咬みつきたい

kamitsukitai

咬みつきたい
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神49
  • 萌×226
  • 萌9
  • 中立2
  • しゅみじゃない6

146

レビュー数
15
得点
378
評価数
92
平均
4.2 / 5
神率
53.3%
著者
 
媒体
漫画(コミック)
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥620(税抜)  ¥670(税込)
ISBN
9784832289543

あらすじ

仕事はデキるが笑顔がうさんくさい、目の上のタンコブ的な同期・似鳥を忌み嫌っている志野。どうにかして陥れたいと謀略を巡らせていたら気付いた、ヤツの弱みに!「似鳥の野郎、後輩の常盤を狙ってやがる!!」ここぞとばかりに常盤にベタベタして煽ったら、キレた似鳥に咬みつくようなキスをされた…いやいや、何で俺が!!?たちまち話題沸騰の天敵リーマンラブコメ❤描き下ろしあり。

表題作咬みつきたい

似鳥(リーマン)
志野(リーマン)

その他の収録作品

  • I am(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数15

ただのラブコメでおわらない!

ライバルリーマン同士のラブコメ、作り込まれたキャラがすごくイイ!
攻め、受けだけじゃなく、二人の関係のスパイスとして良い働きをする後輩君もイイ!
笑いと萌えを両立させてる作品大好きです♪

志野は、同期で仕事ができる似鳥が気に食わない。
似鳥はイケメンなうえ上司・同僚からも信頼されるハイスペックなリーマン。
たいして志野は、社内プレゼンで似鳥に負けたからって、後輩の常磐を見張りに立て、フロアにも響く大声でトイレでグチる、なんともミクロな器の男w
そして似鳥が常磐に気があると察知した志野は、必要以上に常磐にベタベタして、似鳥が嫉妬するのを見て楽しんでいたけれど…

似鳥が狙ってたのは志野本人w

志野は小賢しいのに単純で、意地っ張りなくせに素直なとこもある愛すべき奴!
似鳥は志野の欠点もふくめてかわいくて仕方なくて、惚れた弱みで振り回されちゃってるのが哀れだけどおかしい。

それと、この話はラブコメで終わらないところもイイ!
ライバルだった男に組み敷かれてる志野のアイデンティティのゆらぎと、しっかりやり返すプライドの高さまで描かれていて、後半は引きこまれます!
やり返されて似鳥は怒るけど、怒りと一緒に恋心と欲望も煽られて…
二人は心許しあう恋人としてより、張りあうライバルとして関係を築いていくんだろうな。

エッチシーンはノンケの志野が流されてしまうだけあって、志野の感じっぷりとおねだりがなかなか見応えがあります♪
甘くない二人だからこそ、志野が求めてしまうところは威力絶大。

ちなみに後輩・常磐君、素性も性癖もひっくるめて良い味だしてます。常磐くんのBLネタもチラッと入ってるけど、この話のなかだと余計感があるので、それはスピンオフとしてじっくり読みたかったな。

常倉先生は『Life 線上の僕ら』の一世風靡が印象に残ってます。
二人の関係を長く追いかけた話ももちろん良かったけれど、私は『咬みつきたい』のほうが味わい深くて好きです。

4

いろんな関係性があるからBLは面白い

とっても楽しめました。

いわゆるラブラブカップルではない、男性カップルならではの関係性が面白かった。
2人はカップルになる前から仕事上のライバルなので、それが最後まで変わらないのがよかったです。

似鳥は元々志野が好きで、身体の関係を持ってますますラブが深まっていく一方、志野はノンケで自分中心で生きてきて(今まで適当にしか恋愛してない)、どうやっても勝てない似鳥に対して悔しさと尊敬から愛情にシフトしていった感じ(似鳥の夜のテクにもほだされ)・・なので、志野に振り回される似鳥、といった関係です。
お互い、仕事が出来ない人間だったら見向きもしなかったと言っているので、2人の間には仕事ありき、そう思えば違和感もなく、楽しんで読めました。
が、常盤の最後の方のお話がちょっと雑な感じがしました。

life~とはまた違ったテイストのお話で、興味深かったです。

0

探しました

いゃぁ~探しました。
作者さんのlife~があまりにも神作品でしたので、こちらの作品読んでみたいなと思って、色々本屋さんで探してたのですが、どこにも置いていなくて…。

