• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作愛なら素直であればいい

豊田和樹,サラリーマン,千秋の同期
吉岡千秋,容姿端麗なサラリーマン

その他の収録作品

  • こういうのがお好きなら(描き下ろし)
  • オフィスシリーズ第2部イラスト(カバー下)
  • ぬるぬるキャラ紹介(カバー下)

あらすじ

社内での人望も厚く容姿端麗、有能イケメンの吉岡は、
ある日、オフィスのトイレに忘れられていたスマホを見つける。
開きっぱなしになっていたその画面にあったもの――、
それは自分がモデルにされているBL小説の投稿画面だった!!!!
しかもそのスマホの持ち主は地味で堅物な同期の豊田のようで…。

「まさかアイツ…俺のこと好きなのか!?」

自意識過剰気味な吉岡は豊田の想いを知り、
BL小説を書くほど自分を好きなのに何もしてこない様子にやきもき。
遂には出張先の宿で一夜限りのつもりでセックスのお膳立てまでするも
「誘ってるんだ?」と、グズグズのとろっとろにされてしまう。
翻弄されるばかりのセックスに、完璧主義の血が騒ぎ、
パーフェクトなネコになってやる!と空回りする吉岡で――?


ミステリアスな同期が書くBL小説(欲望)
受のモデルは俺!?=(イコール)俺が好き!!!

地味なムッツリ無愛想男×容姿端麗愛されモテ男
誤解とプライドが大暴走するコンフュージョンラブコメ★

作品情報

作品名
愛なら素直であればいい
著者
あずみつな 
媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
発売日
電子発売日
ISBN
9784801971844
4.1

(175)

(76)

萌々

(57)

(30)

中立

(10)

趣味じゃない

(2)

レビュー数
26
得点
708
評価数
175
平均
4.1 / 5
神率
43.4%

レビュー投稿数26

自意識過剰な男が可愛すぎるッッッ!(∩´///`∩)

え?なにこれ?
私はめっっっっっっっちゃくちゃ好き…!!!!
作家買いしてて元々萌えツボが合う作家さんだけど………、え…?好き!!!!!!!
(┌(┌^////^)┐←昔懐かしこの状態で終始読んでたw)

すっごい面白かったです。
受けが勘違いして進んでいくあずみつな節の中に、
今回は勘違いが1人だけじゃないのが笑っちゃうw
やたら迂闊で(色んな意味で)罪作りな攻めなんですよ~!

誤解で始まる恋がお好きな方は是非ッヾ(*´∀`*)ノ
ちなみに本編だけで分厚いのに描き下ろしが16Pもありました♪

(ラブコメなのに泣いちゃったよ)
(泣けるシーンじゃないのにね。笑うとこで泣いてた←)
(きっと萌えが突破して感情突き抜けた涙だと思う;;)


豊田(攻め)が置き忘れたスマホがキッカケでストーリーが始まります。
吉岡(受け)はスマホに気付いて中を見てしまったんですね。

そこには書きかけのBL小説が…!
しかもザッと読むと受けのキャラクターは明らかに吉岡似で名前も同じ…!!

ここが面白いところなんですが、
吉岡は自意識過剰の意識高い系の性格なんですね。
『容姿端麗・性格良し・有能』のキャラクターを見て「俺じゃねぇか!」と思える図太さw
(↑褒め言葉ですよ!これが吉岡の可愛いとこですw)

そんなこんなで自分に自信がありすぎて勘違いを拗らせて暴走していきます。

豊田がアップしている小説を読破し、
自分はこんなに愛されていたのかと感動し、
じゃあ少しぐらい相手してやってもいいぞ?(チラッチラッ)
とエッチのお誘い。

"俺は豊田に愛されているヾ(*´∀`*)ノ"を大前提に話が進むのです。

だがしかし!
帯にも書かれているようにこれは全て誤解。
名前もキャラクターもたまたま似てただけ。

豊田は吉岡をなんとも思っておらず名前すら知らない。
小説を書いてることは誰にもバレていないと信じている。
吉岡を勘違いさせたことに気付かず、セフレだと思っているんですね。
(「名前読んで」と吉岡におねだりされて「名前…?」って返すの悲しい(;ω;)ウウウ)

勘違いに気付いたあとの吉岡の羞恥心が切ないし、
共感性羞恥が働いて私まで堪らない気持ちにもなりました。
可哀想なんだけどこれは恥ずかしいッ!辛いッ!みたいな。
けれどその可哀想さにめっちゃ萌えた!!!!

そのあとは誤解が解けてラブハッピー♡ってのが王道だと思うんですが、
ここから更にもう一越え展開があります。

面白いところは誤解してたのが吉岡だけじゃなかった…というところ!
そのポジションうま~~~~!なキーマンが登場します。
(第三者が絡むのが苦手な方はアレですが)
(壁になって生セックス鑑賞までしちゃうのがガチ)
(ここまで沼らせる豊田の小説は罪作りやで…?)

