおろし1話分収録!

表題作1/365の恋人

津田颯(28・会社員,高校時代の同級生)
綾瀬隆史(28・会社員,高校時代から片想い)

その他の収録作品

  • 涙(描き下ろし)
  • あとがき。
  • カバー下:漫画

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数19

七夕に出逢う恋人たちみたいな。君のその涙に触れるまで。

年に一度、隆史の誕生日を祝うという名目で、会う約束をする颯。
突然の男からの告白にビックリした颯の、けれど大切な友人である隆史への精一杯の友情。
振ってしまったことへの譲歩。
颯の10年の間にも、この1/365日が、とても大切な日になって行ったこと。
その時々で、付き合っている彼女よりも大切にしている日になっていたこと。
小さなエピソードですが、挟み込まれたその描写にグッと来ます。
隆史は、律儀に約束を守ってくれている颯への申し訳なさと募るばかりの想いに見切りをつけたい。
まさか、その小さな嘘が二人の背中を押してくれる…。
もしかして、そんな嘘など吐かなくても。二人の気持ちは醸成されていたのかもしれません。
隆史が、付き合った途端、女扱いする颯に露骨に嫌な感情を持ちますが、そういうところにも
男同士の難しさを感じられました。他のBLでもこれはよく見られるシーンです。
颯の「テンプレで悪かったな、こっちも必死なんだよ。」というセリフに萌えます。
そういうことをちゃんと言ってあげる。相手の気持ちが分からないからこそ、分かろうとする。
ノンケだからとか、ゲイだとか。そういう線引きの上じゃ無いところに颯の方は、もう居る。
そういうことが分かって、すごく安心しました。
10年の重さに比して、凄く短い間でまとまってしまうので、物足りないんですが、
周りの人たちも温かくて良いです。相談にのってあげているゲイ友。佐々木さん。
隆史を思って「ノンケだから、気を付けなさい」と一旦は忠告するものの、隆史を思いやって
「かける言葉を間違えたわ。必死にしがみついてやんなさい。」と言い直す。
隆史の職場の人たちも、勿論そんな事は知らないが、真面目に働く隆史のたまの有休の為に協力するとか。部活の仲間たちに颯がカムアウトして、驚かされる隆史だが、大切な仲間たちは温かく見守ってくれている事など。出来過ぎかもしれないけれど、それは二人のこれまでの人間性に依るものだとも思う。ここに家族、とか入ってくるとまた大変なのかもしれないし。それはまた別の話になってしまうんだろうけど。
1/365日のロマンティックな結末としては、上出来だと思うのだ。
綺麗な隆史の流す、その美しい涙に触れるまで。
恋に性別は関係なくなっちゃったな、っていうことを受け入れるまでの。
10年の歳月を経た、颯の物語でもあるのだと思いました。

0

二人の緊張感にハラハラドキドキ

なんか設定と話や絵柄に既視感があると思ったら数年前に試し読みしてました。

切ない片想いからの。
10年長いですね。自分より好きな人ができるまで毎年誕生日に会ってくれるなんて言われたら他に誰かを好きになんてなれませんよね。

隆史の一世一代の嘘に颯が予想外の反応をして。

そこからはどこかあやうい空気で緊張感がありハラハラドキドキしながら読みました。
いつ颯が態度を変えるか、やっぱり無理だと言い出すんじゃないかと。

でも颯も実は隆史に会うのに毎年頑張ったり隆史好みのスーツ姿で行ったり。
誰かに隆史を渡したくなかったんですね。

高校時代の回想でも隆史の気持ちを知っていての過剰なスキンシップで緊張する隆史に気持ちを確認したりして。姑息ととるか独占欲ととるか。隆史の気持ちには答えられないけどまだ自分を好きか確認したかったのかな。

北海道で初めて会った時に颯に女扱いされて落ち込む隆史の気持ちが切なかったです。
でも颯もどうしていいかわからなかったんですね。

腹を決めたら颯は堂々として。隆史良かったね!
ノンケ相手ですからまだ不安ですが10年諦めなくて良かった。粘り勝ちですかね。
絵がキレイで隆史が儚げでお話に合ってました。