先日、久しぶりに乙女ロードに行く機会がありましたので、色々本屋さんで探してたのですが、メイト本店にもないってどうゆう事なの…。(じゃあ通販か電子で買えよって話ですが)

しかし諦めきれず、やっとジ○ンク堂書店で発見。

読んでみたら、まずネームが出来上がっているし、なかなか面白い構造だなと思いました。

受け攻めどちらに対しても感情移入するタイプではなく、第三者目線で楽しめる。

最初受け目線で話が進むかと思いきや、攻め視点っぽいお話になったりして、ん?攻め×攻めか?と。

後、何気にクスッと笑えるシーンも多数。

しかし、ちょっと残念だったのは、攻めが何故受けの事を好きになったのか、ちょっと理由が解りずらい。受けも、攻めが超テクニシャンだったから好きになったのか…?とちょっとモヤモヤ…。個人的に攻めが、受けを好きになるきっかけをもっと描いて頂けたら良かったなと思いました。

1

咬み殺されてもいい vs 咬みついてやるよ

えっと、面白かったです。
基本的にリーマンの同僚BLは好きなジャンルだし。
割と序盤から似鳥が志野への想いをぶつけて早くもベッドシーンが入り、その後『ゲイでもないのに!』と似鳥を拒んだり、逃げられたはずなのに逃げなかった自分を認めたり、常盤絡みのギャグを挟んだり、と、シリアス+ギャグテイストが入り混じって物語が進む感じなのですが。
この切り替えのタイミングというかテンポがイマイチ私の好みと合わない…というか。この話ならギャグっぽい感じだけで進んでくれても楽しめたかもね〜と思うのです。急に色っぽいHシーンになったりして違和感を感じる。
ただ、挿れる挿れないのためだけの攻めx攻め攻防ではない展開は非常に興味深かった。
彼らの攻防はあくまで「仕事」の成果であって、それもただ張りあってるだけじゃないところがいい。ラスト正当に出し抜く志野は、怖いけどこうこなくちゃね。
常盤と乾のエピソードはいらなかったかな…

1

オトコ同士だからこその

出し抜かれたり出し抜いたり。同僚でライバルで、男同士だからこそ対等でありたいし、そうそう弱みも見せられない…! といった関係性がタイトルにも現れている一冊です。私は、男女の恋愛でも上下関係がはっきりしているよりは、対等な大人同士の関係が好きですが、「リーマンものBL」の場合は、特にそういった関係性こそが肝ですね。
意地を張りつつも、限界まで張りつめた時に小さな穴からパフっと空気が抜けるように弱さを見せる瞬間、そこにグッとくるんです。

テンポよくさらりと読めます。見せ方がうまいなと思ったら、少女漫画ではキャリアのある作家様の別名義なんですね。
ただ、終わり方はもう少し気の抜けた軽いタッチでもよかったのかな?とも思います(エピソード自体はあれで良いのですけど)。続編とかスピンオフ(ちょこっと出てきた御曹司のエピソードとかね)なども見たくなりました。

0

リーマンラブはこうでなくっちゃ

仕事のライバルでもある同期の男が、事ある毎に、なんだか気になって気になってしょうがないのは、一体全体、何故なんだろう?
後になって振り返ってみれば、そう、あのとき既に…。

