俺たちは二人と二匹(?)でひとつ、最強のバディだ! !

触手刑事は純情系

shokushukeiji wa junjokei

触手刑事は純情系
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×23
  • 萌13
  • 中立2
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
11
得点
68
評価数
24
平均
3 / 5
神率
12.5%
著者
神崎柚 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
キルタイムコミュニケーション
レーベル
Cerise Rose
発売日
価格
¥679(税抜)  
ISBN
9784799209905

あらすじ

「水鏡 鈴」(ミカガミ スズ)は、特殊な犯罪を取り締まる「特別対策係」の一員として日々忙しく過ごしているが、彼の相棒である「岩竜 圭吾」(ガリュウ ケイゴ)にはある特殊な秘密があった……それは『髪の毛の一部が“触手"』! ?
相棒と触手にダブルで責められて、心も身体も蕩けそう――
神崎柚衝撃のデビューコミックス!

表題作触手刑事は純情系

岩竜圭吾,刑事
水鏡鈴,刑事

同時収録作品BL演劇部 アソコの発性練習

東海林,演劇部副部長/東堂,演劇部部長
日野金田,大学1年生

その他の収録作品

  • かきおろし 岩竜の好きなとこ

レビュー投稿数11

マジでこの本神ってる!

本当に触手のB本でいい感じの方だと思います!わたしは、触手の本の中でこの本が一番好きです('Д')
触手に手を出してみようかなぁって人にもいいとおもいます('ω')ノ

0

『触手』が満喫できます

触手に萌える性質ではないので購入を悩みましたが、ちるちるさんの作家インタビューを拝見して面白そうだなと思って手に取ってみました。

内容をざっくりと。すみません、ネタバレしてます。






主人公は刑事の水鏡。様々な犯罪を取り締まる「特別対策係」の一員です。彼の相棒は岩竜。二人そろって有能な刑事ですが、実は岩竜は髪の毛の一部が触手で…。

というちょっと特殊な設定のお話です。

インタビューを拝見したとき、岩竜の触手は生まれつきのものかと思っていたのですが、過去に彼が扱った事件の際に薬品をかけられて触手ができてしまったという後天的な触手の持ち主でした。

触手があって当たり前の世界ではなく、触手を持つ岩竜は民間人からも同じ刑事仲間からも「化け物」と陰口をたたかれていますが、そんな中、唯一彼を怖がることなく触手も含めた彼をまるごと受け入れてくれたのが水鏡で。
ゆえに水鏡に感謝と尊敬の念を抱くようになる岩竜ですが、その気持ちが恋心へと変化して…。

岩竜も、水鏡も、刑事として有能で、しかも優しいナイスガイなんです。
読み始めたとき、岩竜の、水鏡への切ない片想いのお話なのかと思っていましたが、想像を超えた意表を突くストーリー展開でした。

早々に自分の恋心を水鏡に告げ両想いになる二人。
岩竜はともかく、水鏡がなぜ彼の気持ちを受け入れたのか、展開が早くちょっとわかりづらかったのが残念と言えば残念。

が、このお話の面白さは二人の恋の成就のお話ではなく、触手が意思を持っている、というところでした。
しかも、2本の触手が、それぞれ意思を持っている。

そもそも岩竜が水鏡を抱くときも触手大活躍なのですが、意思を持った触手がそれぞれ岩竜の身体を乗っ取って水鏡を嬲るさまのエロいこと。触手のタイプが岩竜本人も含めて三者三様なので、色々なタイプの攻めが見れるのがこれまたおいしい。

エチシーンもラブラブかつエロエロなのですが、エロいだけではなくって二人がお互いを想う気持ちが強いので、甘くて優しいお話でした。

ほとんど1冊表題作なのですが、終盤にもう一話お話が収録されています。

タイトルは『BL演劇部』
大学生になったばかりの金田くん。自分を必要としてくれるサークルに入りたいと思っているものの声がかからずがっかりしているところに声をかけてきたのは『BL』を演じる演劇部で…。

うんと、この話もエロ可愛いのですが、正直やってるだけ、という感じ。
もう少し長い話にして、3人のどろどろな三角関係、みたいな話だったらなお良かったなと思いました。

この作品がデビュー作とのことですが、絵柄がめっちゃ綺麗。エチシーンも描き方が綺麗で見ごたえがあって、今後もチェックしたい作家さんでした。

9

触手素晴らしい!

触手という言葉につられて購入しました。
とにかく絵が可愛いし、めっちゃヤってました(笑)
でも、しっかりストーリーもあり、この作品大好きです!!もっとこの人の作品読みたい!と思いました!!

