In These Words(2)

In These Words(2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神22
  • 萌×25
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
145
評価数
33
平均
4.4 / 5
神率
66.7%
著者
Guilt|Pleasure 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
シリーズ
In These Words
発売日
価格
¥714(税抜)  
ISBN
9784799715468

あらすじ

精神科医・浅野克哉への警察からの極秘要請。それは、3年で12人を殺害した殺人鬼・篠原のプロファイリング。
しかもその任務は、殺人鬼からの逆指名だった。
任務の日から、浅野は悪夢にとりつかれる。夢の中、浅野は顔の見えない男に監禁され、犯されつづける。
交差する夢と現実。そしてある夜、ついに殺人鬼は牙を剥く――!
アメリカ・アジアで活躍中のアメコミの超人気作家咎井 淳が描く衝撃の官能BL!!

表題作In These Words(2)

篠原 憲司(警察)
浅野 克哉 (精神科医)

レビュー投稿数2

待ってました!!!


猟奇殺人犯(でも実は…?)×精神科医

手に入れたのは随分前だけど今更ながら感想を…。

1巻を買って読んで、BLの枠に囚われないすごい作品が来たなと衝撃を受けました。サスペンス要素が強くて、ちゃんとその部分が考え込まれていて読んでいてどんどん引き込まれます。

1巻を読んだ時はとにかくハラハラして恐怖を感じていたのですが、もう付箋が気づかないうちに散りばめられていたのです…。

この2巻、読み始めて『あれ?前回どんな風に終わったっけな?』となったので、1巻を持ち出してきて同時にペラペラしながら読みました。
この読み方正解でした。
すごいです。少し読み進める事に1巻の知らず知らずに貼られていた付箋を回収していって最後に大ドンデン返しがあります。

私も『えっ!!!どういうこと、ちょっと待って』となったので、1巻をペラペラして見たのですが『あ、これはそういう意味で言っていたのか』とか『このシーンの表情にはそんな意味があったのか』とか気づくことができて二度美味しいですよ。

絵もまるでゲームグラフィックの様なリアルさを最後まで保っているので、男性のエロさと色気とが香り立つような雰囲気です。絡みもリアルでいい。

早く3巻出ないかなぁと首を長くして待っています。

1

まさかの…!?

先生が可愛い!?

あえてこれだけ申し上げました(笑)

あー続きが気になるー♪

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う