好きになってはいけない相手を愛してしまった

はれもの水風船

haremono mizuhusen

はれもの水風船
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神57
  • 萌×216
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
9
得点
371
評価数
81
平均
4.6 / 5
神率
70.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
シリーズ
POEBACKS Baby comic(コミック・ふゅーじょんぷろだくと)
発売日
価格
¥675(税抜)  ¥729(税込)
ISBN
9784865890969

あらすじ

天真爛漫な義弟×劣情に溺れる兄
寝食を共にし、
家族として育った相手に
欲情する日々。


ぬけだせない、歪で淫らな三角関係

後見人から性的虐待を受けていた沿(そう)を引き取った要(かなめ)の家族。
2人は本当の兄弟のように仲睦まじく、大切に育てられた。
辛い過去を抱える沿のため、頼れる兄になろうと努力してきた要。
しかし思春期を迎えた頃から要は沿に対して欲情するようになる。
いやらしい想いは日に日に増していくばかり。
はじけそうになる願望をもてあました要は、
そのはけ口として教師・大場(おおば)と肉体関係を結ぶようになる――。

優等生の兄・要
無邪気な弟・沿
生徒から人気の若い教師・大場

愛欲にもだえ苦しむ男たち

表題作はれもの水風船

鴨志田 沿(要の義理の弟・小→中→高→大)
藤岡 要(沿の義理の兄・小→中→高→大人)

その他の収録作品

  • 晴れもの紙風船(描き下ろし)
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数9

大好物の兄弟物

兄弟物ですが血のつながりはないです。
さらに義父子、師弟とふんだんに盛り込まれている背徳感がたまりません。

兄と弟である沿は男であると自分を納得させようと葛藤し、それでもやっぱり嫉妬心は抑えられず弟を独占するために考えた作戦がなんとも可愛いらしくて拍子抜けしましたw

肉体は快楽に溺れても好きな人でなければ精神面は満たされないと身を持って知った二人。
先生が最後まで優しくて可哀想でしたがちゃんと明るいその後が知れて良かったです。

とても淫靡でとてもピュアなお話でした。

1

先生…!!

す、す、すばらしく好きです…
恥ずかしながらエロ目当てで読み始めましたが、読後はもう物語に酔いしれてました…
こんなに素晴らしいものを読み損ねていたとは…!

三角関係、義兄弟、先生と生徒、これでもかと背徳感が詰め込まれていますが、不思議とドロドロしていない
大場先生が私は好きでした…
本当に好きだった、んですよね?

当て馬好きの私としては、先生ルートも見てみたいです…

大場先生について語りたくて、この作品の良さを書き記したくて、初めてレビューを書きました

3

幸せにしてあげたい

兄と弟、先生と生徒、どちらも禁忌なら、どちらの禁忌を選ぶのか?

幼い頃にネグレクトと性虐待されていた沿は、要の家に引き取られ、兄弟として育ちます。
要と沿は、沿の過去や性的な事柄から遠ざけられながら育つのですが、要の中に芽生えた沿に対する感情は、徐々に大きくなってきます。
やがて、沿が要と同じ高校に入学して、要の担任・大場が顧問をする茶道部に入部します。
こうやって揃った三人。
兄弟の枠を越えたくない要の暴走した性を、大場は受け止めるのですが、要が愛しているのはやはり沿だけ。
ただ、愛して、幸せにしたかった。
じっとりと淫猥に純愛でした。

2

その後の話もまた読みたい

穴からあふれる感じがたまらなく好きだ。
冒頭から何をって話ですが、赤星さんの描く
事後の柔らかい穴からのあふれる感じがすごく好き。
(*´▽`*)くはー

さて、お話はといいますと
バレンタインのチョコに浮かれた雪空の下
薄着で白い息を吐く少女と出会う。
実は男の子で、少し先弟となる存在。
ふたりの時間が増えて純粋にうれしかった。
けれどその気持ちが、普通ではないことに気づいた日・・・・

幼いからだで大人に犯されていた
悲劇のヒロイン的な、トラウマ的なお話からの
流れをずっと引きずって。
そんな風に思っていただけにわりとラストは衝撃だったというか
実はそんなに重たい話ではなかったというか。
少女だと思っていた相手が男に犯されていたのだと
知った後。自分が同じようにその子を犯す夢を見る。
そう思っていただけに、自らが穴の快楽を追い始めたのには
驚いた。
初めてのセックスは思ったほどでなく。
好きではない相手なのに身体は慣らされて
快楽は増した。夢で抱き合う夢を見た。
お話自体がすごく魅力的で実際に重ねたわけではない。
それ故にな演出がす続きごく好きでした。

