溺れる夏の庭

oboreru natsu no niwa

溺れる夏の庭
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
13
評価数
3
平均
4.3 / 5
神率
66.7%
著者
 
媒体
BL小説
サークル
freezia<サークル>
ジャンル
オリジナル
発売日
価格
ISBN

あらすじ

「さよならトロイメライ」商業誌番外編同人誌。

目次
ひよこと執事と薔薇の庭
まだ見ぬ義弟へ
溺れる夏の庭
判定
猫を預かる
百花の王
終の箱庭

死ネタを含みますので苦手なかたはお気をつけ下さい

表題作溺れる夏の庭

宗方鉄真,貿易商の嫡男で後に当主
弓削晶,執事

その他の収録作品

  • ひよこと執事と薔薇の庭
  • 執事の夏休み
  • まだ見ぬ義弟へ
  • 判定
  • 猫を預かる
  • 百花の王
  • 終の箱庭

評価・レビューする

レビュー投稿数1

幸せの定義はそれぞれの中に

さよならトロイメライの番外編同人誌。
弓削と鉄真のありったけを詰め込んだような番外編で、これが本編ではないのが惜しいという感じでした。
鉄真と弓削の間に起こった決定的な事件の前の話と、事件後の生活、ほんのささやかな2人きりの夏休みに他の使用人目線の話、そして鉄真と弓削の最期までの僅かな甘い日々と、手を変え品を変え色鮮やかに書き出されています。
花が芽吹き、蕾を開き、華やかに咲き、そしてその花を散らすまでのほんの短い弓削の人生を、鉄真の深い愛情と共に書ききっているのは見事でした。
桃色描写も短いながら濃密でもったりとした色香を振りまき、普段は楚々とした弓削の佇まいとの対比がたまりません。魔性の受は健在です。

鉄真と弓削が宗方家から姿を消してからの日々は、読むのが辛く中々ページが進みませんでした。
私は死ネタ大好物ですが、もしかしたらひょっとしたら弓削は回復して鉄真とひっそり幸せに暮してるんじゃないかと希望を持ったりもしましたが、そんな希望もあっさりと打ち砕くこの容赦のなさ!!
こと切れるその瞬間まで弓削は美しくて、鉄真の愛情は真っ直ぐで、読んでいて何とも言えない幸せを感じました。悲しいのは悲しいのですが、不思議と涙は出なくて、弓削と鉄真が感じている本当にそのまま、私自身も同じように弓削と鉄真が紡ぐ最期までのわずかな時間は幸せだなと。
これ以上の幸福は宗方の家では望めなかったからそこ尊く、その身の全てを鉄真に、その身の全てを宗方に捧げてきた弓削と鉄真へのご褒美のように思えました。

弓削を失った後の鉄真の様子も一誠の視点から垣間見ることも出来、悲壮感が漂ってないのも良かったです。これ本編に入ってないの、本当に勿体ないなと。

1
PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ

この作品は、18歳未満の方には不適切な表現内容が含まれています。 18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。
あなたは18歳以上ですか?