empty heart ~偽りの恋だから~

empty heart

empty heart ~偽りの恋だから~
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×22
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
10
得点
54
評価数
15
平均
3.7 / 5
神率
33.3%
著者
 
作画
 
媒体
漫画(コミック)
出版社
オークラ出版
シリーズ
アクアコミックス(コミック・オークラ出版)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784775502327

あらすじ

「兄貴の身代わりで構わないから、俺を抱いて…」
拓巳は、兄・龍太の親友であり、自分が通う高校の教師でもある宇佐美に惹かれている。けれど、宇佐美は兄の龍太に学生時代から告げられぬ想いを寄せていた。そのことを知りながらも、宇佐美とカラダの関係を持った拓巳だが、それは自分の容姿が兄と酷似しているからにすぎないと、悩みは深まるばかりで…。
切ないまでに純粋な恋を描いた描き下ろし長編と、デビュー作品の番外編を収録。
(出版社より)

表題作empty heart ~偽りの恋だから~

宇佐美潤・高校の美術教師
梶原拓巳・高校生

その他の収録作品

  • full heart
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数10

一途に恋して

「empty heart」
主人公は、高校生の梶原拓巳。
彼が密かに恋しているのは新任美術教師の宇佐美。宇佐美は拓巳の兄・龍太の同級生で…
宇佐美と龍太が高校生の時、うたた寝をしている龍太にキスした宇佐美を目撃してから宇佐美を意識し始めた拓巳。
そんな時龍太の結婚が決まり、宇佐美の気持ちに全く気付いていない龍太はウキウキと宇佐美を含めた友人達に報告する。傷つきヤケ酒の宇佐美に全て分かった上で挑発し、身を投げ出す拓巳…
初めから「身代わり」でいいと納得しての行為だったけれど、続けるごとにどんどん辛くなってきて、読んでいても自業自得なんて思えないほど切ない。自分の本心を隠して暗い眼をする拓巳と大きな勘違いをしている宇佐美のすれ違い!
そこに現れる宇佐美の大学時代の友人が拓巳の心をかき回してくれて、2人はお互いの思い込みを無事解消します。ここからあっけなくラブラブCPになるのが、拓巳よかったねとは思いつつもちょっと性急すぎるかな…
龍太がすごい鈍感男で、ちょっとおバカ?で面白い。

「full Heart」
元はこちらの話があって、前半の「empty heart」の方が描き下ろしです。この話をあんな風に膨らませるのね、と考えるとすごい。
本作は龍太の結婚式の場面から始まります。
宇佐美はかつて龍太に恋をしていたから、拓巳は2人が話をしてるのも気になるし、龍太が結婚したからホッともしてるし、という年相応のお悩み。Hはしっかりしてますけれど。

水名瀬先生の美麗な絵柄で、拓巳も宇佐美も龍太もみんな美形。目の保養BLです。

2

強がりと本音と

BLにはまった初期に読んでいた水名瀬さん。懐かしく読み返してのレビューです。とにかく、絵が綺麗なので好きな作家さんです。今回は、ずっと兄のことが好きな人に片思いしてる、一途で切ない高校生のお話です。

拓巳は、高校の美術の教師で兄の親友の、宇佐美がずっと好きでした。でも、宇佐美が好きなのは、兄だと知っているのです。
そんな時に知った兄の結婚。傷ついた宇佐美に付け込んで、兄の代わりに抱いてもらうのです。最初はそれでも嬉しかったけど、だんだん回数を重ねる内に辛くなる拓巳…。

一途な拓巳にキュンとなります。好きなのに、強がって頑張る拓巳が、ホントに切ないです。
拓巳が呼んでもいいって言ったからって、ホントに兄ちゃんの名前を呼ぶな~と突っ込んでしまいます。

まぁ、宇佐美の方も、すぐに兄との違いに気付いたから良かったけど。くっついてからは、溺愛してる宇佐美が見れて良かったです。
カッコイイのに、お嫁さんの尻に敷かれて心配性な兄ちゃんがツボです。

0

兄の身代わり。

『先生×高校生』で『身代わり』ものです。私は、BL小説では『先生×高校生』がいちばん好きなんじゃないかというくらいなんですが、漫画ではあまり気にしないですね。これも読みながら『そうか、先生と生徒なんだ』と思ったくらいで。

それにしても、拓巳(受)が『身代わり』になる兄・龍太のキャラクターがすごく意外でした。こういう『身代わりもの』の場合、龍太の立ち位置はいわば『悪役』になりがちなのに、逆に救いになってるよ!

