獣皇子と初恋花嫁

kemonoouji to hatsukoi hanayome

獣皇子と初恋花嫁
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神8
  • 萌×222
  • 萌15
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
8
得点
175
評価数
48
平均
3.7 / 5
神率
16.7%
著者
鳥谷しず 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
みずかねりょう 
媒体
小説
出版社
KADOKAWA
レーベル
角川ルビー文庫
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784041048467

あらすじ

高校教師の立夏は、身投げする人を助けようとして川に落ち、気づくと獣人や耳と尻尾の生えた半獣半人が住む異世界にいた。不審者として捕らわれ、獣人に襲われるが、館の主人である麗しの東宮・紫藤に助けられ、山荘に匿われることに。そこで、自分の額に「呪禁師」の徴があり、それが獣人を惹きつけるのだと教わる立夏。けれど、それが穢れない者(=童貞)を意味すると言われ、憤死ものの徴に「この徴を消したい」と訴えるが、そのためには純潔を失わなければいけなくて…?

表題作獣皇子と初恋花嫁

涼翔の宮紫藤、雪豹の耳と尾を持つ東雲国の竜楼21
市花立夏、私立高校で日本史を担当する非常勤講師26

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数8

篝丸が可愛い

まずはみずかね先生の挿絵、凄く繊細で美しいです。着物の柄はもちろん背景や尻尾の先のふさふさまで丁寧に表現されています。そして子猫姿の獣人「篝丸」がもう可愛い。篝丸もきちんと着物を着ています。今回は攻め様に耳と尻尾があり、なんとユキヒョウです。イケメンです(笑)

受けが川に落ち、現実世界から異世界へ行きます。そこで攻めに保護されて一緒に暮らすことになります。この保護されるまでのシーンが結構エロい。様々な獣人たちに立夏が襲われかけます。

攻め様は終始スパダリ。ちょっとずれている所もあって可愛い。受けはピュアな童貞です。お話は定番・王道の異世界ものですが、尻尾のプレイだったり獣姦があったりと色々楽しめました。尻尾をもふもふしたり、挿入したりしてエロくて気持ちよさそうでした(笑)

そして「篝丸」の登場。受けの立夏が母親役をするのですが甘えて来たり、着物の中に入ったりして本当に可愛い。最後、立派になるのですがそれに寂しさを覚えたほどです。鳥谷先生は本当にこういう脇役の獣を書かれるのが上手な方だと思います。一番キュンキュンしたかもしれません。

お話は途中切ない展開もあるのですが、最初から甘い雰囲気が漂っています。童貞看板が消えた時はおめでとうと言いそうになりました。とにかく楽しめるエンタメもふもふ異世界BLです。猫好き、豹好きの方におすすめします。

3

篝丸に癒やされます!

鳥谷しず先生が大好きで、作家買いしてます。
それと個人的に異世界トリップも大好きなので、この作品は発売されるのを首を長くして待ってました。

鳥谷しず先生のファンタジーはあまりイメージが湧かず、どんなもんだろうとドキドキしながら読みましたが、安定の鳥谷作品でした(^^)

相変わらずエロが濃いです。
それと受が一途で、毎度これにやられてしまいます。

受が酷い目に会いそうになる事も何回かありますが、すぐに攻が助けにくるので苦手な方も安心して下さい(笑)

ファンタジーとしてもしっかり世界観が練られていて、特に最後の方はライトノベルっぽくまとまってました。

それと今回、篝丸という仔猫がでてきます。
獣人がいるという設定なので人間と同じように話して生活していますが、この篝丸がめちゃくちゃかわいいです!
受の世話係になりますが、逆に受に子どものように面倒をみてもらって、このあたりが読んでいてとても癒やされます。
篝丸にもぜひ注目して下さい(^^)

3

異世界でもふもふ

高校の非常勤講師である受けは、ある夜川に身投げをしようとしていた男を助けようとして川に落ち、そのまま異世界へ飛ばされます。その国は人間とともに獣人が存在する世界で、受けはその国の東宮である攻めに保護され、ともに過ごすようになります。

攻めも獣人で、雪豹の耳と尻尾を持っています。身分の高い人だから…と我慢していたけど、実は攻めの尻尾を触りたくて触りたくてたまらない受け。空気を読んで黙っていたのですが、攻めに「望みがあれば何でも言え」と言われて「尻尾を触らせて!」と。
獣人は地位的に人間より疎まれ蔑まれる世界で、身分が高いとは言え獣人であるせいで苦労してきた攻め。その象徴である尻尾に「好きなだけ触ってもよいぞ」と言われた途端飛びついてもふりまくる受けを、「おかしな奴だな」と笑う攻めにキュンとしました。締まりのない笑顔で尻尾をモフってる挿絵があっておかしかった。

あと、異世界に来た途端、受けの額にしるしが現れたのですが、それが童貞の証だと知って恥ずかしさに転げ回る受け、というのも笑えました。受けの性格もあるのですが、ちょいちょいコミカルなシーンが出てくるのが楽しいです。攻めは穏やかで優しい理性的な貴人なのですが、受けが天然におかしいので釣られて楽しそうにしているのが可愛らしかった。

