若様のヨメ

wakasam no yome

若様のヨメ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神11
  • 萌×219
  • 萌11
  • 中立1
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
11
得点
165
評価数
45
平均
3.8 / 5
神率
24.4%
著者
久我有加 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
麻々原絵里依 
媒体
BL小説
出版社
KADOKAWA
レーベル
角川ルビー文庫
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784041032923

あらすじ

幼い頃住んでいた地方都市の市役所の広報課に勤務することになった光。そこには、かつて男の自分に告白してきた「若様」こと地元の名家の息子・兼城が居た。見た目こそ上等に成長したものの、光が昔した「嫁になる」という約束を盾に、あちこちで光を嫁扱いする兼城。光は憤慨するが、仕事で接するうちに、彼が地元の復興や光のために奔走する、情に厚い人間と気づき始める。そんな折、東京からドラマの撮影絡みで訪れた業界人が光を気に入るという事件が起こり…!?

表題作若様のヨメ

兼城種親, 便利屋・地元名家の三男 23歳
宮成光, Uターン就職した市役所職員 23歳

その他の収録作品

  • 若様のおねだり
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数11

若様とバカ様のギャップが面白い

ハイスペックイケメンなのに、受けのことが好きすぎて残念になってしまう攻めが好きなので、楽しく読めました。

小学四年生の時に、一目惚れした光(受け)に「おまえは俺の嫁になれ」宣言をして以来、アタックを果敢に繰り返してきた攻めの兼城。
その後転校が決まった光にしがみ付いて号泣するもんだから、なだめ疲れてすっかり面倒になった光が「今度、桃栗に戻ってきたとき、おまえがちゃんとした大人になってたら、嫁になってやってもいい」なんて適当に言った言葉をひたすら信じて、1ミリもブレずに我が人生、光一筋!を突き通してきた兼城。

離れていた時期もストーカーよろしく影から見守り続け、ついに光が公務員となって戻ってきた……!
……ってことは、ついに俺の嫁になってくれるんだな!!と大喜び。

光はそんな口約束はすっかり忘れてて、公務員試験が桃栗市しか受からなかったのでやってきただけなのですが、至るところで「俺の嫁」と紹介してまわる兼城に閉口。
受けははっきり物申すタイプなので「絶対に嫁にはならない」と主張するも、まったく聞く耳もたない超ポジティブワンコな兼城と、それを生暖かく見守る周囲の人々の様子が面白い。

攻めは代々桃栗の地を治めてきた藩主の家系で、有数の財閥の息子でもあるナチュラルぼんぼんです。
桃栗の為にあれこれ働き市民を思う立派な若様で、市民からも「若様」と敬われ慕われている存在なのに、「俺の嫁」が絡むとバカ様になってしまう……

この若様とバカ様のギャップが面白くて、プラス、坊っちゃまの恋路を陰ながらあつ〜く応援している爺やの存在や、若様の恋を生暖かく見守る友人や市民の描写が愉快です。

久我先生のブログにお目付役の高崎視点の番外編がありましたので、ぜひそちらも!
(爺や視点も読みたかったなぁと思うけど、爺は……ただただ…感無量で、ございます……とほぼ嬉し泣きで終わりそう(笑))

0

童貞献上萌え!

初読の段階では、特に思い入れも感じずに「フーン。おもしろかった」と思って終わった作品なのですが、二度三度、折に触れて読み直していると段々もっともっと好きになってくる、不思議な作品でした。

架空の地方都市を舞台としたお話。
若様と呼ばれる、お殿様の末裔が攻めです。なので俺様キャラかと思いきやそうではない。
恥じるところが何もないので堂々としているだけで、偉そうとは違うのかな、というキャラでした。少なくとも俺様キャラではない。
そんな威風堂々とした攻めが、受けのことが好きで好きで仕方なくて、好かれようと変な努力をしてくるお話。関西弁と相俟ってとてもウザ可愛い。
そして綺麗系の受けは、それを淡々と流す……ように見えて少しずつほだされている。
そんな二人のお話でした。