そんなこんなで勘違い男・吉岡の誤解から全てが始まるのですが、
吉岡がね、かわいいんですよ。とっても。

「(俺が豊田の妄想を叶えてやるぞ?(チラッチラ)」
しながらも結局はグズグズに流されてメロメロ。
自分でおしり開発頑張ったり斜め上に努力家ですw

豊田のことを好きになっちゃって、
豊田と恋人でいる嬉しさをダダ漏れさせているんですね。
(だから余計に誤解が解けたときの切な恥ずかしさがMAXでくる(;///;)ウウウ)
(あずみつなさんの描くぐるぐるしちゃう受け大好物!)

自意識過剰な吉岡が可愛くてキュンキュンしました♡

こんなにも人を魅了させる豊田の小説気になるな~。
作品に執着しないところは読者泣かせだとおもう!
(読者の悲鳴に共感しかない)

11

エロおバカかわいい

前作『俺の上司は待てができない』も甘々で良かったですが、
こちらも、あずみつな先生の作品の中では甘いほうで、なかなか良かったです。
確かに前作と比べたら前半は糖度が低いかもしれませんが。

受けが自意識過剰な美人さんで、攻めを満足させようと頑張ってる姿がめっちゃ可愛い。
攻めも無愛想ながら巨根で獣のようにイタすというのがエロい。

あと、恋敵かと思いきや、飯塚くんがすごくイイ味出してて面白かったw
飯塚くんの為に読んで欲しいくらいです。
腐女子みんなの気持ちを代弁してくれてます(笑)

7

声出して笑った

美意識の高い受けが会社のトイレに入ると攻めのスマホが置き忘れてあり、
なんとびっくり攻めはBL小説家でスマホで小説の文章作成中。
(レビュー書いてて冷静になったら会社でBL小説書くなよ仕事は、
となりました仕事は。)
興味本位で覗き見ると小説内の受けの名前が自分と同じ・・
設定なども自分と似通っていて受けは「俺が好きだったのか???」
と勘違いし攻めに献身的積極的にアピール(やっちまいます)
恋人かと思ってた受けですが攻めは流されそういう関係になった
セフレだと思っていた…

という感じの内容です。

小説書いてるのがばれてたことを知った時の攻めの反応が
あまりにも面白すぎて声出して笑った
会社の人に自分の作品ばれたときってたぶんこういう感じになるんだろうな
みたいな反応だった笑
さらにかませ犬ポジの子も加わったときにもまた声出して笑った
BLマンガで声出して笑うことがなかったので満足度がめちゃくちゃ高いwww

表紙がよかったのであずみつなさんの本は初めて買ったのですが
絵も内容もとてもよかったです。
えっちなところもじゅうぶんもうしぶんないでございます。

あとこのまんがめっちゃ分厚いですwよみごたえあります。
おバカな受けはかわいいですね。

あずみつなさんのほかの本もチェックしようと思います。

6

買って良かった!

あずみつな先生のマンガ初めて買いましたが、めちゃくちゃ面白かったです!!
雑誌の方で先生の他作品を読んだことがあるような気がするな…という程度でしたが、別の作品も読みたくなりました!

美人リーマン受けってだけで美味しいんですけど、職場では才色兼備〜って感じで澄ましてるのに、攻めの前ではグズグズにされちゃってるのが萌えです…♡
特に、主人公・千秋が同期の豊田が書いているbl小説を読んで、自分との妄想小説だと勘違いして意気揚々とアレコレやってあげちゃうところなんかはとても可愛い…!

とにかく私好みのストーリーと絵で、たまたま手に取っただけだったけど良い買い物したな〜と思いました。

4

飯塚になりたい

イケメンで人望も厚い吉岡がトレイに忘れられたスマホを見つけた。
その画面には、書きかけのBL小説があり、自分の名前が付く登場人物。そして、そのスマホの持ち主は同期で地味な豊田だった。
豊田が自分に想いを寄せていると思った吉岡が取った行動が。。。

思い込みからの展開で、吉岡の勘違いがイタくて逆に可愛い!初のネコでグズグズにされた事が許せなくて、自分で慣らすとか健気すぎる!!
吉岡狙いだと思っていた飯塚が、予想外の立ち位置で、物凄く羨ましくなりました!あの立ち位置BL好きには神ですよ!
そして、小説内では純粋粘着奥手な豊田ですが、本当の豊田はあまり掴みどころがなくて、考えていることも分かりにくかったのですが、旅行の回で嫉妬深いし吉岡をかなり好きだと分かってスッキリしました。

かなりのページ数で一冊丸ごと表題作なので、読み応えもあるし、クスッと笑えてエロエロで満足度高い作品だと思います。

2

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP