恋をするにもほどがある

koi wo surunimo hido ga aru

恋をするにもほどがある
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×215
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

291

レビュー数
5
得点
89
評価数
22
平均
4.1 / 5
神率
22.7%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
心交社
レーベル
ショコラ文庫
発売日
価格
¥660(税抜)  ¥713(税込)
ISBN
9784778124007

あらすじ

十六歳の夏、凛は最愛の義兄・亮介に告白し、「弟としか見られない」と優しく拒絶された。それから三年、凛は未だ亮介を諦めていない。ブラコンだが格好よくて仕事ができる亮介は女性にもてる。凛は無邪気な弟を演じながら邪魔者を排除し、亮介の部屋に通い、いつか抱かれる日のためにお尻の開発も始めた。一方、義弟好きをこじらせた亮介は、凛を天使のように清らかだと信じ、三年前の告白を「なかったもの」としていた――。

表題作恋をするにもほどがある

椎名亮介、ブラコンのエリートサラリーマン、28
椎名凛、大学生で亮介の義弟、19

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数5

受けが可愛くて努力家で愛らしくて…以下略

こちらのレビューを見て購入しました。
ワクワクしながら一気読み!あ~楽しかった!
初読みの作家さんです。レビューに感謝です。

本当に恋をするにもほどがあります。

義理の兄弟ものは改めていいなと思いました。

13歳の時に親のお見合いで義父の息子亮介に一目惚れした凛。16歳になったら告白すると決め16歳の花火の日に告白しますが、弟としか見られないと振られてしまいます。
それから3年、亮介の為に一途に健気に行動力溢れる凛です。
凛の性格が良くて育ちの良さやあざとさがなく可愛くて好感が持てます。
亮介も実は凛の告白から凛を意識してましたが義弟ということと可愛さやまだ子供というフィルターがかかってるし、守るべき存在だという思い込みからか恋愛対象としてはなかなか見てくれません。
そのわりに凛への邪な視線には超警戒してます。
あ~なんて可愛くて愛らしいんだ、素直で…以下略。なんて会社の女性陣には目もくれず凛のお迎えににっこり答えて好きなようにさせています。

実父と一緒に怪しい場所にいるのを見られたり、いけないグッズを見られた所から事態は急展開します。(ここまでが実は長く感じました)

亮介からの告白と想いを伝えて両思いを確認からが一足飛びでした。いきなりもうこの場で?えー!

そして凛が二十歳か大学卒業のタイミングで親に打ち明けて一緒に住もうとか、どこに転勤になっても連れていくとか一気に将来的なことも考えたり。

凛が片思いの時の甘えたり甘やかされたりも楽しかったです。

基本的に意地悪な人や当て馬も出てこず実父も両親も親友もとてもいい人で、実父がまさかそっちとは!と意外な事実も発覚したり。
あとがきにあるように実父も初体験のスパダリと再会して幸せになってほしいです。

亮介は絶倫でちょっと変態さんだったんですね。理想の義兄の仮面を外しても凛は亮介が大好きでしょう。凛の写真をスマホに何百枚も入っていて眺めてはニヤニヤしている時点でどうなの?と思いました。

1

薦めずにはいられない1冊!

久しぶりに登場人物全員が好きだーっ!って作品を読みました。
続編希望。
スピンオフ希望。
同人誌だけじゃ物足りません(><)!!

受けさんの凛は19歳というぎりぎり未成年の大学生。
中学生の頃に親の再婚で知り合った義兄となる亮介に一目惚れし
16歳になった頃、思い切って告白!が瞬殺玉砕。
普通はここで諦めるものですが、凛は違いました。
可愛い顔・性格をしていながら、なかなかの精神面の強さでもって
片想い続行・現在進行形でアピール中。

この時点で好きな作品だと思いました。
うじうじ悩み、攻めと関係が悪くなるくらいなら…と健気に友達やら兄弟を演じる
お話も多々ありますが。正直イライラする場面も出てくるんですよね。
なので、このお話はそれはもうスラスラと最後まで読んでしまえる
ノンストレスな展開で。
また、攻め視点と交互に読めるのもポイントでした。
亮介さんのかっこいい将来スパダリ間違いなし!なイメージが…
杉本壮太パパの登場で崩れるわ崩れるわ…最後は崩壊です笑。
ただの隠れ変態絶倫義兄さんでした笑。

カミングアウトすることを決めた2人の数年後のその後を是非!
杉本パパと長谷川さんのスピンオフも深く深く掘り下げて是非!!
続編化してくださるのを心待ちにしています(*´ω`*)

5

義兄のラブコメ


母親のお見合いの席で一目惚れした義兄に告白・玉砕した後も一途に義兄を想い、いずれ振り向いてもらえるよう努力する弟・凛と告白されてから少しずつ意識するようになったのに考えることを怖がって結論を先延ばしにしている兄のラブコメです。

交互に視点が変わるのでふたりの気持ちがわかります。
凛は見た目は童顔な美少年ながら、とてもポジティブで、断られてもめげず、いつか振り向いてもらえるようアプローチし続け、恋人の座を虎視眈々と狙っています。
一人暮らしになった亮介のもとにほぼ毎日通い家事をし(失敗のほうが多い)、女の影がないか確認し、定退日には会社まで迎えに行って同僚の女性を蹴散らすのです。
男同士のセックスも調べ、自分で大人の玩具を購入しおしりの開発もするくらい積極的です。

凛には理想の男という印象の亮介ですが、亮介視点になると途端に凛にデレデレで何百枚とある凛の写真を眺め癒されていたり、唯一凛のことを知っている同僚に自慢したり、残念なイケメンという感じになるのが面白いのです。
逆に、亮介には清らかな天使のように映っている凛は幼馴染と猥談したり、玩具を代わりに買ってもらったりと年相応の男の子の反応で、そのギャップが笑えます。

