恋と毛玉とお隣さん

koi to kedama to otonarisan

恋と毛玉とお隣さん
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神15
  • 萌×226
  • 萌17
  • 中立4
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
15
得点
234
評価数
63
平均
3.8 / 5
神率
23.8%
著者
須坂紫那 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784403665097

表題作恋と毛玉とお隣さん

土屋武志,在宅webデザイナー
一之瀬,隣に住んでるリーマン,鉄面皮だけど猫好き

同時収録作品こいをむすぶ方法 / 織田くんの夜の楽しみ(描き下ろし)

織田,大学生,普段はモサいが隠れイケメン
小池,ピュアな大学生

同時収録作品バカな犬ほどいとおしい / バカな犬のお悩みは(描き下ろし)

真木,大学生,幼馴染みとして受のことが大好き
ひろくん,大工,受の兄貴的存在,受より2歳年上

同時収録作品うちのタマは侵略者 / タマの1日(描き下ろし)

士郎,リーマン,25歳,受の船が墜落した家の住人
タマ・ネーコモフリ,ネーコモフリ星の王子,17歳

その他の収録作品

  • 恋と毛玉と好きなひと
  • 恋と毛玉と魅惑のお風呂
  • 土屋くんチャレンジ「夜のお誘い」篇(描き下ろし)
  • あとがき
  • カバー下:イラスト・設定解説

レビュー投稿数15

大当たりすぎる短編集

短編集を購入するのは、読者にとって賭けだと思いませんか。
1冊まるまる1CPなのと違って、あらすじが分かるのは表題作のみで、未知のCPが1〜5組くらいセットになっているわけで、雑誌掲載時から追っている方以外はロシアンルーレットというか、目の前に並べられたプチシューにわさびが仕込まれているか、全部おいしいか分からないのと同じ状態に。
表題作はすごく好きなのに同時収録がものすごく地雷なんてこともよくあることですね。

さてこちらの短編集ですが、全部甘いカスタードクリームでした。
それどころか、9割ホイップ+カスタードのWクリームでした。

【恋と毛玉とお隣さん】【恋と毛玉と好きなひと】【恋と毛玉と魅惑のお風呂】 萌2
料理上手なお隣さん(ハーフアップ)に猫、そこに生真面目で不器用すぎる黒髪眼鏡が添えられたら「好き!」と叫ばざるを得ません。好きな要素しかない。
人とうまく接することができないせいで「キツイ」「無愛想」と思われてしまう一ノ瀬が、隣の部屋に住む土屋(在宅webデザイナー)と飼い猫のマルとの交流を通して、どんどんと角が取れて人間らしくなっていくストーリーです。
一ノ瀬の生真面目すぎるところがとことん愛おしい!
可愛いところをひとつずつ挙げていったら、軽めの論文くらいになりそうです。
この愛らしさ、多くのみなさまに知ってほしい!と強く思わせる作品でした。
土屋もいいんですよー。優しすぎて、感激屋で興奮しがちなところも素敵でした。

【こいをむすぶ方法】  萌2
イケメンといたしている夢を見たと思ったら、全裸の自分の隣に半裸の友人が!
ちょっとおばかな大学生・小池と、その友人の岡田の話です。
うっかり岡田の家にあった指輪をはめたら抜けなくなって、わたわたおろおろどたばたするのですが、岡田はイケメンだし、小池は可愛いし、岡田ママまで可愛い。
イケメンな岡田の行動がツボでした。

【バカな犬ほどいとおしい】 萌
この作品だけがホイップ入ってませんでした。
おばかな大学生・真木と、2つ年上の幼馴染・ひろくんの話。
ひろくんのゲイバレから、ひろくんを独り占めしたい真木の暴走が始まるのですが、ひろくんがひねくれすぎているというか、頑固すぎるというか…。

