In These Words(3) 小冊子付初回限定版

In These Words(3) 小冊子付初回限定版
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神76
  • 萌×217
  • 萌4
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
14
得点
462
評価数
100
平均
4.7 / 5
神率
76%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
シリーズ
In These Words
発売日
価格
¥832(税抜)  ¥899(税込)
ISBN
9784799732960

あらすじ

日本のBL界を揺るがせた、アメコミの大人気作家による
血と官能に満ちた衝撃作、待望の続刊がついに登場!!
連続殺人犯に魅入られ、監禁され、凌辱の限りを尽くされる
精神科医・浅野克哉の運命は――!?
初回限定版は、克哉のNY時代を描いたマンガ「First,Do No Harm」(28ページ)を収録した小冊子付き!
数量限定発売!!
*「First,Do No Harm」は、同タイトルの同人誌(2012年刊行)より一部再録したものです

表題作In These Words(3) 小冊子付初回限定版

篠原憲司,刑事
浅野克哉,精神科医

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数14

やっぱり謎

あれれ?最終巻じゃないの?またまた新たな謎が。

1巻の冒頭とつながりましたが。やっぱりこれまでの謎も残ります。

真犯人をあぶり出すことに成功した浅野と警察。でも浅野は近づいてきた男が犯人だと最初に気が付かなかったの?

警察関係に内通者がいたの?標的にされたのはなぜ浅野だったの?

浅野だけが殺されずに生き残りました。
この後違う人間が犯人にされたの?
浅野は記憶喪失になったの?でもならどうして篠原は詳しく監禁の事を知ってるの?
最後のモノローグの愛しているよは篠原なの?
なぜなぜだらけのレビューになってしまいました。
これは4巻は出るのかな?それともここで終わりなのかな?あとがきではどちらかわかりません。

他のレビューを読んで自分で理解できなかった所をお勉強します。

0

やっとストーリーの流れがつながった3巻!

3巻までのシリーズまとめての感想です。
『In These Words』は美麗な絵もさることながら、時間軸もわからずただ不思議さだけが残るストーリーにどうしようもなく惹きつけられてきました!

1巻はプロファイラーと連続殺人犯との接見、それに時折はさまれるプロファイラーへのひどい陵辱シーン、現実なのか?犯人の願望なのか?なにがなんだか全然わからず、ただこのストーリーが何を書いているのかを知りたいって欲求だけが高まりました。
そして2巻は高慢だけど淫乱なプロファイラーと、殺人犯だと思っていた男との、大人なカラダの始まりが描かれ、1巻で捉えていた(と思っていた)設定がひっくり返る展開に驚かされ…
そして待ちに待った3巻でやっと、プロファイラーの身に起こったこと、1巻は警察が仕組んだ猿芝居で、それには何か目的があることがわかってきました。
物語の時間軸が2巻→3巻→1巻で流れていることもわかりました。
そしてより一層気になるこの物語の行方と謎の真相…
さほど間が空かずに続刊が出ることを願ってます!

そしてリブレ編集部にはもう一つ切実なるお願いを…
『In These Words』はサイコホラーなシリアスストーリーだから、暗い場面が多いです。そこに白く浮き上がるブツがどんなに絵を台無しにして、ストーリーに水を差しているかをわかってください!
1・2巻の紙本は豪快な白抜きでしたが、電子は「単行本で修正された表現を、できる限り原画に近づけて電子書籍化しました」の通り、グレートーンでシリアスさを邪魔しないもので喜んでいました。
きっと3巻もそうだろうと電子を買ったのに、3巻は電子も真っ白で…
連続殺人犯が美人プロファイラーを監禁陵辱するシリアスシーンが豪快に白く抜かれてるのって、作家も作品も冒涜しているように感じます。
いろいろ事情があるのはわかります。でも読者もリブレが18禁レーベルを持っていて、作品を冒涜しない販売手段があることを知っています!
『In These Words』だけじゃありません。リブレからこれから出版されるだろう作品たち、作者も読者も望む形でつなげてください。

