臆病者はしたたかに愛す

okubyoumono wa shitataka ni aisu

臆病者はしたたかに愛す
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神6
  • 萌×213
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
101
評価数
27
平均
3.8 / 5
神率
22.2%
著者
我守丸 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
Jパブリッシング(ジュリアンパブリッシング)
レーベル
arca comics
発売日
価格
¥647(税抜)  
ISBN
9784908757747

あらすじ

俺はいつだって兄貴の代わりだった。
糺(ただす)には、二つ違いの兄がいる。何をしても優秀で常に周囲から人気者、そして糺と瓜二つな顔の兄。自分に群がる女たちも、みんな兄目当てか、兄の代わりにしか見ていない。そんな日々を過ごすうちに、糺はひねくれ者に成長した。そんな兄が連れてきた大学の研究仲間・小宮山(こみやま)は、糺にとって初めて「自分」を見てくれた人になった。しかしある日、糺は小宮山が兄に向ける眼差しが「恋」と同じだと気が付く。絶望、悲しみ、嫉妬…「あんた俺の顔好きだろ?」どこにも行けない感情が糺の中で駆け巡る。そして二人はセフレ関係になり―…!?

表題作臆病者はしたたかに愛す

束元 糺,死んだ魚の目をした高校生
小宮山,周りからハブられ気味の大学生

同時収録作品素直になれない僕を愛して

相川,大学生3回生
ムラタ,製菓専門生

同時収録作品惚れた病に薬なし❤︎

曽我,サラリーマン
荒木,出向社員

同時収録作品目は口ほどに恋を語る

笹井,帰国子女のサラリーマン
山下,出向社員

その他の収録作品

  • 束元誠のむかしばなし
  • その後のふたり

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数4

両片想いのこじらせ年下攻め

表題作は、人気者でなんでもできる兄を持った弟攻めと、兄が好きらしい兄の友人受けというカプ。攻めの視点のお話です。

攻めは、兄とそっくりな顔目当てに寄ってくる女子を食い散らかしていましたが、中身が違うので振られることが多く、やさぐれて死んだ魚のような目になってしまっていました。
そんなある日、兄が家に連れて来た友人受けもまた兄のことが好きな様子。同じ顔だから抱いてやるよ、的に関係を持ち、そのままセフレとして5年間が過ぎ…という展開。

受けも攻めも、セフレ関係ながら、自分だけが相手を好きなのだと思っています。典型的な両片想いカプで、両片想いの好きな方にはオススメです。
まあ、あまりにお互いの気持ちに気づかなさすぎというか、こんなにうまく5年間もすれ違う? という気はしました。くっついた後の受けが結構言いたいことを言うようなタイプで、5年間も自分の気持ちをひた隠すようなキャラに見えなかったのもありました。
でも今後も末長く付き合い、最終的には入籍しそうな2人で、可愛かったです。


同時収録が3編。
ひとつはマンションの隣同士に住む、大阪弁の大学生×製菓専門学校に通う専門生というカプ。
ゲイの受けはイケメンな攻めと仲良くしたかったのに、絡もうとするたびキツく当たられて撃沈。でもキツい口調ながらも、困った時には助けてくれる攻めに惹かれていきます。

受けはアホっ子ながら可愛いのですが、攻めが大人げなくて少々イラっと。でもビジュアルのとても可愛いカプで、見ていて楽しかったです。


ほか、リーマンもののスピンオフが2作。こちらもなかなか良かったです。
全体的に萌×2という感じの、レベルの高い一冊でした。

4

「臆病者」で「したたか」なのは…?