【うちのタマは侵略者】(2話) 萌2
可愛かった!!
親子喧嘩の末にネーコモフリ星から地球へやって来たタマ(第17王子)と、宇宙船が庭に埋まったせいでタマを居候させることになったおばあちゃんと士郎。
タマが天真爛漫で可愛い!おばあちゃんも可愛い!士郎がカッコいい!
ほのぼのとした日常の中で、周囲の人々に愛されて溶け込んでいくタマ。
両親を亡くして、おばあちゃんと2人暮らしの士郎にとっても、タマの存在はどんどん大きくなって、ちょっと涙が滲むくらい良い話でした。

それぞれに描き下ろしがついているのですが、これも全部良かったです。
ほんとにどの作品も良すぎて、それぞれについて各1000文字くらい語りたいほど。
こんなに愛せる短編集は、今まであったかなと思うくらいに愛おしい1冊でした。
ぜひとも、地球上の人々一人残らず読んでほしい!

1

ほっこり

ほっこり、ほのぼの系のお話がたくさん楽しめました。

表題作は、冷たく思われがちで周囲とうまく馴染めない一之瀬とお隣さんの土屋が
土屋の猫ちゃんを介して仲良くなっていくお話。
美人さんの一之瀬が土屋の愛猫マルを
もふもふしてる姿に萌えました。

個人的には、表題作よりも
宇宙人タマシリーズが可愛らしくてツボでした。
タマはおバカだけど健気で
士郎の硬派っぷりもたまらなかったです。

短編集のような感じでしたので
全体的にさらっとしていた気もしましたが
エッチシーンもあり
微笑ましくもあり、読みやすい作品でした。

0

ほのぼのかわいいラブコメ

タイトルや表紙から受ける印象そのまま、なんともほのぼの可愛らしいお話が4つ集まってます。
そしてそれぞれの作品の描き下ろしがついててそれがなんともいい!

一番好きなのは表題作
【恋と毛玉とお隣さん】
猫が取り持つ縁・お隣さん同士の話。
受けの一之瀬は美人さんなんだけど表情固くて友達が出来にくいのが悩み。土屋の飼い猫を触らせてもらったのがきっかけで、明るく人当たりの良い土屋と仲良くなれたのが嬉しくて、これからも友人として仲良くしてくれ…とお願いするのだけど、土屋はじつはずっと前から一之瀬のことをいいなと思っていて。
だけどなかなか恋心を切り出せず、土屋の気持ちを知ってる友人が放った「いつまで友達ごっこ続けてるんだ?」を偶然聞いてしまった一之瀬とのやり取りがいいなぁって思う。

一之瀬がツンデレ美人じゃないところが好き。不器用だけど素直で土屋に喜んでもらおうと奥手のくせして一生懸命だし、土屋もそんな一之瀬が大好きで大切に…大切に思うがあまりちょいヘタレになりつつも♡ワンコ系でとってもいい感じの二人で大好きです。

【こいをむすぶ方法】
飲み会後、気づいたら地味な同級生と素っ裸でベッドにいる事に気付いた受け。動揺する傍ら、落ちていた女もの指輪を興味本位ではめてしまったら、どうにもこうにも抜けなくて…
それは攻めの母曰く「運命の相手だったら一生抜けることはない」指輪だそうで、それを聞いてからなんだか一緒にいるうちにその気になってしまった受け。
ずっと好きだったからこそ、受けからのせっかくの告白にホイホイ乗らず拒絶しちゃう攻めが好きです。書き下ろしが好き。

【バカな犬ほどいとおしい】
彼女に振られるたびに幼馴染のひろくんのところにやってくる真木。
「ひろくんカッコいいし大好き!!」と屈託無く言われるたびに好きの意味合いが違いすぎて傷つくひろくん。
さらにセフレと寝るくらいなら俺と付き合おう!と二人はセックスしちゃうのだけど、その後で真木が自分のことを好きだったのか?という問いかけに「昔っからひろくん大好きだよ!」と明るく即答…。あぁおバカは残酷。
幼稚なバカワンコなんだけど、少しは成長した…かな?まぁひろくんもおバカなところも可愛いと思ってるようなので、この大型わんこの調教をお願いしますって感じです。