志野と似鳥の関係が、恋愛だけじゃなく、仕事のライバルとして張り合ってみたり、出し抜いてみたり。
仕事や恋愛経験は余裕ぶっている似鳥の方だが、先に好きになってた時点でもう、負けっ放し。
男、それもライバルと思っていた同期との恋愛なんて、考えつきもしていなかった志野の方が、ある意味、押せ押せ。
でも、ただ抱かれるだけじゃなくて、きっちり仕事で出し抜く結末がとても好ましかった。
この勢いで、いっそリバれ!と、リバ推奨派の私は思うけど、志野は快楽に弱そうだから、きっと無理よね。
その分は常盤くんに期待しておこう。

1

想像の倍は面白かった…。


独特なテンポで えっここでその表情!? だったり、そう思う!?だったりがあり王道に見えて王道でない感じが非常にツボでした。

ギャグも噴き出すところが多々。

お仕事BL好みなので、愛だの恋だのばかりにうつつをぬかすことなくしっかり仕事の面でも励んだり時には出し抜いたりしている様子が読んでいて引き込まれ。だからといって えー恋愛は?とはならない。
恋愛の面での物足りなさもないし、メイン以外でもがっつり読み手の興味心を掴んだと思います。

シリアスと判を押されるほどの取っかかり難さなしにただのコメディと判断されるのも惜しい、こうこなきゃ!なお仕事BLでした。
攻防戦楽しい作品をありがとうございます、
読んでみてよかった…!

1

トスっとやられました

先にレビューされていた方々ありがとうございます。おかげで久しぶりに心にトスっときた漫画に出会えました。
購入してから何度読んだことか。
これぞリーマンBL。求めていたものでした。

同僚でライバル。お互いに仕事では負けたくない気持ちが強くて、まぁ受のやり方は少々どうなの?って感じもありますが、お互いに相手が‘仕事が出来る男’だと認めている。
ちょっとした誤解といじわるから、受は攻への気持ちに気付くも流されつつも認めたくなかったり・・・
攻は受を手に入れられると思っていなかったのにその誤解から実は手に入りそうとなってエンジンがかかるも・・・
流されたり拒否ったりの受にいつもはすべてに出来る男の攻が翻弄され、そこにはいつも後輩くんが絡んでいて、それぞれの思惑が交差して面白いです。

個人的にBLの魅力は、相手の仕事(能力)を認めていたりライバル視していて、なおかつ惚れると言うところにあると思っているので、このタイプの話は大好物です。まさに「咬みつきたい」はぴったり。
「咬みつきたい」の意味もいろいろ含まれていて、本当に口でかみつく、言葉でかみつく、行動でかみつく(襲われる)などなど。
よく出来ているなと思いました。

次期社長とされる奔放な後輩くんもお相手がいるので、スピンオフ希望です!
この人物の方がはっきりしたタイプで、違った展開が予想されるのでこちらもとても魅力的。

最後は語りで終わるのが、ちょっと似つかわしくない気がして(コメディなのに急にラストだけシリアス?)その点が残念ではありましたが、とにかくこの作家さん大好きになりました。
次の作品がとても待ち遠しいです。

6

数回読むと、良さがわかります。

本作は生粋のオフィスラブです。
表紙にはメインとなる二人しか描かれてませんが、結果的には四人出てきます。といっても四角関係ではありません。
メインの二人+後輩(恋愛に関与なし)と、この後輩の知り合い(?)がちらほら出てくる感じで物語は進んでいきます。
頭から最後までとても一本道というかブレのない物語で、非常に読みやすく感じました。
気持ちの変化は文字でも書かれてますが、態度で表されてる描写が多め。
基本的には受けが誘って、おせっせが始まる感じです。
ストーリーも濡れ場も偏りなく描かれているので、本当に読みやすい作品だと思います。(二度目)
おすすめ。