ストーリー展開は、王道っちゃ王道。
でも受けのことが好きで好きで仕方ない攻めが可愛いので、王道がとても楽しめるお話だと思いました。
ベッドシーンも、攻めの余裕のない様子が「そんなに好きなんだなー」と感じられてひたすら可愛い。
極め付きは、受けとの行為の前に誰かと練習しなかったのかという問いに「そんなん、するわけないやろ。光(受け)としかしたないし、光でしか勃たへん」。

童貞献上ってやっぱイイですね。

2

男前なヨメ

「花嫁モノ」って受けが女性っぽい・家庭的なイメージがあったのですが、この作品の受けは男前でした。攻めと体格差はあるのですが、チワワが歯向かうような可愛らしさでもなく、ツンデレというのでなく、「僕にはその気がないから」という風のスパッとした断りが心地良かったです。

光(受)の視点でストーリーは進んでいき、小学校時代の「嫁になれ」発言から始まり、十二年後の再会ではもう「俺の嫁」で認知されているのに抗いつつも絆されたりドキッっとしたりキスも抵抗ない…?と、広報課ロケーション係としての仕事を一緒にしつつ、兼城(攻)への気持ちに気づく展開でした。

端から眺めている、二人の友人である高崎も面白かったです。

両想いになってからの熱烈なラブっぷりや光の家事のできないのも楽しく、兼城と光を周囲が応援する理由も最後に明かされていて、至れり尽くせりという感じの作品でした。

3

性格合わない人間だっているさ

割と好きな方に入る作家さんなのですが、こちらは単純に合いませんでした。
理由は登場人物の性格が合わなかった、これに尽きます。

攻めは異常にポジティブシンキングで、話が通じず意思疎通が出来ないレベルはちょっと勘弁。受けは人の気持ちだけじゃなく自分の気持ちにすら鈍感で、前に他のレビューでも書いたんですが鈍感な人はそもそも嫌いなのです。
攻めも受けも全部嫌な訳では無い。長所はもちろんあるし、尊敬出来たり好きな所もある。しかし上記の嫌な部分が出てくるたびに読んでいてイライラしました。その所為で読破まで時間が掛かる掛かる。なかなか読み進められないんですもん。
しかしその嫌な部分が破れ鍋に綴じ蓋状態で、この二人だからかみ合って行くんですよね。ちなみに当て馬は全部嫌いでキモかったですw

お仕事BLの側面も少しあって、そこでの人との触れ合いは穏やかな気持ちになれるし、脇役は全員好感が持てて良かったです。
あとHシーンが良かったな。相手を思いやって愛があって適度にBLファンタジーでwくっついてからの方が読みやすかった、と言ってもそれはもうエピローグなんですけれども。だから終わってからの後日談は楽しめました。

0

若様推し!

若様推し!

すごいですね。10年以上光一筋で。
地元の将来を考え市民の為尽力している兼城カッコいい!光の言いつけを守りちゃんとした大人になるって頑張って一途です。

ただ光と相対するとカッコ良さが残念さに変わってしまった気が。でも地元の将来を考え慕われてる兼城を光はカッコいいと思いだんだん好きになっていきます。
確かに色々されても突き放さないきっぱり付きまとうなと言わなかったり嫌いと思えないのはやっぱり好きになってたからなのかな。

鳥越事件の後はラブラブです。やっと甘々が読めた!

お祖父様にも認めてもらえて近いうちに同居。ますます好きになるのかな。

兼城がいつ再会できるかわからない光を想い続け言い寄る女の子をかわして貫くのがいいですね。愛を感じます。

0

誰もが認める若様の人柄

とある地方都市に転校してきた光は小学四年生にして『若様』と呼ばれる同級生の兼城にプロポーズされてしまう。
それから12年余り、再び転校していった光が就職で桃栗市役所の広報課に配属されたのを機に戻ってきたところで、再会を喜ぶ若様に『嫁』呼ばわりされ続けて周囲にデレまくり。

ちなみに兼城家は、大名制度のあった時代から現代も桃栗市で絶大な勢力を持つ一族だったりする。
それなのに、若様ってば威光を笠に着るところがない。
特産品の普及や地元の知名度アップに力をいれたりと、桃栗市民の将来の為に日々奔走する献身的な姿がしっかりと書かれている。