【うちのタマは侵略者】
宇宙人が登場するなんとも可愛らしいファンタジー。宇宙人といっても姿は耳がちょっと尖っている程度で人間そのものなので抵抗なく読めます。
宇宙人のタマが早々に地域に馴染んで商店街の人々から可愛がられているところがなんとも和みます。


1

猫を愛でるようなかわいいラブコメ集。

4カップルのラブコメ短編集。
たぶん須坂先生は猫がお好きだと思うんです。表題作は猫が二人の間を取り持ち、宇宙人ものは母星がネーコモフリ星。猫を愛でるようなかわいいストーリーが集まってます。

●「恋と毛玉とお隣さん」
二人の性格や関係をしっかり語っている表紙!
両腕を広げているのが一途で明るい土屋、スーツ姿がコミュ障気味なリーマンの一之瀬。一之瀬が、土屋の猫・マルを触らせてとお願いして、お友達から二人の関係は始まります。
一之瀬は不愛想で同僚から怖がられてるけど、人嫌いとか偏屈なところはなくて、うまくやれない自分に落ち込んでしまう素直なタイプで、マルと戯れてる表情は柔かくてかわいい。
明るい土屋に励まされたりアドバイスしてもらって、一之瀬は同僚達ともうまく付き合うことができて、だんだん明るくなっていく。
土屋には下心あってのことだけど、ほだされちゃってる一之瀬もかわいいんだ。
恋人になってからも、一之瀬とずっと一緒にいたい土屋と、土屋に喜んで欲しくて自分で開発しようと頑張ってる一之瀬がほんとに微笑ましくてかわいくて、マル一家と一緒にずっと幸せでいて欲しいなと思える二人です♪
マル視点で描かれた「恋と毛玉と魅惑のお風呂」は、お風呂での二人のひとこま。無自覚な一之瀬に土屋は煽られっぱなしで…風呂嫌いのマルにさらなるトラウマを植えつけますw

●「こいをむすぶ方法」
実はイケメンなのにモッサリしてる織田と、誤解から織田との運命を感じてはしゃぐ小池。織田は嘘から仲良くなれたことが心苦しくて、小池は自分の気持ちを信じてくれない織田が歯がゆくて…な、一途なすれ違いがかわいいお話です。
織田がちょっと変態入っちゃってるところもなにげにかわいい。

●「バカな犬ほどいとおしい」
年上の幼馴染・ひろくんが大好きすぎる真木と、そんな真木を真剣に想ってるひろくん。真木はひろくんがゲイだとわかると、セフレに渡したくなくてひろくんと関係を持つ。でもそれは幼稚な独占欲でしかなくて、それに気付いたひろくんは深く傷つく。ひろくんの涙が落ちる横顔、その表情が切なくて悲しくて…(すごく綺麗な絵なので見る価値ありな一コマです!)
バカ犬もバカ犬なりに自分の気持ちに向き合って、ひろくんもバカなほどかわいくて…
もう二度とひろくんのことは泣かせないで欲しいです。

●「うちのタマは侵略者」
ネーコモフリ星の味噌っかす王子・タマは、父王に認めて欲しくて、単身地球侵略に乗り込んできたものの、民家の庭に墜落、お婆ちゃんに助けられ、孫の士郎に面倒見てもらい、町内の人達にもかわいがられる。タマはおバカな天然すぎて、かわいい小動物を愛でてるようなハートフルストーリー。
カップリングは士郎とタマ。士郎は大人なリーマンだからショタとの”イケナイコト感”もあります。

絵が綺麗で、テンポも良いから読みやすいです。
かわいいお話のなかで、ひろくんの泣き顔が一番印象に残ってます。

1

今ならまだ引き返せるから!

絵が綺麗で可愛い。そして色んなタイプのキャラ・カップルが出てくるので、きっと少なくともどれか一つはお気に入りが見つかるはず!
ちなみに私は、2作目の「こいをむすぶ方法」が一番好きです。イケメンなのにコミュ障っぽい攻めがちょっと変態チックで好き。酔ってヤっちまったと受けが勘違いしたのが、実は受けの意識がないことをいいことに、勝手に裸にしてオナッてたというね(笑)。流されやすいちょっと抜けたとこのある受けちゃんに、「今ならまだ引き返せるから!」と思ってしまいました。

他の話も、コメディタッチでほのぼのしていて、きゅんは少なめですが、癒されました!