3

犯人の動機を知りたい

 2巻で浅野と篠原の過去にどんな関係があったのか分かり、3巻ではそこから浅野と犯人が関わる事件へと進んでいきます。1巻で描かれていた浅野の夢から大体どんな行為が行われていたのかは想像がつくと思いますが、実際に犯人の顔も見えた上で改めて描かれるとかなりの衝撃です。穏やかな雰囲気で終わった前巻から、再び緊張感とスリルが充満した空間に場面展開するので、読後は萌えよりもどっと疲れがくる感じです(一応前半に篠原と浅野の濡れ場はあります)。

 犯人の行動はサイコパスとかいう感じよりも、もっと子供っぽい成熟しきってない大人の衝動的なものに思えますが、まだなぜ連続殺人に至ったのか、なぜ浅野にそこまで執着したのかが理解できないので、後々犯人目線で過去や事件前後のことを語られる場面があるといいなと思います。瀕死の状態で柩から這い出る浅野のシーンは、映画のようにドキドキしました。浅野はショックで記憶が飛ぶ可能性も考慮して、犯人の言動を何かに残したりしていたのでしょうか。あそこまで篠原が犯人を模することができたのはなぜなのでしょう。まだまだ謎が残っているので、本当に次巻が楽しみです。

 最後にデービッド巡査との番外編も収録されています。ワンコ攻め的な篠原に対して、経験値が豊富そうな余裕があり、知的な浅野とも濡れ場で言葉の応酬ができる巡査はまた異なる魅力があって萌えますね。そんな巡査を虜にする浅野にもますます惹き付けられる番外編でした。

1

待っていた3巻!

1巻冒頭へと話が繋がる3巻です。
監禁・陵辱強姦、暴力描写が再び!!
1巻と2巻途中までの雰囲気がとても好きだったので、正直嬉しかったです。
どうやら私は、のりのり誘い受の浅野先生はあまり好きじゃないみたいですね(苦笑)
無理矢理ヤられてる彼の方に色気を感じます。
屈せまいと抵抗しながらも、憔悴し絶望していく姿が堪らない・・・変態的感想でごめんなさい(苦笑)
初回限定版小冊子付きを購入したのですが、こちらはのりのり誘い受の浅野だったので、私は正直通常版でも良かったな、と思いました。
のりのりで誘ってくる浅野先生が最高!って方は限定版で甘さを補充していただければいいのではないかと。

印象的だったのは、浅野が雪舞う外へ出るシーンと、一番最後の病室での篠原です。
特に、一報を聞いてからの篠原の描写は素晴らしいと思います。すごく引き込まれました。
今回の巻で浅野の監禁・陵辱強姦は一段落ついたようなので、ここからは事件解決がメインになっていくのかな?
犯人は捕まるのか?篠原と浅野の関係はどうなるのか?・・・まだまだ気になることが沢山あります。
続きを待ちたいと思います。

3

読むワクワク感復活\(^o^)/

1巻と2巻の途中まではめちゃくちゃ面白い!でも・・・、と2巻後半の展開にガッカリして一気に熱が冷めてしまっていたのをここで告白しつつ。
第3巻、再びワクワクする展開のはじまりです!

毎度のことながら表紙絵が目を引きますね。
この彼が誰なのかは読めば判るとして、手にしているカードと周りを舞う羽根。
手にしているのはタロットカードの「塔」のカードですが、これは正位置と逆位置どっちに出ても不吉な唯一のカードらしいです。
直接的に連想されるキーワードは「崩壊」「破綻」でしょうか。
そして舞い散っている黒い羽根は、チャプター15のタイトルから考えると、蝋が溶けて外れたイカロスの翼なのかな?
だとすればこれもまた似たようなキーワードが連想されるのですが、3巻を読んだ後では、私はこれら2つのモチーフを敢えてポジティブに「コンプレックスからの解放」と解釈したい気もします。
さて作者的にはどういう意味で描かれた絵なのか、と気になるところです。

