• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作優しくほどいて

湯ヶ原直人、再会したばかりの同僚で同級生、29
水沢春樹、極度に惚れっぽいサラリーマン、29

その他の収録作品

  • あとがき

あらすじ

片想いの相手への過剰な愛でストーカー一歩手前の水沢春樹。だがそんな重量級の愛を一身に受け止めようという奇特な男が現れて…!?

作品情報

作品名
優しくほどいて
著者
海野幸 
イラスト
橋本あおい 
媒体
小説
出版社
二見書房
レーベル
シャレード文庫
発売日
ISBN
9784576180229
4

(116)

(57)

萌々

(28)

(18)

中立

(8)

趣味じゃない

(5)

レビュー数
14
得点
459
評価数
116
平均
4 / 5
神率
49.1%

レビュー投稿数14

文句なしの名作

海野作品は深みのある素敵なストーリーなのに、いつもタイトルやあらすじでライトに見えて損してる!!と、思っていましたが、今回は読み終えた後に「なんて秀逸なタイトルなの!」と感嘆しました。
私ごときが浅はかな考えで勝手に憤り、大変申し訳ありませんでした。

そんなワケで、今回もとても深みのある素敵なお話です。
ちょいトンチキと言うかコメディ色の強いあらすじに反して、深い部分まで描写された、受けの切ない心情が大変読み応えがあります。
人を好きになると言うのは、きれい事だけではすまされなかったりしますよね。
エゴや剥き出しになる欲望、臆病になってしまう弱さ・・・。そんな部分が胸に迫るリアリティーさを持って書かれています。でもそれがですね、とても心に響く。
上手く言えないのですが、恋した時の、突然駆け出したくなるような衝動だったり、本能の部分で求める、どうしようもなく相手を欲する気持ち。そんな、ある意味非常に人間的な生々しい感情を描写させたら、右に出る者が居ない作家さんだと思うのです。
今回は特にそんな描写が秀逸。読んでいて、それこそ突然駆け出したくなりました。


まずこちら、極度に惚れっぽく、惚れたらストーカー一歩手前の危ないサラリーマン・水沢と、そんな彼の高校時代の同級生で、再会したばかりの同僚・湯ヶ原というカップリングです。
いつものごとく、好きになってしまった同僚に勝手にお弁当を作り、ブログに写真をアップして妄想で恋人ぶる水沢。誰に知られるでもない一人芝居だったのに、その現場をよりにも寄って、高校時代の因縁の相手、湯ヶ原に見られてしまいます。動揺する水沢に対して、「誰かに愛情を注ぎたいなら、自分をその相手にしておけ」と意外な提案を湯ヶ原が持ち掛けて来て-・・・という内容です。

例えば首の骨の形だったり、耳の形だったり。そんなささいな原因で一瞬で恋に落ちる水沢。また、それこそほんのささいな原因で恋が冷める、異常な恋愛感覚。とても短いスパンで惚れた冷めたを繰り返しておりまして、かなりヤバイ主人公が来たぞ~と、最初は若干引いたのです。

そんな水沢の重すぎる愛を、それこそ大きすぎる器で易々と受け止める湯ヶ原。彼がですね、海野作品ではお約束の、めちゃくちゃ器のデカイ、包容力があるいい男なのです。

おかしな提案をしてきた湯ヶ原に対して、早く止めさせようと嫌がらせのような可愛すぎる弁当を作ったり、わざとセンスの悪いセーターを編んでプレゼントする水沢。逃げるどころか、それを喜んで受け止める湯ヶ原。と、ほのぼの可愛いらしい攻防が続きます。

で、一体この二人はどうなるんだ?と笑いながら読み進めると、このおかしな恋愛癖の裏に隠されたある真実が分かり、ストーリーの秀逸さに唸らされる事となる。
こちら、ネタバレ避けますが、「なるほど、そう来たか」と、ここから一気に萌えが加速するんですね。
そして先に書いた、恋する切なさだったり、リアルな感情の描写に深く心を動かされる事となります。
このへん、ネタバレなしで書くのが難しいのですが、要はめちゃくちゃ萌えるとお伝えしたい!
水沢、いくら何でも拗らせすぎだよーーー!!

あとですね、エロも最高でした。最初はあまりに性急な水沢に対して「も~、エッチなんだから!」とニマニマしておりましたが、これも彼が何故そこまでエッチをしたがるのかー。その理由が分かると、なんだかホロリとくる。彼の恋愛面での一般的では無いおかしな感覚ですが、育った環境が大きく影響を与えているのです。切ない・・・。
とは言え、これからは湯ヶ原が、その大きすぎる器と愛情で彼を満たしてくれるのでしょう。早速深すぎる愛情で、水沢を散々泣かせている絡みにも萌えまくりました。

とにかく、深くてすごくいいお話です。皆さん読んでー!!と言いたいです。

24

何故か涙が出てきました

海野先生、よくお名前はお聞きするのですが初読みの作家さんです。
橋本あおい先生が挿絵と知って、発売日からとても気になっていた作品でした。

読んだ感想を一言で言うなら、「久しぶりにすごい作品を読んだな」ですね、すごい。

受けが主体として話が進んでいくのですが、序盤のコミカルなタッチから、少しずつ変わっていく感情と紐解かれる過去がとっても深いんです。
剥き出しの「好き」って気持ちのリアルな描写にめちゃくちゃ感情移入してしまって、気づけば後半からずっと泣いてました。

気持ちが通じるまででも大変しんどかったのにラストの濡れ場は追い討ちをかけるしんどさ。心臓に悪い。愛おしすぎる。
それから攻めの湯ヶ原さん。とんでもない包容力と、見え隠れする執着心に萌え転げました。

読み終わってタイトルを見返して、やられた.....と思いました。なんて秀逸。まさに「優しくほどいて」ですね。
後日海野先生が自身のブログにアップされていた二人の後日談もとっても素敵でした。

とっても幸せなお話が読みたい!って時には是非読んでいただきたい作品です!!