2

昨年のマイBest 5に入る良作

とある個人でブログを書かれている方が「隠れた良作」と紹介されており、内容も好みだったので購入しました。

読んでいる間中「何これ?!なんだこれ?!!(もの凄くイイ意味で)」と胸を鷲掴みにされ、読後は「面白かったぁぁぁ~!!」と至福の気分になれました。

絵が丁寧でキレイです。
少し内容に触れますが、受けと(気持ちが)すれ違い気味になった攻めが無人のオフィスで、受けの椅子の背もたれを愛しそうに触れる場面があるんですが、もう切なすぎて涙ポロポロでした。(実は、その場面を受けは見てしまい・・・)
2人の関係性は同僚ですが、受けは攻めを目の上の たんこぶと苦々しく思っているので「デレ」の部分は あまりありません。その分しっかり仕事してます!
あっ、安心して下さい。エロのとこには、ちゃんと可愛い
デレがありますよ~
攻めが受けを大切に思っている描写は端々にあるんですけどね。

あと多くは語りませんが「スゴい終わりかた」をします!

早く この作者さんの次のコミックが読みたいです。

6

受けに萌えない

受けの性格が悪いって言うか、
わたしとしては何でそんなことできるのか理解できなくて。

攻めが 受けを助けてくれたりして、優しさのある言動をしているだけに、受けだけが悪目立ちしました。
攻めがかわいそう…

受けは、攻めを裏切ってまで地位を確立したかったのか?
自分の存在を、地位に見出だすのがリアルって言うか何ていうか……攻めの大切な存在になるとか、役職はイマイチでも一生懸命頑張ろうとか、前向き思考でいこうよ。

私は学生なので まだ理解できない世界です。そういうものなのかな。


攻めの溺愛ものは大好きですが、
受けから攻めへの愛が 全く感じられず、萌えませんでした!

また、前半はコミカルに進み、後半はシリアスで、さらにラストでどんでん返しが待っているので、ついていけなかった。

残念です!

7

すごく好みの関係でした

エリートな同期・似鳥を目の敵にしている受け。いつもニコニコうさんくさい笑顔だし、プロジェクトリーダーの座は持っていかれるし、周りの評価も高いのが気に入らない。そんなある日、受けが後輩・常盤とふざけ合っていたら、似鳥の鉄壁の笑顔が崩れ、すごい顔で睨まれる。もしや似鳥は常盤のことが好きなのか!?
大嫌いな同期の弱みを握った、と喜び勇んだ受けは、これ見よがしに常盤とイチャつき、似鳥を煽る。動揺する似鳥を見てご機嫌だったのだが、なぜか突然似鳥にキスされて…。


いや、めっちゃツボでした。ゲスな受けがすごい楽しい。仕事はできるんだけど性格に難ありで、嫌いな同期(攻め)の弱みを握った(と思った)途端、全力で煽りに行く姿勢がすごい笑える。
実は攻めが好きなのが自分だと知り、ゲゲッと思いつつも、いけ好かない男が自分を好きなことに優越感も感じる。嫌いなはずなのに髪を撫でられるのが気持ちいい。そのあたりからの駆け引きめいたやり取りが非常に萌えました。受けの後輩の常盤がこれまたゲスなキャラで、受けと攻めのあいだを引っ掻き回してくれるのがまた楽しいのです。
身体の関係ができてからも、一筋縄ではいかない受け。攻めは受けに手玉に取られつつ、でも仕事では情にほだされることなくどちらも全力で競い合う関係。読みごたえあって面白かった!

ちょいちょい混ざってくる後輩・常盤の恋模様も気になります。でもこっちのカプは別の本でスピンオフになったほうがよかったな。

6

咬みつきたいの意味

この表紙とタイトルのインパクトに判断しかねて購入が伸ばし伸ばしになってたのですが、想像と違いましたが面白かったです(^ ^)