3巻まで読むと、1巻〜2巻の浅野と篠原の会話のどこからどこまでが浅野のプロファイリングに基づくものだったのだろうかということが無性に気になり始めます。
浅野がプロファイリングで犯人をエディプス・コンプレックスだと踏んでいるのを浅野の3巻の発言から推測できるのですが、だけど1巻では篠原の行動を見て「マザコンではないのか」と漏らしています。
そして2巻では「私はあなたの両親どちらの代わりなんです?」と改めて問うシーンも出てきます。
これらから浅野の中で自分のプロファイリングと目の前の篠原におそらく何かしらの齟齬が生じているのだろうということをなんとなく汲み取れるのですが、では浅野はなぜそう感じたのか。
この引っ掛かりを気にしながらもう一度読み返してみると、この物語は単に犯人だけのコンプレックスの話じゃないんじゃないか、という思いがふつふつと湧き上がってくるのです。
篠原がいくら完璧に演じていようと、浅野が優秀なプロファイラーならば欺き切るのは難しいのではないだろうか。
ならば・・・?

そして浅野先生についても。
浅野が死より孤独を怖れるのは浅野のかつての恋人デビッドが絡んでそうだけど、過去に何があったのか。
こちらも気になるところです。

アレコレ考えたくなるような餌を撒き散らされた3巻でした。
最終的に何が暴かれるのか。長丁場になりそうな雰囲気でもありますね。
次巻以降へのワクワクが募ります!

1、2巻はノー修正だったデジタル版ですが、今回は紙同様にガッツリ白抜き。
リブレさんの白抜き修正は他の出版社に比べると形を綺麗にくり抜いてくれる丁寧さが好印象ではあるのですが、作家さんの画風によってはこれならば描かれない方が画面の美しさを損なわずに済むのになと思ってしまいます。
浅野先生の股間に無粋な白抜きなんて似合わないんだから…!٩(๑`^´๑)۶

5

雪の中の懺悔

待ち望んだ3巻であります。 
1巻のできごとにいたったことがほぼ八割描かれています。
犯人の容姿がわかるのてすが、まだ名前と正体は不明です。

仕事絡みのセフレから少しずつ仲が深まっていく篠原と浅野。契約の終了日に浅野は篠原を自宅に招き自分の考えを玄関にて「伝え」ます。
公の場から引いた浅野はプライベートで篠原に協力していくことになります。

偽ネタ撒いた数ヶ月後、場面は1巻のプロローグになり犯人の登場となります。

どのような手段で拉致されたのかは省略されていまして、廃屋に移ります。連絡がつかなくて焦燥する篠原。
嘲笑する犯人、狼狽する浅野。

6日間、棺の中の浅野の独白が絶望感を煽り立ててくれます。

後半犯人の子供じみた狂気を伴うレイプシーンは流血を伴う激しいもので海外作品らしいと思いました。
一瞬、浅野が折れかけてしまいます。

一番感動したのは這いずりつつ外へ脱出したシーンですね。篠原の言葉たよりにしながら。
外の世界がアメリカみたいに広かったですが。

次巻は篠原との激甘シーンが見れるといいなと思います。

1

圧倒的な画力とストーリー!

本作品、タイトルは勿論知っていましたが、海外の作家さんの作品ということで有名作にもかかわらず未読で、今回の3巻発売を機に1巻からまとめ買いしました。

結果、なんでもっと早く読まなかったのか!!!!!

