In These Words (4) 初回限定版

In These Words

In These Words (4) 初回限定版
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神92
  • 萌×221
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

83

レビュー数
13
得点
547
評価数
115
平均
4.8 / 5
神率
80%
著者
Guilt|Pleasure 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
シリーズ
In These Words
発売日
価格
¥848(税抜)  
ISBN
9784799747773

あらすじ

アメコミ超大手マーベル、ダークホース、DCコミックの大人気作家・咎井淳(Jo Chen)による大ヒット作、待望の続編!
連続殺人犯に魅入られた精神科医・克哉は、監禁され、犯され、体を切り裂かれる!! 死を覚悟した克哉だったが、瀕死の状態で逃げ出して…!?
このコミックスのラストが1巻冒頭に繋がる! そして新たな展開が…!!

表題作In These Words (4) 初回限定版

篠原憲司,刑事
浅野克哉,精神科医

その他の収録作品

  • あとがき
  • 描き下ろし

レビュー投稿数13

言葉も出ないほどの圧巻の絵と鮮やかな伏線回収に鳥肌!

この作品は前から気になっていたんですが、手に取る機会を逸し、4巻まで出たところで一気に読みました。いやもうなんていうか…すごい。ほんとにすごすぎる。

美しすぎる美麗な絵は言わずもがな。そしてこの圧巻のストーリー展開。特に4巻は過去の伏線を見事に回収し、そして1巻に巻き戻る。

4巻を読んだあとに1巻を読み直すと、全然違うものに思えるんですよね。1巻で見せた篠原のあの表情、あの台詞。どれもがすべて胸に刺さり、言葉もなくただただ、すごい…と呟かずにはいられません。

真犯人から開放され、命を取り留めるも意識不明が続く克哉。そんな克哉を毎朝毎晩、篠原は見舞います。諦めずに毎日声をかけ続ける篠原。泣ける…。

そしてまちに待った意識の回復。その時初めて篠原は克哉…?と名前を呼びます。2人して涙する篠原と克哉。これを愛と言わずして何という…。

真犯人から克哉を守るため、公には克哉は亡くなったことにしてお葬式まで行う。克哉は篠原の家に身を寄せて、篠原との同居が始まる。

夜1人で寝ていると監禁を思い出し震えて眠れない克哉。篠原の部屋へ行き一緒のベッドに潜り込む。大丈夫…と声をかけ優しく抱きしめる篠原。

克哉が意識を取り戻してから、篠原の真っ直ぐな愛に包まれ、克哉もまた篠原に身を委ねる。2人が大変な状況にも関わらず静かに確かに愛を深める様子がわかり、キュンキュンが、止まらない。

克哉は監禁されていたときのことをほぼすべて覚えてるんですよね。犯人の顔以外は。克哉の証言を詳細に報告書にまとめて捜査を続けるも、犯人はかなりの富裕層でガードも堅く、なかなかたどり着けない。その間にも殺人は繰り返され、克哉は自分から犯人を見つけ出すしかないと思い至る。

そこで克哉が提案したのは、克哉がまだNYにいた頃に研究されていた、薬物を用いた記憶操作の手法。監禁される前の記憶に戻し、さらに同じ体験をさせることで犯人の顔を思い出させるという提案だった。ただしそれは、篠原との記憶までも無くしてしまうという、残酷な提案でもあった。

篠原もすぐには受け入れられなくてものすごく苦悩するんですよね…この苦悩している篠原の気持ちが苦しくて、読んでるだけで泣けてきました…。そんな2人の苦悩をあざ笑うかのように止まらない殺人。それでも篠原は提案を受け入れられない。記憶があるのに、忘れられた存在になるなんて、どんなに辛いことだろう…。

4巻では犯人の登場も多くて、黒髪のイケメンでその経済力の凄さも断片的に表現されています。でもまだ謎だらけ。

殺人が続き、もはや社会的に及ぼす影響を危惧した警察上層部から、藁にもすがる思いで、克哉の提案を実施したいと言われたと克哉に告げる篠原。克哉もすでに心は決めていた。でも、ただ…。篠原と抱き合い、篠原の存在が克哉から消去されることを受け入れる篠原に、ひどい男だ、と涙を流す克哉。篠原は、先生が思い出せなくて嫌われても、命をかけて愛するから、と優しく抱きしめる。

