2人を見てるとキュンとする!! 何だこの気持ち…!!! A.萌えです。

大きなノイチと小さなヒナユキ(表題作 彼と彼のはなし)

ookina noichi to chiisana hinayuki

大きなノイチと小さなヒナユキ(表題作 彼と彼のはなし)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神14
  • 萌×210
  • 萌9
  • 中立4
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
5
得点
141
評価数
40
平均
3.7 / 5
神率
35%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
発売日
価格
¥629(税抜)  ¥679(税込)
ISBN
9784799727560

あらすじ

反田 直(たんだ なお)には気になる男が2人いる。
大切な幼馴染のヒナユキと、そんな彼とよく一緒にいるノイチだ。
ヒナユキは小柄で病弱でおとなしく、ノイチはデカい・無口・荒くれ者……なぜ2人が、いつでもどこでも一緒にいるのかわからず心配でなのである。
そんな当事者2人は、直を巻き込んで何やらもじもじ駆け引き中のようで…!?
少しずつ丁寧に愛を込めて関係を近づけるピュアな初心者カップル・ラブストーリーv

イケリーマン×地味先輩の擬似兄弟関係経由・恋愛行き(!?)ラブコメ「兄弟エクストラ」も収録。

表題作大きなノイチと小さなヒナユキ(表題作 彼と彼のはなし)

野口将一(通称ノイチ),デカい荒くれ者風の高校生
森ヒナユキ,小柄で大人しい高校生

同時収録作品兄弟エクストラ

城田宇喜男,営業部のキラキラした後輩リーマン
井上三郎,同会社の経理,地味な先輩リーマン

その他の収録作品

  • 彼と彼の誕生日のはなし(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)
  • カバー下:おまけ漫画

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数5

少女漫画BL

2編の収録です。
さくっと萌えを享受したい時向けの作品。
どちらも大きな障害もなくイチャ甘なバカップルです。

1】無愛想寡黙な高校生くん×恋にときめく高校生くん
タイトル通り、表紙から感じる通りのカップルです。
物語導入が第三者の視点からという切り口は面白いのですが、なかなかそれがあんまり活かしきれてなくて、最初だけになっちゃったのがもったいないかなぁと思います。

恋人と手をつなぎたいなあとか、キスしたいな、触りたいなっていう、少女漫画あるあるをボーイズに置き換えた感じですが、描写が可愛いのでキュンと萌えます。

幼い頃に動物を強く抱きしめすぎて反省し、以来小動物に触るのが苦手というのはわかりみがあります!
が、少女漫画でもよく見るネタかな。。。

電子限定描き下ろしで、スカートひらひらさせて攻くんを混乱させてる受くんが大変かわいいです。


2】営業部のキラキラ年下くん×経理部の平凡地味くん
どちらも兄弟の末っ子という設定。弟が欲しかったので、営業部のキラキラくんに懐かれて、お兄ちゃんと慕われて(しかしそれも年下くんの計算のうち)ほだされていきます。
個人的にはこちらのCPの方が好きです。
受くんの方がズブズブに溺愛しちゃって、ぐだぐだに酔っ払いながらTシャツぱたぱたして「据え膳だよ!」って色っぽくない誘い方してるのが、誘い受好きとしては美味しかったです。

1

物足りなさは、あります。

題名通り、大柄な野口将一(ノイチ)と、小柄なヒナユキの話。
ですが!
二人を見守る男女カップルが、いい味出してます。特に直くん。
体格差にもきゅんきゅんしますが、見た目と違いちょっと抜けているノイチ君と、初々しさがあるヒナユキ君を見ていると、萌えます。
と、言う気持ちを代弁し、尚且つ相談にものる直君カップル。
絵は、好みではないのですが、きゅんきゅんとか、ほんわかを求めているなら、読んでみてほしいです。

『兄弟エクストラ』は、クスっとくる普通の話。
こちらは、あまりきゅんと来なかったので、あっさり読めたなぁって感じです。
こちらは、エッチまであります。

私的には、表題作を一冊丸々にして、もう少し先の話とかも、載せてくれたらなぁと思います。少し物足りなさを感じたので、評価は神はつけませんでした。

0

高校生1編+リーマン1編

中編2作品が収録されています。

「彼と彼のはなし」「彼と彼の誕生日のはなし」
こちらはタイトルとなっている、「デカイ無口荒くれ者風」で怖がられているノイチ(野口将一)と、小柄で大人しいヒナユキ(森ヒナユキ)の物語。
ヒナユキの幼稚園からの幼馴染でストレートリア充の反田直の視点で、物語は進んでいきます。
直はヒナユキがノイチに怯えているのでは、と心配でちょっかい出すのですが、実はモジモジしながらもヒナユキの方が積極的なのです。告白も、キスも、デートで手をつなぐのも、Hを誘うのも…
2人の間には優し〜い空気だけ!ほんわかBLでした。

