忠実な異人の助手×闇を恐れる年上技師

明治従属タングステン 上

meiji juzoku tungsten

明治従属タングステン 上
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神19
  • 萌×212
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

132

レビュー数
8
得点
161
評価数
37
平均
4.4 / 5
神率
51.4%
著者
たつもとみお 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA(メディアファクトリー)
レーベル
フルールコミックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784046805928

あらすじ

明治末期。日露戦争後の電力需要の拡大を受け、欧州帰りの佐伯亮二は、
地方の水力発電所の計画技師として参画し、忙しい毎日を送っていた。
彼の傍らに居るのは、忠実な助手・エドワード。
2年前に、“言葉も話せぬ阿呆の男”として働いているのを見つけ、
世話してやったのが始まりだった。
二人の主従関係は、少しずつ変化を見せていて――…。

■収録内容
・「明治従属タングステン」第1話~第4話…COMICフルール掲載作を加筆修正
・本体表紙…描きおろしマンガ2P

表題作明治従属タングステン 上

エドワード
佐伯亮二

レビュー投稿数8

明治お仕事BL!雰囲気が最高~

時代は明治、発電事業を進めながらのBLです。昔特有の嫌な部分はさらっと流されてるので読みやすいです。正体不明の青い瞳のエドと、エドを拾って住まわせる技師のカプ。
メイン二人の関係性は、作中でも言及されてましたが、まさに雛鳥が初めて見たモノを親と思うような感じ。エドが亮二に執着するのは必然に思えます。でもそれがすごく良くて…きゅんが詰まってるんです!
亮二の方は他に思い人がいます。発電事業の大元となる中原という男で、その妻に過去に酷い目に遭わされてるのに健気に期待に応えようとしてます。エドもそれに気付いてて、嫉妬バリバリの三角関係が出来上がってるのに萌えます。
キーアイテムは眼鏡で、ストーリー上たぶん上手く使われてるんですが、偶然持ってた眼鏡で解決なので、深刻な病気とかでなくただの近視っぽくエピソードとしてはハマれませんでした。一酸化炭素と近視は関係ないし、原因が描かれてないのでそこに意味を持たせてるのか分からず…。
上巻はメイン二人が体だけつなげたところまで。あまり喘いだりしなくて、しっとり官能的な雰囲気が漂ってて良かったです。
思うところはありつつも、雰囲気やキャラの魅力を神レベルに好きだと感じた作品。この時点ではまだエドの片思い状態で、続きがとても気になります!

0

ナイスバランス!

作家買い、さらにジャケ買いです。
たつもと先生の清潔感があって綺麗な作風が明治の主従ロマン(?)にドンピシャです。さらに、着物イケメンも洋装イケメンもふんどしイケメンも楽しめるという、3拍子揃った作品でした。

受は計画技師の佐伯(いかにもエロい…)、攻はその佐伯に拾われた元・浮浪児で助手のエドワードです。攻は受に恩があるという関係性なのですが、美人でエロくて優しいお兄さんなので、恩人の壁をぶち壊して欲情してしまいますよね。(←もっと上品に描かれています。)そんな主従の前に、なんとなーく佐伯との関係を匂わせるイケオジが現れて、佐伯の様子がおかしくなる→つられてエドワードの悶々とした気持ちが決壊する、、流れの上巻でした。

もう、受が抱かれ慣れてるので、わだかまりなくスケベをしてしまうのが清々しいです。事後の爽やかさもいいです。佐伯とエドワードの欲求に対するシンプルな処し方が佳き!と思いました。受のほうが年上、経験多いので ”抱かせてやるから、好きにしろ” 的な雰囲気も最高。

さらに、BoysのLoveだけではなく、発電所黎明期のエピソードとしても興味深く読めました。下巻ではさらに2人の出自、深いところまで明らかになるのですが、この上下巻の構成、本当に過不足なくまとまってて読みやすいです。

0

五感の演出が絶品

出来心で拾った男がスパダリに成長し自分を口説いてきた。でもそれは雛鳥の執着だろう?――な上巻。

明治末期、電気技師の亮二は電気開発のために訪れた町で、その日暮らしの肉体労働をする身汚い男に出会う。
言葉をろくに理解せず、皆から知恵遅れと呼ばれるその男のことをなぜか放っておけず、宿場に連れ帰った亮二。
よくよく観察してみると彼の正体は知恵遅れではなく、視力が悪いために動きが鈍くなり、母国語が異なるために話を理解できなかっただけの若き異国人エドワードだった。
その後、亮二の教育を受け成長したエドワードは亮二の寝食の世話から仕事の手伝いまであらゆることを難なくこなす優秀な従者になっていた。
しかしどれほど亮二の役に立てども、亮二の心にはある男が住み着いているようで……。
関係を近づけたいエドワードはある日とうとう亮二を組み敷いてしまい――?

