• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作咬みつきたい

似鳥 サラリーマン
志野 サラリーマン

同時収録作品 咬みつきたい

乾 サラリーマン
常盤敬親 サラリーマン,御曹司

その他の収録作品

  • I am(描き下ろし)

あらすじ

仕事はデキるが笑顔がうさんくさい、目の上のタンコブ的な同期・似鳥を忌み嫌っている志野。どうにかして陥れたいと謀略を巡らせていたら気付いた、ヤツの弱みに!「似鳥の野郎、後輩の常盤を狙ってやがる!!」ここぞとばかりに常盤にベタベタして煽ったら、キレた似鳥に咬みつくようなキスをされた…いやいや、何で俺が!!?たちまち話題沸騰の天敵リーマンラブコメ❤描き下ろしあり。

作品情報

作品名
咬みつきたい
著者
常倉三矢 
媒体
漫画(コミック)
出版社
芳文社
レーベル
花音コミックス
発売日
ISBN
9784832289543
4

(210)

(101)

萌々

(55)

(35)

中立

(7)

趣味じゃない

(12)

レビュー数
31
得点
837
評価数
210
平均
4 / 5
神率
48.1%

レビュー投稿数31

トスっとやられました

先にレビューされていた方々ありがとうございます。おかげで久しぶりに心にトスっときた漫画に出会えました。
購入してから何度読んだことか。
これぞリーマンBL。求めていたものでした。

同僚でライバル。お互いに仕事では負けたくない気持ちが強くて、まぁ受のやり方は少々どうなの?って感じもありますが、お互いに相手が‘仕事が出来る男’だと認めている。
ちょっとした誤解といじわるから、受は攻への気持ちに気付くも流されつつも認めたくなかったり・・・
攻は受を手に入れられると思っていなかったのにその誤解から実は手に入りそうとなってエンジンがかかるも・・・
流されたり拒否ったりの受にいつもはすべてに出来る男の攻が翻弄され、そこにはいつも後輩くんが絡んでいて、それぞれの思惑が交差して面白いです。

個人的にBLの魅力は、相手の仕事(能力)を認めていたりライバル視していて、なおかつ惚れると言うところにあると思っているので、このタイプの話は大好物です。まさに「咬みつきたい」はぴったり。
「咬みつきたい」の意味もいろいろ含まれていて、本当に口でかみつく、言葉でかみつく、行動でかみつく(襲われる)などなど。
よく出来ているなと思いました。

次期社長とされる奔放な後輩くんもお相手がいるので、スピンオフ希望です!
この人物の方がはっきりしたタイプで、違った展開が予想されるのでこちらもとても魅力的。

最後は語りで終わるのが、ちょっと似つかわしくない気がして(コメディなのに急にラストだけシリアス?)その点が残念ではありましたが、とにかくこの作家さん大好きになりました。
次の作品がとても待ち遠しいです。

14

ただのラブコメでおわらない!

ライバルリーマン同士のラブコメ、作り込まれたキャラがすごくイイ!
攻め、受けだけじゃなく、二人の関係のスパイスとして良い働きをする後輩君もイイ!
笑いと萌えを両立させてる作品大好きです♪

志野は、同期で仕事ができる似鳥が気に食わない。
似鳥はイケメンなうえ上司・同僚からも信頼されるハイスペックなリーマン。
たいして志野は、社内プレゼンで似鳥に負けたからって、後輩の常磐を見張りに立て、フロアにも響く大声でトイレでグチる、なんともミクロな器の男w
そして似鳥が常磐に気があると察知した志野は、必要以上に常磐にベタベタして、似鳥が嫉妬するのを見て楽しんでいたけれど…

似鳥が狙ってたのは志野本人w

志野は小賢しいのに単純で、意地っ張りなくせに素直なとこもある愛すべき奴!
似鳥は志野の欠点もふくめてかわいくて仕方なくて、惚れた弱みで振り回されちゃってるのが哀れだけどおかしい。

それと、この話はラブコメで終わらないところもイイ!
ライバルだった男に組み敷かれてる志野のアイデンティティのゆらぎと、しっかりやり返すプライドの高さまで描かれていて、後半は引きこまれます!
やり返されて似鳥は怒るけど、怒りと一緒に恋心と欲望も煽られて…
二人は心許しあう恋人としてより、張りあうライバルとして関係を築いていくんだろうな。