0

やっぱり惚れた方が弱い

神評価と迷いました。
ただ恋人になってからも、惚れた受の方が弱い感こびりついていて萌2にしました。

まず高校時代。告白される前から颯は隆史の想いに気付いています。
分かっていて、やたら触れたりしてたんです。
しかし告白に応えるつもりはなし。でも年に一回は絶対に会ってくれる。
これも毎年まだ自分のことが好きか確かめてたりするんです。
それでも良いんです。ただそこから!付き合ってから!もっともっと攻→→→で愛してほしい。
そんなの夢物語だって分かってるんです…これがリアルなんですけど。
こうなると隆史は「好きな人ができた」の嘘をもう少し引っ張っても良かったのにと思ってしまいます。

颯なりに頑張ってくれて、誠意もバッチリです。
でも同窓会での言い方とか、やっぱり終始攻が優位な感じが残りました。
隆史がすごく健気で愛おしいキャラだからこそ、もっともっと幸せな姿が見たいです。
絵・キャラ・設定・言葉の表現どれもすごく美しいです。
隆史に感情移入しすぎなければ、神。

0

両想いになれるってホント素敵な事。

「日の当たらない…」を3冊一気購読しましてとても感動しました。
で、私的には以前読んだこちらの作品もとても好きで再読してやっぱりお薦めしたいなあ、思ったのです。
綺麗な絵柄で、とても丁寧に描かれているので読みやすいです。

10年も攻めを思い続ける切ない隆史君の想いや、ノンケの颯君が隆史くんへの想いを恋愛感情だと気が付いてお互いを信じるまでに至るさまを相手の言葉や行動ひとつで揺れ動き一喜一憂する複雑な心情を良く表現されていると思います。

既読後の受け取り方はそれぞれあるかと思いますが、両想いになるまでに10年をかけたこのエピソードはとてもリアルに感じました。
私の好きな別の漫画で、ノーマルの兄がゲイの弟にいうセリフがあって…兄が明らかにゲイの相手を好きになってるのになかなかはっきり出来ない状態を弟がいさめるのですが兄は弟に「おまえは明日から女を愛せと言われて出来るのか、セクシャリティーを超えるのは難しい事だ、時間がかかっても当然じゃないか」っと。

まさにその通りで、同性に対してノーマルの人が恋愛感情を自覚するには長い時間がかかって当然ではないかと。

また、10年も好きで諦めかけていた隆史君が、颯君にいきなり好きと云われても信じられない…喜びと不安で手放しで喜べない、颯くんの行動が何か腑に落ちない気持ちも当然だとおもいます。

それでも両想いになり隆史くんを安心させようと先走りつつも一生懸命な颯くんを素直に応援したいし、こういうハッピーエンドは本当に私は好きです。

2人の姿をみて良かったね、と優しい気持ちになれる作品だと思いますのでもし、よかったら是非読んでみて下さい。

2

タイトル


タイトルの365/1ってそういう意た味だったですね。
年に1回。しかも誕生日の日に。た
ロマンチックだと思います。たたいうあ
普通ならこんな約束ごと思いちてああち浮かばあうおあういないたです。あ

(どう打ったのか自分でもわかりませんが、上記に暗号が混じってるようです とりあえず、そのまま載せます)

職場の女の子めっち良い子。

まあ、戸惑いと不安はあるよね。
10年片思いで何もなかったんだし。

でもね、一度は断ったのにとか思ってしまう。
好きに変わったきっかけはなんだったんでしょうね。

あの昔にした約束はロマンチックかなとも思うけど、一度は断ってるんだし見方を変えれば隆史の気持ちを弄んでるようで残酷にも思えます。

颯の好きって気持ちが薄い気がします。

そのうち女の子と浮気しそうなだなって思いました。

1

絵が繊細(ネタバレ)

片思いの話が好きなので、読んでみました。

みなさんの言った通り、作者の絵がすごくきれいで、特に表紙の絵は気に入っています。色気があり、儚い感じで、男(攻めさん)を後ろから抱き付きながらも、流し目でこちらを見てくるのです。一目ぼれしました。w

内容も悪くありません。主人公が健気で、片思いから、付き合って、セックスをする。その過程がすごく繊細で、よくあらわされていました。
攻めに対しては少し不満ですね。最後で同窓会の時に、付き合ってるということをみんなに報告するのですが、もし受け入れなかったらどうするんですか~みたいな気持ちです。でも、結果的に良かったです。

意外とさっぱりと読めて、一応萌はしましたが、なんとなくもう少し内容が欲しいような感じがします。色々言って、すみませんゴメンなさい・・・(´_`illi)




1

ほんのりネタバレ?

