魔法少女オタクにズコバコされる。

ぜんぶまるごとお前がわるい

zenbu marugoto omae ga warui

ぜんぶまるごとお前がわるい
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神30
  • 萌×224
  • 萌13
  • 中立2
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
11
得点
287
評価数
73
平均
4 / 5
神率
41.1%
著者
あずみつな 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
レーベル
POEBACKS Baby comic
発売日
ISBN
9784865891423

あらすじ

引き蘢り気味な在宅ワークの野本(のもと)とリアルを充実させてやろうと躍起になるサラリーマン・佐久間(さくま)。要らぬお節介がオタクの性欲に火をつける!

おっす!俺、佐久間!
非リア充な元大学の同級生・野本になんとか現実の楽しみ方を教えたくて奮闘中☆
なのに、逆ギレされてもう大変!
気が付いたらアイツのTINKOが俺の中に!?
しかもアイツのオタク仲間にも見られちゃって…!!
絶対絶命☆リア充佐久間の挑戦、皆見てくれよな!
はい、一緒にBBQ☆BBQ(バーベキュー、バーベキュー)〜!

表題作ぜんぶまるごとお前がわるい

野本浩介 オタク 在宅ワーク
佐久間しゅん サラリーマン

その他の収録作品

  • ぜんぶまるごと夏のせい(描き下ろし)
  • カバー下:あとがき

レビュー投稿数11

欠点のない人間なんていない、それがリアル

初めての作家さんです。
絵柄がほどよくほどけていてとても好みでした。

攻めはオタクで人の機微に疎く、受けに対してもぞんざい。
受けは受けで見栄っ張りというか、心のどこかで「オタクなんて...!」と思っているリア充タイプ。
二人のそれぞれの欠点が物語の中でうまく活かされていて、リアルに感じられました。

物語でよくあるのは、欠点がある主人公達がその欠点を直す、とか他の長けた部分でリカバーするとか、結構あっさりと短所を乗り越えてしまうことが多いと思っています。反対に、欠点をとても重く重く描写していてしんどくなってくるものだとか...私はハッピーエンドしか読めないので、丁寧に描かれすぎていてもそれはそれで辛くて...めんどくさい読者だなおい。

ですが、このお話はきちんと二人の欠点がわかる描写でありながら全く重くなく、むしろほんわかした日常の中に溶け込んだ二人のズレというのがとても上手く描かれていました。
その二人の欠点は消え去ることはありませんが、お互いがお互いの欠点を見つめ、そして自分の欠点も自覚し、その上で愛情をそそぎ合うことを決める。
とても自然な流れで違和感なく進むお話でした。

まあ1話目の流れはちょっと強引だなぁと思いましたが、それを踏まえても癒され度は高いので、評価は神にさせていただきます。

あ、ちなみに脇役のオタク仲間もすごく癒されるキャラでした。

2

似た者カプではとも思うのだが

”魔法少女オタクにズコバコされる。”
ちゅぅか、なんちゅう見出しwww
最初から最後までまんべんなく楽しませていただきました。
2巻を先に読んでて、いつか読もうと思っていた作品の一つ。
オタクとの恋は難しい。
まさにこれですね。
あるいみお互い様な感じがしなくもないわけではありますがw

攻と受は大学の同級生。
高校も一緒だったよなv
受が声をかけたところからのお話であります。
受はいつも孤独な攻を心配し、いつもそばにいて
いつも話かけて、いつもいつもいつも。
それをウザいとねめつけるのが日常。
今日もあいかわらずウザめに絡む受に「性欲処理」と称して
ズッコンバッコンされてしまうというお話。

実は好きでした。
こういう流れで完結しないのが個人的にはベタじゃなくてよかった。
何気にプライド高そうな受が
離れて「さみしい」と漏らすエピソードが好き。
ぐぅかわ(n*´ω`*n)きゅんv
無自覚に好きがあふれて触れられたそばから「すりっ」な
行動が非常にかわゆい。
犯されても、冷たい言葉を投げつけられても、
結局そばにいたくて寄ってしまう。
攻を見る限り、難儀な展開は続きそうですが
なんやかんやハッピーエンドで良かった。
2巻を改めて読みなおしたいと思います。