1

宇宙からの侵略者

表題作は、猫が取り持つご近所愛の中編。
美貌だが気軽な人付き合いが苦手なサラリーマン一之瀬が、在宅仕事の茶髪君土屋の部屋から猫が飛び出してきたのをきっかけに、土屋の部屋を訪れるようになって…。
他に、嘘から出た実で片思いが実る話と、瓢箪から駒でずっと片思いしてた幼馴染と両思いになる話、さらに宇宙から来た侵略者を好きになる話の短編が3編と、それぞれの話のおまけつき。
どのお話もコメディ成分多めの、ほのぼのラブだが、ストーリの流れが自然で、それなりにちゃんとエロ成分もあるし、絵もかわいくて見やすいしで、読後感がよかったです。

1

安定した綺麗な絵とほのぼのコメディ

短編集です。4カップルあります。

「恋と毛玉とお隣さん」 3話+おまけ
webデザイナー土屋 × サラリーマン一之瀬

仕事が忙しくて好きな猫が買えない一之瀬は隣の部屋の土屋が猫を飼っているのを知り、猫に触らせてもらうため、入り浸るようになります。
土屋はゲイで前々から一之瀬のことが好きだったのですが、一之瀬はノンケのようなので、友達付き合いを続けますが、かわいい発言についうっかりキスしてしまいます。

私はこの話が一番好きでした。
土屋のわんこぶりがかわいいです。一之瀬は美人さんで無自覚な発言やはにかんだ笑顔がほんとかわいいです。一之瀬は恋人ができるのは初めてで何も知らないのですが、土屋を受け入れようと頑張るところはきゅんとします。でも、バイブのスイッチ入ったまま出てくるのはダメだよー。土屋じゃなかったらどうすんだ。
そして、一之瀬が土屋をフェラしようと口を近付けた瞬間、土屋が興奮しすぎて鼻血吹いて倒れるところなんて吹いてしまいました。



「こいをむすぶ方法」1話+おまけ
大学生織田×大学生小池
飲み会で酔っ払った小池は、朝目が覚めると隣に友人の織田がいます。
ヤッっちゃったと慌てますが、転がっていた指輪をなんとなくはめてしまい、抜けなくなってしまいます。どうやってもはずれない小池はその指輪が運命の人だと抜けないと織田の母親から聞き織田を意識し始めます。

頑張って外した指輪をすぽっとまた嵌めてしまう織田にはえ?っとなりましたが、ここに織田の気持ちがこもっていてよかったです。やはり二人ともかわいかったです。
おまけの織田のちょっと変態くさいところは楽しかったです。

「バカな犬ほどいとおしい」1話+おまけ
大学生真木×大工ひろくん
幼馴染のひろくんを優先してしまうせいですぐに彼女に振られてしまう真木。
大工のひろくんが先約があるといっていた日に遊びに行くと、部屋の前で男とキスしてるところを見てしまいます。

この話は私好みではなかったです。真木はノンケなので無自覚にひろくんを傷つけてしまうんですが、自分の気持ちやひろくんの気持ちを考えたときに大泣きでひろくんに抱き着いているところは大型ばかわんこです。ひろくんは前々から真木のことが好きだったようですが、相手がノンケで、好き好き言ってくれるけど、それは兄のように慕ってくれているだけとわかるので、あきらめてセフレで我慢していてせ
つないです。でも、ずっと好きな割に、真木が遊びに行くといってもセフレとの約束を優先させてしまうあたり、えーっと思いました。そこは、セフレより優先しておいて、セフレが文句を言いに来たり、別の日にうっかり見られるほうが、ひろくんの真木を好きな気持ちがよくわかったような気がするんですがね。それに、マンションならいざ知らず、外を歩いていると見えるようなアパートの部屋の前でキスってどうなん?って思ってしまいました。
後、真木が独占欲に駆られてひろくんを抱いてしまった後、やはり好いて貰ってるわけじゃないと気付いて真木を、追い出すのは分かるけど、その後しばらく連絡しない間にまたセフレを呼ぶのはどーなの?一途だというなら立ち直るの早すぎ。そこは落ち込むところじゃないのかな。どうも、ひろくんが好きになれなかったです。