ノンケ×ゲイ(片思い)は好きな設定で
お互い気持ちを知っているのに
友人関係を続けると言うのも好きなシチュエーション。

長い年月の片思いが成就したわりには
受けの気持ちの盛り上がりは描かれず
それどころか優しいエスコートを受けて
女扱いされているのでは?と悩んでしまいます。

後半で攻めの子が周りに交際を明かしたがるのが
唐突で???でしたが、ノンケの彼は
セクシャルマイノリティーの辛さを知らないからなぁ…と自分で納得。

片思い、成就、ノンケとゲイの感覚の違い
もうちょいじっくり描いて欲しい感じもありますが
作者さん初BLとの事なので次回作がたのしみです。

1

”少女”の切ない片思い

高校の卒業式、ノンケの颯は隆史の告白を受け入れることはできないけど、隆史に好きな男ができるまで一年に一度、隆史の誕生日にデートすることを約束する。
それから10年、年に一度のデートを生きがいにしてきた隆史の片思いは切なく、颯に受け入れてもらえた時は良かったねと思える。
恋人となって初めての夜、颯が恋人としてエスコートしてくれるのを隆史は喜びつつも女扱いじゃなく男である自分を見て欲しいと、颯を拒絶してしまう。BL的に盛り上がる展開なのに「男の自分を」という隆史がそれまでの言動から少女にしか見えず、説得力に欠ける気がしました。
他にも同僚たちのサポート、親しくもない人にも恋人として紹介しようとする颯など、唐突だったり共感できないエピソードが盛り込まれ、贅肉がついたストーリーという印象もあります。
ただ隆史の片思いはやっぱり切なく、部活仲間たちの祝福は隆史の片思いを10年前から知っていたからだろうと心温まる部分もあります。
深みはありませんが、読後感が良くサラーっと読める話です。

4

設定が切ないわりにちょっと物足りないかも

あらすじを見て相当悲しい片思いものだなと思いましたが、
結構早い段階で両思いになったことがびっくりしました。
まあ全体的にページ数が少ないからしょうがなかもしれないが、片思いものの醍醐味はやはりその駆け引きの過程だと思うんですよね。
そこがもっと細かい描写があれば完璧なんですが…
片思いもの好きな私としてはちょっと物足りなかったです。
途中の攻め側目線もよかったです、やはりもうちょっと描いて欲しかったです。
前半は片思い⇒両思いなんですが、後半は恋人にはなったが空間的にも心理的にもまだ距離がある二人のすれ違いを描きました。
「別に女として扱われたくない」と悩む受けの気持ちをとても繊細なモノローグで表現するところが素晴らしかったです。
ノンケとゲイの恋事情をこういう目線で語るのが新鮮だったんですね。
すごく萌えたのは、攻めがスーツ好きな受けのために毎回気合入ってスーツ姿で会いに行くところですね。
自分の好きな人と一年一回のデートしかしないという発想がツッコミたいぐらい変わってると思いますが、この気遣いには萌えました!
絵柄は綺麗ですし、より残念な気持ちがします。この先生の他の作品も読んでみたいですが、もう一冊BL描いていただけないのかなって感じですね。発想が面白いので他の作品が出たら読みたいです。

4

面白かったし、良かったと思うんですが

前にどこかで試し読みしてからずっと気になってました。
感想は…うん、面白かった。
10年想い続けてきた彼とやっと結ばれるお話。
心の流れの工程も丁寧に書かれてるし、共感出来るし、読んでて面白い。
でも読み終わってなんか物足りない感じ。
なんでだろうと読み返してみると、表情かなぁと。
なんというか暗いんですよね。
お互いふとした時の顔が幸せそうに見えないというかよく解らない。
なので、なんかこっちも読んでて幸せな気持ちになるようななれないような…。
そこが物足りなさの原因かな?という印象を受けました。
あくまで私の好みだと思います。

後、最後に学生時代の友達達と飲む席のシーンがあるんですけど、
心の中でこんなに上手くいくのかなーとか皆寛大だなーと思いつつも、
良かったなぁとちょっとあったかい気持ちに。
しかしそこをあんまり当の本人達の反応とかがスルーしてるので
(お涙頂戴にならない感じは好きだったんですけど)
逆に学生時代の友達の反応というか、この流れに違和感感じて、
お話が簡単に思えてしまい、なんか、さらっと綺麗にまとまったお話って感じで終わってしまいました。そこがちょっとまた物足りなさを感じてしまった。
本当面白かったし、また飲み返すと思うんですが。
なんか好きなお話だったしなのに、ちょっと複雑な気持ちでした。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