4CPが楽しめる短編集。
表題作は4話、他3つは1話ずつという構成です(^^)

書影に出てる帯にも大きく書かれていますが
表題作は「身代わり、セフレ、拗らせ両思い」に萌えました!
誤解されやすい不器用な受けに切なキュン(∩´///`∩)

"臆病者"は誰のことなのか。
"したたか"なのはどちらのほうなのか。

違う角度からタイトルを読み解くのも面白かったです(﹡´◡`﹡ )


◆臆病者はしたたかに愛す

【俺様年下攻め×純朴一途受け】
ハイスペック兄のもと育った攻めは、全てを諦め、何事にも無気力投げやりな毎日。自分を好きと言ってくる人も皆「顔だけは兄に似てるから身代わりにしか思ってないのだろう」としか思わない。そんな折に出会った兄の友人。いつも輪の中から離れて1人ポツンといて、気になって話しかけます。しかし、彼もまた、過去に付き合った女たちのように兄の面影を追ってると勘違いした攻めはーーー。

誤解されやすい不器用受けに萌えた〜ヾ(*´∀`*)ノ
そもそも攻めの勘違いから始まってるから仕方ないんだけど、
その誤解に気付かぬまま5年もセフレ状態を続けてたというのもスゴイw

受けは「攻めには何されても嫌じゃない」というスタンスで攻めから嫌われないよう振舞い、
攻めは「どうせ兄が好きなんだろ」ってフィルターかけて受けの言葉をまともに受け取らず。
肝心なことはフワっとしたまま関係だけを続けてるから誤解は拗れるばかりで…。
会話下手な2人が焦れったく、言葉は必要!!って説教したくなる。

いや、受けはちゃんと話しをしようとするんですよ!
なのに逃げ出すチキンな攻めのバカチンがーーー!!( `д´)⊂彡☆))Д´) パーン

前半は攻めから誤解されてる受けが不憫で可哀想萌えだったけど、
後半は年下攻めのヘタレ泣きに萌えでした!

肝心な部分で年下の可愛さを出してくるの反則だよ…。
涙ボロボロこぼしながらエッチしてる年下攻めが可愛くてキュンキュンする。
コンプレックスの塊だった兄ではなく、自分自身を見てくれてたってのは嬉しいだろうな(;ω;)

「雨降って地固まる」な両片思いな2人。誤解が解けてほんと良かった!

◆素直になれない僕を愛して

【毒舌ノンケ攻め×ワンコ系ゲイ受け】
アパートの隣人同士のお話です。受けは攻めの顔面がドストライクで何につけ頼って接点を取ってたら、攻めから怒鳴り返される日々。でもいつも文句を言いながら世話をしてくれてーーー。

ちょーーーっとね、受けが厚かましいかなぁと思わなくもない。
攻めが怒鳴るのもごもっともで、好きになれないタイプだったな…。
でも泣き顔は可愛かった。
短いせいか、攻め側の心情が読み取れなかったのが残念です。(私の読解力不足)

◆惚れた病に薬なし❤︎

【爽やかリーマン攻め×無自覚健気受け】
職場恋愛してるリーマンカップルのお話。
受けの無防備さが気にかかる攻め。誰かに食べられないか不安で注意しただけなのに、売り言葉に買い言葉で喧嘩へと発展してしまいーーー。

受けがとっても可愛かった!
攻めに彼女がいると誤解して、キュッと涙を堪える顔に萌え!!(∩´///`∩)
飄々としてて全く態度に出さないけど、実は攻めのことが好きで好きでってのが良いです///

んで、職場エッチへと発展するのですが、誰かに入ってきても見つからないのがBLのセオリー!
・・・だと思ってたんですけどねwがっつり入ってる状態を同僚に見られた瞬間の空気が笑えるw
最後のオチまで受けが可愛かったです♪

◆目は口ほどに恋を語る

【残念ワンコ攻め×天然のほほん年上受け】
惚れた薬〜と繋がってます。同僚のエッチを目撃した人が受けのお話。
天然でのほほんとした受けに告白した残念ワンコ攻め。「俺も好きだよ〜」と返されるが、どこまで言葉の真意を理解してるか読めない。気持ちが噛み合ってるかわからないまま関係は進みーーー。

恐るべし、天然受け(ФωФ)
ニコニコホワホワな空気をまとい、会話は一応成り立ってても言葉が通じてるか読めないっ!!
対して年下くんはドギマギと緊張してて空回りしてる感がなんだか可哀想w

好きの温度差はあれど、攻めが幸せそうに笑ってるからいっか。
受けが見かけによらず性獣絶倫で体力有り余ってるタイプというのに笑ったw
いろんな意味で、登場人物の中で一番最強はこの人だ…。