「兄弟エクストラ」
一方こちらの話は少々ヒネリがある。
主人公は井上三郎、小柄でルックスは普通の地味〜な会社員(経理部)。
ある日複数の部署との合同飲み会にて、営業部のキラ星後輩、城田と知り合う。
城田は井上に「兄に似ているので甘えたくなる」などと言って懐いてくるが、兄弟ごっこ?がエスカレートしてきて遂に手で……
そこに現れた城田の本当の兄は井上と似ても似つかぬイケメンで…嘘を認めた城田が井上に告白!
恋人になった城田が飲み会の日、城田兄の光男に誘われ飲みに行く井上。城田のモノを何でも奪う、と言われている光男と色々話して、城田への想いを再確認する井上です。光男ってなかなか興味深い。あとがきにある通り、光男受けスピンオフ求む。
城田と井上のHは思ったよりもエロいです。

2

キュン!

表題作
直と直の彼女さんの言葉を借りるならまさに”キュン”とするノイチとヒナユキの物語です。
とってもほっこりとっても可愛い!
最初ヒナユキの友人の直の視点で話が進んでいくので読んでる側もヒナユキを見守っているようなそんな気持ちになります。大きくて強面のノイチの方がヒナユキよりもウブで可愛いのでクスっと笑ってしまいます。
キスしちゃった~のシーンがお気に入り。
直と直の彼女さんの気持ちに大共感!笑

兄弟エクストラ
お兄さんだったらいいのに!っていう会社の後輩くんからアプローチを受ける先輩のお話。後輩くんの本当のお兄さんがでてきてからのほうが面白かったです。後輩くんの必死っぷりに笑えました。笑

今回電子で購入しましたが修正は白抜きでした。なにしているのかわからない部分もありましたが、そこまで酷いとは感じませんでした。

ほんのりBLが読みたいときにぴったりの一冊です。

2

ピュアな2人にキュン & ほっこり

初コミックスです☆
発売時に、買おうかどうしようか迷ってやめた本なんですが、
今すごく後悔しています、その時に買ってもっと早く読んでおけば~!!

ほのぼのラブコメがお好きな方なら、
クスッとしながらキュン♡きて、とても楽しめる1冊じゃないかな?
わたしはものすごくツボでした~~

半分くらいずつで、2つのお話が入っています。

■表題作「大きなイノチと小さなヒナユキ」描き下ろしあり
デカくて目つきが悪くて荒くれ者風の、通称イノチ(攻め・表紙右)と、
小柄で大人しくて気弱そうなヒナユキ(受け・表紙左)の、
一見アンバランスな、初々しい高校生CPのお話です。

物語は、受けの幼なじみでリア充のノンケ、反田くんの視点で始まり、
受けのことが心配で探りを入れていたら……と進んでいきます。
この反田くん(と彼女)の視点があることで、
2人の凸凹っぷりが強調されて、攻めのキャラの意外さも際立って、
上手い描き方だなぁと感じました。
反田くんのおかげで2人が初チューをしたり、
彼が後々もよきアドバイザーでいるのも、とっても微笑ましい♪

でも、なんと言っても、一番素敵なのは攻めのキャラかな☆
怖い感じの見た目なのに、すごくウブでちょっと天然。
水族館に受けをデートに誘いたいのになかなか言い出せなくて、
ポケットに入れていたチケットは触りすぎてクシャクシャに…とか、
キスの後は何をすればいいのか分からない…とか、
受けを大事にしたいからとイキナリお姫様抱っこ…とか、
可愛すぎて萌えました~ (*´ω`*)

手を繋ぐのや、初エッチ(触りっこ)もすんなりいかなくて、
そのもどかしさや、一緒に乗り越える2人の様子+身長差にキュン♡

受けも恥ずかしがりだしヘタレだけど、
ちゃんと強いところもあって、とてもお似合いの2人でほっこりです。

■「兄弟エクストラ」
イケメンで仕事ができて気も利く後輩リーマン(攻め)に、
地味な受けが「うちの兄に似てる」「甘えたくなっちゃう」と、
懐かれて~仲良くなって~、そしたら告白されて押し倒されて…?
そして、攻めの兄は実は受けに全然似てなくて……?

ところどころ結構ありそうなお話の流れではあるのだけど、
受けの思考や心の声が可笑しいのと、イケメン攻めの素が可愛くて、
こちらもとても楽しく読めました♪

光男お兄ちゃんの受けの話、描いてくれたらうれしいな~~

気が早いですが、今から2冊目のコミックが楽しみです (#^^#)

7

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