ここですね…もう、涙無しには読めないです…あまりにもかわいそうで。あまりにも理不尽で。こんなに愛し合っている2人の気持ちが迫ってきて。

ついに投薬し、記憶の操作を行う日。薬で克哉が完全に意識を失う前に最後の2人だけの束の間の時間を過ごします。ソファに横になる克哉は、篠原に約束を覚えていてほしいと告げます。自分を待っていてほしい…。そんな克哉に優しくキスをして、忘れませんよと答える篠原。篠原の唇に克哉の左手が触れる。

「…ありがとう 愛して、くれて…」

克哉は「愛している」とは言わないんですよね。克哉らしいというか…。この台詞、本当に浅野克哉のキャラクターが完璧なまでにブレずに表現されていて、もう、すごすぎて言葉も出ませんでした…。篠原から受けたたくさんの愛情、篠原への感謝、そして自身の篠原への愛。すべてがこの一言に詰まっていて、ここで私は完全に涙腺崩壊…。篠原は克哉を強く抱きしめ、神にもう一度出会わせてほしいとお願いする。そして克哉の目から涙の雫を指で拭き取り、優しくキスをしたあと、「さよなら」と別れを告げる。

もう、胸が苦しいくらいの別れのシーン。まるで映画を見ているような臨場感。圧倒的な画力と胸に迫る台詞。もう、なんもかんもすごすぎて茫然自失…。

立ち上がり、ジャケットの襟を正したあと、篠原はあの1巻で出てきた連続殺人犯の篠原の顔になって、部屋を出ていく。ここで、ようやく、1巻と繋がるんです…!

このあと1巻を再読すると、1巻で散りばめられたたくさんの伏線を見事に回収していることがわかります!!そして、篠原の「ずっと君を待ってたんだ 本音が出ると演じるのは難しいね」の台詞…!!

伏線回収の見事さに鳥肌まで立ちそう!!4巻を費やし、パズルのピースがピッタリハマるようなストーリー展開に、度肝を抜かれました!!すごすぎる!!

遡ること20ヵ月前から始まり、出会い、命の危機を経て、篠原と克哉は確かに愛しあい、辛すぎる別れを経験し、ようやく現在地点まで来たんですね。深い…もう、簡単には語れない…深すぎる。

この4巻はもういろんな意味で圧倒的すぎて、こんなに細部まで練られた巧妙で完璧な作品、2度と巡り会えないんじゃないかと思います。1巻〜4巻までの間、浅野克哉はいろんな側面を見せてくれました。このあと犯人とどうやって対峙していくのか、克哉と篠原はどうなっていくのか、待ち切るしかない!(笑)絶対に読み逃すことができないです!!

小冊子は、克哉のいうことはなんでもピュアに信じてしまう篠原のお人好しと、篠原を騙す悪い男、克哉のほのぼのストーリーでシリアスな本編から少し離れて、一休みできる、めっちゃくちゃかわいい短編です(笑)がんばれ、篠原!!(笑)小冊子の克哉はほんとに悪い男ですよ(笑)必見です!

0

4巻は1巻の前の話 私的まとめ

※自分の為の備忘録。時系列が入り組んで難しい、解釈の補助。

▶作者:https://bit.ly/330YZQb
guilt pleasure:マンガ&イラストの咎井 淳と原作のNarcissusによるユニット。
作画 咎井淳(とがい じゅん Jo Chen) 女性 (画風に似た美人)
原作 Narcissus(ナルキッソス)

▶表紙絵
1巻:髑髏にキスをする浅野。髑髏は「死と再生」を意味する。
2巻:篠原と「ペストマスク」。「身を守る薬草を詰めた保護衣」。 Pestisは、粉々にする、滅ぼすの意味がある。
3巻:犯人がタロットの「塔」を持つ。困難や崩壊、失敗や物事の終局の意味。
4巻:切断した頭部に顔を寄せる浅野と蝶。生首=「魔除け」。蝶は「オオカバマダラ」「魂の生と死 」のモチーフ
---
PTSD対策 「ムネーモーシュネー」
浅野が考案した方法。連続殺人犯に魅入られた精神科医、浅野は、薬と催眠誘導で記憶を被害を受ける前に戻して、犯人の顔を思い出す計画を提案。「不要な記憶を消去し、目的の記憶=殺人鬼の顔の記憶を取り出す方法」
---
あとがきに、【ファンの強い要望を受けてシナリオを変更した】とある。
【1巻の後の予定だと、篠原はあの男に殺される予定だった】・・ファンの感想文を読んで居る。人気の大作家なのに感心。
シナリオ変更後の4巻の篠原の台詞に重みが増す。「俺は呼ばれるまで待つ忠犬」
---
★4巻の真相を踏まえ、読み直し:時系列は2巻後半→3巻→4巻→1巻→2巻前半
時系列に並べると混乱するので、発刊順に要点メモ。