エッチシーンはノンケの志野が流されてしまうだけあって、志野の感じっぷりとおねだりがなかなか見応えがあります♪
甘くない二人だからこそ、志野が求めてしまうところは威力絶大。

ちなみに後輩・常磐君、素性も性癖もひっくるめて良い味だしてます。常磐くんのBLネタもチラッと入ってるけど、この話のなかだと余計感があるので、それはスピンオフとしてじっくり読みたかったな。

常倉先生は『Life 線上の僕ら』の一世風靡が印象に残ってます。
二人の関係を長く追いかけた話ももちろん良かったけれど、私は『咬みつきたい』のほうが味わい深くて好きです。

13

昨年のマイBest 5に入る良作

とある個人でブログを書かれている方が「隠れた良作」と紹介されており、内容も好みだったので購入しました。

読んでいる間中「何これ?!なんだこれ?!!(もの凄くイイ意味で)」と胸を鷲掴みにされ、読後は「面白かったぁぁぁ~!!」と至福の気分になれました。

絵が丁寧でキレイです。
少し内容に触れますが、受けと(気持ちが)すれ違い気味になった攻めが無人のオフィスで、受けの椅子の背もたれを愛しそうに触れる場面があるんですが、もう切なすぎて涙ポロポロでした。(実は、その場面を受けは見てしまい・・・)
2人の関係性は同僚ですが、受けは攻めを目の上の たんこぶと苦々しく思っているので「デレ」の部分は あまりありません。その分しっかり仕事してます!
あっ、安心して下さい。エロのとこには、ちゃんと可愛い
デレがありますよ~
攻めが受けを大切に思っている描写は端々にあるんですけどね。

あと多くは語りませんが「スゴい終わりかた」をします!

早く この作者さんの次のコミックが読みたいです。

10

すごく好みの関係でした

エリートな同期・似鳥を目の敵にしている受け。いつもニコニコうさんくさい笑顔だし、プロジェクトリーダーの座は持っていかれるし、周りの評価も高いのが気に入らない。そんなある日、受けが後輩・常盤とふざけ合っていたら、似鳥の鉄壁の笑顔が崩れ、すごい顔で睨まれる。もしや似鳥は常盤のことが好きなのか!?
大嫌いな同期の弱みを握った、と喜び勇んだ受けは、これ見よがしに常盤とイチャつき、似鳥を煽る。動揺する似鳥を見てご機嫌だったのだが、なぜか突然似鳥にキスされて…。


いや、めっちゃツボでした。ゲスな受けがすごい楽しい。仕事はできるんだけど性格に難ありで、嫌いな同期(攻め)の弱みを握った(と思った)途端、全力で煽りに行く姿勢がすごい笑える。
実は攻めが好きなのが自分だと知り、ゲゲッと思いつつも、いけ好かない男が自分を好きなことに優越感も感じる。嫌いなはずなのに髪を撫でられるのが気持ちいい。そのあたりからの駆け引きめいたやり取りが非常に萌えました。受けの後輩の常盤がこれまたゲスなキャラで、受けと攻めのあいだを引っ掻き回してくれるのがまた楽しいのです。
身体の関係ができてからも、一筋縄ではいかない受け。攻めは受けに手玉に取られつつ、でも仕事では情にほだされることなくどちらも全力で競い合う関係。読みごたえあって面白かった!

ちょいちょい混ざってくる後輩・常盤の恋模様も気になります。でもこっちのカプは別の本でスピンオフになったほうがよかったな。

9

数回読むと、良さがわかります。

本作は生粋のオフィスラブです。
表紙にはメインとなる二人しか描かれてませんが、結果的には四人出てきます。といっても四角関係ではありません。
メインの二人+後輩(恋愛に関与なし)と、この後輩の知り合い(?)がちらほら出てくる感じで物語は進んでいきます。
頭から最後までとても一本道というかブレのない物語で、非常に読みやすく感じました。
気持ちの変化は文字でも書かれてますが、態度で表されてる描写が多め。
基本的には受けが誘って、おせっせが始まる感じです。
ストーリーも濡れ場も偏りなく描かれているので、本当に読みやすい作品だと思います。(二度目)
おすすめ。

5

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP