俺には、厄介な蜘蛛が憑いてる

坊主と蜘蛛

bouzu to kumo

坊主と蜘蛛
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神63
  • 萌×227
  • 萌17
  • 中立4
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
15
得点
478
評価数
112
平均
4.3 / 5
神率
56.3%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
プランタン出版
レーベル
Cannaコミックス
発売日
価格
¥745(税抜)  
ISBN
9784829685723

あらすじ

坊主の宗玄は、懐かれ情を交わした蜘蛛の妖怪と旅をしている。人ならざる彼との情交で得られる快楽が、手放しがたかったのだ。宗玄は妖怪の類を恐ろしいとは思わない。むしろ人間の方が、残酷で恐ろしい。いつの間にか、蜘蛛の裏表のない一途な独占欲を好ましく思い始めていた。人間である自分が死んだ後の、蜘蛛の行く末が心配だったけれど・・・・。

表題作坊主と蜘蛛

ジン 蜘蛛の妖怪
宗玄 坊主

同時収録作品王子と蛸

七尾 大蛸
八尋 乙姫の第一子

その他の収録作品

  • 坊主と蜘蛛・番外(描き下ろし)
  • 王子と蛸と坊主と蜘蛛と(描き下ろし)
  • おまけまんが 壱、弐(描き下ろし)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数15

人外ものという理由で避けるのはもったいない!

人外もの良いじゃん!と思わせてくれた作品。本作を読んでから他の人外BLも読むようになりました。

ジンの旦那呼びがかわいい!外見の幼さも皮がむけたら大きくなっていく(脱皮)ので気にならなくなりました。蜘蛛ってどうなの?と思っていたんですが多腕攻めって便利ですね。

モフモフ感がたまらない九尾の信田さんの話も読みたくなりました。ちょいちょい登場する妖怪たちも、ひとつ目の妖怪などかわいいものばかりでした!

王子と蛸

坊主頭が好きなのでこちらも楽しく読了。
相変わらずラブラブな現代ノリの宗玄とジンも登場します。一冊を通してエロも多く、満足です!

0

いい意味で裏切られました!

妖怪もののBLはどんなものかと、恐る恐る手を出してみましたが、購入して良かったです!お気に入りの一冊になりました。
以下、 ネタバレを含みますのでご注意下さい。


表紙と試し読みの印象から、今回は襲い受けのお話かなと思ってたんですけど違いました!試し読みだけだと、誤解しちゃう人多いんじゃないかな^^;でも、私としてはいい意味で裏切られた感じなので良かったです !妖怪BLって自分の好みではないかも、と二の足を踏んでいたのですがもっと早く読めば良かったです。ハジ先生が描くと蜘蛛ってあんなにセクシーに見えるんですね。。。そして何よりお坊様のエロいことといったら。。。新しい扉を開いてしまいました(笑)攻めが、受けに好き好きと、尻尾を振ってるワンコのように懐いています。攻めだけど、とっても愛らしいです(^^)対して、受けは男前タイプでモテる。男前なお坊様が何故受けになったのか、その経緯も途中で分かるのですが、攻めに対する愛が感じられて涙腺が緩みました。。。ハジ先生の作品は、今回初めて読んだのですが、他の作品も読んで見たくなりました!

1

腕が多いと色々いいかも(笑)

ハジさんにがっつりドはまり中(笑)で、たて続けに作者さん買いした内の一冊なのですが、う〰️っ、悔しいくらいやっぱり面白い!!