1:1巻~2巻前半:
4巻の「ムネーモーシュネー」を受けた浅野に、仕事の依頼が来る。
浅野が依頼を受ける。古い洋館に収容された連続殺人犯の精神分析。犯人はシリアルキラーだと説明を受ける。
浅野は、篠原と面会。(篠原は殺人鬼役)
篠原の誘導で、浅野は夢で記憶を再現して事件を思い出す。
顔が無い男の夢を見る。顔の見えない男に監禁されて犯され、犯人が「愛している」と囁き続ける不気味な夢。
(どうやら犯人は身内に愛されたい資産家のダメ息子?)

★忠犬篠原が飼い主につい漏らす:諦めちゃいるけれど思い出して、哀しい:
「もうこの世にはいないけど ものすごく愛してた人がいた アンタがその人だったら良かったのに… 」

2:2巻後半~3巻前半:
篠原が浅野を担いで犯行現場に行く。
浅野がついに犯人の顔を思い出した所で、篠原が演技の終りを告げる。
演技だと知ると、憤慨しが浅野は篠原を殴る。
篠原刑事が「こんなことを思いつくのは・・」と訳を呟くが、記憶消去後の浅野は反応し無い。
★顔を思い出しても、顔モンタージュで犯人特定の作業にいかない 何故?

3:3巻後半:犯人に浅野が拉致される場面
浅野は、二度目の犯人接触後に拉致される
犯人は「愛してくれ」「愛している」と言いながら暴行を繰り返す。
衰弱した浅野を、真冬に棺桶に入れて放置する。
浅野は死を覚悟するが、篠原に会いたい一念で這いだす。雪の中で力尽き、絶命寸前の所を近隣住民に発見されて入院する。
本人の意識が望んで意識が戻らず昏睡。

4:4巻:篠原が忠犬になる約束 「ムネーモーシュネー」
昏睡したままの浅野を篠原が毎日見舞いに伺う。
殺人鬼から逃れた唯一の生存者浅野が目覚める。
回復すると、「ムネーモーシュネー」を浅野自身に施し、篠原の為に役立ちたいと言う浅野。
「約束を忘れないでください、私を待っていてくださると」と願う浅野に、篠原は応える。
「先生の中から俺が消えたとしても また最初から始められるって信じてます」
「先生が 俺を思い出せなくて 嫌われたとしても 命をかけて・・」
2巻の篠原刑事の言動の意味が変る4巻。

5:浅野は恋多い人:外伝あとがきに作者の恋愛観がある。
「人間は人生の中で色々な人を愛することができます。ある人を愛したからと言ってもう一方の愛が減るということではありません。」
外伝:EQUILIBRIUM -均衡/He Came, After You Left In These Words外伝/FATHER FIGURE
★篠原刑事は報われないかも。作者には、日本的な概念は無い。
たしかに、愛は減らない。(だけど性交の体液交流でキメラが起きる、DNA情報は体内の細胞に残るじゃない?。法医学知ってるならわかる筈)
今後の展開は、アメリカナイズのシナリオになるかも?と思ったら、期待度が落ちた。ファンレターを出すしかない。

---
▶ムネーモシュネー(古希: Μνημοσύνη, Mnēmosynē)
ギリシア神話に登場する記憶を神格化した女神。 「 9体の誇神たち」の古い形であるミューズ三女神の第1の女神