冷たく硬い印象から始まったお話が
ほっこり柔らかな印象で結末を迎える。
すごく面白かった。

0

禁断の三角関係

物語そのものは普遍的な内容ですが「受け」の子の心情に僕は涙しました

義理の弟に恋をしてしまう、でも弟に手を出す勇気がない、だから代理として先生に慰めてもらう、でもそこに「受け」の子の充足感は無い・・・

それは本当に「愛している相手」では無いが故の虚しさが伝わって来る作品でした

物語の中盤までは「この受けの子は、弟とくっつくのか?先生とくっつくのか?」と思わせる漫画の構成が見事です、どちらにしても、その背徳感にゾクゾクさせられました。

プレイ描写はエロめ、でも「受け」の子が抱える「葛藤」がエッチシーンをより「切なく」として「美しく」させています。

0

BLが大好きになった!!

私は本来同人誌やピクシブでBLを楽しむ派だったのですが、興味本位で買ったこのコミックで世界観が変わりました!!
コミック1冊で終わってしまうぐらいの薄い話なんだろうなと思いながら読み始めましたが、話のせつなさや禁じられた肉体関係を結んでしまうことにドキドキし、読み終わった満足感がさいこうでした!

この本をきっかけに商業誌を買うようになりました!私の中のトップ神マンガです(//∇//)

2

お兄ちゃんの苦悩…いい…。

良い兄でいようとする真っ当な気持ちと、弟に欲情する邪な気持ちと、その欲情の捌け口として、先生の性玩具みたいになってる状況が、ものすごい好物でした。
淫乱なのかウブなのか、相手によって違う顔の兄…いいよ!

1

ぬけだせない、歪で淫らな三角関係

三角関係が描かれていますし、性的描写もそれなりに出てきますので、苦手な方は注意が
必要かと思います。
でも、〈思春期の不安定さ〉、〈純粋な恋情と淫らな欲情〉、〈欲情を孕みながらもとにかくピュアで
可愛い義兄弟の想いとその成就〉が描かれていて、最後のページまでとても面白かったです^^!
途中三角関係にもなるのに、感動的で心洗われるようなすがすがしい読後感でした^^

4

実はピュアなお話かもしれない

帯やあらすじを見る限り禁断ものゆえのスリル感たっぷりですが、私の読後の印象としては晴れやかでほかほか。ほっぺたぷくぷくの可愛い笑顔もたくさん見られます。さて、内容についてはあらすじにほとんど記されている気もするので、私はこの本のジャケットについて&人物紹介を(※以下、ネタバレ含みます)。

惚れ惚れするジャケットです。表紙で、上から見つめるのは弟・沿(そう)。膝に寝そべるようにしているのが兄・要(かなめ)。ですが表紙のせつない表情のこの兄、実は下半身ヌードでお尻丸出し状態なんですよ。ちょうど背表紙あたりにお尻、足元がくる裏表紙にはふたりが通う高校の教師・大場が袴に髪を束ねた出で立ちで片膝をついている。

兄弟ふたりの、出逢いから小→中→高→大学(その後)までが一冊に。
メインは高校時代。
・沿(弟):小さいころ"父親代理"と暮らし性的虐待を受けていた。あるバレンタインの日に要と出逢い、すぐ後に要の家に引き取られる。同じ部屋、ときに同じベッドで添い寝しながら明るく元気に育ちます。頼りになる存在である要を慕い同じ学校へと進む。高校では茶道部へ。
・要(兄):母の愛を受け育ちマ続きジメでやさしい性格。沿と同い年だが学年は1つ上。沿のことが好きだけど気持ちは隠しているつもり。成績はトップクラス。高校ではバドミントン部に。
・大場先生:ふたりが通う高校の教師。要の担任。沿が入った茶道部の顧問。すべてを見透かし分かる教師と見せかけるが、いかん先生!

兄の要は沿を好きすぎるあまり、自分の知らないところ(茶道部)で大場先生と沿の距離が縮まっていくのに耐えきれず、先生から沿を遠ざけることばかり考えます。この大場は着物姿のときだけ髪を後ろで結っているのですが、一つわがままを言うなら普段も(というか特にHシーン)このビジュアルでいってほしかったなぁ。そのHシーンは相変わらずのエロさですが、一筋であることはどうしたって変えられないという、実はピュアなお話になっています。ちょっと不思議な三角関係を作り出していってしまうのですが、ラストまで進めばほかほかな気持ちに。ぎゅっと抱きしめるシーンがたまらなかった!

赤星ジェイク作品は、やはり自分の好きな感じの年下攻めなんですよねぇ。作者のふゅーじょんとの相性も好きです、新鮮な感じがしますね、イイ!

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