『Red Hood』『辺獄のカレンデュラ』『DOUBLE HOUND』とどの作品も設定がしっかりしているし、話は面白いし、絵は綺麗だしと文句無しで神評価を付けたのですが、絡みは少なめの作家さんなのかなぁ~と勝手に考えていただけに、今回はエロもプラスされていたのでさらにメチャクチャスパークしました(笑)

タイトル通りメインは坊主と蜘蛛の妖怪なので、多腕であちこち同時に攻めてみたり、糸で緊縛プレイや羞恥プレイをしてみたりと色々楽しませてくれるだけでなく、蜘蛛なだけに「皮が剥けたらおっきくなっちゃう(笑)」ので最初は可愛い少年のようなジンの初々しいプレイから(図体の大きい方が受けって萌える〰️っ)、細マッチョで長身に成長した(でも、ちょっとあどけなさの残るところがむちゃくちゃ可愛い!)ジンの手練手管を駆使したプレイまで楽しめる1人で何パターンも楽しめちゃうという大サービス付きでかなり嬉しい一冊でした。

しかし、このエロがただ欲望のままに突っ走ってバコバコやってるっていうのではなくて、欲はあるのに雌を抱けないジンのために受身になる宗玄と、気持ちいいことが大好きな宗玄のために手管を尽くして悦ばせたいというジンの想いの結果というのがたまらなかったです。

周囲に受け入れてもらえず、弾き出されるように孤独に生きてきた二人が、健気なまでに相手を思いやる気持ちに溢れていて、不器用ながらもジンをとても大切にしている宗玄の優しさや、普段はかわいいワンコのジンが時折みせる宗玄以上に大人びた男前の言動にきゅん…ときました。

そしてこの作品も脇を固める人たちがとても個性的で魅力があるので話に厚みがでてやっぱりすごく面白かったです!メインの二人はもちろんだけど、妖狐の信サマむちゃくちゃ気になる〰️、続編出してくれないかな…熱望です!

1

めいっぱいの愛情と大きな器

先だってのcannaフェア小冊子にそそられて購入。
1年も長い間タイトル避けしてた自分を殴りたい。
もっと早く読めば良かった!!と悔やむぐらい面白かったですヾ(*´∀`*)ノ

避けてた理由は坊主に興味が湧かない。
説法が〜とか仏に使える身で〜とか言うんでしょ?
あんま萌えないんだよねー(ヾノ・ω・`)
…と思ったのが、そもそもの間違いでして。。。

この本登場する坊主は、正確にはキチンと修業を積んでおらず本職じゃない坊主。
説教くさいことも言わないし、聖人君子でもない。
でも懐は大きい器を持ってて男前に感じる一面もあり。
快楽に弱く健気な蜘蛛の性欲旺盛に応じるノリノリ助平ww
「こっちへ来いよ」の一言に含まれる色気が〜!!

そんな坊主様が受けで、受け側に回った理由にジワり(;ω;)
生い立ちや幼少期に苦労したせいで人間嫌いで。
でも器が大きくて優しくて、なんだかんだと人間を助けて。
エッチの最中のトロトロなお顔はエロくて可愛くて。
魅力たっぷりな坊主受けで何度もキュンキュンしました(∩´///`∩)

蜘蛛攻めは思った以上にしっかり「蜘蛛」の形を成してたような。(個人的にリアル蜘蛛を見るのも触るのも平気なので大丈夫でしたが、苦手な方だとどうなんだろう…?あ、でも日常は人間対応仕様でした。エッチのスイッチ入ると変身する感じです。)

この蜘蛛さんは性格が真っ直ぐでスレたところがなくて愛らしくて好印象です。とにかく坊主が好きで好きで好きで健気で一途な姿にキュンキュン♡笑って泣いて拗ねて感情表現が豊かところに癒されました。可愛かった〜!(﹡´◡`﹡ )

そんで伴侶としての心持ちが人間くさいところが良い!
素敵な旦那っぷりが男前でかっこいい!
健気で一途で可愛くてかっこ良くてエッチが上手くて(蜘蛛の糸を操っての攻めはエロかった…)ちょっとおバカなワンコ系。個人的に萌えがギュッと凝縮されてて嬉しい\(´ω`* )/››

共に旅をして長い長い時を過ごしても蜘蛛の気持ちは一切ブレることなく変わらず、ただ一心に坊主を愛して愛して大切にしてて。坊主が過去と向き合い弱ってる時は支えて。めいっぱいの愛に溢れてた蜘蛛攻めにキュンキュンしまくり。そんな蜘蛛の溢れる大きな愛情を、坊主は更に大きな器で包み込んだラストには涙腺が緩み、心暖まるハッピーエンドが読めて幸せな気分に浸ることが出来ました+゚。*(*´∀`*)*。゚+

余談ですが。。。
嬉しい誤算だったのは想像以上にエロ多い///
そんで修正が甘くて感激///
イイモノを見させてもらいました゚+.((人д<o))゚+.

