好みじゃなかと 2nd

konomi ja nakato

你不是我的菜

好みじゃなかと 2nd
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神138
  • 萌×245
  • 萌8
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

92

レビュー数
17
得点
896
評価数
193
平均
4.7 / 5
神率
71.5%
著者
見多ほむろ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
徳間書店
レーベル
Charaコミックス
シリーズ
好みじゃなかと
発売日
価格
¥573(税抜)  ¥619(税込)
ISBN
9784199607462

あらすじ

働く方言男子、待望のシリーズ第二弾‼︎
恋も仕事も、次なる難関は恋人の弟⁉︎
あんたは兄貴にふさわしくなか
恋人の弟から、超絶ダメ出し‼︎
順調だったはずが、恋も仕事も大ピンチ⁉︎

恋仲になった槇と共に働くため、実家の工場に帰ってきた幸典。
社長代理として仕事を始めたものの、恋人との甘い時間など皆無な日々だ。そんなある日、取引先の営業部長が、幸典の描いた図面を「破り捨てるのも時間のムダ」と厳しくダメ出し⁉︎
しかも彼はなんと、槇の弟・光二郎だったーーー!!
二の句が継げない幸典を、「あんたは工場にも兄貴にもふさわしくない」と一刀両断して⁉︎

巻末描き下ろし「槇さんがいない日」27p
槇の出張中に幸典がとった行動とは⁉︎

表題作好みじゃなかと 2nd

槇純一郎,不愛想で手荒い工場長
木村幸典,実家の溶接工場跡取り

その他の収録作品

  • 描き下ろし番外編 槙さんがいない日

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数17

幸典がんばれー

幸典が福岡に帰ったものの忙しく仕事も覚えるのに必死でなかなか槙と過ごす時間がありませんね。

父の社長は仕事を教えてくれず週末は接待で冷たくあしらわれ、取引先の槙の弟にもきつくあたられ。

2巻は仕事描写がますます多くてお仕事BLとしても読みごたえがあります。

幸典が槙に肩を並べたくて必死で頑張って、でもなかなか進まず、会えても短い時間でこちらは寂しいです。

幸典を応援したくなるお話でした。
お父さん、幸典に休みをあげてー!

2巻では幸典も少し素直に槙に接して槙もズキュンですね。

槙の弟もなかなか魅力的な人物でした。最後は二人を認めてくれたのかな?

0

大人な二人

槇さんがちょっとわかりにくいけど、実はかなりしっかり幸典好きなところが可愛い
もっとイチャイチャしてくれたらいいのにと思うくらい大人な二人です
けど、ほんとは二人とももっとイチャイチャしたいんじゃないかなぁ〜
もっとイチャイチャしてるの読みたいけどなぁ
幸典の色気はムンムンでいたしてるシーンはほんとに素敵なんですけど、普段がサラッとしてるからもったいないのか、だから余計に二人のイチャイチャがより伝わるのか‥とにかく二人が可愛いです

0

正解の続編

電子版で読了。

続編として正解って感じのあり方。
二人のキャラクター性が強くなってて、さらに弟っていう大きな壁も登場して。
相変わらず登場キャラクターの方言が可愛すぎて最高でした。

幸典さん、仕事できすぎて本当にすごい。
絶対モテるじゃん、槇さんちゃんと見ておかないと危ないよって気持ちになりました。
ちょっと槇さんのお父さん関係のエピソードではグッてきて泣きそうになって危なかった。
そういうとこずるいや〜〜。

あとスマホの使い方を知りたいおじさんが可愛かった。

0

続編も最高

見多先生の作品の中でも特に好きな作品の続編が見られるなんて…‼︎こちらの漫画の存在は知っていてずっと見たいと思っていたのですが、ようやく読めました。今回も本当に面白かったです。ページを捲る毎に幸典が色っぽくなっていってる気がします。ほんと、最初の頃と比べると大分艶やかになった…。槇さんパワーのおかげですかね。槇さん、強引に誘うところがとても良い…♡でも報われないことが多いという笑笑
槇さんの弟が出てきた時はどうなるかと思いました。が、さすが幸典。人の心を掴むのが上手いですね。そりゃ槇さんもべた惚れになるよなぁ。個人的に槇さんのきゅんとするとこが良かったです。それにしても今回は前作よりも槇さんの幸典への好き度がハンパないですね笑笑槇さんにあんなに愛されている幸典が羨ましくなるほどでした。読んだ後こんなに満たされる漫画ってあまりないので素敵な作品に出会えて嬉しいです。まだ読まれていない方は是非。