すべての読者を騙したであろうストーリーと、エロエロな肉体美を惜しげもなく描かれた美麗絵、とにかく全てがツボです!
海外作家さんっていうことは文章的にもストーリー的にも癖があるのでは、と疑っていた自分を殴りたい!とともに、またこんなに素晴らしいBLに巡り会えたことに感謝です。

さて。三巻の感想を。
犯人が篠原じゃなかったとわかって、安心しながら篠原✖️浅野のイチャイチャを読めました。
この巻の2人はセフレという関係なので
当然エチも甘いです(*´ω`*)
性に奔放な浅野先生サイコー!エロエロー!
篠原が浅野を誘う時の言葉遊びも粋で好きです…^^

そして三巻で真犯人の顔が明らかになって、
鋭いつり目の涼しげな顔のイケメン、、、!
浅野の体に傷をつけることは平気なのに、
平手打ちしてしまった時にはショックを受けてみたり
彼の思考はやはり難解です。。。
何度も読んで噛みしめる毎にストーリーがさらなる発見があるスルメ本ですね!

気になるところで終わってしまったので、
続きは今回よりも早くでてくれることを願っています;;

5

海外ドラマのようです。

とにかく、面白いです。
待っただけに、ドキドキ。
1からの、読み返しをオススメします。

ドラマみたいです。
今回も、またまた楽しみな気になる終わりかたです。
ページをめくるたび、ぎっしりと描き込まれた綺麗な絵で魅力的です。
えぇ、暴力的な場面もあります。かなりリアルなので苦手な方はご注意かもです。

次も、楽しみです!

2

一気読み推奨

少しずつ事件の謎が明らかになってきた気がするような、しないような。この巻でようやく連続殺人犯が顔出しで登場しましたね。アジアスター風のイケメンです!彼の登場によって、2巻の後半から続いていた浅野監禁以前の話は浅野と犯人が出会うカフェのシーンで1巻冒頭の小説部分に繋がります。もうこの時点では浅野と篠原はすっかりラブラブになっていたんですね〜篠原が浅野の部屋に初めて訪れる場面があるのですが、バスローブ姿で体育座りをする浅野の露わな太ももにドキドキしてしまう篠原が男子中学生みたいでとっても可愛かったです。しかしそんな平和もつかの間、とうとう浅野は犯人に捕らえられ、監禁・陵辱されてしまいます。ここで気になるのは犯人の「愛情」に対する異常なまでの執着。いくら痛めつけても自分に心を捧げようとしない浅野に苛立つ犯人ですが、浅野のセリフにもあるようにこれについては彼の親?家庭環境?が深く関わっているのでしょうか。傷つけたくないのに傷つけてしまう…自己矛盾に陥る犯人は瀕死状態の浅野に涙を流しながら謝罪します。彼は何を思ってこのような犯行を繰り返すのか?そしてなぜ篠原は浅野の前で犯人を演じることになったのか?とにかく次巻が待ち遠しいですね。事件の前後が見えてきたので、ここでもう一度1巻から通して読むことをオススメします!

3

1・2・3巻のループ読みをお勧めします

待ち時間、長かったなぁ…1も2も忘れちゃっててさ、読み直しました。
1巻の冒頭の小説パート、コレか…って思ったり。悪夢の中身、コレか…って思ったり。そう思って読むと、篠原ったら捜査のためとは言えよくスタンガン使ったな…って思ったり。
そして2巻の『「愛してる」なんて言葉 私には不要です』という浅野の台詞。本作の小冊子「First,Do Not Harm」ではNYで愛し合ってる様子の恋人デビッドがいたのに。何かあったの?デビッドは死んだの?とか考えてしまう。

さて、3巻。
ついに警察の追っていた連続殺人犯、そして浅野を監禁して犯して傷つけた犯人が出てきます。(2巻で1コマだけ顔が出ますが)
といっても名前も素性も、なぜ浅野を解放したのかも何も示されない。
瀕死の状態で病院に運ばれる浅野。3巻の終わりではまだ意識も戻らない状態だけど、1・2巻の繋がりを考えると事件の記憶を喪失したのかな、と想像する。
絵柄は相変わらず迫力に満ちて、どの登場人物も美麗。犯人すらも…!
その絵で描かれる殺人の瞬間や浅野への暴力シーンは容赦なし。苦手な方は注意です。
3巻、面白かったけどまだ全然話は解決してない。また4巻への渇望か…

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