10

箱根の温泉のような懐が深くて包容力攻めに参った!

読んでる時から春樹の痛々しさ?に泣けてきました。涙を拭いながら読み進めました。

愛したい気持ちが溢れてこぼれて。ぶつけることのない愛情がお弁当やセーターや小間物になって。

箱根温泉のような湯ヶ原。懐が深すぎて笑った時の目尻のシワとかいいですね!

俺をサンドバッグにしろって言ってきて。湯ヶ原が苦手な春樹は嫌がらせて止めると言わせようと、滅茶苦茶可愛いお弁当やウサギやハートの柄の入ったセーターを渡したのに、湯ヶ原は本当に嬉しそうでセーターも着ちゃって。

しかし海野さんは本当にお話が巧みですねえ。
何ひねりもあってバックボーンもあって。

湯ヶ原の粘りと春樹のひたむきさに大満足です。こんな愛し方もあるんだよって春樹に教えてくれて。

きっと春樹が何をしても言っても湯ヶ原は笑って受け止めてくれそう。湯に浸かって出たくなくなるあのたまらない気持ち!良かったね、二人とも!

もう二人ともとっても良かったし、過去や背景も凝っていてでも自然に今に繋がって。ストーリーテラーですね。

最後のエッチもなかなか進めてもらえず不安と引け目で湯ヶ原に粘る春樹。違うんだよ、大事にしたいんだよ、と言ってあげたい。
でも上手くいって良かったです。

寝起きの夢や、料理したいと言う春樹にわかった、入れって布団に招くのすっごくいい!!!

あー、こんな包容力があって懐が深くて相手の懐も開かせて最高です!
春樹の痛々しさも昇華されました。
間違いなく神で。

5

こういうの読みたかったんだ。

実は心温まるとても深い恋の話。

春樹自身自分の性癖を認められなくて湯ヶ原への恋心を封印する為に湯ヶ原パーツを見つけてはその相手に恋をする?って拗らせすぎだろう。
結局はずっと湯ヶ原を求めていたという春樹がかわいいです。
結局初恋を持て余して暴走しまうほどに愛情深い人です。

湯ヶ原がとても好感のもてるキャラで魅力的。
おっとりしているけど、ただのお人好しではなく人間ができてる感があって賢さとか懐の深さとかそういう感じがエピソードからすごく伝わってきて春樹じゃなくても惚れるだろ。です。

春樹の拗らせてる時の憎まれ口も態度も可愛かったけど、素直な春樹も可愛いかった。
湯ヶ原がそんな春樹をちゃんと理解して長年拗らせたいろいろな感情を優しくほどいて巻き取って受け入れて引きずりこんでいく。
「愛したがり屋の正体は、重度の愛されたがり屋」
どうぞ存分に満たしてやって欲しいですな。

贅沢をいえばもっとこの先の二人の話が読みたかったな。

3

優しくほどいて編み直し(⌒‐⌒)

ラストの夢の中でのやり取りがとても優しくてうわ〜〜〜〜〜〜って胸があったかくなりました。
確かに現実でも言ってくれるであろう攻め様ですよ(*´ω`*)


受け様は、惚れっぽく冷めやすい恋愛遍歴のサラリーマン春樹。
惚れた相手の為に手の込んだお弁当や小物類大物類を作り上げては、SNSに上げて仮想恋人気分を味わって満足する日々を送っていた。

そんな中、高校時代苦手だった相手と同僚として再会する。
これが攻め様である湯ヶ原。

高校時代、片想いの相手に次々手編みのセーターを送り付けていた春樹は、その時好きだった相手の机の中にセーターを入れている所を湯ヶ原に見られたことがある。

そんな相手と再会し、全力で関わり合いたくないのに、湯ヶ原は春樹に、そのあふれる愛を俺にぶつけてくれ、と言い出してくる。
ウサギとハートが舞う嫌がらせ満載のデコ弁当やセーターを、湯ヶ原は嬉しそうに鷹揚に笑って受け取ってくれる。
手を出して「弁当下さい」と囁くとか、かわいくてきゅんきゅんσ(≧ω≦*)

サンドバッグになるぞ、と言ってくれ、春樹のどうしようもなくぶつけたくなる愛の衝動を笑って受けとめる湯ヶ原は、おおらかで包容力のあるいい男でした(≧▽≦)
人の懐にするりと入り込んで、また同じように自分の懐に入れちゃえる人たらしな人。

そのくせ、ベッドでは俺の方に引きずり込みたい、とか言っちゃうなんて、案外肉食なセリフにドキドキですよ(///∇///)

また、自分だけ気持ちよくなって終わりじゃ嫌だ、と必要なものを買いにダッシュする春樹の必死さ、なりふり構わず求める気持ちがかわいくて男前。

2人のえちシーンは、めっちゃ萌えの宝庫でしたσ(≧ω≦*)
その後春樹の見た夢がまたよかった。
しみじみよかったねぇ、とジーンとしちゃいました。


イラストは、橋本あおい先生。
湯ヶ原の採寸をするイラストがとっても好きです。
厚みのある身体つきの湯ヶ原がいいなぁ。
春樹を抱き締めてるイラストも、大きな背中の湯ヶ原がイメージぴったりで好き(⌒‐⌒)



2

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(小説)一覧を見る>>

PAGE TOP