こい、こわれ

koi koware

こい、こわれ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×213
  • 萌9
  • 中立2
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
5
得点
91
評価数
30
平均
3.2 / 5
神率
6.7%
著者
椎崎夕 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
ゆき林檎 
媒体
小説
出版社
大洋図書
レーベル
SHYノベルス
発売日
価格
¥860(税抜)  
ISBN
9784813013037

あらすじ

新しく配属された営業部で融の指導担当者になったのは、部内でも仕事はできるが、他人に興味がなくドライと噂の前原だった。配属初日に前原とその恋人の別れ話をたまたま目にしたことから、前原に苦手意識を持った融は、なにをやってもうまくいかなかった。一方、前原も融を警戒し、冷淡な態度で接していた。けれど、一緒に働くうちに誤解がとけ、いつしか融は前原のお気に入りとして知られるようになる。融もまた自分のなかで苦しくなるような想いが生まれたのを知るのだが……

表題作こい、こわれ

前原, トップ営業マンで融の指導役 
田阪融, 中途採用の新人営業マン, 24歳

その他の収録作品

  • 初恋
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数5

こい、こわれ、というほどでもなかったけれど

表紙から感じるほど、痛々しい話ではありませんでした。評価がまんべんなく散らばってて面白いですね。

真面目な受くんと、寡黙な攻さんと、当て馬的軽めのイケメンが出てくるのは、割りといつも通りというか。そこにすれ違いと、お仕事に関するあれこれと、過去のごたごたと、予想通りな感じなのですが楽しく読みました。(私はこの方の描かれるパターンが好きなのです)

攻さんはいつもよりスパッとした性格で、攻様って感じじゃないところが好みでした。受の融くんは社会人だけあって、いつも描かれる主人公よりも思い詰めてなかったように感じました。そのせいか、読んでいて全体的にあっさり目に思えましたが、私には程よいバランスでした。

5

どうしてセフレなんだ。恋人じゃまずいのか?

縁があって読む機会にあった本。
椎崎夕さんの作品はまだ数作しか読んだことないですが、
これが1番好きかも。

受けさんの融が、攻めさんの前原とキーマンの三橋の別れ話をしてるという
間の悪いところに出くわすシーンから始まり。
出会いが出会いなだけに、最初は警戒心大な前原に対して
融自身もトラウマを抱えながら奮闘していく前半。
2人のお互いに対する態度の誤解が解け、仲の良い先輩後輩として
徐々に打ち解けていく中盤。
恋心に気付きながらも三橋と前原を応援することで身を引こうとする融に
嫌われ避けられていると誤解して気まずくなる前原、な後半。

『こい、こわれ』って、漢字を当て嵌めたらどれなんだろう?と悩みましたが
こう振り返ってみると、『恋い、恋われ』が自分の中ではぴったりで。
なんだかんだ経験しながらも、融も前原もお互いが初恋なんですよね。
自分から求めることを知らなかった融。
欲しいと思った事がない不器用な前原。
そんな2人がお互いに成長していく過程が好きでした。

個人的には
三橋の幸せも見届けたくなるほどに好きなキャラだったので
三橋のスピンオフが読みたいです。

4

受けの良さが伝わりづらい

前の会社で人間関係のトラブルに巻き込まれ、別の会社に転職した田坂(受け)。営業に配属され、教育係になった前原(攻め)は、その直前に男との別れ話をしているところを偶然目撃してしまった相手だった。見られたシーンのせいか、田坂を警戒しているらしい前原だったが、やがて誤解も解けて気安く構ってもらえるようになる。しかし前の会社でのトラブルにまたも巻き込まれ…。


困ったちゃんによくよく引っかかる受けです。こう人間関係のトラブルを起こしてばかりだと、さすがに本人にも問題あるんじゃないかな、という気になってくるのが痛い。元カノに粘着され、元カノの婚約者にも粘着され、新たな会社に同時に入った同期の困ったちゃんには絡まれ…。
そもそも言葉が足りなすぎでした。言おうとした言葉を飲み込んではいちいちトラブルに巻き込まれるので、この人わざとやってるんじゃなかろうかという疑念まで浮かんでしまいました。
攻めは大人びてしっかりしているキャラ、という設定らしいのですが、実際はかなりお子さまです。受けの表情から受けの状態を感じる能力に長けすぎているので、この人超能力でもあるのかと思ってしまった。
まあでも、攻めと受けとの恋愛はなかなか切なくてよかったです。当て馬というか、攻めが別れ話をしていた元カレさんが割といいキャラで、なんでこの人じゃダメで受けならよかったんだろう、と不思議でした。

あとイラストがゆき林檎さんだったのですが、キャラのイラストがなぜか小太りに見えてしまって、ぽっちゃりキャラ設定なのかと思ってしまいました。特に口絵カラーの攻めがすごいぽっちゃりでした。あごの肉付きがすごいし、肩や二の腕もむっちりしてるし。もうちょっとスレンダーだとよかったな…。

4

一味足りない

新書サイズ2段組の本で文章量としては十分なのに、何か物足りない。タイトルのような「こい、こわれる」感じが2人から伝わってこないせいだろうか。それとも当て馬になるキャラがいい味を出し過ぎているからなのか。少し主題もぼやけているようにも感じます。
この作家様は、どちらかというと攻めの執着心を書いた作品の方が面白いような気がします。その方が作品に引き込む力が強いと感じます。次作には執着心の強い攻めを期待したいです。

3

当て馬が好き…

ある事情で転職したばかりの融は向かない営業に配属され、
男同士で痴話喧嘩らしいものをしているのを偶然聞いてしまいます。
その一人だった男、愛想のない上司・前原が自分の指導役となり
困惑せずにはいられませんでしたが…。

融は若いながらもとても真面目で頑張り屋さんなので
好感持たれるのも自然な気がしましたし
そういう面があるからこそ一部の(過去の)くだらない人間に
嫌な目に遭わされるんだろうなとつい納得してしまいました。
でも見ている人はちゃんと見ているわけで。
それが前原さんなんですけども。

前原さんの最初のとっつきにくさはかなりのもので
私だったら仕事するのが苦痛になるだろうなって
なんとなく胃を押さえたくなりましたよww
けど仕事に対する姿勢はやたら愛想だけ良くて人間として軽いタイプの比ではないし
頑張る融に対して特別感を否めないあたり頬が緩んでしまいました。
普段想像もつかない優しい顔とか仕草とか
そのギャップが大きければ大きい程惹かれるってなもんですよね!
わりとむっつりっぽいのもナイスでしたww

主人公が幸せになるのが嬉しいものですが
今作では前原さんにフラれてしまった三橋についつい肩入れしてしまって
三橋……いい男みつけて幸せになるんだよ!と胸を痛めたままの読後でした。
“計算高い”と前原さんは三橋のこと言ってましたけど
ちっともそんなふうに思えなかったです。
なんだかんだで融に親切にしてくれたし
恋敵になっても結局はとりもってくれたりして……ああ三橋…。

それにしても融の元カノが非常に腹立たしくてキツかったです。
BL作品には迷惑な女という存在も珍しくないと思いますが
久々にこういうイライラするタイプが来たので疲労感もあります…。
三橋のスピンオフで癒されたい←

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