その姿がいつか光を嫁に迎える時に、相応しい夫になっていようと自分磨きに勤しんで待っていた積み重ねと知って、光も徐々に若様に惹かれていく。

おまけに桃栗市の住民も、普通ならば男性のお嫁さんに『え?』ってなるところを、光が『嫁』だと知っても引く事がない。
若様相手でも特別視しない光の態度に、周りははっとしながらも、すんなりと若様のお嫁さんと認識してそうな雰囲気もまた、若様の人柄のおかげかな。

BLには高ステータス、高スペックな攻めってのは数多くいるが、兼城ほど純粋に人柄や行動力、努力で勝負できるキャラってなかなか貴重な存在だ。
これだけ町おこしとしての物語をガッツリ書いているのに、その町の名士が一目惚れを貫いて同性の心を射止めるまでの様子もきちんと読めるってのがスゴい。
読み進めるにつれて桃栗市の老若男女や光同様に、郷土愛溢れる若様の人情味に惚れる事間違いなし!!

4

「若様」がいい味出してます

初読みの作家さまでしたが、麻々原さんの表紙に釣られたのと、「ルビー文庫創刊23周年フェア」の対象作品だったので購入してみました。レビューを拝見したら同じくフェア狙いの腐姐さまもいらっしゃって、思わず親近感を勝手に抱いてしまった…(爆)。

「若様」というタイトル、表紙の二人の服装などから「もしかして時代物かな?」と思いつつ読みましたが時代物ではない。ないのだけれど、「若様」と呼ばれてしまっている通り昔からの力関係は存在する、という田舎町が舞台でした。

小学生の時に親の転勤で引っ越してきた光(受け)。
そんな光に一目惚れして「俺の嫁になれ!」と言い放つ兼城(攻め)。
この兼城くんがその地で大名をしていた権力者の子孫で、今でも「若様」と呼ばれている男の子。不遜な態度ではありつつも、権力を笠に着て威張るような奴ではなく、まっすぐで、町の事を第一に考えてるような、ナイスガイくんでした。

がしかし、実は光を嫁にもらいたい兼城くんが、光の言った「自分に嫁になってほしいなら…」というセリフを守ろうと忠実に行動した結果で…。

というお話でした。

兼城くんはまさにわんこの鑑です。
良家の子息で、イケメンで、性格もよくて、という彼が、小学生のころからずっと求めてやまないのは光だけ。彼を嫁にするために必死で努力し、嫌われまいと健気に頑張る兼城くんが可愛くて仕方ない。
その一方で、「若様」と呼ばれていて、不遜な態度も良い。そんな彼が唯一ヘタレてしまうのが光だけっていうのが何ともツボでした。

ただ残念だったのは、光の気持ちの変遷がいまいち分かりづらかったこと。光のほうは兼城くんに求愛されても「小学生のたわごと」とけんもほろろなのはよく分かるのですが、急に兼城くんへの気持ちを自覚してしまう件にちょっと「?」となってしまった。

それでも二人とも町を良くするために奔走するナイスガイで、また町の人たちも兼城くんの光への想いを理解し応援しているのでほのぼのした空気が一貫して流れているのがとてもよかった。

あと個人的にとても好きだったのが、二人の友人の高崎くん。二人の気持ちを尊重し、余計なことは口にせず見守っている。けれど、飄々とした態度でちょっと気持ちがわかりづらいところもある彼が気になって気になって。彼のスピンオフ作品を書いてほしいな、と思ったりしました。

わんこ攻めが大好物なので、とてもツボな作品でした。

5

幸せな気分で読了!!!