可愛いと言えば、子猫の姿の獣人が受けのお世話係として出てくるのですが、これもやたら可愛かった。ただ、名前が篝丸(かがりまる)って言うんですが、この名前を毎回「睾丸」に空目してしまって…。篝丸が身体をピンと硬直させたり、篝丸が涙を流したりするたびに、脳内では違う映像が出てくるので困りました。

エッチはいつもの鳥谷しずさんらしくつゆだくでエロエロで堪能しました。尻尾挿入があったり、獣姦があったりなのもよかった。
ただ獣姦はかなりがっつりなので、苦手な方はお気をつけください。

3

すらっと

面白くスラスラ読めたのですが、最初の濡れ場で、東宮はいつの間にそんなに主人公にひかれたの?そんな描写あった?理由はそんなけ?と引っかかりその後の切なさや甘々も楽しめたけど、最後までそこだけが解せなく読み終わってしまった。

一度日本に戻されてしまった主人公があっさりしかも強力な力をもって帰り危機を救ったのも、まあ良かったんだけど展開早すぎ?

しっぽの操縦が自由すぎてびっくり!いいしっぽですね。
主人公が幼少の頃から見てきた夢やらの原因や異世界に飛ばされ徴を持った意味などなるほどと思いました。

3

童貞看板

『その兄弟、恋愛不全』がイマイチ萌えられなかったので、購入をためらっていたのですが、みずかねりょうさんの描くもふもふの誘惑には勝てませんでした。
結果、読んで正解でした。

天涯孤独の立夏は、川へ飛び込もうとした男を助けようとして川に落ち、異世界へと行ってしまいます。たどり着いた先は平安京の様な場所。気がつくと立夏の額には純潔の呪禁師である証が現れていた。そこで出会った東宮と情を交わすようになる立夏だったが、やがて元いた世界へと戻ることに。

十二国記っぽいファンタジーですが、エロは多めです。しっぽの挿入あり、獣姦あり、潮吹きありです。
東宮が立夏に惹かれたのは、フェロモンによるものではなかったみたいですが、身体を重ねる前の心情とかがもう少し丁寧に描かれていれば神評価でした。

1

雪豹のケモミミのもふもふがたっぷり





孤独な東宮が信頼出来る家臣と、伴侶得るまで

<あらすじ>
市花立夏(受け)は子供の頃、不思議な夢をよく見ました。平安時代のような格好をした人や耳尻尾ある人、直立する獣が暮らしている街で立夏は平安京ランドよんでいました。
ある日、川に身投げしようとしている人を見つけてとっさに助けようとするのですが、一緒に川へ落ちてしまいます。やっとのことで川から上がるとそこは平安京ランドでした。
不審者としてその場で捕まるのですが、平安京ランド改め東雲国の東宮の紫藤(攻め)に助けられます。紫藤は雪豹の耳尻尾を持った獣人でした。この国では時折異世界からの旅人がくるらしく、客人として歓待されます。


立夏は非常勤ではあるけれど高校の日本史教師であるため、平安時代にも明るく、東雲国が自分たちの平安朝と同じところ違うところを冷静に判断しながらも、うまく順応していきます。この世界には呪禁師という不思議な術を使える人たちがいるのですが、それを示す徴が何故か立夏にもついています。この徴は呪禁師であるということの証明と同時に童貞であるということの証明でもあるのです。立夏はこの童貞看板が嫌で嫌でたまりません。つい、紫藤に消してほしいと頼むのです。
立夏は見た目は優男ですが、実家が剣道場だったため剣術の心得があります。後にこれが大いに役に立ちます。


紫藤は東雲国の東宮なのですが、帝になりたいわけでもなく、異母兄弟との跡目争いに疲れています。母親の血筋に雪豹の獣人がいるらしく先祖返りで雪豹の耳尻尾のある獣人です。雪豹の姿になることもできます。この世界は獣人は前世で悪い行いをした報いだとされ蔑みの対象なのですが、雪豹だけは例外とされています。それでも、獣人である紫藤のことを毛嫌いする人々はたくさんおり、祖父は権力のために紫藤を帝に据えたいだけだし、心を病んで亡くなった母親も獣人の特徴を持って生まれた紫藤のことを疎んじていたため、とても孤独を感じていました。


今、東雲国は結界の綻びから羅刹が大量に出没しては国を荒らしており、亡国の危機にありました。紫藤は羅刹討伐で痛めた身体の療養のため来ていた土地で立夏に出会うのです。
雪豹の尻尾に触りたくて仕方ない立夏は紫藤に尻尾を存分に触らせてもらい、立夏の心を癒やしてくれる立夏のお世話係の子猫の獣人・篝丸とのふれあいながら、自分の世界に帰れる日を待ちます。二人は結構早く両想いであることを確認しますが、呪禁師でもないのにある徴がどんな運命を持っているのかわからないということもあり、なかなか一線は超えられません。
そんな中、羅刹が今まで以上の大群で都に進撃してくることがわかります。

