やさしい手のひら

yasashii tenohira

やさしい手のひら
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1
平均
2 / 5
神率
0%
著者
出樹 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
麗人uno!
電子発売日
ISBN

あらすじ

失踪した母親の恋人とカラダで慰めあっている岡村。友人の佐藤から咎められ、「淋しいなら俺がいるじゃねーか!」と言われれるが、岡村が求めているのは友情じゃなくて――…。

※本電子書籍は単行本「ゆるふわヤンキーに××指導」・アンソロジー「麗人uno! Vol.34 三角関係3 愛され過ぎるのはキミのせい」に収録の「やさしい手のひら」と同内容です。

やさしい手のひら 32ページ

表題作やさしい手のひら

佐藤(高校3年生・野球部元主将)
岡村 圭一(高校3年生・元野球部)

レビュー投稿数1

単話じゃなければ…

あらすじで全てが語られています。

このページ数で扱うには、設定が複雑すぎたかも。
母親の失踪後、母と再婚予定だった相手と体の関係があることに違和感。
「母の代わりに守る」と言っていたのは、「保護者だった母」に代わって、自分が好きだった相手の大事な息子である岡村を守るという意味で、岡村を母の代わりにするという意味ではないですよね?
このシーンが回想として出て来るせいで、説得力がなくなってしまった気がします。
むしろ「お母さんがいなくなって寂しい」という岡村と、「結婚するつもりだった相手がいなくなって寂しい」という孤独を共有しているうちに…というような回想シーンだったらなあ。
この2人がそういう関係にあるという点がすごく重要なのに淡々とし過ぎていたのが、いまいち萌えない要因でした。

その後の展開もページ数が足りない分を文字でカバーするスタイルだったので、投稿型「ボクの体験談」をコミカライズしたような印象でした。
複数話でじっくり読めたら、もっと萌えたかもしれません。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う