0

局部描写がほぼなし。

ずっとずっと気になっていた作品でした。
電子書籍で見ていたいと思いつつ、紙の媒体で出るのを待っていたので、
とても楽しみにしていたのですが…
ここまで局部描写がないエロシーンは久々です。
エロいです。
常にヤってます。
触手はタイトル通り、もちろんありです。
…が、触手が擬人化したり、ちょっと好みではありませんでした。

でも、触手の醍醐味って、あのウネウネしたもので身体中を弄られて、
受けが悶えてる姿がいいと思うんです。
乳首に絡みついたり吸いついたりする描写はあります。
ただ、局部はセリフでほとんど隠れて、白抜きすらありません。
いや、一か所あったかな…
でも、うっすいトーンでそこに何があるの?ってくらい分かりづらい。
局部に絡みつく触手の描写もあってこそだと思うのですが…

正直、そんなシーンばっかりで触手好きとしては、萌えませんでした。
乳首責めだけでもイケる!って人には買いだと思います。
そんな描写はいっぱいあるので。
電車の中で触手にいいようにされるというのもあります。
もちろん、局部に絡みつくシーンはなしですが。

ほんと、エロ多いだけに、逆に不完全燃焼感が半端ないのも…
局部描写があれば迷いなく神ボタン押してます。
あとは、音の描写?が多すぎてちょっとコマがわちゃわちゃしている印象も受けました。
ほんとに、何度も言いますが、局部描写がないために、
この音はどこから漏れてる音なの?穴?局部?と、いらない悩みが発生したり…


読むごとに、また描写ないの!?と思いながら読んでいたので、
最後は描写ないまま終わった…という印象しかなくて、
ストーリーがあまり入ってこなかったので、ストーリーに関しては他の方のレビューを見ていただければ…

局部描写(白抜きも)なくったって、大丈夫!楽しめる!って方は、
絵は綺麗なのでぜひ読んでみてください。
挿入シーンもありますので。
(もちろんセリフや身体で完全に見えなくなってますが…)

5

少し見づらかったのが惜しかった

この作家さんの作品を単行本丸々1冊で読むのはこの作品が初になりました。
この作品自体も電子書籍で1話が無料だったのがきっかけ。
触手モノは余り見ないので、興味半分で読んでみました。

表題作シリーズの他に短編が1作品収録されています。
さて触手モノの表題作ですが、ほんとにしょっちゅう触手が登場します。
ただこの触手の設定が少し変わっていて、なんと人間に寄生しているという状態。
寄生されているのは刑事なのですが、相棒の先輩刑事が大好きで、この触手もその先輩刑事が大好き。
この触手がちょっとやっかいで、コントロールが効かないことが多く、仕事中でも先輩にちょっかいかけてきます(笑)。
なんか可愛いんですけれど、ちょっかいかけている時の描写が少し分かり辛くて残念でした。
触手の設定はストーリーが進むごとに追加されたのではないかと思うのですが、後半はまるで複数モノ(?)のような印象でした(もしかしたらこの設定は地雷の方がいらっしゃるかもしれません)。
でも受け様も触手にされるの好きみたいだし…ラブラブだし…いいか(笑)って感じで軽く読み流すと楽しめると思います。

同時収録作品は大学の先輩と後輩のお話。
こちらは余りラブは感じられず、萌としては中立くらいでしたが、サークルに関する設定はギャグですっ飛んでます。

1

触手好きな方なら楽しめる

タイトルそのまんまなのですが、触手を持った刑事のお話です。
こういう体質になったのは理由がありますが、そんな設定は全く関係なくひたすらえろだけの作品でした。
触手好きの方が読むには貴重な作品だと思います。

触手刑事のお相手の先輩(受け)が主人公ですが、普段ツンデレ先輩なのに触手に襲われている時の顔がトロトロなのが好みで楽しめました。
一話目で少し意識したと思ったら二話目ですでにくっついてる…とストーリーにはツッコミどころもありますが、とにかくストーリーには期待せずに触手と戯れているだけなかんじです。
中身は中学生の考えた同人誌のよう・・・。

この触手には人格(?)があり時々入れ替わります。本来の持ち主はワンコ系ですが、人格が変わるのでそれなりにタイプの違った攻めを楽しめるかも。
しかし、えろいだけ、と言いましたがストーリーがえろ重視なだけで、実際飛びぬけてえろいかというとそれも疑問です。

というのも、局部がなんだかわからかいぐちゃっとしたごまかされ方をしていて、これが大変苦手でした。^^;
触手だか局部なんだか粘膜なんだかわかんないというか、ごまかし方が下手というが、何してるか全然わからんし、はっきり描くか描きたくないなら描かないかもう少しえろシーンの描き方を変えてもらったら見やすくなると思います。
なんかぐちゃっとしたペンタッチでごまかしているのがちょっと古い感じというか、これにコマ数取られててもったいない感じしました。
触手好きの人にはいいかもしれませんが、完成におススメとは言い難い感じです。

1

妄想プレイがてんこ盛り♡

触手は人格を持たない機械的なエロスが魅力で好きなのですが、今作は攻めの髪に生えててしかも人格をもっているという設定でした。
従来の触手を期待していたので最初は戸惑いましたが、愛のある触手プレイもけっこうアリでした♡
しかもファンタジー世界ではなくリーマンと触手…新鮮です。