ラブストーリーの構成自体は、主従の壁を超えていけ!な王道展開なのですが、いかんせん
演出がとても良い。
特に五感を生かした設定とストーリー運びがとってもお上手でびっくりしました。
とりわけ「視覚」は完全に話のキーポイントになっていますね。
エドワードの低視力問題、亮二の暗闇問題。
はっきり見えたり、ぼんやりしか見えなかったり、暗くなったり、明るくなったり。
その度に心理的にも物理的にも近づいたり離れたり。
エッチシーンもよくよく見ると、さりげなく眼鏡が脇に置かれていたり、ふっとランプが消たりと芸が細かい。
おかげで二人の間では音、匂い、味、肌触りと視覚以外の全ての感覚が研ぎ澄まされている様子がしっかりと伝わってきます。
この演出がね、非常に艶っぽくて素敵なんですよ。
コテコテドエロでもなく、あっさり印象薄にもならず、作品の雰囲気にとても良く合っています。

他にも中盤、亮二がかつての思い人中原さんにお口を弄られるシーンも、ネクタイひとつ緩めずにこんな艶めかしさ出せるんだ!!ってなくらいドキドキなワンシーンでお見事でした。

なおかつヒューマンストーリーとしての読み心地も良好。
明治の電気開発事業を軸に、主人公たちの洞察力、処世術、向上心、熱意、葛藤などが自然に盛り込まれ、純粋に上品でカッコいい。
しかし説明過多になりすぎることもなく、本筋のラブの邪魔になることもなく、ファンタジー感、ご都合主義感も多少ありで、結果としてBLとして最適なバランスに仕上がっています。

望むまま与えよう。
雛への褒美として。
いつか巣立つ日まで。

エドワードの熱い思いを受け入れながらも、どこか俯瞰している亮二。

二人の関係の行きつく先は?
そして無事電気は開通するのか?

で終わる上巻です。
大丈夫。上下同時発売です。
首を長くして待つ必要はありません。

1

美男同士の主従関係…美しい!!!!

綺麗な表紙に惹かれ、上下巻同時購入しました。
人気の作家さんですが、初読みです。

明治のお話…と聞くと、ごちゃごちゃ難しいイメージですが、こちらは台詞数も少なく、技術的な事も簡潔に書かれているので、サクッと読めました。
サクッと読めるのに、じっくり伝わってくる、とてもいい作品でした。


水力発電所の計画技師・亮二(受)は、現場先で放浪の外国人・エドワード(攻)を拾う。美しく吸収力の高いエドワードは、どんどんと知識や言葉を得、亮二の優秀な助手になっていった。そんな時、新しい現場で亮二の元主人である、中原と再会する。この難しい現場が中原の計画だったと知り、驚く亮二だったが、亮二には中原に逆らえない過去があり…。


ただの技師と助手だった2人の関係が、中原の出現により、少しずつ変わっていく。それに伴う感情が言葉少なくとも、綺麗な絵柄で充分に伝わってきて、胸がキュッとなります。

上巻ではまだまだ想いがエドワードの一方通行ですが、触りあいっこからの、初セックスまで描かれており、思い繋がる前とはいえ初々しいセックスはなかなか♡綺麗な絵に眼福です。

ちょいちょい描かれる亮二の可愛さには、エドワードでなくとも惹かれちゃいますよ。

ラスト、とっても複雑な感情のところで終わっていますので、続きが気になり過ぎて…そのまま下巻へ突入することをオススメします!(笑)

1

面白かった!

とてもよかった!