▶シリアルキラー
異常な心理的欲求のもと、1か月以上にわたって一定の冷却期間をおきながら複数の殺人を繰り返す連続殺人犯

※参考:
北米のマンガ事情/第24回/「アメリカのコミックス業界で活躍するジョー・チェンの日本デビュー」

0

1巻発売から8年を経て、ついに1巻の最初へとお話が繋がりました。

※シリーズ全体に対する大きなネタバレを含んでいます。ご注意ください。

初めて神評価つけます!
ここまで読んで再び1巻から読み直した時の、浅野に投げかける篠原のセリフの奥にあるものが霧が晴れてみるみる視界が開けるように「あぁ、これはそう意味だったのか」と明らかになっていく感覚が気持ちよすぎました。
それと同時に襲ってくる猛烈な切なさ・・・。
1-2巻で篠原がことあるごとに見せていたあの苦しそうな悲しそうな表情は私が想像していたものよりもずっと想像を絶する状況によって作り出されていたものだと判り、篠原の心の中を思うだけで切なさの洪水に溺れそうです(´༎ຶོρ༎ຶོ`)(´༎ຶོρ༎ຶོ`)(´༎ຶོρ༎ຶོ`)(´༎ຶོρ༎ຶོ`)(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
4巻を読み終わったあと自分の過去のレビューを読み返したんですが、1巻のレビューにびっくりするようなことをさらっと書いていてびっくりしました。
「篠原と浅野の会話そのものが萌えるなぁと!この二人本当はどういう関係なの?と思い巡らせながら読む会話ほど妄想を掻き立てられるものはありません。」だってさ。
彼等の関係をまだ知らないうちにずいぶんと冴えた読解力を発揮している数年前の私は、彼らの会話劇に一体何を感じ取っていたんだろう。
もう少し詳しく感想を残しておけば良かったなぁ。

2巻の中盤で物語の時間軸が20ヶ月前に巻き戻されました。
20ヶ月前、2人の出会い
15ヶ月前、2人の特別な関係の始まり
8ヶ月前、浅野の身に起こった凄惨な6日間の出来事
そして───

意識不明の重体で病院に運び込まれ、機械に繋がれてこんこんと眠り続けた浅野が目を覚ましたのは、事件から2ヶ月以上経ったあと。
目覚めた浅野は犯人にされたこと、交わした会話などはすべて事細かに覚えていたが、犯人の顔だけが思い出せない。
浅野が目覚めて2ヶ月半後、これまでと全く違った手口で殺された女性の遺体が見つかる
その3ヶ月後、さらに3人
これらの被害者の殺され方と自分が直接聞いた犯人の言動から、浅野は犯人の殺人行動が母親的存在に拒絶された心的外傷に起因したものと考え・・・

浅野は意を決して、とある計画を篠原に告げます。
浅野がNY時代に参加していたプロジェクトに「不要な記憶を操作する」というPTSD患者向けの治療研究があり、これを自分に実行しようと考えていること。
ただしこの治療には、要らない記憶を精神の最奥へしまい込んでしまえる代わりに、大切な記憶も奪われてしまう可能性があることが臨床で判明しており、これを実行すればおそらく浅野は篠原のことも忘れてしまうこと。
それでも浅野は「犯人の顔を思い出すために」自分の記憶を一度消して、あの凄惨な6日間を再度忠実に再現することを決意し、篠原にその協力者になってもらいたいこと。
そして時間軸はあの1巻へと繋がっていきます。

3巻まで読み終えた時、私はてっきり事件のトラウマによって失われた記憶を事件解決のために「取り戻すための」、あの猿芝居だと考えていたのです。
それがなんということ、、、事実はそんな生易しい話ではなく、篠原の了承を取った上で自分の記憶を消して、浅野は「アレ」に臨んでいたと。
あぁ、だから篠原のあのセリフ、あの表情だったのかと。
ようやくすべてが理解できた1巻のあれこれ。
浅野の記憶を操作する前の2人で過ごせる最後の夜にベッドの中で浅野への愛の言葉を伝える篠原に、泣けて泣けて仕方なかったです。

こんなにも悲しい「さよなら」があるだろうか、、、、、
「今までもこれからも「愛してる」なんて言葉 私には不要です」なんて言っていた浅野が篠原に最後に伝える言葉にも泣けたなぁ。

さて、犯人の顔を思い出したことになるのだけど。
一度操作した記憶は元に戻せないと4巻のラストで説明がされています。
浅野はどうなるのだろう。篠原との日々を思い出せるんだろうか。
どうか2人に幸せな未来を、と願ってやみません。


