夜が明けても

yoru ga aketemo

夜が明けても
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神80
  • 萌×258
  • 萌21
  • 中立7
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
14
得点
702
評価数
168
平均
4.2 / 5
神率
47.6%
著者
まさお三月 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784403664885

あらすじ

恋の痛手を抱え続ける卯一郎は、酔った勢いで抱きついた男・真と
一夜を共にしてしまう。
行きずりの関係のはずだったが、真は卯一郎に「友達になろう」と言い、
家に通ってくるようになり……!?

傷ついた心を優しく癒すスイート・ラブ!!

表題作夜が明けても

甲坂卯一郎,リーマン,営業部の課長
二町真,攻が酔って一夜を共にした相手

その他の収録作品

  • その後 家にて①・家にて②・会社にて①・会社にて②・家にて③(描き下ろし)   
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数14

うっすらネタバレかも

はじめ、不思議なスタートを切った2人でしたが徐々に謎も溶けはじめ順調に進むと思いきや、小さな小石にもつまづくような純愛。その度に読んでいるこちらはハラハラ。でもそんな2人が大の大人なのにかわいらしい。
ドラマティックだったり壮大なストーリーだったりはしないけど、道端のお花を摘みながら行くうちに幸せの花束ができあがっていくような…例えが変ですが、恋愛ってワクワクします、本当にいいものですよね。

0

かっわいいサラリーマンだなぁ!

なんなんだこの、どうしようもかくかわいい不器用なリーマンは・・・・。

内容は先行くお姉さまたちがすでに説明されてますので
感想だけ・・・。

いい・・・いいです、すごく・・・。
最初は不器用な攻めと能天気な受けの話だと思っていたのが
受けの正体がわかって、攻めが気持ちを自覚してからの
とんでもなくいい展開・・・・。

そしてくっついてからの話もめちゃくちゃカワイイ・・・。
リーマンものはあまり好きではなかったのですが、
こんだけかわいい男たちが好きだの嫌いだのエッチだのしてるんなら
このまま沼にはまってしまうのもアリ。ありよりのありです。

書き込みの少ない作画ですが
シンプルもまたよし。集中して表情に注視できます。

リーマン初心者様がいらっしゃったら、ぜひこの作品からいきましょう・・・・!

0

照れる姿萌えしない自分を発見…

朝から読み直しているまさお三月さん作品も、手持ちはこちらで最後となってしまいました。

悲恋の予感たっぷりの最初のページから一転、目が覚めたら見知らぬ男が家にいる。
全裸ということにはツッコまないのかという驚きを感じる始まりです。

大学時代のサークルの先輩にフラれてからというもの、恋人は作らず、一夜限りの相手と遊んできた卯一郎。記憶がないまま一夜を過ごした真に「友達になろう」と言われて、流されるまま押しかけ友達をされるわけですが…。

うーむ。
やっぱり読み直してもいまいち誰も好きになれなかった…。
失恋から目を背けてただ忘れることだけを考えていた卯一郎が、真の言葉で「自分が傷ついていたこと」を受け入れるシーンは良かったし、ノンケの真が必死に恋する卯一郎の目に惹かれて、自分もこんな目で見られたいという思いからついていってしまったというのも説得力があったのですが、後半の真に萌えることができなかったのがいけないのだろうなと思います。

気持ちを伝えて姿を消すまではある程度入り込んで読めるのですが、卯一郎との時間<完璧な恋人になるための情報収集というのがまず可愛いと思えなかったんですよね。
過去に何があったにせよ、誰も完璧な恋人なんて求めていないし、自己満足で空回りしているように見えてしまいました。前半と後半で完全に別人になってしまったのが「お付き合いを始めたせい」というより、人物設定がブレたようにしか感じられなかったわたしがいけないのか。少しでも前半でそういう片鱗を見せてくれていたらまだ違和感なく読めたのになあと思います。

目が見られないネタも引っ張りすぎて飽きてしまいました。せめて最後は目を見て笑い合う2人とかで終わるのかなと思っていたのですが、テンパった真の可愛さ萌え押しで終わってしまったのが何とも。

何度読んでもこの作品だけは、他の作品で見られるまさお三月さんの良さが見出せません。
単にテーマとわたしの相性が悪かっただけなのか。
うーむ。

0

メガネメガネ!