トーンとしてはかなり切ないんですが、龍太のおとぼけぶりが一服の清涼剤でした。何かあるたびに、年上で上司でもある婚約者に電話で相談している姿が、アホっぽくて可愛くて笑える~。

ただ・・・確かに絵は綺麗なんですが、今と比べるとぎこちないな~と感じました。特に表情が怖いような・・・10年近く前ですから仕方ないんですけどね。

1

キレイな強がり誘い受けにvvv

水名瀬雅良さんの画といえばキレイすぎる男!! ほんとキレイかっこいい!! こんなキレイかっこいい男に誘われたら、そりゃあ 教え子であろうが親友の弟であろうが頂いちゃうだろうvvvv 
 水名瀬雅良さんの美しいキレイな男を堪能しながらスッキリよめる一冊です

1

ああ、もう切ない!!

一途な恋ってだけで切ないのに、「身代わりでいいから」で始まった肉体的関係の中で『好きな人に抱かれる喜び」と『愛されて抱かれている訳ではない哀しみ」の狭間に揺れる拓巳の想いがマジ切ない。(涙)

宇佐美の気持ちも複雑だよね。片思いしてきた人が結婚、片思いしてきた人と同じ顔・同じ笑顔を振りまいて自分を誘惑、片思いしてきた人の弟、自分が教える学校の生徒...。

下手すれば重くなりがちなテーマですが、拓巳の兄・龍太が結構コミカルに書かれていて面白いです。

あとやっぱり 水名瀬雅良 先生の描かれる絵はとっても綺麗。 絵を見てるだけでも楽しめちゃいます。

4

empty heartレビュー。

兄の代わりでも良いから抱いてって思う弟の話。
主人公の拓巳はずっと、兄・龍太の親友で、自分の高校の教師である宇佐美が好きだった。そして宇佐美は学生時代から龍太のことが好きだった。だがもうすぐ龍太は結婚してしまう…。
宇佐美への想いを断ち切れない拓巳は、兄の代わりでも構わないから抱いてくれと、宇佐美を誘う。そのままズルズルと体だけの関係を続けていく二人だったが……。

本心を知られたくないから吐いたウソ。
体は深いトコで繋がっても、心は遠くなっていく。好きなのに、好きなのに、相手は自分の事を兄の代わりにしか思っていない。

切なかったー。
抱かれている最中に、違う人間の名前を呼ばれる。
こんなに好きなのに、相手は自分と同じ顔の兄を想っている。
『男と寝てみたかっただけ』『性欲処理でいいじゃん』って慣れているフリして誘ったのは自分だけど、やっぱり心の通わないセックスは好きな人としていても辛そうだった。

本心がバレて、巧くまとまった2人。
結婚式の後のやり取りがなんか微笑ましかった。ホテルで休もうって意味を深読みしてみたり、そういう意味じゃないよってあわあわしてみたり。かーわーいーいー。
ブラコンで、親友から寄せられていた想いに全く気付かなかったお兄ちゃんは男に走った弟を一生心配して胃をキリキリさせるんだろうなぁと思う。ココの兄弟可愛いなぁ!中身は似てないけど微笑ましいなぁ。

「脱がしちゃうの?」
礼服を着た受を、そういう格好も似合うよとかカッコ良いよとか言いながらムラっときて脱がしにかかる攻が良かった。
もう、身代わりではなく本気でお前が好きなんだって自覚してからの攻はカッコ良い。好きだったブラコン兄とも、弟と付き合うと正面からぶつかって好感が持てた。

最初切なく、中盤も切なく、最後に甘い。
スレ違いな身代わり愛が好きな人にオススメです。

1

空しい心

主人公の拓巳は絵が苦手ですが、選択で美術をとってしっかり授業に参加します。
理由は兄の友達で美術教師の宇佐美に会えるから。
宇佐美はよく拓巳の家によくきていたので「宇佐兄」と慕っていました。
しかしある日、拓巳は宇佐美が兄のことを好きだということを知ってしまいます。
それでも宇佐美をずっと見てきた拓巳。
ところが兄の結婚が決まってしまったのです。