5

最初...

タイトルと表紙に惹かれて買ったんですけど...
ショタ攻めなのかと思って、今回の表紙買いは失敗したかなと思って。でも、読み進めたら......

だんだんジンは成長していって宗玄さんはエロくなるし......
表紙買い大成功でした!

設定が面白かったです。人外(蜘蛛)×人なのかと思ってたら人外(蜘蛛)×元人だったっていうね
宗玄さんの過去も結構重かったけど、ジンの能天気さというか馬鹿さで重いところもカバーしていて読んでいて面白かったし、楽しかったです。

1

とにかく攻が魅力的。

表紙は何となく蜘蛛が妖艶な感じがするけど全く違って、健気・一途・素直・ちょっとアホ、
そして、表情豊か。笑ったり泣いたり…すぐ泣く。心配して泣く、怖かったようって泣く、ばかあああって泣く、あと旦那が欲しいときも泣くwヘタレなところが好き。でも時々攻っぽい顔するのがイイ。

この子の見た目、上半身裸で背中の一部~腕と、下半身はぴっちりしたスーツ状のもので覆われているのが萌えでした。
自分は人外萌えはそんなしないけど、多腕男子(って初めて聞いたけどw)はなかなか良いと思った。
蜘蛛であるジン本人も言ってるけど、「旦那の感じるところ全部知ってて全部一度にしてやれる奴なんていない」からね。

最中は宗玄のことを旦那旦那と連呼しててまさにワンコ攻。そして無自覚言葉攻。
「ね、気持ちいいね」「これ好きだろ?」とか、
「ここ、どうなってる?」言って、言って、って求めたり。
精神的には旦那の使い魔っぽい(使い魔って表現は変だけど)けど、攻というのが良い。

旦那…と呼ばれている坊主、は、ジンの一途さにほだされている男前受。ジンへの眼差しは保護者的。
たぶん全然攻になれる人なんだけど、ジンが欲しがるから受けてる感じかな。
そのへんの話を人にしてるシーンが好き。
(ジン以外にも人外の人が出てきてそちらも良い感じ。
この↑話を聞いてくれてる相手も人外なんだけど、この人は尻尾の使い方が良いなぁと。笑うとき顔隠したり、人の頭ポンポンしてみたり。)

ストーリーは、読んで行くとジンにも旦那にも新事実が出てきてなかなか面白かった。
特に、ジンの…その設定はオイシイ。
妖怪とか和風ファンタジー好きなのでそのへんも良かった。
坊主の宗玄についての謎は、もうちょっと知りたかったかな…
カバー裏にけっこう書いてあったけど、肝心のところが謎のままだなぁと。

この本は坊主と蜘蛛のお話がメインです。
「王子と蛸」のほうは一話分。私は坊主と蜘蛛のほうが好きでした。
蛸さんは、もっと蛸感出ててもよかった。

王子と蛸の続き的な「王子と蛸と坊主と蜘蛛と」という描き下ろしもあり、
こちらは4人ともノリノリで東京見物しようとしてて、坊主と蜘蛛はハッチャケてるし、楽しそうで何よりでした。

2

眠っている間、離れ離れの間


思っていたよりエロッエロというわけではなく…!どちらかというと少年漫画のような新鮮さがありました。戦ったりもするんです。

最近人外ものがじわじわきているような気がしますが、こちらのふたりは最初、逆でもおいしそうだなぁと思っていました。が、やっぱり最終的にはこれでよかったのだと思うように。笑 表紙だけじゃわからないことを挙げると、攻めの蜘蛛が天真爛漫で可愛げがあります。一皮ずつ剥けて()大きくなっていく様子も格好よかったです。まさか作中で三段階見れるとは…
坊主もただの坊主ではありません。