本シリーズは珍しく電子版の方が修正が薄いのですが、3巻で突然白抜きになってしまって泣きました。
今回は描かれない構図に変更されています。無粋な白抜きにされるくらいならこっちの方が全然いいです!
あと、今回は裏表紙も収録されていました◎

2

篠原が切ない

3年ぶりの新刊で前巻の内容を覚えているか不安でしたが、そんな心配も無く一気に「In These Words」の世界に引き込まれてしまいました。

圧倒的な画力と優れたストーリーで、まるで映画でも観てるような気持ちになりました。

浅野が目覚めるまでの篠原も切ないけど、犯人の顔を思い出す為に浅野がとった決断も切なすぎました。

浅野が誘拐される前、2人が出会う前まで記憶を巻き戻すという事は、2人の出会いから愛し合った間の全ての記憶を失う事なんです。


薬で眠る前に浅野が伝えた言葉と、眠った浅野を抱きしめて願う篠原が切なすぎました。

そして眠る浅野を置いて部屋を出る前に見せた篠原の表情!
これが衝撃的だった1巻に繋がる内容だったのかと思うと驚嘆しました。
あとがきに篠原を殺す予定だったとあって、全力で止めてくださった周りの皆様に感謝です。

次は何年後になるか分かりませんがじっと待ち続けます。

0

物語は0へ

4巻を読むにあたり1~3巻を読み直しましたが、これは見事にひっくり返され、感情が揺さぶられました。
4巻の後にまた1巻へ戻ると登場人物たちの表情、セリフ、行動が180度違ってみえます。克哉に懸命に尽くす柴田、克哉の覚えのない薬、灰皿いっぱいの吸い殻、(レイプしているのに)お風呂場のタイルにシャツ敷く篠原、等個々に葛藤が見受けられます。
個人的には、新たな被害者が分かったから木崎課長に捜査依頼をした克哉に対して、「一体どっちが大事だと思う?解決を求められていない事件をほじくり返して正義感に浸るのと今この瞬間に苦しんでいる人を助けるのと!」というセリフにハッとしました。この今苦しんでいる人というのは、篠崎や克哉のことなのかもしれないと。
木崎課長、愛情深い人だったのですね。

そしてもうひとつ驚いた事は、柴田君が英語ペラペラだったこと。日常会話だけではなく専門的用語まで話せる風に見受けられました。克哉のこと前々から知っていたような気もするし留学していたのかな?気になります。

5巻も楽しみです!

2

見事なストーリー構成とブレない美麗な絵柄

『In These Words(3)』の続編です。

警視庁の刑事 篠原 憲司と精神科医 篠原 克哉のお話。

前作では、廃屋から脱出した克哉が意識不明で発見され、病院に入院しているところまででした。
今作は、その続きの過去編になります。
克哉が発見されてから43日後。
昏睡状態のまま意識を取り戻さない克哉の病室に、毎日数回訪れる篠原。
克哉の手を取り優しく話しかけますが、心の中は克哉と二度と会えなくなりそうな恐怖で押しつぶされそうでした。
それから2週間後、篠原は克哉の手を握ったまま寝てしまいましたが、自分の手の中が動いていることで目が覚めます。
驚く篠原の目の前で、ゆっくりと目を開ける克哉。
涙が止まらない篠原に、克哉が伝えた最初の言葉は、
「…な、か…な…で…あなた、は警察…官…で…しょう…?」

今作も、最初から最後まで目が離せない展開になっています。
そして、今までの謎が少しずつ紐解かれていきます。
瀕死の状態で発見された克哉でしたが、医療従事者の懸命な治療と篠原の想いが届き目を覚ました。
泣いている篠原に伝えた言葉で、大きい記憶障害がないことが読み取れます。
ただ、克哉はトラウマで「犯人の顔」だけが思い出せなくなっていました。
克哉が目を覚まし、再び篠原のところに戻れて本当に良かった(泣)
この事件で、篠原の一途な性格が垣間見れたと思ったら、本人も「飼い主が呼んでくれるまで、ずっと待ってる馬鹿な忠犬です」と言っています。
か、可愛い (*'艸`*)