感想としてはとても切なかったです。
宇佐美が結婚の話を聞いた日、拓巳は兄と顔が似てる自分を兄だと思って抱いてもいいと言って抱かれたり。好きな人に抱かれているのに相手は兄の名前を呼ぶ。すごく切なかったです。
宇佐美の大学の同級生がきたとき拓巳が「兄の代用品」と言われたときはショックだったと思います。兄の代わりとしてではなく1人の人間としてみて欲しい、自分を好きになってほしいと願う受けがすごく切なくて。

そしてその原因となってる兄ですが…全く憎めないキャラでw
弟思いだし、ほんといいキャラなのにw
兄のせいで2人は大変だったんですよ!と言いたいくらいw

切ないのが好きな人にはおすすめです!教師×生徒という萌えポイントもありますしね!
関係ありませんがこのempty heartは描き下ろしだったんですね(゚∀゚)

2

積極的な受は好きです

高校時代から兄の親友で、眠っている兄にキスしている宇佐兄を見てしまって以来、気になって仕方ない。
美人で男にも女にもモテる拓巳だが、ずっと宇佐兄が好きで・・・・っていうはなし。
これさ、拓巳の兄は何も知らないわけで、能天気に婚約者紹介してまいあがってたりさ。そっくりの顔でめちゃくちゃオカシイです。
で、まぁ、拓巳としても、兄そっくりの顔があれなわけで、宇佐兄も顔のせいで自分には弱いと思っているわけで。
拓巳兄が宇佐美に婚約者を紹介した夜、酔いつぶれた宇佐美の家に押しかけて、誘惑して「龍太って呼んでイイから抱いてよ」って言ってみたり
カラダだけの関係になってみたり。

結構イイ話だよ?

最初の夜、「龍太って呼んでイイから」って言って抱かれてさ、実際に「龍太」って呼ばれてさ

『涙が溢れそうになった。悲しいわけじゃない。名前を呼んでイイといったのは自分だし・・この涙はきっと痛みのせい』

とか・・・

『男と寝てみたかっただけ』とか
『性欲処理でいいじゃん』っていってみたり。

『愛情があるわけじゃない。ただ気持ちイイだけの身体の関係。そんな関係がいいんだよね。楽なんだよね。だから言わないよ「スキ」なんて―――』
ちょっとホロってくるじゃん(;w;)ノ。お姉さん最近涙もろいのさ。

やっぱり片思い設定って凄くスキなんだけど、こういうすれ違いみると、本当に切なくなってしまいます。

結局、宇佐美のほうにしても、拓巳にはだんだん惹かれていってて、でも、兄がダメなら弟って分けにもいかないし、拓巳の言動からして、自分を好きなんてことが浮かばなくて・・・・という形ですれ違いまくりなわけです。

あ、そうそう、これ中継ぎに出てくる「智春」という男。この人が結局は上手くまとめてくれた感じなんですが、この人めちゃくちゃ気になる!!だってさ、昔宇佐美さんと身体だけの関係を持ってた人だし!!ネコもタチもイケルっていうし、なんかオープンな感じだし!!
この人ならなんでもぶっちゃけしてくれそう!!ぇ・・。
気になる。
やっぱり宇佐美さんとは・・・・この人が受けなのかな・・ジュルリ
ちょっとムサイ受なイメージですけど・・・逆にイイ

4

切なくてイイ。

兄の親友で、自分の通う高校教師でもある宇佐兄に想いを寄せている拓巳。
宇佐兄が、自分の兄・龍太を学生時代から密かに想っていることを知りながら、
兄の婚約をきっかけに、彼と身体の関係を持つようになった拓巳だったが―。

宇佐兄の罪悪感を減らすため、そして関係を続けるために、
自分は遊び(性欲処理)というフリを続ける拓巳が健気です。
逢いたくてたまらないのに、逢うと辛い。
こういう片想いも、キツイですよね…。

若干ブラコン気味の婚約中ラブラブ兄貴・龍太も、憎めないキャラで
誰も責められない、悪くない…ってこともあり、切なさは増すばかりでした。

宇佐兄も最後のほうは、頑張ってイイとこ見せてくれます。
水名瀬先生の作品だと、これが一番好きかもしれない。
読後感の良い作品で、オススメですよ。

4

一途な愛…

水名瀬さんて、身代わり愛ものを書かせたらピカイチ!右に出るものがいないと思うくらい描き方が上手いです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