表題作で良いキャラだなぁ〜と思っていた蛸さんが攻めとして主役になっている同時収録の王子と蛸も読めてよかった…//(表題とどちらもタイトルは受けが先に来る方です)
馴れ初めこそ描かれていませんが、地上では五百年(!)もの間離れ離れになっていた王子と蛸のお話で、表題作のふたりも出てきます。

蛸から王子への覚悟を示したときに王子の口から零れた
「離れるのはもういやだ」
感動しました。

萌えと趣味、性癖を詰め込んだと書かれていましたが、攻めが蜘蛛や蛸という人外ならではのプレイも豊富、周囲のキャラも立っていて、次回作はどんな形で読ませていただけるのだろうと楽しみになるハジさん初読みでした。


追伸 ジン(蜘蛛)や七尾(蛸)のように欲に忠実になっていうのであれば……

信田さんのえちもいつか拝みたい(小声)

2

人外萌え!!!!

和風っぽい雰囲気の作品好きなので、即表紙買いしました!
が、大正解でした〜
蜘蛛のジンくんが素直でいい子で可愛すぎました。
そして萌えの要素だけでなく、ファンタジー、冒険譚的な要素があり話もしっかりしているので、とても読みごたえありました。そしてほろっとさせられるシーンもあります。

内容だけでなく、エロもガッツリあります。キャラクターの表情がいちいち色っぽいのでたまりません。
人外にこんな萌えるなんて…自分の新しい趣味を発見してしまいした笑

5

展開力に唸らされる和風ファンタジー

初読み作家さん。
少年漫画のような絵柄は読みやすく、豊かなファンタジー世界にも惹き込まれ一気に読んでしまいました。
触手プレイや裸数珠など、フェチ心をくすぐるエロシーンも見どころの一つ。

飄々としたイケメン坊主(受け)と、彼に取り憑いた小さな蜘蛛妖怪(攻め)が、妖怪を倒したりエロいことしたりしながら旅を続けていくという物語。

最初のHで坊主の方が妖怪を喘がせていたので坊主攻めか?と思いきや、合体シーンではガッツリ妖怪攻め。
蜘蛛の糸や8本の脚をフルに使って坊主を蕩けさせています。
女好きで普通にモテる坊主をわざわざ受けに回すなんて、作家さんは逆体格差萌えなのかな〜と思っていたら……
その後の展開で坊主が抱かれる側に甘んじている理由もちゃんと明かされ、坊主の懐の深さ、妖怪への愛にじ〜んとしました。

正直、最初の数話はゆるくほのぼのした印象でしたが、中盤で衝撃の事実が明かされてからグッと切なさを帯びてくるという展開力も素晴らしいです。
切ないといっても過去のことではあるのですが、坊主を包み込む妖怪の屈託ない優しさにとても温かな気持ちになれました。

同時収録作は、スキンヘッドのお坊さん(タコ妖怪)× 乙姫の息子のお話。
攻めを「兄者」と呼び慕う受けも、タコ足をウヨウヨさせながら己の欲望を自制する攻めも、どっちも可愛すぎました♪

この話では舞台が現代となっており、そこに表題作の坊主と妖怪(服装もすっかり現代風にw)も出てくることで、彼らが本編から変わらず一緒にいたことが分かるのも良かったです。