絵は綺麗です。(橋本あおいさんをマイルドにした感じ?)
前半のラブコメとういかギャクコメのような展開が面白かった!受けがとにかく迂闊で詰めが甘く可愛げのある性悪で小物感満載なのが笑えますw
一応お仕事が出来る人みたいですが、人望の薄さといったら・・・w
で。攻めは仕事も出来て性格も良くて人望があって、受けにとっては目の上のタンコブ。邪魔で邪魔でしゃーないので、いっちょ罠にハメようかと目論んだら、逆に落ちちゃった☆という。

受けの後輩リーマンが引っ掻き回して物語を進めてます。
男同士のエッチに興味を持ったので先輩である受けをペロッと襲うのですが、尻に指入れたらギャーギャー喚かれたので、ベッドからペイッと放り出して「何してんの?目障り。帰れば?」と言い放つ俺様後輩w
この一件でメインカップルの関係は一歩進んだけど、受けは尻にトラウマ植え付けられてしまい、攻めが怒って睨みを入れるものの、後輩の切り返しのが一枚上手というww

この後輩はけっこう出番が多く、メインカップルの脇でアレコレ起きてる話も組み込まれてます。エチシーンまで有りの脇カプ発生です。ううーん、どうせならスピンでジックリ見たかった。何故ココで入れたんだろう…。

あと気になったのが、オフィスからベッドに場所が変わる所が落丁を疑いたくなるほどの唐突さ(実は読み返す度に疑ってる)。前半と比べて後半になるとシリアス寄りにトーンが変わってテンポの悪さが目立ったのが残念でした。

で。「咬みつきたい」というタイトルですが、咬みつきプレイの意味ではありません。"全身歯型くっきり〜(^///^)ウフフ" な朝を想像したのですが、歯型ゼロです。
結局咬みつきたいってなんだったんだ・・・と思ってたら、最後のドンデン返しですよ。あー!そういう意味ね!!っていう。
迂闊で小物だった受けが、攻めに愛されて魔性へと昇華した姿にゾクゾク。
リーマンカップルのお仕事BLならではのラストがカッコ良かったー!ヾ(*´∀`*)ノ
あとエチシーンで描写濃くないけど、焦れて焦れて焦れて耐えきれなくなった時の「…挿れて」ってちっちゃく呟く瞬間に萌えました+゚。*(*´∀`*)*。゚+

全体の評価は萌え×2なのですが、どーしてもどーしても落丁を疑う唐突な場面切り替えが気になるので萌え評価です。その部分と何故か始まる脇カプ発生の謎以外はとっても楽しめました(^ ^)

8

rerere

私もあれは落丁かと思いました。ページを重ねてめくってしまったかと何度も確認したりして。常磐と乾のHシーンも要らなかったし、最後は駆け足ぎみになって消化不良でした。面白いストーリーだったのに惜しいですよね。

思ったよりよかった

題名のセンスが、どうなの?って思ったので全然期待してなかったんですが、結構楽しめました。

能力がないわけではないのに、思っていることをすぐ口に出すうかつな性格がたたって、同期の似鳥に先を越されている志野。ベッドの上でも、似鳥にのられています。

能力の差を見せつけられても、卑屈にならないのがよかった。巻き返しを図るところに男らしさを感じたし、体をつなげたからってなあなあにならないのもよかった。仕事を取られて本気で怒る似鳥も。それでも関係が崩れないのも、かっこ良かったです。(実際の男同士だとプライドがあって関係が崩れそうですけどねー)

ただ……ページ配分が悪い。後半面白くなってきたなって思ったのにぷつりと終わる。別に咬み付くことにこだわらなくてもよかったような……。後輩の常磐くんはサジット(さいとうちほ「円舞曲は白いドレスで」)みたいな外見で可愛かったけれど、後半の男との絡みはいらなかったかなー。それに割くんだったらもっと二人の攻防が見たかった。それがなければ唐突に終わらなかっただろうし。

次も出たら、買うかな。


全然関係ないけど、インクが薄く感じました。紙もあまりよくないような……。久々に花音コミックを買ったからそう感じるのかな。

5

82ページまでは神

後は性急すぎたなー

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