羅刹退治という面で行くと、クライマックスは結構あっけないです。今までの皆の苦労は何だったのかというくらい。
ただ、ここまで苦労したおかげで、孤独だった紫藤にも信頼できる家臣を得、これからの世の統治を決意することができ東雲国としては良い結果だったのでしょう。

立夏がもふもふをすごく堪能していて、とても羨ましいです。紫藤の尻尾は触り放題だし、可愛がっている篝丸も常に膝の上においたり懐にいれて連れ回したり抱きしめて頬ずりしたりと、紫藤が嫉妬するのもわかるくらいの可愛がりようです。
イラストでは紫藤と立夏は美形ですが篝丸はとっても可愛い。立夏が頬ずりしたくなる気持ちがわかる可愛さです。欲を言えば、成人した姿も見たかったです。

濡れ場はいつもどおり汁気たっぷりだったと思います。今回は獣人だからもあって尻尾を挿れたり獣姦があったり、尻尾と一緒に挿れたりとか普通とは違った交わり方もありました。

呪禁師と獣人はお互いの色香に支配され求め合わずにはいられないという設定で、セックスの際に濡れるということだったのでオメガバースのように妊娠もできるのかとちょっと期待したんですが、そのことに関しての記述はなかったから、そんな設定はないのかな。赤ちゃんが生まれたら二人の赤ちゃんはさぞかし可愛かったろうなと思ったんですけど。






0

しっぽ活用!

みずかね先生の挿絵見たくて購入。
鳥谷先生の本はこれで3冊目。
私の中では割合エロティックなお話書かれるなあという印象でしたが
今回も私の中では あらー滴ってるわ♡ な度合でした。
皇子ったらしっぽ使いだし。(しっぽ好き!)
1つすごく好きな絵があったんですがやっぱ萌。

好きな絵:表紙にあるように皇子(攻めさん)に耳しっぽあるのですが、
     受けさんもしっぽが好きなようで、お許しをいただいて
     嬉しそうにしっぽマフラーにしているシーンがあり、その絵が
     すんごく好き。受けさん超可愛い。
     (攻めさんのお尻に顔を寄せてるんで、微妙な態勢なんだけど、
      受けさん すげー嬉しそうな顔してて、ちと笑える)

お話は、私としてはせつなさをあまり感じられませんでした。
めちゃ笑う箇所もそんなになくて・・・
受けさん、最初えらい目にあいかけてるし、一旦今生の別れ的に別れてるから
きゅーんしてもいいはずなのに、なんだか淡々と読めてしまって入り込めなかった。
今まで読んだ2冊も ふーん 的に読み終わってしまったので
鳥谷先生と波長が合わないのかもなあ・・・・しょんぼり。
しっぽ使いの部分なんか、萌え萌えでもいいはずなのに。
そこがちょっと残念でした。

2

いつもの鳥谷さんと違う

電子書籍で読了。美麗な挿絵もあとがきもありました。電子版特別ショートストーリー付き。

角川ルビーだからなのか知りませんが、このお話には『変態紳士』は出て来ません。母方の血筋から先祖返りで雪豹の獣人としてお生まれになったため、帝のおぼえがめでたく東宮に推挙されながらも、人との深い関わりをせずに、羅刹との戦いに身をついやす高貴な方がおわします。
平安朝の文章が「いとおかし」なお話でございました。

非常勤講師として日本史を教えている立夏は、職場での飲み会の帰り道、橋の上から川を覗いている男性を目撃します。早まっちゃいけないと、止めようとした勢いで二人とも川に転落。川岸まで泳ぎ着くと、そこは立夏がよく夢に見る平安時代によく似た、しかし人と、二本足で歩く獣が暮らす異世界でした。獣人は前世での悪行の印と蔑まれていますが、人々が慕う東宮も雪豹の血を引く獣人。自分の素性を証明できない立夏は詮議を受けますが、子猫の獣人、篝丸が東宮に知らせることで難なきを得ます。東宮は立夏が元の世界に帰る方法を調べることを約束してくれ、立夏は篝丸と共に都の御所で暮らすことになります。こちらの世界に来てから、立夏の額には呪禁師の印が現れていました。呪禁師は異能使いですが、純潔を失うとその力も失われてしまいます。しかし立夏は、高貴な身分、高邁な精神を持ちながらも寂しく生きていこうとする東宮にどんどん惹かれていきます……

お話の『仕掛け』が沢山ありすぎて、あらすじをまとめるのが難儀です。
正直な感想としては「ちょっと盛りすぎなのでは?」というところ。
私にとっての鳥谷さんは『ストッキング』とか『パンツ』とか、強烈なアイテムの力でグイグイ押し切っちゃう作家さんというイメージなのですが、このお話は素材が多い分、パワーが少なめ。
平安朝の文章も雅で美しいものでしたが、あの何とも言えないとぼけた感じが全くないので、読んでいて「あれ?これ鳥谷さんの本だよね?」と何度か確認したほど。多分計算した結果だと思うのですけれど、こちらの期待とは違っていたため、何となくモヤッとした感じです。
あ、お話はドラマチックで面白かったですよ。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