0

2人のビジュアルが良い

美麗表紙につられまして、購入いたしました。
素敵過ぎません?この方々。
明治時代の服装も眼福すぎます。

内容の方は歳の差主従関係の2人が、ある夜からその関係性を少しずつ変化させていくしっとり色気漂うお話でした。

電気の通ってない土地に発電の施設を造る技師の話と言うと、少し堅くて難しそうですが、簡潔明瞭にまとまっており非常に読みやすかったです。
私がこういう系統に詳しくないからかもしれませんが、不自然な点もなかったです。
長編の時代モノと比べたらアッサリだなぁ、と思うかもしれませんが上下巻としては良作だと思いました。

少年だったエドワードにあんなイエス様みたいなヒゲ生えるかなぁ…とは思いましたが。
現時点で17、8歳…早熟なんでしょうね。

亮二がまだ中原に未練がありそうなので、下巻でどうなるのかそこが楽しみです。

2

たつもとさんの美麗な絵柄が素晴らしく生きている。

作家買い。
たつもとさんて凄く綺麗な絵柄を描かれる作家さまですが、混とんとした、急激に生活が変化していく明治という時代が舞台、ということで、なんていうんですかね、すごくたつもとさんの美麗絵柄が生きてるっていうのか。

もう、登場人物たちの色香が凄い。
エロくってヤバいです。
ヤバすぎて語彙力消失中であります。

ということでレビューを。ネタバレ含んでいます。ご注意ください。





まだ「電気」が一般家庭に普及していなかった明治。
水力発電所の技術者として、とある村に電気を繋ぐべく、一人の男が従者を連れてやってきた。

佐伯亮二。
麗しいビジュアルを持つ彼は若干27歳にして有能な技術者。そして佐伯が連れて歩いているエドワードという男性もまた、美しい。イケメンなだけでなく技術者としてもすぐれ、そしてエドワードのサポートもあり仕事はうまくいくだろう。

そう思う亮二だったがー。

辺鄙な村に電気を行きわたらせたい。
電気の普及によって、人々の生活はより豊かになるだろう。
そういう使命感をもって、亮二は自身の仕事にプライドを持って日々こなしている。

が、そんな亮二の思いとは裏腹に、裏では巨大な思惑が蠢いていて。

亮二を取り巻く、重要なキーパーソンが二人登場します。
一人は彼の従順な従者であるエドワード。
そしてもう一人は亮二の師の中原。
この二人の絡みが秀逸です。

エドワードと亮二の過去が描かれていて、エドワードの亮二に対するいろいろな想いが読者に流れ込んでくる。イケメンで、亮二一筋で、そんな彼にKOされつつ読み進めたのですが、中原という男性が登場してくることでストーリーは二転三転します。

中原と亮二の過去。
そして、中原の思惑。

亮二はエドワード、中原、二人の男のどちらの手を取るのか。
そこがBLとしての軸になっている部分です。

で、今作品が面白いのは恋愛軸だけがメインではないこと。

亮二が働きかけている「発電」の裏に隠された思惑と、事業が上手くいくのかという思案。そこもきちんと描かれているので話に奥行きがあります。

エドがね、もう完璧なるワンコちゃんなんです。
亮二のことが好きで好きで。
他の何を差し置いても亮二ファーストのエドの献身さに萌えが滾る。エドはさながらワンコの鑑です。

亮二はエドを手を取るのか、はたまた中原を選ぶのか。
発電事業はうまくいくのか。

今作品は上下巻同日発売になりました。
上下巻とも、まとめて購入されることを進めします。

5

萌より萌2

たつもと先生の作品は初めてです。
最近明治大正モノにはまっていたのですが、そんな中気になっていたたつもと先生の新刊が明治モノだと?!と手に取りました。

明治大正モノって憂鬱な朝に代表されるように重厚な読み応えのものが多いのかなというイメージでしたが、こちらはかなりライトな感じでした。
絵も綺麗ですし、ボリュームもそこまで多くないので、読む人を選ばないと思います。今まで明治大正モノを避けてきた方でも読みやすいのでは。

ですが、個人的には明治大正モノならもう少し重厚な雰囲気が欲しかったなと思いました。上下巻の割に良くも悪くもめちゃめちゃサクサク読めてしまって若干の物足りなさがあります。

話としては面白いですし、設定もありきたりすぎず奇抜すぎずで読みやすいので、良作だと思います!

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う