後半は驚くことに多重人格プレイまであって、好きなもの詰め込まれたお得感が凄い。

こんなに好きなものが詰まってるので、良い作品ではあるのですが、そこまで萌えられませんでした。
他の方が言っている通り、局部への絡みつきやあられもないポーズがなかったのが原因かなぁ。エロ描写多いのに不完全燃焼でした。

受けが流されやすすぎて、個人的には萌えられなかったのも残念。
もっと快楽に抵抗して欲しかったな…
最終的には三股ってことになるのか?
触手人格からの快楽は拒んで、攻め以外からの愛撫は感じないぞ!くらい思って欲しかったです…

余談ですが、後輩の日比谷ちゃんが好みで、女の子なのが悔しかったです…!
あの顔の男の子のエロが見たい。

同時収録作品のBL演劇部は夢が広がりました。
妄想を3次元で実現してくれる…そんな部活あったらBLよりファンタジーな気がしますが、頭空っぽにして楽しめました。
短いしオマケ的な扱いだけど面白かったです。

1

触手はいいのに、ほかの要素が…

神崎先生の作品は今作品で初めて手に取りました。
以前に某触手をテーマにしたBLコミックを読んだもので、今回もそれ目当てで遅ればせながら購入しました。


エロ度にもありますが、まあ『エロエロ』ですね!
私は物語性よりも絵のタッチとえちシーンでお気に入りか否かが別れるのですが、この作品は例外的でした。
あまりにも似たような場面で多用されるえちシーンに少し冷めてしまったような…。。
会社でそんなに激しくヤっちゃって大丈夫ですか…??と思いましたが。。

あと、えちシーンの時の擬音が多くて、コマがごちゃごちゃして見えるし、数回前のレビューの方も書かれていますが、ち○こがまっっったく描かれません。
スカートの上からで形しか窺えなかったり、セリフで隠れていたりとかですね。
人により作品に何を求めているのかは異なるとは思いますが、もう少し描いてもいいのでは??

こんだけ書いた上にほんとに申し訳ないのですが、あと1つだけ。
受けの水鏡さんの人格、変わりすぎなような?
初めはツンデレなのかな?と思えば、結構直ぐに攻めのことを「可愛い♡」と言ってみたり…。。
個人的には攻めの岩竜は茶髪(コミックのなかでは白黒なので白になりますけども)が良かったな、と。
もっと受けと攻めの違いが明確に欲しかったです。


これだけ批評じみたことを書きましたが、意見はそれぞれ異なるので参考までによろしくお願いします。
触手フェチの方なら、見方は違うかもしれません。
それでも絵は可愛かったので、『萌え×1』に留めさせていただきました。

1

エロい!

インタビューを拝見してからずっと気になっていて、触手の漫画は初めてだったので凄く楽しみにしていた作品でした。

感想は、常にヤっててエロい。です。
しかし、ヤってる最中、喘ぎ以外のセリフが多かった所にガッカリしました。
刺激に耐えきれずひたすら喘ぎまくる受けというイメージがあったので残念です。

他の方のレビューと同じく、局部の描写がないことにもガッカリしました。
ここまで描写がないことにびっくりです。
描写があれば評価も上がったかと思います!

しかし、この漫画で触手にさらに興味が湧いたので、触手シリーズをもっと読み漁りたいと思います(^^)

0

エロさよりもシュールさが際立っていた

第一印象では、どうも絵柄が安定しないし攻め・岩竜の首輪が何なのか気になるし、刑事・相棒ものって設定や触手を定期健診している研究所もなんちゃって感が強くて『何じゃこりゃ!?』状態だった。
見た目が触手というよりはギリシャ神話の怪物・メドゥーサの髪の蛇のようで、そんな触手が途中から人格を主張してきた時はホラーにすり替わったかと思ったりもした。

でも、繰り返し読んでみると、こんな触手も有りだなって馴染んでくるようにはなるかな。
周りの同僚も最初は化け物扱いしていたのが次第に受け入れているし、受け・水鏡が初対面から触手に拒否反応を見せずに「俺が飼いならせばいいだろう」って台詞には懐の深さを感じた。

ただ申し訳ないが、事あるごとに水鏡が裸にされて触手にねっとり絡まれている割にはエロいとは感じなかった。
局部がくっきりと描かれてないからがっかりってのとは違う。
むしろ白抜き、黒棒を入れないといけないような局部描写に頼らずに、触手の絡みメインで見せようって姿勢なのかな?とも受け取れるがどうなんだろう。

個人的にはエロさよりもシュールさが際立っていたと思うが、肝心の岩竜よりも触手のぽちやメガネのほうがキャラ立ちしていて目立っていたってのはどうなんだ…。
岩竜のキャラクターにももう少しクセの強いものがあったほうが良かったかな。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う