1

仕事もしっかり描写しながらのおじさん攻め

 今回もしっかり仕事面を描かれながらのBLだったので、お仕事BLが好きな方には堪らないんじゃないかと思います。槇の弟が取引先の人物として登場し、細かい気遣いができていないと冷たく対応される幸典。一旦は戸惑うものの結構肝が据わっているので、槇がいなくても自分で図太く行動し何がダメなのか探ろうとする姿勢に好感が持てました。槇も幸典にベタ惚れなのにも関わらず、弱っている時には喝を入れたりもし、仕事に対して皆がそれぞれ真面目に取り組んでいることが終始伝わってきました。その分、濡れ場やいちゃいちゃは終盤まであっさり目。それを挽回するかのように、終盤と描き下ろしの槇と幸典の情事は激しく燃え上がっていて見応えがありました。ただ、せっかく登場した弟に関して、もう少し掘り下げても良かったかなと思いました。幸典を見直したことはきちんと伝わりましたが、兄や過去についても清算したようなすっきり感が欲しかったですね。

2

働きマンは忙しい

お仕事BLでガテン系。そしてちょっと年の差。
プラス方言。
…と、複数方面の「萌え」が散りばめられた第2弾。
本作は、1作目よりは場に馴染み社内での居場所はできた幸典の姿からはじまります。
でも父・社長は仕事を教えてくれず、手探りで図面ひきなどは覚えないと。やる事山積み体は一つ、忙しすぎてお疲れモード。
槇さんとの時間もスキンシップも全然取れません。
そんな時、取引先さんにキッツい言葉を浴びせられて…
実はその男性・光二郎は槇さんの「弟」だった!
光二郎は幸典を毛嫌いして非常にトゲトゲしい。それは光二郎の過去、というか自分も父親が亡くなった後色々あったようで、自分にも他人にも厳しい性格なのですね。
槇さんは一貫して幸典の味方です。
そして、幸典も誠実に仕事に向き合っているので、周囲は温かい目で幸典を見ています。
現場の高齢化、若手の努力、頑なな光二郎も少しずつ変わっていく自分を認めなければいけませんね。
BL的には、幸典とイチャつきたい気持ちを隠さない槇さんがいい!
幸典も槇さんとの時間を作りたいけど仕事が…!でもここでちゃんと仕事を選ぶ所がとってもまともで良いと思います。
いざHとなるとかなり色っぽい幸典!こりゃ槇さんも社内でセクハラしたくもなりますわ。
描き下ろし番外編「槇さんがいない日」でのHシーンにて、積極的な幸典の姿は破壊力抜群!でした。

疑問がひとつ。
最初のHシーン(『一緒に…いきたい…』)の後槇さんが『どよぉん』となってるのは何故?そう言われて先にイっちゃったという事?
…かなぁと思ったのですが、どうですか?

3

好きな作品の続編だけど、表紙でもやられた!

1巻が好きだったので迷わず購入。しかし、知らずに手にとっても表紙の色気(特に幸典)にやられてたと思う。

今回は、やはり続編ということで第3のキャラを登場させてます。それも槇さんにそっくりの冷たい弟!幸典が入ったばかりの頃も、仕事に厳しい槇さんだったので、にてると言えばにてます。恋の邪魔はしないけど、よそ者を追い出そうとする仕事上の対立相手になります。

この辺も、お仕事BLとして読み応えありますね-。そのうち弟くんも認めさせる幸典で、幸典の成長物語になってる。

一方、槇さんとはラブラブだよ~。でれちゃう槇さんもかわいいけど、幸典が気持ちを表現する描き下ろしがまたよかった。

2

お仕事を真面目にしている人達はカッコいい!