「うちのタマは侵略者」2話+おまけ
サラリーマン士郎×宇宙人タマ

宇宙人のタマは17人兄弟の末っ子王子。父王にくどくど説教されたので地球を侵略して見返してやろうとして宇宙船で旅立つのですが、墜落してしまいます。墜落した庭の住人のおばあちゃんに、宇宙船が埋まってしまったので、しばらく居候させてもらいます。
この家にはおばあちゃんと孫の士郎の二人で静かに暮らしていましたが、地球について無知で無邪気なタマのにぎやかさに慣れていきます。

この話は表題作と同じくらい好きな話でした。
無邪気なタマがすごくかわいいんです。喜怒哀楽が激しく、一生懸命で、誰とでも仲良くなれて、こっちまで癒されます。父王とも本当に仲が悪いわけではなく息子を溺愛しているのに素直になれないだけなお父さんで、かわいいタマに似ていないすごい美形な王様でした。おまけのお話のタマの一日が本当にかわいくて、癒されます。

全体的に絵はきれいで登場人物はかわいいし、どれにも笑いがありました。
デビューコミックスということでしたが、これからも楽しみです。
濡れ場は少ないですが、絵がきれいなのでもっとみたかったな。

3

後味のいいハピエン短編集

ほのぼの系、ラブコメ、ファンタジーなどの短編集です。

「恋と毛玉とお隣さん」他2篇
在宅webデザイナー土屋x人付き合いの下手なリーマン一之瀬のCP。(アパートのお隣さん同士)
土屋の飼い猫マルがきっかけで、仲良くなる二人。
土屋は元々ゲイなのかな?生真面目で素直な一之瀬に恋をしました。多分ノンケの一之瀬の方も優しい土屋に惹かれて、二人は恋人になりました。パチパチ!ほのぼのします〜。
一之瀬はとっても真面目で、いつも誰にでも敬語だし、土屋に喜んでもらいたくて「男同士」を検索して大ショックを受けても、健気に『穴を広げなければ』って……一之瀬さん面白すぎる!

「こいをむすぶ方法」
これは粗筋を語るのが難しいのですが、大学生同士の誤解あり直球あり、の恋物語です。ハピエン。

「バカな犬ほどいとおしい」
幼馴染もの。攻めはちょっと無神経な大学生真木。受けは2才年上のひろくん(ゲイ)。
ひろくんは実は真木が好きだけど、叶わぬ恋と思ってセフレと付き合ってる。そこを真木に見られ…
無事CPになりますが、温度差が少し気になりますね!

「うちのタマは侵略者」
宇宙人もの。地球に落ちてきたタマちゃんは町内の人気者!みーんなに可愛がられてます。
そして宇宙船が落ちた家の孫息子、士郎とラブ!
そこにタマのお父さん(当然宇宙人)が迎えに来るが、町内みんなで歓迎ムード。懐深い地球人です。

描き下ろしは4点。
士郎xタマ、その後。タマの1日と士郎との時間について。
真木のヤキモチ焼きエピソード。ひろくんにじゃれる犬にも嫉妬!
織田が寝ている小池のニオイを嗅ぎまくる。プチ変態。
土屋x一之瀬、その後。誘いたいのに誘えない土屋。知ってか知らずかやっぱり泊まりたい、と来てくれる天然一之瀬さんです。

3

王道プラス何か


な、なんという純愛〜〜〜〜!!と。叫びたくなります。
4作収録されていますがどれも嫌なライバルが登場するわけでもなくふたりの世界。始めから最後まで。けど、その中のちょっとした勘違いだったりすれ違いだったりというごくごくふつうともいえる出来事に、とってもきゅんきゅんするのです。
時にはじわっと感動も。