1

魔法少女オタクにKYサラリーマンがズコバコされる話

大学で同級だったオタクの野本に、現実世界の楽しさを教えてやろうと奮闘中のリア充サラリーマン佐久間。迷惑がられても部屋に入り浸っていたが、ある日、野本が神と崇める魔法少女・りんごちゃんのフィギュアを「これ使ってオナニーしてるんだろ」と言ったらマジ切れされ、あれよあれよと言う間に押し倒されて尻にTINKOを突っ込まれてしまった。
何で俺がこんな目に! と涙に暮れたが、なぜか身体は感じてしまい…。


いや、まぁ、すごい話でした。受けも大概ロクデナシだけど、オタクな攻めがそれに輪をかけてロクデナシ。受けのことを「小うるさいし、仕事の邪魔しかしないウザい元同級生」としか思っていないのです。それは無理やりTINKO(裏表紙のあらすじにそう書いてあった)を突っ込んだあともそうで、ヤッちゃったから意識するようになるとか、可愛いと思い始めるとか、そういう甘い感情は一切ありません。
受けは、自分ではオタクな同級生を更生させるような気持ちだと思っています。でも大学時代から、実は攻めにかまってほしくて仕方なかったような感じ。自分にこれっぽっちも興味のない攻めが憎らしくて、何とか自分のほうを見てほしい。でもオタクな攻めにはまったく相手にされないどころか、邪魔としか思われていない。
空気が読めないからウザがられていても平気で部屋に入り浸るし、傍若無人に振る舞っていたのですが、オタクでひょろっとしてるのになぜか腹筋割れてた攻めに押さえつけられヤラれちゃいました。

攻めにまったく受けへの愛がないので、ロクデナシな受けなのに可哀想になってきます。旅行に行くと言う攻めに無理やりついて行っても、オタク旅行なので邪魔者扱い。(限定品を買う時だけ頭数として重宝されてました) 受けの海外転勤が決まっても「それが俺に何の関係が?」って本気で言われる。押してダメだから引いてみた、でも引いてみてもいないことにすら気付かれない、という次元の存在なのです。

あまりに受けが不憫で、どうしようかと思いました。なので、わずかに攻めの心の中に受けの居場所ができたときにはよかったねぇ…と感無量でした。
作風としては、コミカルで痛さの少ないはらださん、という感じでしょうか。あまり期待していなかったのですが、予想外に面白かったです。

10

こんな受け大好きです♡

どうしても受けに肩入れしてしまうので、最初は野本の佐久間に対する扱いの酷さにムカついてました。
でも読み進めるうちに、リア充の佐久間が自分の基準で勝手にオタクな野本を現実の世界へ引きずり出そうとするのは、野本にとってはオタクな自分を面白がって遊んでいると思ってしまう迷惑な行為なんだと分かり、野本の佐久間に対する酷い扱いも理解出来たので良かったです。
それをふまえても酷い気はしたけど…^^;
中盤から佐久間が野本に嫌がられてもめげずにかまいに行くとこが凄く健気に見えてきて、泣き顔可愛いし、風邪ひいて本音漏らすシーンではキュンキュンしました♡♡
その後の2人はどうなっているのか、上手くお付き合い出来ているのか気になります♡

4

攻めを好きになれるかどうか……

ポップな表紙の印象とは全く違いました!
あらすじのテンションとも全く違います!!

オタクな在宅ワーカー・浩介×元気なサラリーマン・佐久間

高校からの同級生でオタクの浩介に何かと構う佐久間。
佐久間に馬鹿にされてると思い、冷たくあしらう浩介。
この対照的な二人がどうやってラブに発展していくのか?
まさに、そこが本作の見所です。

ひょんなことから浩介に無理やり抱かれてしまう佐久間。
この辺りから二人のパワーバランスが変わってきます。
レイプまがいに無理やりされたのに、
それでも浩介のそばを離れない佐久間の気持ちは……?

多分、佐久間はずっと浩介が好きだったのではないかと思います。
冷たくされても、いいように扱われても、
絶対にそばを離れなかった佐久間。

そんな佐久間を邪険にし、
性欲処理扱いする浩介が全然好きになれなかった!!
どうなるのどうなるの?
ってすごい心配したし、イライラしながら読みました。

佐久間が海外赴任になり、
風邪で弱った体で浩介に寂しいと吐露する……
ここからやっと浩介も佐久間に向き合い、
自分の気持ちを自覚していきます。

途中まで、佐久間がかわいそうでかわいそうで堪らなかったです。
最後は空港まで浩介が追いかけてきてハッピーエンドで、
とてもホッとしました。

番外編では、佐久間のいるドイツに、
浩介とその友だちが訪ねていくのですが、
浩介のオタク友だちにも親切にできた佐久間に成長と愛を感じました。

まぁ、佐久間もプライド高い意地っ張りでしたから、
似たもの同士のカップルなのかもしれませんが、
とにかくやきもきしました^^;