2

セフレ関係の両片思い

優秀な兄と顔が瓜二つな弟の糺。自分に近寄ってくる女は兄目当てか兄の代わりでいつも兄と比較されては失望されて去っていくばかり。家に遊びに来た兄の友人・小宮山とセフレ状態になるんだけど、どうせ自分を通じて兄を見ている、自分は兄の代わりでしかないと思い込んでいる糺。

この二人の5年間(長い!)に渡る関係が描かれています。

小宮山の控えめな雰囲気、品の良さそうなおっとりしたところがとても好きです。
セフレでもいいから傍にいたい。本気だと相手に知られたら面倒がられて関係が終わってしまう、それだけは避けたいと思っている小宮山のいじさしさ。

糺は自分は兄の代わりに過ぎないという思い込みが強いから小宮山の本当の気持ちなんか気づく訳もない。そして糺自身、兄の代わりではなく自分自身を見て欲しいと思うが…。

最初は攻め視点でエピソードが進みますが、途中から受け視点に変わって出会いの時から実はこうだったという事が判るので、両片思いならではのお互いのずれっぷりや思い込みがそれぞれわかって面白いです。

とにかく糺の自分=兄の代わりという思い込みは長年かけて拗らせちゃって呪縛に近いほどになってるから、小宮山がそうじゃない、違うんだ!と言ってもなかなか信じなくて結構厄介。でもようやく誤解が解けた後の糺の涙にキュン。

その他、同時収録が3編。
二つは同じ社内のリーマンカプものでそのうちの「目は口ほどに恋を語る」が好き。
年上なんだけど天然おそるべし。年下くんが必死に告白したっつーのに「わあ ホント?嬉しいなぁ〜 俺も笹井くん好きだよ〜」とほわほわ返事。にこにこほわほわ笑いながら天然ならではのずれた解釈をし、無邪気な発言を繰り広げる&そしてそれに振り回されてドギマギしちゃう気の毒な年下ワンコ。
そしてただの天然かと思いきや意外と肝の据わった男前ぶりを発動し、そして絶倫という意外さが笑えました。

2

したたかにというよりは

兄が何でも出来過ぎて比べられたり代わりにされるような事ばかりの弟くんは
小さい頃からコンプレックスを抱えただろうし気の毒で
ひねくれても無理はないかなと思いましたが
兄の友人・小宮山の気持ちを最初から決めつけてしまったのはよくないな。
「糺くんは糺くんだろ」なんて、兄を好きな人なら言わないと
何故気がつけなかったんだろう。
まぁ高校生なんてまだ子どもか…。
でも関係を続けていても気づかないのは思い込みの怖さかもしれないけど
言葉で確かめあうことも出来なかったから二人とも臆病者だったんでしょうね。
不器用と言えばそれまでですが
糺が勘違いしたまま小宮山につらく当たったのは悲しくなりました。
それでも、5年越しにちゃんと両想いだったとわかって流した涙は可愛らしかったです。
小宮山はしたたかというより一途で健気だったと私は思いましたが
「これくらいのわがままはきいてやるよ」なんてやっぱりちょっと上から目線の糺は
たまには小宮山からお灸をすえられた方がいいんじゃないかな。
小宮山は糺に甘いからしてくれないかww

表題作より好きだったのが『惚れた病に薬なし♥』
体の関係から始まったにしても最初から荒木が曽我を狙っていたというのが好ましかったし
二人とも素直じゃなくて気まずくなって出張で一週間会えない間に連絡取り合わず
お互い悶々としてるの可愛い!!
話し合いで仲直りしたらやっぱり触れ合いたくなるのもわかるけど社内は危険…。
見られたのが偏見のない山下でセーフだけど。

そのほわほわした山下が、無愛想な笹井に告白されたお話『目は口ほどに恋を語る』も良かったです。
山下にしか見せない表情がたくさんあって、好きなんだなぁってすごく伝わってきました。
でも山下が本当に君わかってる??っていうくらいふわふわしてるので
悪気がまるでないので多少心配してしまいましたが
山下が意外とタフだったので楽しかったです。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