連続殺人犯から身を守るため「死亡した」とマスコミ報道された克哉は、篠原のマンションで同居生活を送ります。
あのような辛い体験をした克哉をいたわる篠原は、克哉に手を出そうとしません。
でも、克哉から誘って2人でお風呂に入り、そこからベッドで抱き合うシーンがあるのですが、嬉しい気持ちでいっぱいになりました。
最初は、壮絶な体験をした克哉が誰かと身体を重ねるのはまだ無理なのでは?と思いました。
でも、絶対に自分を傷つけない篠原だから許せるのですね。
2巻では、克哉が篠原をセフレとしか見ていないように感じましたが、克哉もちゃんと篠原を愛していたんですね。
うーん、両想いですね。感無量です(泣)

ある日、女性の絞殺死体が発見されました。
その現場写真を見た克哉は、連続殺人犯の犯行で間違いないと断言します。
この殺人から更に3人の遺体が発見されました。
連続犯人を見つけなければ…克哉は篠原に「ある提案」をします。
それは、記憶の巻き戻しと再生でした。
この提案を受け入れれば、克哉は自分の記憶を消してしまう…。
篠原の葛藤が痛いほど伝わります。
その後、新たに2人の遺体が発見され、もう提案を受け入れるしかなくなりました。
プロジェクト開始の前に、2人が抱き合うシーンがあるのですが、あまりにも切なくて泣きました。
愛する人が自分のことを忘れてしまう篠原と愛する人の全ての記憶が消えてしまう克哉。
篠原が泣いている克哉に伝えます。
「…もし先生が俺を思い出せなくて嫌われたとしても 命がけで先生を愛するから――」

克哉と最後のお別れをした篠原が、目を閉じてジャケットの襟を正すのですが、再び目を開いた時には「連続殺人犯役」の顔になっていました。
克哉から自分の記憶が消えてしまっても、克哉への愛は変わらない。
篠原がどれほど辛い思いをして「連続殺人犯役」を演じたのかと考えると、1巻からの印象がグッと違って見えますよ。

そして、時系列が1巻に巻き戻ります。
いや~素晴らしい!!
とくに、今作は篠原と克哉の精神的な繋がりにフォーカスを当てていて、サスペンス要素をさらに引き立たせています。
読まれた方は、Narcissus先生のストーリー構成に称賛するでしょう。
でも、あとがきで「19話で篠原はあの男に殺害される予定だったけれど、まわりから説得された」と記載されており、ビックリしました。
ギャー!!先生、やめて!!!
お願いですから、2人を幸せにしてあげて (;༎ຶД༎ຶ;)

初回限定版小冊子『Little by Little』
自分の誕生日に克哉に呼び出され、マンションに向かった篠原。
リビングには、金髪で青い目の赤ちゃんが眠っていて…。

1巻から再読したのですが、咎井淳先生の美麗な絵が全くブレていないことも素晴らしいと思いました。
サスペンスとしても純粋なラブストーリーとしても読み応えがあり、BLなどジャンルは関係なく、多くの方におすすめしたい作品です。
続編はいつ読めるのでしょうか?
1日でも早く発売されることを願います(泣)

2

素晴らしい

また1巻から読み返したくなります

伏線の張り方が東野圭吾か?なレベル
どんでん返しがえぐい

脚本が頭良すぎで絵も最高に美しい

bl漫画のクオリティを超えてる
すぐドラマ化されそう

4

時系列の動かし方が素晴らしい。

3年ぶりに新刊が刊行された『In These Words』の4巻目。

1巻が刊行されてから8年、ということにその年月の長さに驚きを禁じ得ませんが、一番驚くのはそれだけの長きにわたる作品でありながらブレがなく一貫性がきちんとあること。Guilt|Pleasureさんがこの作品を連載するにあたり、きちんとプロットを立て描き始めたのだろうというのがよく分かります。

『In These Words』は残忍な殺人事件がバックボーンとしてあるため、痛い描写が苦手な方とか、甘々な作品が読みたい気分の時にはお勧めしません。今作品は同人誌、番外編を含めるとかなりの冊数を誇るシリーズですが、その多くがドシリアスという、ある意味突き抜けた世界観を放つシリーズといっていいと思います。