キャラが好き嫌い分かれそうですが、
ストーリーは入り込めました。
ただ、絵がね…見にくく、そこだけは残念でした。



0

オタクを怒らせたら掘られました。

〖DMM電子書籍〗
修正 : 濃霧
カバー折り返し : なし
カバー下 : なし
帯 : ありver.となしver.の両方
裏表紙 : あり
カバーデザイン : 野本理香さん
電子限定特典 : なし
備考 :
ふた言 : それぞれが自分の恋心に気付くまでそりゃあ長くて、モダモダしてて、見てるこっちが悶々としてしまった。付き合ってからの2人がとても可愛いので続編出ないかなぁと期待してます。

〖紙媒体〗
未読

0

純粋におもしろい!

りんごちゃんの作画、メインカプより力はいってないですか??(流石に気のせい?)

2巻(タイトルが変わっている)を先に読んでしまい、自分の中で二人はもうラブラブなんですが、神本なので出逢いを確認せねば!と思いこちらへ。

え!!!!なんだこのオタクめちゃくちゃ酷いやつじゃん!!!!(2巻ではデレデレなので大混乱)

好きなものをボートクされてオコなのはわかるけど、友達(だと思ってないのかな…)のSIRIを突然オカすなんて!悪の所業!言葉のチョイスがいちいちオタクで気持ち悪い!(それに全力でキモがる受がちょうかわいい。社会的に可哀想なのはせつないけど、こういう可哀想さはちょうかわいいモエ)。

で、旅行行ってもあいかわらず。放置されるし。なんなんこれ。サクマかわいそうじゃん(かわいいモエ)。

このへんで疑問が湧いてきます。あれ?サクマってなんでコースケのこと好きなの?なんか呪いとかそんな類????おせっかいしてるうちに放って置けない→自分がなんとかしなきゃ→好き!ってなっちゃった沼パターンかな?もしくは天性のドドドMで雑な扱いに無意識に感じてるとか、、?!!!このへんぜひ議論したいです。

そして海外転勤が決まるサクマ。素直になるサクマ(言動が荒々しかっただけでずっと素直だった説もある。好き)。意を決してコースケにあれこれアプローチするサクマ。

が!なんなんだよオタク!なんなんだよ?!!!!!!激怒

まあ、、この時点ではコースケの中に、サクマが自分を好きとか、自分がサクマを好きとか、そういう可能性は一切ないんでしょうね。だから、「え、オレに言うの?なんでこいつこんな仲良い気取りなんだよ。趣味もあわないのに」くらいの感じなんでしょう。ええ、ええ、わかりましたよ。後で泣くことになるけどなっ!!

そこからはなんというかジェットコースターです。かぜっぴきサクマの072さいこう。ハピエンです。ハピエンさいこう。もう一回2巻読んできます。

0

予想以上におもしろかった

初読み作家さんです。
表紙がコミカルでかわいい感じだしオタク攻めか~おもしろそう、と購入。
予想以上におもしろかったです。

性欲処理の話になり、突然オタクが豹変(好きなキャラを冒涜されたから)し、襲ってしまい、その後体だけの関係に…?

受けは素直じゃないしその態度はちょっと…と思ったけど多分攻めのこと好きなんだろうけど、攻めは…?全然そんな雰囲気ないんだけど(笑)
と思っていたら、受けの風邪により少し進展。
受けが海外転勤行くことになり、「おれはすごいさびしい」とつぶやいている受けにキュンとしました。あと自慰して誘ってるのもすごいかわいかった。
そこからずっとモヤモヤしていた攻め、、、そしてついに日本を発つ当日。なんとイベントとかぶっていたんですが、途中で抜け出して空港に向かう攻め。告白シーンすらギャグで、笑いました。受け泣いてる…かわいい…よかったね…。
なんだかんだお似合いのカップルだなぁと思いました。

描き下ろしは海外にいる受けをオタク仲間を引き連れて尋ねるお話。
セッ以外することはないのかと突っ込みたくなりますが幸せそうで何よりです(笑)