迫力ある戦闘シーンの迫力、脇を固める個性豊かな妖怪たちなど、作家さんの力量が伝わってくる一冊でした。
次回作も楽しみです☆

10

まさか蜘蛛に萌える日が来ようとは…

ハジさん、初読みです☆
この作品には何かピンとくるものがあって、チラッとあらすじを読んだだけで思わず手に取ってしまいました。
ファーストインスピレーションって大事!
私の勘は間違ってはいなかった!!
元々ハジさんファンの方は気を悪くされるかもしれませんが、私にとっては超掘り出し物でした!!
すっごい面白かったー♪♪
蜘蛛なのに、なんでこんなに可愛いのvvv
まさかの天真爛漫な溺愛ワンコ攻めとか、こんなの反則ですから!
その上、若干ツンデレ男前受けと来たら、もうワタクシ完全ノックアウトです☆

とにかく、攻めのジンがめちゃくちゃ可愛いんです☆
受けの宗玄のことを「旦那ぁ、旦那ぁ」って懐きまくる姿に萌え*^^*
しかもかなりのテクニシャンとくる!
蜘蛛って便利ですよねー。
腕が6本もあって、糸まで出せるんですよ!
一人で宗玄のイイところをいっぱい刺激してあげれるし、糸による緊縛プレイも可能☆
そんなジンのテクに宗玄もメロメロドロドロで、ますますジンを手放せなくなっていたりします♪

と、こんな風に書いてしまうと、ただのエロに特化したお話のように思われてしまうかもしれませんが、そんな単純な話ではないところがこの作品の魅力☆
冒険譚、妖怪譚としてもすごく楽しめますし、宗玄とジンが愛情を育んでいくラブストーリーとしてもとても素晴らしいんです!

蜘蛛の習性が受け入れられず孤独に生きてきたジンと、人ならざる力を持って生まれてきたことによって人と距離を置いて生きてきた宗玄。
最初はジンが一方的に宗玄に懐いてベタベタしているだけのように見えるんですが、2人で一緒に過ごすうちに宗玄の方もジン大切に思うようになり、掛け替えのない存在だと自覚するようになるんですよね。
その変化がとても自然で微笑ましく、ホッコリとした気持ちになれます。

とにかく、ジンの宗玄に対する一途な気持ちがたまらなく愛しいのです☆
宗玄には、ちょっと昼寝くらいの感覚で数年眠ったままになってしまうという習性があるんですが、その眠っている間もジンは甲斐甲斐しく宗玄を守り続けてるんですよね。
寒くないように糸を巻き付けて温めたり、危ない目に遭わないように大きな繭を作って宗玄を包み込んだり、そのようにして宗玄が目覚めるのを待ってるんです。
なんか、その待ってる間のジンのことを想像すると、涙が出そうになるくらい可愛くて愛おしい。
そんな日々を過ごしてるから、宗玄が目覚めて一緒に過ごしている時は嫌というほどベタベタと離れず、可愛がり続けるんでしょうね。

皮が剥けると大きくなるアレ(脱皮のことです・笑)で体は成長しても、心はいつまでも天真爛漫で無邪気なジンがとにかく可愛い!
そして、人の妖力を取り込んでしまえるほどのハイスペック妖怪な宗玄が、受けなのにめっさ男前なのもツボ!!
エロシーンはどれも色っぽいし、人外プレイやら緊縛プレイやら、もうお腹いっぱいなほどのエロも楽しめます!!!

ほんと、ハジさんはふり幅が広くて素晴らしいですね☆
めちゃくちゃ楽しめてほんと満足です♪
ちなみに、書き下ろしの現在に生きる坊主と蜘蛛が妙にツボったのはここだけの話。
順応性が高すぎてウケる(笑)

10

粉雪

詩雪さーん♡(笑)

コメントありがとうございます^^
やっと読まれましたか!
気になってるっておっしゃってたんで、読まれたかなぁどうかなぁって気にかけておりました(笑)
ハジさんってすごい作家さんですよね!こちらの作品を読んで、独特の世界観に完全にハマってしまいましたよ☆
私、あらすじを読んでたにも関わらず、宗玄が攻めだと思って読み始めて本気でビックリしたという(笑)リバもありですな☆
私も読んでよかった♪
アレ(笑)が見れる漫画なんて滅多にないですしね(笑)

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