歩道橋

hodoukyou

歩道橋
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
20
評価数
5
平均
4 / 5
神率
40%
著者
 
媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
シリーズ
シア・コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
ISBN

あらすじ

高校時代付き合っていた佳純と晴真。
付き合っていることは秘密だから、手も繋がず毎日一緒に帰るだけ。
卒業式の日に別れてから三年。
ふたりの特別な場所だった歩道橋で再会した彼らはーー!?
表題作ほか、歩田川和果が描く、友達以上恋人未満で揺れるピュアラブストーリーなどの同人誌を収録。

このコミックスには下記の作品が収録されています。
『歩道橋』2014年12月28日発行同人誌
『歩道橋2』2015年8月15日発行同人誌「らくがき」を改題
『愛のかたち』2014年8月16日発行同人誌
『最寄り駅から』 2013年12月30日発行同人誌
『一月一日』2015年12月29日発行同人誌
『この下界は』2012年12月30日発行同人誌
『体温』2013年8月11日発行同人誌

表題作歩道橋

晴真 高校時代の交際相手(攻め受けなし)
佳純 高校時代の交際相手(攻め受けなし)

同時収録作品愛のかたち

同時収録作品最寄り駅から

同時収録作品一月一日

同時収録作品この下界は

阿部真登 大学生 ルームシェアの相手
片山一希 大学生 ルームシェアの相手

同時収録作品体温

評価・レビューする

レビュー投稿数1

同人誌を収録しています

全部で六つの作品が収録されています。
そのうちの五つの作品のキャラがゲイばれを極端に恐れていたり、ゲイである事を隠して気持ちに蓋をしているようなネガティブな主人公ばかりなので、自然とテイストやトーンが似たように感じてしまうのと、ほぼ二人だけの会話劇で終始しているのでぶっ通しで読むと貧弱な私の脳みそは何だか頭が疲れてきて、それぞれの作品がごっちゃになってきてしまいます…。単独で読むとそれぞれいいお話なのだけど。
歩田川さんの作品に慣れていない私は、ぶっ通しで読まずに1日一話みたいな感じで間隔をあけて読んだ方がいいのかもしれない。

その中ではっきりと筋書きが思い出せる、つまり気に入った作品は表題作でした。
【歩道橋】【歩道橋2】
高校3年間付き合っていた元カップルの再会話。再会の際に指定したのが学校の帰り道に、毎日二人で渡った歩道橋でした。
この歩道橋にまつわる二人の思い出がいじらしくて切なくて、ここを読むたびに泣けてしまいます。

ゲイばれを恐れるために別れを選択した佳純と、別れてから三年間ずっと諦めきれなかった晴真との再会。
とても臆病で後ろ向きな性格の佳純の心の声を聞き取って引っ張ってくれる晴真が男前でした。


歩田川さんの作品は、ねくたいや、友人関係、しあわせのはなし、を読みましたが、片方がネガティブ、或いはメンドくさい性格というのが多いのですね。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