「殺人事件」を追うミステリの様相を持っていますが、今作品は犯人捜しを軸にした作品ではありません。

犯人は何のために殺人を犯したのか。

そこが軸になっています。

この事件の被害者でもあり、そして犯人をプロファイルする精神科医でもある浅野。
そして、浅野をサポートする刑事の篠原。

前3巻は、彼らの関係性、そして事件の時系列を追う展開でしたが、4巻は今までの伏線を回収する内容でした。

もうね、ストーリー展開が素晴らしい。
時系列が行きつ戻りつする展開なので、ちょっとわかりづらい面はあるんです。
あるのですが、読み進めるうちに少しずつピースが嵌まっていき、謎が少しずつ解けてくる。

今までは強姦の描写あり、身体を傷つける描写あり、とにかく痛い展開てんこ盛りでしたが、4巻は、1巻の前日譚になってるんですね。

浅野先生と篠原が築いてきた信頼関係と愛情。
殺人事件の犯人を、ともに追うバディでもあり。
そして何より、浅野先生を死の淵ギリギリまで追い込んだ犯人逮捕に向ける執念。

お互い深い信頼を持つからこそ、一気に勝負に出た。
相手を信じているから。
愛しているから。
そして、守りたいから。

そんな二人の想いに、ギュギュっと萌え心を掴まれました。

氷の女王、と呼ばれる程クールビューティーだった浅野先生が、篠原の前だけは弱い姿を見せる。見せることができる。
そして、そんな浅野先生を何があっても守りたいと再認識した篠原のなんとカッコいいことか。

これから犯人逮捕に向けて物語が動いていくだろうと予想していますが、次巻が待ち遠しくて仕方ありません。

さて。

『In These Words (4)』は、「In These Words」の番外編である「Little by Little」(同人誌のコミック)が付属された初回限定版が刊行されましたが、この初回限定版のほかに、同じく「In These Words」の番外編である「MAYBE SOMEDAY」(こちらは小説の同人誌)が付属しているアニメイト限定版も同時発売されました。

どちらの小冊子も欲しい!
ということで、複数買いするかただいま絶賛悩み中であります(たぶん両方買ってしまいます…)。

16

やっと

待ち望んでいました。待望の4巻。
ここまで8年か〜。
やっと繋がった。
長生きして次巻待ちます。

5

篠原も克哉も強い人間ですね

好きな人との記憶が消される、というのは死別と共通する辛さがありますよね。
別れるだけだったら少なくとも思い出は残るのに…
泣きまくりました。
それでも辛さだけじゃないと感じるのは、
二人とも、とても精神的に強い人間だと感じる瞬間があったからです。
克哉が背中の傷痕を「あの男に立ち向かい生き延びた証」だと言った瞬間も、
「私は被害者として大人しくおさまるつもりはありません。私はなにも変わっていません。」と言いながら篠原を誘う瞬間も、
この受けは一味違う…!絶品だ!!と思いました。
普段はヘラヘラチャラチャラの篠原も、誠実で包容力のある一面に加えとても芯のある男だったのがギャップがあって心を奪われました。
「先生の中から俺が消えたとしても、また最初から始められると信じてます。」と前向きな彼に少し救われた気がします。心の中では挫けそうになってるはずなのに…
それでも克哉とお別れした後のラストカットで
スーツを整え、目を閉じ、
再び開けた時には既に役に入ってましたね。
この振り向かないで前に進む潔さと強さに救われます。
また最初からだとしても、今まで以上に克哉をたっぷり愛してあげるんでしょうね。
二人のようにどんな苦境でも前向きで強く生きていきたいと思いました。

そういえば、克哉は一度も篠原に「愛してる」と伝えたことがないですよね。
ラストシーンでやっと言うのか?と思ったら、
「ありがとう、愛してくれて」と言いましたね…!
克哉らしい言葉でした。
もともとツンツンキャラってのもありますが、
最後に「愛してる」と言ってしまうと、
かえてこのあと篠原を苦しめることになると思ったのではないでしょうか…
全身で愛してると訴えていた克哉でしたがね!
咎井先生の絵は本当に素敵…

あとがきに実は篠原は殺される予定だったけど周りに説得されたと書いてました。
篠原無事でよかった…… 先生!本当にそういうのやめてください!!!
ナルキッソス先生のほかの作品も拝読してますが、
先生はとても容赦がない(笑
それも先生のいい味ですが…
篠原と克哉だけは絶対に絶対に幸せにしてあげてください!!!
土下座でお願いします…!!!

19

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う