異世界の花嫁

isekai no hanayome

異世界の花嫁
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×22
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
20
評価数
7
平均
3.1 / 5
神率
14.3%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~
発売日
価格
¥639(税抜)  
ISBN
9784796410588

あらすじ

「迎えに来たぜソラv」
ハタチの誕生日、両親を亡くして天涯孤独のソラの前に謎の青年が現れる。
彼は、ソラが10歳のとき命を救った異界の生物・ハチだった。
ソラを嫁にするため成長を10年間待っていたというハチは、
どんなにつきはなしても毎日しつこくプロポーズをしてきて――!?
触手を持つ異界の生物×孤独な青年の異種間ラブv

表題作異世界の花嫁

ハチ 人外
大原ソラ 20歳

同時収録作品見つめる先に

時田 高校生
大本 高校生

同時収録作品ぷるぷるふるえるフィーリング

モルン
矢田康緒

同時収録作品赤色の縛り

レオン 吸血鬼
孝弘

同時収録作品ぼくらの青春

大成 高校生
黒沢昴介 高校生

同時収録作品キスの演習

卓己
隼人

その他の収録作品

  • 描き下ろしおまけマンガ

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

触手人外多めの短編集

可愛らしい絵柄の短編集です。
タイトルにも書いたとおり触手人外多めです。

言ってみれば、触手にエロく攻められる可愛い男の子、というシチュエーションを楽しむだけの話で、シリアスな展開や苦悩や葛藤はほぼありません。子供の頃に突然触手生命体と出会って結婚の約束を交わし、大きくなってから再会とか、突然触手生命体に見初められたバイトくんがつきまとわれ、ほだされる話とか、深く突っ込んだら負け的にあっさり展開するファンタジーです。

触手エロは好きですが、嫌がるところを無理やり触手に陵辱されるのが楽しいのであって、あっさり楽しく触手とヤっちゃうのは個人的にはあまり萌えなかった気が。まあ触手にかわい子ちゃんがヤられるビジュアルだけで萌える方にはオススメですけれど。

触手系のほか、吸血鬼×かわい子ちゃんの再会話と、現代物も2点入っていました。
現代物は、「あっそーなの?」みたいに唐突にくっついてエッチする感じで、ストーリーやキャラの感情の機微などはまったくない話でした。
評価は触手系が萌、現代物が中立。

0

人外CP

電子立ち読みで気になったので購入しました。ほとんど人外CPの短編集なのですが、最後の2つのお話には、人外が完全に出て来ません。

テンポ良く、割とあっさりめに進みます。受けの顔がどの話も大差がないようで、気になる方は気になるかもしれません。
ひとつひとつのお話の設定や内容は好きだったのですが、欲を言えばもう少しいちゃいちゃしているところが見たかったです。基本的に相思相愛CPなのが嬉しかったです。



人外もののみ、さらっとCP傾向と内容のネタバレをします。NTRやリョナなどダークなお話はありません。人外純愛ものです。

「異世界の花嫁」
プレデターのような見た目の人外×天涯孤独の人間の男の子
昔攻めが受けに助けられ、受けを迎えに行く約束をして、とうとう20歳になったので迎えに来た…という話です。
アプローチの際は人型ですが、えっちは人外姿で触手もでてきます。

「見つめる先に」
受けを見つめるだけの人間の男の子×オカルト好きの人間の男の子
攻めと受けは両片思いなのですが、友達の枠を出られません。あるとき受けの様子に変化があり、その原因を問い詰めたところ、人外の触手で…という話です。
これは若干の3P…?要素があります。なかなか進展しなかった二人を、触手がアシストしながらえっちさせていました。触手からの挿入はありません。

「ぷるぷるふるえるフィーリング」
ストーカー気質?の人外×ほだされる人間の男の子
ある日バイト先で先輩から、ペストマスクをつけた長身の人外を紹介されます。はじめは見た目の怖さや神出鬼没さに怯える受けですが、一緒に過ごすうちに絆されます。えっちのときはマントの下からスライム?触手?を伸ばしていました。
人型の姿がイケメンでした。

「赤色の縛り」
吸血鬼×少しだけ意地っ張りな人間の男の子
10年前に結婚の約束をしていて、10年経ち思い出の公園で再開します。攻めが受けを同族にしようと付きまといますが、受けはまんざらでもありません。同族にしていいと許しをもらった攻めの顔が可愛かったです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