亮介は意識するのを怖がって考えないよういしているし、凛は再度告白して断られるのが怖くて硬直していたのですが、亮介の見合い話が浮上したこと、凛が離婚した実父と会っているのを亮介が誤解したこと、凛の大人の玩具が見つかったことなどが重なり二人は盛大にすれ違います。
が、これが2人の関係に発破をかけることになります。
このすれ違いは両人からすればとても切ない展開なんですが、両方の気持ちがわかっているのと、亮介の必死さが私好みで、とても楽しいすれ違いでした。

亮介と凛はこれで付き合ってないなんてというくらいの甘々なのですが、実際二人が両想いになるのは本当に最後の方です。両想いになってからは、将来のこともちゃんと話し合い、大学一年の凛が最低でも成人するまで、できれば卒業まではカミングアウトしないでいようとか、反対されたとしてもそれは仕方ないことと二人で生きていくことを考えているとか、亮介を優先させるためにさぼりがちだった学業にもきちんとして、ちゃんとした大人になるまでは節度あるおつきあいをしようとか、長い片想いの成就に浮かれすぎる
ことなく生きていこうとするところにも好感が持てました。

2人共がぐるぐるすることもなく、爽やかな感じに残念なので面白かったです。

2

残念イケメンな義兄と天使な顔して頑張っちゃってる義弟のラブコメ。

 無邪気で純真な義弟を演じつつ義兄にべったり。
義兄に群がる女子を蹴散らしつつ距離を縮めようと頑張ってる受け様の凛。
一途で健気。
でも、かわいそうで儚げな健気さじゃなく、自分で頑張れる事はとことん頑張ってる前向きの健気さ。
一生懸命でいい子だなーって応援したくなります。

 攻め様である義兄の亮介。
義弟の凛の事がかわいくてかわいくてたまらーんって猫可愛がりしてるエリートサラリーマン。
凛から見れば、優しくてかっこよくて仕事ができて、スパダリの要素満載なのに、読者の私から見たらのっけから残念イケメン感漂ってる。
電話越しの凛の、いつもと違う色っぽい声に何をしているのか脳内妄想してスマホ片手にソファーの周りをぐるぐる疾走してみたり、股間が反応してかがみこんだりと、笑うしかない反応が残念すぎて楽しすぎました。
でも、攻め様としては私の好きな正しい姿でもあるのでヨシ!!!

 受け攻め両視点で進むので、2人の気持ちがわかって感情移入しやすかったです。
すれ違いや誤解もそれぞれの視点でみれば、まぁ…仕方ないよね、だし、その後の仲直りも、亮介の必死さや嫉妬心が私的にはとっても萌えがきゅんきゅんでよかったー。

 自分の気持ちを認めた亮介は、ベッドでは独占欲とかエロさとかを全開。
でも、これから2人で生きていくために必要な事とかを迅速に考えていて、真摯な気持ちもいっぱい。
凛も、初夜を迎えた翌日の「おかえりなさい」を彼シャツで出迎えるとか、散々泣かされたのにチャレンジャーっていうか、天使な顔して煽りまくってるし。
でもでも、やっぱり学生として今は節度あるお付き合いをしていって、いつか一緒に暮らしていこう、と覚悟を決めていて。
2人ともこれからパートナーとして一生一緒に生きていこう、その為に今必要な事をきちんとしていこう、という前向きな姿勢がとてもステキでした。
甘々な溺愛物で一生懸命で、とても楽しく読ませて頂きました。

3

とっても平和

とにかく甘さに定評のある名倉作品。特に、受けが好きすぎて若干変態じみてると申しますか、言動がおかしな事になっている攻めというのが、私にとっては最大の萌え所だったりします。

その平和な作風ですが、今回は一生懸命恋してる受けのキャラクターがかなり魅力的。ピリリと切ない成分もしっかりスパイスになっていて、いつもより深みを感じさせてくれます。
普段が薄っぺらいと言う事では無いので、そのへんは誤解の無きようお願いいたします。

まずこちら、作者さん初となる義理の兄弟ものです。
攻めと受けの両視点で進み、両片思いな二人のズレやすれ違いに、笑ったりヤキモキさせられたりと言った所。
エリートサラリーマンながら、そのブラコンぶりで周囲を若干ひかせている義兄の亮介と、天使のような見た目に反して結構な策略家、実はとても一途な弟・凛というカップリングです。

序盤はいつものごとく、受けを好きすぎてフワフワ宙に浮いている平和そのものの攻めと、そんな彼を尊敬の目で見つめながら、手に入れる為に着々と行動を起こしているしたたかな受けと言った感じです。
まぁこのへんは毎度の事ではあるのですが、その溺愛ぶりと甘さに萌える。
凛の事を天使だと思っている亮介の、愛情ダダ漏れの内心にほのぼのさせられるんですね。
そして、いつか亮介とエッチをするために、お尻の開発まで始める凛。方向性が微妙に間違っちゃいるのですが、一途で前向きな所が好感を持たせてくれます。

あと、亮介に見合い話が持ち込まれたり、凛が懐いている当て馬(?)の存在によってすれ違いが起こります。
実はここがかなり読み応えがありまして、凛の切ない心情だったり、亮介の嫉妬や葛藤などがとてもしっかり書きこまれてます。切ない・・・(´;ω;`)

と、すれ違い部分は切ないですが、くっついた後はまたまた甘いです。終盤では、これまた亮介の思考の飛びすぎに笑わせてもらいました。

あと、凛の実父もかなりいいキャラクター。彼でぜひスピンオフをお願いしたいです。

とても甘くてちょっぴり切なくほろ苦い。安定の名倉作品に楽しませていただけました。

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