東の双龍、西の唐獅子

higashi no souryu nishi no karajishi

東の双龍、西の唐獅子
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神8
  • 萌×27
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
68
評価数
15
平均
4.5 / 5
神率
53.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
海王社
シリーズ
ガッシュ文庫(小説・海王社)
発売日
価格
¥620(税抜)  ¥670(税込)
ISBN
9784796409001

あらすじ

大学生の颯太は、市ノ瀬組組長の高科次郎と幼い頃からの付きあいだ。
30以上も年が離れてるけど、今では恋仲になり溺愛してくれてる。
しかし次郎率いる市ノ瀬組が関西岩城組と一触即発の事態に陥り――!?
「龍と竜」シリーズの龍一郎や竜城も登場!

評価・レビューする

レビュー投稿数4

東の颯太と西の廉

「龍と竜」の颯太と、「獣」シリーズの廉が中心となって、新章開始!的な一冊です。
そして休筆されていた綺月先生の復帰作となるのですね。私は昨年に先生を知ったもので、休筆と復帰をほぼ同時に知りましたが、待ち望まれたファンの方々は感慨もひとしおだったことでしょう。
本作の内容をサクッとまとめますと、大学生になった颯太と、関西の雄の廉が東京で出会い、互いに何者かも分からずに友達になります。それから、かくかくしかじかで、関西岩城組と次郎率いる市ノ瀬組が一触即発の事態になってしまふ。という感じです(何?て感じですよね、まとめが苦手なものでスミマセン)
まず何より、主要人物四人の「今」について触れていきましょう。
「龍と竜」では四歳で登場した、あのプリティーな颯太はシリーズ中に思春期を迎え、且つ、親子クラスに歳の離れた次郎と恋人になってます。この展開には私は少々たまげてしまいましたが、イヤラシイ感じはないです。で、大学生になり、美術好きな颯太は個展を開くのです。
この個展の準備中にふらりと現れたのが廉。廉は壮絶な経験を経て現在、二十七歳。長髪(刃物恐怖症になってしまったので)に着物の着続き流しと、ビジュアル的に実にいい感じです。股間に酷い傷を負い、杖を携えています。そこが不謹慎ながらグッとくるのです。
専門学校で料理を学んだ竜城は白金に素敵なカフェを構え、登場時は昭和な感じだったエコヤクザの龍は今や、ドバイなので財を築く実業家となりました。
九堂と次郎さんは、以前も今もザ・極道ですね。この二人の初顔合わせの際のイラストは、重量がズシっとくるような、重戦車級の迫力でした。
颯太の絵を一目で気に入り、「黒川さん」と独特のセンスで呼び、ぽんと大金をはたいて買った廉と、そんな廉の人間性に惹かれて、モデルにして真剣に描く颯太。
二人の魅力が新たな物語を告げる、始まりの巻でした。
アダルトな次郎たちが言うように、颯太と廉は猫同士がじゃれてる感じがあっていいです。
この巻は、竜城のカフェで親睦を深める形で終わりますが、綺月先生のデビュー20周年記念小冊子に、廉が帰る前のエピソードがあって、そちらもとても良かったのでした。

2

まさかの!

獣シリーズの新作が出るということで予約してました。なので表紙の短髪が廉だとしたら長髪は誰なんだ?と思いつつ読み始めると、まさかの東西合同誌で廉と颯太だったとは? なので龍シリーズの面々も登場ですごく楽しめたよ~っ! 廉と颯太達の出会いで話が始まっていくのですが裏ではお互いの男が仕事の駆け引き。今回はやや獣シリーズよりのヤクザって感じで、龍一郎がすごくかっこよかったです。 先のことは解りませんがとりあえずは東西和平条約が成立です。 でもね、でも期待してたそれぞれのカップリングのいちゃいちゃシーンがですね物足りない…。というか九堂×廉カプのみ有で、龍のとこはチューで終わってるし、じろちゃんとこに関してはチューもなしかい!!!なのですよ…。小冊子で期待してもいいのでしょうか? 

1

颯太君の成長!

表紙のイラストの美しさに惹かれて購入しました。
話もとても良かったです。あんな幼かった颯太君が大変美しく成長して喜ばしい限りです。(成長過程で本は出てるのですが)廉も大変美しいので2人並んだ表紙は眼福ものです。(それだけでも購入した価値あり!)
実際、30歳違う恋人ってどんな感じかなぁ?自分に置き換えると‥‥考えられんわ(笑)好きになったら歳の差なんて考えないんだろうなぁ。
兄カップルも出てきてたんですが、幸せそうで何よりです。
廉が主人公の獣を読んでいないので、読んでみようかな、
亜樹良先生の あとがき がすーごく面白かった!

1

二つの世界が今つながる

獣シリーズと竜と龍シリーズの世界が繋がる、そして綺月陣さんの完全新作ということで、本当に待ち遠しかった作品でした。綺月さんの作品、魂を削って書いてる感じで潔くて好きなんです。

ストーリーは関西ヤクザの廉は少し大人になってて、関東チームの颯太はシリーズ終了時の年のままと少しのタイムラグがあります。廉はものすごく妖艶に成長してます。こういう風にあの世界がリンクするんだあ~とファンにはたまらないですが、ヤクザの描写はリアルでバイオレンスなシーンもあるので恐いです。苦手な方は注意です。

一つ物足りないのは・・エロが少ない(笑)登場人物が多いので仕方ないですが、3人も美人の受けがいるのに。廉が一人でお色気担当頑張っています(九堂さんも)

次郎さんは今回結構へタレでおいしい所全部龍にもってかれます。竜城はいくつになっても一番可愛い。最強の受け、最強カップルです。私の中では。颯太はジロちゃんがHしてくれないので欲求不満っぽいです。一番若いのに可哀想。大切すぎて手を出せない・・他で発散するって酷い攻めです。なら最初から手をだすなよって感じです。中学、高校の時のあの彼氏の方がいいヤツだ続きったのにな、と思います。

これから颯太がどうなっていくのか・・期待大です。イラストが亜樹良さんに変わったからこそ実現したリンク作品だと思います。亜樹良さんの絵も大好きですが、最初の獣シリーズで青海さんイラストの九堂ちゃん4コマシリーズも好きでした。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