1巻目はどちらかというと萌え視点で「イイ!」という感想でしたが、続巻となる本作はお仕事マンガとしても好感度◎で、読み応えのあるものが読めたので迷わず神評価です!
そして槇さんの男の色気にやられまくった1巻目に対して、今作は幸典さんの槇さんとはタイプの違う色気にドキッとさせられる場面も多々あって、萌え視点でもやっぱり神!
もっと言えば、他の登場人物達(特におじちゃんの職人さん達)も働く姿勢が皆さんカッコよくって素敵で、いろんな意味で惚れ惚れしちゃう1冊でした。
こういう芯のカッコいいキャラ達を描けるということは、きっと作者の見多さんご自身も芯のある素敵な方なのだろうなと思います。

はぁ〜・・・それにしても槇さんのセリフっていちいちカッコいい。
一番グッときたのは「あんたのもんばい」
本気でクラッときたし。
槇さんみたいな男性はどこに行ったら出逢えるのですか!!!
幸典、てめぇ羨ましすぎるぞ〜〜!と嫉妬するくらいには槇さんLove(๑>◡<๑)♡です!

で、その幸典さんがですね、急にエロい。
やばい、なにこの人、槇さんもびっくりあわあわの魔性のエロさ!
働く姿とのギャップがまたイイのです!

読み終わる頃には、2人はすっかり私の理想のパートナー像然りとした素敵な関係になっていて、良いもの読めたな〜と大満足の1冊でした。
槇さんの弟くんのお話も読みたい気がしますね♪(欲張り)

【電子】ひかりTVブック版:修正○、カバー下なし、裏表紙なし、電子限定描き下ろし(4p)付き

5

がばよかとよ!この作品!v よかけん、読み~!

なんというか、一巻を読んだ時にも思ったのですが、
とても秀作ないいドラマを見ているような、
そんな充実感。
ドラマ的に言えば、脚本がいい!
演出がいい!!
そして役者がイイ!!!

今回は少し槇さんの家族のこととか、
木村さんの仕事の葛藤とか、
恋愛事だけではない問題がいろいろあるのですが、
それがまた二人の関係を深めていくという。

とにかく槇さんが木村さんにベタ惚れなのがいい。
そして木村さんもまた、どうしようもなく槇さんに惚れているのがいいv
その他に登場する脇のキャラクター達も、
老いも若きも皆魅力的!

なによりも、槇さん同様、木村さんの
普段とのギャップのある、あの色っぽさにヤラレル!

物語的にしっかり出来上がっているのに、
ちゃんとBLとして萌もぎっしり詰まっている。
その辺のバランスもスバラシイ!

どうしても不意に読み返したくなるような、そんな作品。
これはもう、文句なしの「神」評価で!


ちなみに、福岡出身者としては、
読んでいてとてもうずうずしましたv(←良い意味で!)

7

BL展開のあるお仕事ストーリー

基本BLはラブ多め、エロ多めが好きなんですが、この作品はすごく良かった!
恋愛以外にしっかりとした話の軸があり、いい意味で「BL展開がある青年漫画」を読んでいるようなワクワクがありました。
ゲイ同士、という設定がお仕事ストーリーに自然に恋愛を絡ませてくれて良かったかな!と思う。

九州の方言の攻めは、私の中で新鮮でした。
ビジュアル、職人気質、方言と、男臭い感じがたまらない。
そして受け。
堅そうで真面目そうで気弱なメガネ…
押しの強そうな攻めに流されて〜ってタイプ?と思いきや。
あのエロスイッチはなんなの〜〜!?
エロシーン少なめにも関わらず、数コマだけでもダダ漏れる色気とあの煽り。
いや、マジで豹変度という点ではかなり上位に食い込みます、あれは。

木村製作所と2人の恋の行方、いつまでも見ていたいような、そんなシリーズです。

6

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