久我先生の作品を読むのは二作品目です。

手に取った動機は、「ルビー文庫創刊23周年フェア」対象作品の1つだったから・・・
そして、幸いなことにこの選択は大正解でした。
読後感もすっきり、悲しいエピソードもなく、またストーリーも設定が一見ハチャメチャに見えて全くそんなことはなく、すじが通っていて矛盾なく全てきれいに丸く収まり、すっきり!!!そんな爽やかで楽しくて幸せなお話でした。

舞台は人口約十万人の住む関西の地方都市。都市名は架空の名称になっていて、「桃栗市」。
かつてそこの大名だった兼城家の影響が未だ色濃く残る町という設定です。(市民たちは兼城家の人達を未だに大名扱いしている)
小学生の2年間、親の転勤で桃栗市の小学校に通っていた光は、同級生でもある兼城家の若様からたいそう気に入られて「嫁にする」と、求婚される日々・・・もちろん光はかたくなに拒否し続けていました。
やがて転校してその地を去った光でしたが、その場しのぎで適当に言った事を忘れて、市職員として桃栗市に戻ってきます。(色々受けたけれども受かったのが桃栗市役所だけだった・・・という理由で)
そこで、兼城と再会し、再び求婚される日々が始まるわけですが・・・

先ず、この若様がえらく格好良くて、私個人的に理想の攻め様でした!!
一途で、光に惚れてからは一切他に目も向けず、振られても、光に彼女が出来ても思い続け・・・もちろん童貞。
しかも家柄は勿論問題なく良くて、財力もあって、育ちも良く(まっすぐに素直で心優しく育っている)、人望も厚く、恋には一直線おバカキャラながらも仕事や桃栗市の将来については先見の明もあり、大変頭も良く実行力もあるやりて・・・と、完璧!!!

受け様は強気美人キャラながらも、基本誠実でまっすぐで、やはり心根は優しくて潔い気持ちの良いキャラで・・・
2人を温かく(?!)見守る周囲の人達のキャラもユニークで愛すべきしあがりになっています。

それに、「桃栗市」は、こんな地方都市が本当にあったら良いのに・・・と心から思える理想的な地方都市。

市役所の職員としての受け様のお仕事っぷりもしっかり描かれていて満足ですし、、若様の祖父が2人の事を祝福するエピソードも、なるほど!!!と納得のいく理由で・・・。

大変気に入った一冊になりました!!!


4

若様すてき

土地の名士の息子×公務員、元高校の同級生同士。
世が世なら殿様、という家系の攻め。小学校のときから受けのことが大好きで、受けにはずっと相手にされてなかったのを、ひたすら押して押して10年後にようやくモノにする、という話。
それまでは困った相手だとしか思っていなかったのに、一緒に仕事をすることになって攻めのことをだんだん好きになっていく受けさんの感情の動きが、しっかり書き込まれていてよかったです。エッチ少なくてやや残念でしたが萌えました。
受けを長年想い続けていても、性欲処理的にほかの男だか女だかと肉体関係は持ってる攻めキャラが多いですが、この若様は童貞です。途中何年も離れていたのになんて一途。そのくせ非童貞である受けの経験にもまったく妬かず「今のままのおまえが好きだ」っていうのも男らしい。町ぐるみで祝福してもらえるし、攻めの身内にも受けの友達にも公認だし、ほほえましくててとてもいい作品でした。

5

一途なロマンティックはお好きですか?

地方の城下町の若様(旧藩主の直系の三男坊)に、小学生の時に(それも転校で2年ほどしか一緒の学校にいなかったのに)見初められてしまった主人公が、子どもの頃に適当にいった約束などすっかり忘れて、就職のため町に戻ってきたら、相手はその約束は果たすべく着々と努力をしていて、そのアプローチに辟易としながらも、その人間的魅力にに惹かれていたことに徐々に気づいていくお話。
若様がいろいろスーパー過ぎて、この一途な若様を、ロマンティックでBLのロマコメはこの位振り切ったキャラの方が好きと見るか、話の通じないストーカーチックでドーテーキャラがキモッ、と見るかで評価は全く変わっちゃうだろう。
私としては、この若様のスーパーポジティブは嫌じゃなかった。
光の方は男同士なんてあり得ないと悩んだりするけど、最後に出てくる兼城のお祖父様のいうことが筋が通っていて、男同士が禁忌だなんて、日本の歴史から見たらたかだか100年か150年のこと。
安心して嫁になっちゃえばいいのよ。

7

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