絵柄も癖のない綺麗さが際立っていて読みやすく、だからといってあっさりしすぎてもなく、ちゃんと(?)(笑)変態くさい攻めも居ました。個人的にすきだなぁと読む前から気にしていたのは高校生かと思っていたリーマン×ちょっと2作目の受けとも似ているけど可愛さ増しな宇宙人、のお話。純粋にいい話。
日常カプの中のファンタジーって、何だか魅力的に映ります。まんべんなく安定して読める、須坂さんの初コミックスでした!
兎に角安心してきゅん、ほっこりしたい時。おすすめです。

3

ラブコメだけど癒されました♪

表紙で、いかにも好き好き光線発してくれそうな攻めと
美人でクールそうな受けが気になり購入させていただきました!

『恋と毛玉とお隣さん』
鉄面皮というわりには意外とあっさりお隣の土屋には
色んな表情見せてたなぁ…というのは
やはり猫のマルのおかげだったのかもしれませんがw
麗しい絵柄でとっても読みやすいですし
こういうワンコ気質の攻めが大好き!!
一之瀬さんも切れ長の目元がセクシーで
人づきあいが苦手だったのにすっかり土屋には心を許して
素直になるところは可愛くてエロかったです♪
でも土屋、君は告ったせいだからの動悸でしょうが!って
思わずツッコみたくなりましたww

『恋と毛玉と好きなひと』
付き合い始めたものの、繋がれていないせいで
土屋が離れていってしまうのではないかと
焦る一之瀬さんがまたいじらしいお話でした。
土屋自体はちゃんと一之瀬さんの事を思いやり
ちゃんとシたいんだろうけどフォローの言葉をかけてくれて
やっぱり君はいいヤツだ…!!
ただしバイブを片手に玄関のドアを開けてはいけませんね
一之瀬さん!!!
あなたのその努力はとても勇気のある事でしたけど!w

『こいをむすぶ方法』
もっさりイケメン・織田と明るく前向きな小池の大学生同士の恋。
いくら友人宅で指輪を見つけたからって
それを指にはめるかな??ってまず疑問に思ったんですが
織田の母から聞いた、その指輪の話から
自分が織田の運命の相手なんじゃないかと思う展開にならないので
お話が進まないですもんね…ww
小池が織田の指摘通り、運命って言葉に流されてる感がなくもなかったですが
本当に好きだと証明してみせると意気込むくらいには
本気だったんですね☆
イケメンの織田が多少のむっつりなのは美味しいですw

『バカな犬ほどいとおしい』
二歳年上の幼馴染のひろくんに会うのが楽しすぎて
真木が彼女にフラれてしまうって、楽しい序盤をありがとうございますww
どれだけ真木がひろくんを大好きかわかってしまうような感じですが
まだ恋愛の意味ではなくて…。
ひろくんがゲイで本当はずっと真木を好きだったのに
真木はひろくんを知らない男にとられたくない独占欲だけで抱いて
そのことに傷ついたひろくんの哀しい涙が美しかった……。
連絡をくれないひろくんを想い、悩む真木にもズキズキしましたし
泣き過ぎて鼻水出て力説してる真木にいとしさを感じました!!
男らしいひろくんだったので、もう少しじっくりお話読みたかったデス。

『うちのタマは侵略者』
地球を侵略すると行って息巻いていた宇宙人のタマが
墜落した庭宅のおばあちゃんとその孫の士郎と仲良くなり
馴染んでしまうお話。
宇宙人が出て来たのでつい最初は身構えてしまいましたが
読んでいくとハートフルで
うっかり涙ぐんでしまうシーンもあったりして
侮れない宇宙人でした←
商店街の人々も順応力高過ぎやしませんか??とか
色々思うところもありましたがww
タマは、騒がしいけど一生懸命で好感を持てましたし
士郎は誠実で祖母思いの素晴らしい青年でした!

須坂さんのお描きになるお話は
どれもどこか必ずツッコまざるを得ないところがある気がしますが
(私だけかもしれませんww)
きっとお人柄が表れているであろう、優しいお話ばかりでした。
心がささくれだった時には癒されること間違いなしだと思います。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う