“猫耳デカ"のお世話いたします。

猫耳デカは懐かない。

nekomimideka wa natsukanai

猫耳デカは懐かない。
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
16
評価数
5
平均
3.4 / 5
神率
20%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥630(税抜)  ¥680(税込)
ISBN
9784344840508

あらすじ

近未来の日本警察、警察猫がいる世界。国民の皆様に愛される存在となるため、猫の目と耳としっぽを持つ特殊捜査官・ベリルこと通称“猫耳デカ"が爆誕! 相棒の訓練士・蔵人はぶっとんだ見た目と性格のベリルと事あるごとに対立してたけど、猫好きのせいか徐々にベリルの世話を焼き始めて!?

表題作猫耳デカは懐かない。

蔵人晃良・ベリルの相棒となるJBI特別捜査官28
有明庚・猫耳デカチームサポートJBI特別捜査官28

その他の収録作品

  • 猫耳デカが懐いたら
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

猫機能付き捜査官

作者買い。2070年の日本で、「JBI(FBIを手本とした犯罪捜査組織)」が
舞台となっています。
そこで初めて誕生した特殊捜査官とその相棒というのが攻め受けの出会い。
そしてそのJBIと、シャングリラというテロ組織の攻防+攻め受けの恋話 
でした。書下ろし260Pほど+後日談的小編20Pほど。
艶っぽいお話は少な目に感じます。

警察もの+猫耳、猫しっぽ等モフ的要素を少し盛り付けていたせいか?
自分の読む姿勢としてピントが合わせにくく、
なんだか盛り上がり切れませんでした。
先生、すいません・・・

登場人物
ベリル:美男、金髪猫目猫耳、猫しっぽ(出し入れ不可)。
    騒がしく落ち着きないタイプ。
    目、耳、しっぽなどは人工的なもので非常に精度が高く、
    スイッチオンオフが可能という設定。最新鋭の機能であるため
    正体は隠している。
蔵人:いかにも捜査官!といった風貌らしい。
   が、ラストに向かって少しずつ変態化。
有明庚:JBI同僚。事故によりほぼ視力を失った過去あり。
    そのため中折れ帽にサングラス着用。穏やか、真面目。
カノープス:蔵人の相棒の警察猫(リアル黒猫)。
川崎博士:ベリルのつけている特殊機能のメンテナンスしている。

警察ものがお好きな方より、変身ものが好きな方の方が向いているかも。

******* 以下はよりネタばれ

ちゃんと事件は発生するのですが、捕まえた野郎が最後逃げやがるので
? これ 続くのかも です。
事件云々のスリリングさ も少しあり、猫要素のなごむシーンもあり 
で、先生としては、長年の夢(捜査官もの+猫機能)だったとのこと。

ただ個人的には「どシリアスな警察もの」か「なごみまくりの猫もの」
のどっちかにしていただいた方が嬉しかったように感じました。
ごめんなさい。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