酔いつぶれて朝起きたら知らない男の人と裸でベッドに二人で寝てるという始まりです。

過去の失恋の痛手からもう恋愛はしない、恋人もいらないという卯一郎と、彼女にいつも短期間でフラれ恋愛に向いてないと思っている真。

真がノンケなのに初対面で卯一郎からすがられて、そんな目で求められてみたいとついていっちゃって、卯一郎の忘れられない失恋の痛みを昇華させてくれます。
真がなんで友達になろうとか言って、勘違いから乱暴に抱かれても離れずさらにぐいぐいくるのか不思議でしたが卯一郎を好きになっていたんですね。

卯一郎も失恋の痛みを認めたら真への恋心に気がつく。
晴れて両思いだ!とこっちは思うのにまた勘違いから真は姿を消して連絡を断ってしまいます。

わりとすぐ再会できますがそこからがなかなか難しかった。
真がゲイバーのママに色々相談したりメモとってたり、いい恋人であろうと頑張ったり健気でした。
卯一郎は真のことを何も知らないで何度も二人の仲が危機に。

なんだか難しくてややこしいお話でした。一度目はまあうまくいってよかった、真可愛かったな、やたら眼鏡か裸眼にこだわってたなという感想しか持てず、もう一度読み直してみました。

卯一郎はもっと真の話を聞いてあげてもっと早く真を理解してほしかったな。あんなに可愛いのに。
あと部長の奥さんがゲイバーのママだったのか。

そんなに眼鏡と裸眼に違いがあるのかな?フレーム細そうなのに。

0

一夜の過ちから恋に至る過程が丁寧に描かれている

 全作読んでいるわけではないのですが、まさお先生の作品はキャラも含めて全体的に肩肘張らない雰囲気があって、それが心地いい時と物足りない時があるのですが、今回は前者でした。
失恋して泥酔した攻めが、行きずりの相手と一夜を共にしてしまったことからストーリーが始まります。最初は酔って連れ込まれた相手に抱かれるくらいだから受けも相当の遊び人かと思ったのですが、その後、徐々に明らかになっていく健気な受けのキャラがよかったです。余裕のない攻めのキャラも好き。
 シリアスとコミカルのバランスが絶妙だし、一夜の過ちから恋に至る過程が丁寧に描かれていました。あと、最後に上司の奥さんに全部もっていかれました。

2

ビバ!白目!

おススメいただいてからこの作者さんの作品をずっと読みたくて溜めていたんですが、その中でどれから読もうか迷っていた時に、某他サイトで一番カラミ多めのようなことをみなさんがおっしゃっていたので(笑)こちらから手を付けました!
表紙のイメージに反して初っ端からギャグコマ入ってきて驚いたんですけど、これが想像以上に良くて効果的。
白目がこんなに愛らしいBL漫画があったかしら・・・というくらい最初の白目で心を持っていかれましたね(笑)
ユーモラスなシーンとそうじゃないシーンの割合が拮抗していて、珍しいです。それが全くイヤじゃない。
真くんの優しさとか可愛さ健気さとか際立ってて、でも告白のシーンはせつなくて。ういちゃんの気持ちの変遷も納得感があります。
このお話はお互いが好きになってるのにそれからが長いです。でも、ただグルグルして長くなってる感じは全くないです。
ゲイとノンケのお話はあまり好まないのですけど、日常の現実的な角のあるシーンとふんわりした雰囲気のシーンの対比も上手で違和感がない。
絵も慣れるとどんどん引き込まれていくし、可愛くみえてくる。全体的に白い感じですが、他のみなさんがおっしゃっているように体の描き方がマッチョすぎず、リアル過ぎず日常感が出てて絶妙でいいですね。
服を半端に着ているコマの描き方もとっても好き。玄関で服着たままのえっちシーンとか、最後のシャツの下がボクサーパンツとかエプロンとか。
最後まで真が恥ずかしくてういちゃんの裸眼を正視してえっちできないどころか目も合わせられないような感じで終わりましたけど(^_^;)なんとか攻略してくれたらいいですな~。

2

失ったものがあるからこそ!