予想以上におもしろかったので萌×2と迷いましたが、次回以降にさらに期待を込めて萌評価です。

3

なんか面白い

あずみつなさんらしいという感じのお話でした。

二次元アイドルおたくの野本。在宅ワーカーのようです。一方の佐久間はサラリーマンみたい。お仕事の話はほとんど出てきませんが、二人とも社会人。
つきあっているわけではないのですが、佐久間は何かと言えば、自分がいなければ何も出来ないという理屈をつけて野本のところへ入り浸っている。

ある日、野本が大事にしているフィギュアを冒涜したという理由で、佐久間は野本を激高させ、なぜか犯されてしまう。

オタクの野本に、リア充っぽい佐久間がされてしまうギャップが最高です。

二人はそんなことをしてもお互い好きとかいう甘い関係にならず、そんな現実感もよい。
あいつが勝手にギャーギャー言って押しかけてくる、と言う野本。好きとは全然意識していない。
一方、佐久間は、少し自覚しているかも。

佐久間のドイツ行きで、佐久間->野本はがんばるんですが、なにせ野本が無自覚なので苦労する。。
でも、オタク趣味を置いても佐久間が気になり始めた野本、土壇場でなんとか恋人らしく?なったようです。

こういう、恋じゃないかもっていうところから無自覚攻め受けが気づいていくパターンはなかなかよいなあと想いました。

野本のオタク仲間がやさしく見守ってくれるのが好き。

0

何から何まで全部お前が悪い

タイトルがすべてを物語っています。

攻め/受けが無神経すぎて、読んでいる間ずっとイライラする作品にたまに出会いますが、その中でも「キング・オブ・クズ」の称号を恣にする攻めがこちらです。
本当に無理なんだ、このひと。

私事で恐縮ですが、BLハマりたての4年前から家族バレを恐れて(今はもうバレてるけど)、押し入れの天袋をBL図書館にしておりまして。
天袋ってすごいんですよ、幅は182cmあって高さは40cm近く、奥行きが75cmあるんです。
これまで何度も本棚整理をしてきたものの、室内用脚立に乗ってもなかなか手が届かない最奥層に辿り着く前に疲れ切ってしまって、手付かずになってました。
そんなわけで4年ぶりに読み返しました、こちら。

無理。

在宅ワーカーでオタク。最優先はりんごちゃん。自分の趣味以外に興味なし。
そんな野本の家に足繁く通ってくる大学からの友人・佐久間。
趣味も興味も合わない、性格も全然違う。
会えば暴言の応酬ばかりの2人だが…。

りんごちゃんをオナネタと揶揄われて激怒した野本が、佐久間を襲うという暴挙に。
ここから延々と続く苦行に耐えねばなりません。

苦行ポイントその1
嫌がる友人を無理矢理掘っておいて、平然としているオタク
苦行ポイントその2
狭い場所に隠れているときに勃ってしまったので、目の前にいる友人を性処理に使って平然としているオタク
苦行ポイントその3
友人を単なる性処理の道具のようにしか思っていないオタク
苦行ポイントその4
趣味を邪魔する受けを、本気で邪魔としか思っていないオタク
苦行ポイントその5
そんな卑劣極まりない下衆オタクにときめき始める受け

無神経なだけならいいんですよ。
そんな人物はごろごろいるわけで。
でもそういう人物が、相手と無理矢理肉体関係になる展開ってほぼないんですよね。
合意の上でのセフレとか、好きな人の身代わりにしていいよって言われて、とか。
野本の何がいけないって、自分から毎回仕掛けて、出したらすっきり。邪魔しないで状態。
この「邪魔しないで」が照れ隠しとかじゃなく、本気の「邪魔しないで」。
相手の体に負担をかけておいての、「邪魔しないで」。
アリなのか?こういう人間、許していいのか?

そっちに気を取られている隙に佐久間が意識し始めちゃってるものだから、読者は大わらわですよ。
なぜ!?考え直して!?って、大慌てで駆け寄ってみたところで、もうぽーっとなってる。
え…、どこに惚れたの…?
あんな仕打ちをされたのに、まだアパート行くの?
全然気にされてないのに、自分から仕掛けちゃうの?
点になった目が飛んでいって見つかりません。

かろうじて「中立」まで持ち直したのは、最後の最後でやっと野本が動いたから。
でも萌までは行けませんでした、とてもじゃないけど。
わたしが挙げた苦行ポイントが、「ものすごい萌えポイント!!」と思える方にだけおすすめします。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う