まさお三月さんの作品の中では一番好きです。
失恋をした攻め卯一郎は酔った勢いで、知らない相手と一夜を共にしてしまうことからストーリーが始まります。
一夜を共にして以来、元はノンケの受け真は「友達になろう」と度々卯一郎の元を訪れる。
彼は卯一郎のために食事を作り、失恋の傷を癒そうと献身的に尽くす。
あるとき、卯一郎の家で卯一郎のかつての恋人である先輩の写真をみつけた真。恋人とヨリを戻すのなら、と身を引こうとする。それまでは天真爛漫に振舞ってた真が、告白した後に謝るシーン…すごく切なかったです。

1

何度も読みたくなるかわいさ

 一読後、真っ先に思った感想が、まさお先生の割りにけっこうえちシーンが多い。
全作読ませて頂いている訳ではないので、的外れな感想かもしれませんが、私の中ではあまりえちシーンが多い作家さんのイメージではなかったので。
まさお先生の描く裸って、なんだか肉感的、というか、引き締まりすぎてなくて普通っぽくて、私にはリアル感あるように見えるんですよね。
今回はいろんな体位もあるし(ってどんだけエロシーンを語る気なのか)
もちろん嬉しい誤算(?)で、おいしく読ませて頂きました。

 失恋の痛手を無意識に引きずったままの攻め様の卯一郎と、その失恋した相手に間違われてすがられて家について行ってしまった受け様の真。
失恋を癒すまで付き合うよ、と真になつかれて付き合いが始まっていく。
まさお先生らしい天然入った真がとてもかわいかったです。
んで、えちシーンになったら、涙でうるんじゃってたりしてね。
もー、最高にかわいい!!!

 書き下ろしの「その後」
かわいくて笑っちゃいました。
恥ずかしくて卯一郎の裸眼を見れない真。
見れるようになる特訓をいろいろしていましたが、表紙では、とても愛おしそうな表情で卯一郎の眼鏡を取ろうとしている真。
特訓の成果、出たのね。

 部長やママさんもいい味出してて、とても読みやすい優しいふいんきの一冊です。

6

桃のフレーバーウォーターのようなまろやかでほんのり甘いBL

作家買いです。漫画的にうごい!とかストーリーが凝ってるわけではないんですが、まさお先生の漫画は受けも攻めも可愛いです。イチャイチャっぷりも可愛らしい。ちょっとしたすれ違いも起きますが、夫婦喧嘩は犬も食わないっていうようなちょっと抜けた感じの展開も好きです。

前作のそれでも構わない…はしゅみじゃなかったんで、今回どうかな?と思ってましたが、良かったです。

受けが飄々と(不思議ちゃん?)していて、誘い受けか〜と思いきやウブな反応?美味しかったです。かと思いきや、貞操観念意外に緩かったり、アッサリしてて。かと思いきや、攻めに一途で甲斐甲斐しく?掴みどころありません。

登場キャラクターみんな可愛らしく、ほんわかした気持ちになりました。
マイナスイオン出てますよコレ、ごく甘や刺激…スパイシーさを求める方には物足りないかも。ペット2匹でも愛で、見守る感覚でみましょう。

3

あれ?

まさお三月さんはとりあえず外れないので作家買いしております。
あれ?
まさおさんは大好きで、既刊は全部読んでますし、この話も雰囲気は同じなんですが何かちょっと読みづらかったかも?絵もこんな白かったかな??あれ?
なんか違和感を覚えてしまいました。
いや、どうでもいい事なんですけれど。

読み進めていくといつものまさおさんでした。
そして、メガネさんが受けかと思ったら、攻めでした(笑)
攻めメガネは基本不得手なんですが、まさおさんだけは抵抗なく読める不思議。
顔の一部だからかな。※メガネマニア最高の褒め言葉

攻めさんも受けくんも上司さんもママさんもみんな可愛かった!
まさお作品としては「最高!」とは云えない違和感を覚えてますが、普通に読みやすいいい話でした。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